FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    【番外編】「風と木の詩・ジルベールのレクイエム」Osamu Shoji( 東海林 修 )


    【番外編】「風と木の詩・ジルベールのレクイエム」Osamu Shoji( 東海林 修 )
    作曲・編曲・シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムは
    竹宮恵子さんの作品「風と木の詩」のイメージアルバムです。

    花が咲き誇り
    光も満ちて
    美しい新緑の季節には
    このアルバムの音楽がピッタリだと感じます。

    例えば 物語なら
    起承転結で 
    静かだったり 激しかったり
    闘ってみたりというシーンもあり
    イメージアルバムだと いろんなシーンが感じられる
    色んな音楽が入ってくるというのが常ですが

    このアルバムは
    全てが美しく
    全てが幻想的で
    全てが夢のような
    甘く 麗しい世界なのです。

    そして
    バッハのアヴェ・マリアで
    始まって 終わるという
    すてきな演出がしてあります。

    神の前にひざまづき
    懺悔したい気持ちは誰にもある。
    人には言わないけれど
    神様にだけは打ち明けたいことだって きっとある。

    そして人は 許しを請い
    救いを求める。

    穢れがないから
    美しいから
    人はより罪深くなるのかもしれません。

    この音楽を聴きながら
    そんなことを思うのです。

    この音楽で 浄化される気分です。

    美しい世界というのは
    このような世界を言うのだと思います。


    風と木の詩

    1.アヴェ・マリア
    2.夢からなかば醒めかけて
    3.小鳥は雪でできている
    4.旅へのいざない
    5.いざまさに夢の波間に
    6.夢(シメール)
    7.恋の組紐
    8.僕の天使を願わくば・・・・・
    9.アヴェ・マリア

    スポンサーサイト

    【番外編】アルバム 「竹久夢二『水車』」~みづくるま~

    【番外編】アルバム 「竹久夢二『水車』」~みづくるま~
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    竹久夢二「水車」

    桜が咲く美しい季節には
    このアルバムを聴かずいられません。

    竹久夢二の詩の世界が一枚のアルバムになりました。

    Osamu Shojiの作・編曲、
    額田一代さんの歌。

    日本の美しさを
    このアルバムの音楽で
    胸いっぱいに感じます。

    時代は 平成から令和へと移ろうとしています。

    私の生まれた昭和は
    もうずいぶんと遠い過去に感じられます。

    夢二の生きた時代は もっともっと遠い昔です。

    外国人も憧れる 日本の素晴らしさ。
    日本の心。

    四季の美しさの中で
    五感の全てを使って
    豊かに感じることができる 私達日本人。

    夢二の描く少女は
    この時代にいるのだろうか。

    進化することばかりに夢中になって
    変わらずにいたい大切なものを
    忘れてはいまいか。

    私はこの季節
    花吹雪の中に立ち
    このアルバムの音楽を
    頭でリフレインさせながら
    空を見上げます。

    遠く懐かしい
    あの少女の時代の自分が
    そこに立っているのです。

    素晴らしい音楽は
    時空を超えて
    聴く人を旅人にします。

    このアルバムは
    まさに そんな音楽です。

    このアルバムが 埋もれてしまうのは
    残念でなりません。

    ですから 私は 生きている限り
    このことを語りつづけようと思うのです。

    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」


    「別離」(わかれ) 布施明

    「別離」(わかれ)  (組曲「旅」)布施明
    作詞・山上路夫 作・村井邦彦 編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年「布施明ダブルデラックス」

    昨日 
    布施明さんが声帯ポリープと診断されたことを公表された、という
    ニュースが出ていました。
    治療を続けながら ツアーを4月まで続けられるそうです。
    「歌手生活54年目にして、初ポリープ(苦笑)」と
    コメントされています。

    布施さんのように 素晴らしい歌声をお持ちの方が
    これまで 何事もなく ずっと歌い続けていらっしゃって
    当然 世の中の人も 布施明さんが歌えなくなるようなことが
    あるはずなどない、と考えていますから
    このようなニュースが出ると
    思いがけず動揺します。

