FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「四回戦ボーイ」 (2) 野口 五郎

    「四回戦ボーイ」 (2) 野口 五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林修)
    1976年3月20~23日     日劇リサイタル~女友達

    昨日「僕は道化師」を改めて書きましたので
    この歌も改めて書いておくことにいたしました。

    長く生きていると
    あぁ そうだったのか・・・とわかることがあります。

    それもすべて 挫折と失敗を繰り返して、
    身をもって悟った教訓です。

    けれど10代の少年や少女には
    わからないことでした。
    私は 歌で 教えられることが多かったように思います。

    当時の世の中は 恋愛の歌が主流でした。

    Osamu Shojiは 五郎さんに
    生きることを語らせたのです。
    そのことは当時 とても珍しかったように思います。

    けれど だからこそ いつまでも人の心に
    その人生に 添い続ける歌となりました。
    Osamu Shojiのご功績は大きいと思います。
    そのことを 書いておきたいと思うのです。

    人生
    物事を諦める時、
    辞めて行く時、
    去り行く時・・・

    なぜに戦わずして消え去るかというと
    その理由の一つには
    自分が惨めに感じるようになってしまったから・・ということが
    あるのだと思います。

    誇りがあるなら
    戦うはずです。

    そして 間違ってはいけないのは
    戦う相手は 自分自身、ということです。

    逆に言えば 戦う闘志がある時は
    誇りがある時、なのです。

    この「四回戦ボーイ」は
    そういうことも 少女たちに教えてくれました。

    たとえ当時は 漠然としかわからなくても
    震える心は 感じています。
    こういう作品に幼いころに出逢ったことは
    とても大きいのです。

    「顔の形も変わるほど 殴られ続けたスパーリング
    ろくに食事もできぬまま 減量 減量の毎日
    今に見てろチャンピョンベルト取ってみせるぞ このこぶしで」

    当時の五郎さんが こんな歌を歌われたのです。

    力尽きそうなとき
    負けそうなとき
    私はこの歌を聴きました。
    弱い自分にこぶしを入れるように。

    歌は 生きる力になります。
    そのことを私は実感して生きてきました。

    この歌は音源化されませんでした。
    素晴らしい作品、素晴らしい歌唱でありながら。

    けれど 
    聴いた日から私の心にいつもあります。

    出逢えて嬉しい作品でした。
    ラジオで聴けてよかったと 心から思っています。

    前に書いたレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-1068.html

    id_5396675681.jpg
    スポンサーサイト



    「僕は道化師」(2) 野口 五郎

    「僕は道化師」野口 五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林修)
    1976年3月20~23日     日劇リサイタル~女友達

    前にも一度書きましたが
    改めて書くことにいたしました。

    この世に突如 コロナウィルスというものが現れてから
    人々は動けず
    逢いたい人にも逢いに行けず
    集うことも恐れ 語り合うこともできず
    息をひそめる日々となりました。

    誰もこんな日々が来ると
    想像もしていないことでした。
    本来なら 東京オリンピックが華々しく開催され
    世界中の人が日本を訪れ
    にぎやかで 心の躍る一年になるはずでした。

    人々は懸命に耐え
    必死にこの試練を乗り越えようとしていますが
    いつのまにか失望感が胸を覆い
    楽しみや夢が見えなくなっています。

    そんな時 人は何に救いを求めるのでしょうか。
    何が人を救ってくれるのでしょうか。
    常に問う声がこの胸に響きます。

    そして
    自問自答する中で 私自身は
    音楽や歌に励まされていることに気づきました。

    特に最近は この歌に励まされています。

    「僕は道化師」

    この歌は
    国際劇場のリサイタルのために作られました。
    そして 残念なことに 音源化もされませんでした。
    こんな 素晴らしい歌が
    たった一つのステージでしか歌われず
    音源化されなかったのです。

    これは正直 曲を作られたOsamu Shojiも
    悲しく思われたことでしょう。

    何しろ素晴らしいステージでしたから
    誰もが まさか・・といった気持ちだったのではないでしょうか。

    けれど ラジオ番組で 流されたのが救いとなりました。
    私はその音源を聴いていました。
    録音したカセットは 宝物になりました。

    穏やかな三拍子。
    五郎さんの歌声が
    この心に
    語りかけるように
    温かく 染み渡ります。

    夢を失くしそうなとき
    希望が見えなくなりそうなとき
    空を見上げ 前に進む力を与えてくれました。

    音源化されていなくても
    私のように
    ずっと心の中で大切にして
    支えにしている方はたくさんいらっしゃると思います。

    こっそり抜け出した夜更けの広場
    明日はどこへと流れて行くのか
    旅から旅への青春だった
    恋さえ知らない日々だった


    人生は 流れていくから
    出逢いもあり
    夢もあり
    希望もある

    そんなことを今更ながら思います。

    不幸な人たちに 笑いをあげよう
    泣いてる少女に驚きあげよう
    なんにもできないが 逆立ちしながら
    悲しみ苦しみ引き受けよう


    希望を失くしそうなときは
    この歌詞を思い出します。

    誰かの笑顔のために
    誰かの安らぎのために
    誰かの優しさのために

    私たちは 上を向いて進んでいかなければならない。

    だから今一度
    この作品について 語っておきたいと思いました。

    参考までに 前に書いたレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-1060.html
    id_5396675681.jpg

    M32(「Love Theme」) Osamu Shoji(東海林 修) (AndromedaComplete)

    M32(「Love Theme」) Osamu Shoji(東海林 修) (AndromedaComplete)

    私は今朝夢にOsamu Shojiが現れて
    穏やかに会話して とてもうれしい気持ちで目が覚めました。
    多分 私に伝えたいことがおありだったのだと
    私は思いました。
    懐かしさと安心感がありました。

    さて
    突如として現れた新型コロナウィルスにより
    日常が日常でなくなり
    生きて元気でいる人にさえ 会えなくなりました。

    逢えなくなるのは あちらの世に行った人だと思っていましたが
    元気でいてくれる人にさえ逢えないような事態となった今、
    あちらの世に行かれた人が
    そんなに遠いとは感じなくなりました。

    こんな時代ですから 三蜜を防ぐためにコンサートもなくなりました。
    心ときめく 生演奏の音楽を聴くことも叶いません。
    人が集えない時代が来るなんて
    なんだか この世の果てかと悲しく感じられますが
    こういう時こそ 人は 美しい音楽を聴くべきなのです。

    私は最近は「AndromedaComplete」の999の音楽をいつも聴きます。
    このアルバムは さよなら銀河鉄道999の劇中音楽ですが
    特に美しく 豊かな音楽ばかりで
    心がとても満たされます。

    中でも 「Love Theme」「青春の幻影」「過去への時間の旅」は
    とても美しく
    美しいとはこういうものを言うのだと
    しみじみと感動します。

    素晴らしい音楽を残していただけました。
    美しい音楽を聴きながら
    これからも生きていきたいと思います。

    Andromeda Complete

    こちらは さよなら銀河鉄道999の映画のために作られた作品を集められたアルバムです。
    音楽を担当されたご本人による解説が何よりうれしいですし
    記録としても大変に貴重なものだと思います。
    曲名ではなく 音楽番号でタイトル表示されていて
    映画の音楽がすべて収録されている贅沢なアルバムです。

    「旧約聖書」アダムス

    「旧約聖書」アダムス
    作詞・山上路夫 曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji (東海林修)
    1968年9月5日発売 シングルA面

    もう 書いていない作品を探すほうが大変になって来たような気もしますが
    今日 ふと 書いてない曲を思い出して
    心が弾みました。
    「旧約聖書」アダムス、です。

    もうずっと前から この作品は伝説のように
    知る人ぞ知る、という感じで
    すごい作品だという話題は出ていましたが
    なかなか聞くことが出来ない作品でもありました。

    なにしろ デビューされた翌年には解散されたとのことで
    世に知れ渡る前に解散されてしまったので
    この作品も 忘れ去られても仕方なったわけですが
    やはり 良い音楽は人の心に残りますから
    伝説のような感じで語り継がれて行った、というのが
    事実だと思います。

    70年代からの歌謡曲ファンなら
    メンバーの水谷公生さんをご存知だと思います。

    その水谷さんがブログに書かれていますが
    CBS SONYのレコード会社の第一号アーティストとして
    登場したのが アダムスとのこと。

    「旧約聖書」のレコーディングは
    オーケストラと大混声合唱団、
    それにアダムスの5人という
    異例の大編成での
    同時録音であったことを語られています。

    もうイントロから スペクタクルで
    まさにこの世の始まりの天地創造を感じられる世界で
    これが グループサウンズ?!と 驚くばかりです。

    オーケストラとグループサウンズの融合
    この時代にこれほどまでに壮大な音楽を作れる編曲家は
    多くはなかったはずです。

    良い音楽は いつの時代にも新鮮ですし
    色あせることはありません。
    YouTubeにありました。

    いつまであるかわかりませんが
    ぜひお聞きください。


    adamusu.jpg

    「マイ・ウェイ」 ワカとヒロ

    「マイ・ウェイ」ワカとヒロ
    訳詞・岩谷時子 作・Paul Anka 編曲 Osamu Shoji (東海林修)
    アルバム「ワカとヒロ/ヤング101」

    最近 ヤング101の「オレンジ」という歌が
    ラジオで放送されたとのことで
    話題になっています。
    沢山の人が この作品の深さに釘付けになり
    感動されたようです。

    あの時代に こんな垢抜けた
    すごい音楽があったのかと
    みなさん驚かれたはずです。
    最後の最後のあの音楽など
    身震いするような感覚さえあります。
    Osamu Shoji の音楽は 
    その窮状まで見える音楽なのです。

    長くOsamu Shoji の音楽を聴き続けてきた私からしますと
    当然のことなのですが
    この当然に 
    なかなかスポットライトを当ててくださる方がいないものですから
    今回のことは 本当にうれしく
    有難いことだと感じます。

    さて101にスポットライトが当たってまいりましたので
    今日はワカとヒロさんの音楽について書くことにしました。

    ワカとヒロさんのお二人が出されたこのアルバムは
    プロデュースと編曲はOsamu Shoji となっています。

    A面はすべて英語で歌われており
    通が聴くような選曲となっています。
    中でも「アメリカン・パイ」は圧巻ですが
    当時の世の中の音楽のレベルからすれば
    かなり難しい感じになっており
    子供から年寄りまでわかる音楽、というわけではありません。

    こうして今 聴いていますと
    Osamu Shoji は お二人を
    世界に出したいと思っていらっしゃったのだと思います。
    NHKの番組から出られた方達ではありますが
    目指すところは はるか彼方の
    世界に向いていたのではないでしょうか。

    B面は 日本語で歌われ
    オリジナルや
    有名なカバー曲を入れられました。
    B面は みんながわかるように
    楽しめるように、という配慮をされたのだと思います。

    Osamu Shoji もお若くて
    とてもスマートで洗練されたパワーのある編曲となっています。
    ロスに行かれていたこともあって
    日本人が作られた音楽とは 
    とても思えません。

    この作品は 今でもたくさんの人が歌われ
    だれもが知っている作品です。

    面白いのは このお二人が歌われているのは
    岩谷時子さんの訳詞バージョン、ということです。

    Osamu Shoji はこの 「マイ・ウェイ」を
    何度も何度も 違った編曲で世に送り出していらっしゃいます。
    ゆかりさんが歌われたものは 英語バージョンでしたが
    しなやかで洗練された編曲をされていますし
    五郎さんの歌われたものについては
    格調高いものや エネルギッシュなもの
    晴れやかなもの 人生を振り返るもの・・・と
    ステージにより がらりと雰囲気も変えて聴かせてくださいました。
    同じ歌でもこんなに違うのか、と
    衝撃を受けるくらいでした。

    五郎さんは10代の頃からでしたので中島淳さんの訳詞の
    「マイ・ウェイ」を歌われております。

    そしてこちらの「マイ・ウェイ」はワカのソロとなっていますが
    岩谷時子さんの訳詞バージョンです。

    「人は皆いつかはこの世を去るだろう
    誰でも 自由な心でくらそう
    私は私の道を行く」



    今 この年代で聴くと
    この詩の方が胸に強く響きます。
    長く生きてきてしまいました。

    ワカさんの声は はっきりとして
    明るさを持った声です。

    そして若いけれど貫禄がある というのでしょうか。
    みんなを導くような明るさのある声だと思いました。

    このアルバムは
    時代の先の先を走られたのだと思います。
    当時の人には難しかったのでしょう。

    けれど良い音楽は いつまでも人の心に残ります。

    今回のヤング101の「オレンジ」のことでも
    そのことを強く感じました。

    ワカとヒロ/ヤング101

    自分一人の力ではどうにもならない時こそ「箱舟の帰還」

    「箱舟の帰還」野口五郎
    作詞・麻生 香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    新型コロナウィルスによって
    何気ない日常は消え去り
    目に見えないウィルスと人類は闘うこととなりました。

    これは 神様から与えられた試練なのか
    それとも何かの罰なのか
    知るすべもありませんが

    人々は 飛ぶことを禁じられた鳥のように
    息を潜めて 過ごす日々となりました。

    こんな非常事態の中にあると
    夢とか希望とか 
    恋とか愛とか・・・を考えることは 段々と難しくなり
    生と死を見つめることになります。

    追い詰められた私たちは
    結局は
    何もかも通りすぎていくことを祈りながら
    一つの場所で息を潜めて
    じっとしていることしかない、
    という現実に打ちのめされますが
    希望は持たなくてはなりません。

    どうにもならないことが起き
    希望を失いそうな時
    私は この「箱舟の帰還」を聴きます。

    苦しい日々は きっと乗り越えられる。
    明けない夜はない。
    人生には幾度となく試練が訪れ
    すべてを奪っていくこともあるけれど
    この歌のように 人生には
    きっと新しい朝がおとずれると
    この歌を聴くと信じられる。

    だから絶望せずに立っていられる。
    私にとっては それくらい大きな作品です。

    1974年より 
    Osamu Shoji は五郎さんと共に
    作品やステージを作られた期間がありました。
    考えてみれば 5,6年というのは
    長い人生から考えれば 本当に短い時間です。
    ほんの短い期間ではありましたが
    お二人の作品は いつまでも人の心に残り続けることとなりました。

    たとえば このことを 誰一人、語らなくなったとしても
    その耳に その心に その記憶に問えば明らかだと思うのです。

    Osamu Shoji は その想いを
    野口五郎という歌手に託されました。
    託せる相手だからこそ ここまでの作品が生まれたのだと思います。

    はじめは 五郎さんをロックスターに仕上げたかったと言われていましたが
    頑なに 理想を貫くファンの心を理解され 寄り添われました。

    五郎さんは 
    太陽のように輝く スターとは 少し違っていました。

    ファンは 五郎さんの 光り輝く その裏側の
    翳りの部分に強く惹かれていたのです。
    太陽というよりは むしろ月のようでもありました。

    違った例えで言い変えますと

    霧のむこうに見える 見たこともないような
    輝きを放つ美しいものを 目を凝らして懸命に見つめる
    そんな感じだったようにも思います。

    愁いを秘めたしっとりとした やわらかい歌声。
    何かを秘めている・・・

    それこそが
    唯一無二の
    野口五郎という歌手の魅力だと思うのです。

    その素晴らしい歌声を持つ五郎さんに
    Osamu Shoji は 
    聴く人に語りかけるような歌を作られました。

    人生を語り
    愛を語り
    この心の痛みに寄り添ってくれたことを想います。

    闇の中で 行く道を照らす
    月のような美しさと優しさで
    手を差し伸べてくれるような
    人生の応援歌でした。

    迷う時は ぜひ聴いていただきたいのです。
    「箱舟の帰還」を
    「されど青春」を
    「少女よ」を・・・。

    名曲はたくさんあります。

    私は いつも聴いています。
    きちんと自分の人生を貫けるように。

    命日ですので 
    天国に届くように
    祈りとともに書かせていただきました。
    ***
    「箱舟の帰還」が生まれた時期の音源はこちらです。

    『GORO ON STAGE 故郷に帰るII '76.4.29 美濃市体育館』
    20170727goro3

    http://tower.jp/item/4534157/GORO-ON-STAGE-%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%AB%E5%B8%B0%E3%82%8BII-'76-4-29-%E7%BE%8E%E6%BF%83%E5%B8%82%E4%BD%93%E8%82%B2%E9%A4%A8%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    「女と男」~小舟と海~ カルメン・マキ

    「女と男」~小舟と海~ カルメン・マキ
    作詞・なかにし礼 作曲・田辺信一  編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1969年 アルバム「アダムとイヴ」

    何度見ても
    このアルバムジャケットは気持ち悪いけれど
    音楽は 心の深い闇を目を凝らして見つめるような
    深い作品です。

    作品は「アダムとイヴ」がテーマ。
    男と女が この世にいる意味さえも
    誰もが考えることをやめてしまったような
    この時代だからこそ
    このアルバムが復刻されたのでしょう。

    4人の作詞家と8人の作曲家が作ったこのアルバム。
    Osamu Shojiは 1作品の作曲と5作品の編曲を担当されました。
    Osamu Shojiの音楽はリアルであり
    胸に問う音楽となっています。

    女と男・・・
    それは 小舟と海のようでもあり・・・・

    「小舟が
    海を憎んで五億年
    見知らぬ海をさがし求めて
    海をさまよう悲しみよ
    でも謎は解けない」

    なかにし礼さんの詩がとてもいい。

    愛と憎しみは紙一重。

    この世界で 
    人は愛し合い
    求めあい
    満たしあい
    惑わし 
    惑わされ
    時に憎しみあい
    生きている

    あまりにもちっぽけな世界に
    必死にしがみつきながら・・・・。

    広い海の上に 小舟を浮かべて
    強く感じられるのは何だろう。

    この歌を聴きながら
    深くイメージしてみる。

    小舟の中の自分をイメージする。

    光を放つ波の眩しさだろうか
    それとも透き通った海の水の美しさだろうか
    どこまでも広がる空の優しさだろうか

    たぶんきっと
    この胸を支配するのは
    孤独なのだろうと思う。

    Osamu Shojiの音楽の深さを想います。
    収録作品
    ★アダムとイヴ
    ★欲望
    ★種子
    ペルソナ
    嘘とほんと
    ★女と男
    子供

    ★本能
    ★★過ち

    ★編曲作品
    ★★作・編曲作品

    アダムとイヴ
    メンタルが強い方はどうぞお聴きください。
    あまりにも深いです。

    「過ち」 カルメン・マキ

    「過ち」 カルメン・マキ
    作詞・なかにし礼 作曲・ 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1969年 アルバム「アダムとイヴ」

    2016年に アルバムが復刻していた
    カルメン・マキ「アダムとイヴ」

    どんなに長く生きて
    どんなに文明は発達して
    どんなに進化していったとしても

    人は 生まれてきた意味と
    生きている意味を考え続ける。

    そしてこの世の先の世界のことも
    考えるけれど
    結局は なにひとつわからない。

    1969年の カルメン・マキさんの
    この問題作が 時間を経ても こうして復刻されるのは
    その深さが 聴く人の心に問うものだからだと思います。

    何もしなくても 人生は何かに飲み込まれるように動いていく。

    長く生きていると 目に見えないものの力を強く感じる。
    自分の意志とは まったく違うところで
    誰かがこの人生を動かしている。

    人は罪深い。
    嘘も 偽りも 秘密もない人生であれば
    何の苦しみも痛みもない。
    そんな人生であれば この世はご褒美に与えられたものだけれど
    人生は修行の場だから
    そんな人生は ほぼないのでしょう。

    痛みに耐えながら生きる意味を探す。
    何処から来て 何処に行くのか 知りたいと もがく。

    この「過ち」は そういう 人の心の奥深くに問いかける言葉と音楽です。

    このアルバムの最後を飾るこの作品。

    「歩いているだけで 足跡がのこる
    許してほしい 許してほしい
    ふりかえるのが怖い」

    この歌詞がわかる人は
    人生の経験を積まれた人でしょう。

    心の中に 囁きが聞こえる。
    尋ねたいことはあるけれど
    答えなど帰って来ない。
    もしかしたら その問いの答えを言っているのかもしれないけれど
    自分には まるでわからない。

    この歌の間 フランス語の囁きが流れているけれど
    そういう感じなのではないかと思います。

    独特な世界観。 
    この孤独。
    罪深さ。
    自分と向き合うことになるので
    いつもは聴けない。

    でも  不思議と 時々 出して聴きたくなるような作品です。

    東海林先生は 今頃 遠い世界で
    すべてを悟って
    穏やかに下界を見下ろしていらっしゃるかしら。

    収録作品
    ★アダムとイヴ
    ★欲望
    ★種子
    ペルソナ
    嘘とほんと
    ★女と男
    子供

    ★本能
    ★★過ち

    ★編曲作品
    ★★作・編曲作品

    アダムとイヴ
    メンタルが強い方はどうぞお聴きください。
    あまりにも深いです。