    歌い続けていただかないと困ります!!と
    たくさんの方が思っていると思います。
    もう71歳なのだそうです。
    年齢を感じさせない パワーのある歌声に
    今さらながら 感動を覚えます。
    きちんと 治療をされて 
    ずっと歌い続けていただきたいです。
    布施さんの健康をお祈りします。


    さて「別離」は
    組曲「旅」の中の4番目の歌。
    5曲でひとつの物語。

    出逢い、互いを意識するようになり
    愛し合う。
    けれど別れの時が来て・・・・。

    「別離」(わかれ)
    どこか違う国の歌のタイトルのようでもありますが
    これは 布施さんのオリジナル作品です。

    日本人というのは
    どちらかというと どっぷりと悲しみに浸ることが好きで
    悲しいときは いかにも悲しい歌を聴き
    感傷に浸ることをしたいタイプだと思いますが
    この 布施さんの「別離」は
    悲しい別れではあるけれど
    愛する人の幸せを祈り 前を向いて歩く、
    というような希望の感じられる別れです。

    「明日のあなたのために 青空かがやけ
    ひとりのあなたのため そよ風唄えよ
    愛をこめさようなら 愛したあなた」

    途中より転調して 敢えて明るい曲調にされ
    希望のある作品にされているところが
    この お三人の作家ならでは、だと思います。
    2人の前途を明るく照らすような作品にされています。

    そして布施さんの「愛をこめ さようなら 愛するあなた」
    この素晴らしい歌声は 感動ものです。

    人生は出逢いと別れの繰り返し。
    別れは 何度経験しても 骨身に堪えます。
    ずっと泣いていたいけど それも出来ない。
    顔を上げて前に進まなくてはならない。

    この作品を聴くと 胸に希望があふれてきます。
    id_6009075211.jpg

    「少女よ」野口五郎

    「少女よ」野口五郎
    作詞・麻生 香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    1976年7月21日発売      アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」

    かつて このアルバムが出た時
    この「少女よ」を初めて聴いて 衝撃を受けました。

    胸に抱えきれない悲しみや
    不安や 苦しみ。
    どうして生まれてきたのだろうというような
    自分自身への問いかけ。
    夢が見えない中で
    幼いながら、もがいていた自分を
    優しく抱きしめ すくいあげてくれた世界でした。

    私はこの歌を聴き
    心から涙を流しました。

    足の軛がほどかれ
    飛び立てる気がしました。

    どんな状況であろうと
    この歌 一曲あることで
    大きな夢が持てました。

    少女よ
    南に帰る渡り鳥たちの 脚の軛をほどいておあげ
    少女よ
    解き放された渡り鳥たちの 嬉しそうな 翼をごらん
    生きていくことは いつも囚われの身
    自由になりたいと もがく魂よ
    地球を越えて帰る鳥たちを 見送ろう


    そして この作品は ロスで録音されましたが
    その乾いた感じがとても良いのです。
    これが ロンドンやニューヨークで録ると
    全く違ったものになっていたと思います。

    この音だから 乾いた心に深く染みたのです。
    そのことを 最近になって 強く思いました。

    この詩の世界は特別です。
    最初から最後まで 心に染みます。
    そして優しい心を取り戻せます。

    優しさに満ちて美しい。

    これを 名曲と言わずして
    なんといいましょうか。

    人生は 色々なことが起きて
    生きても生きても 試練の連続です。

    私には この歌が
    心の塗り薬となりました。

    そして今
    この「少女よ」は
    私にとっての 子守歌のように響きます。

    ほんとうはもう
    私は海に帰りたい。

    けれど まだ私は試され続ける。

    一生懸命、優しい気持ちで生きている。
    なのに 人を傷つけて
    大切なものを失う。

    愚かな自分を責めずにいられない。

    だから やっぱり人生の最後は
    「少女よ」をかけてほしい。

    この歌に見送られたい。

    この歌に人生を重ねてきたことに
    気づかされます。

    この歌に出逢えたことに感謝します。

    ありがとう。
    いつも私を抱きしめてくれて。
    これからも この「少女よ」とともに・・・・。



    北回帰線
    1. 紀元0年
    2. 薔薇
    3. 航海日誌
    4. ボトル・レタア
    5. 北回帰線
    6. グッド・ナイト
    7. 少女よ
    8. 狂った地球(かじつ)
    9. 汚さずにいられない
    10. 新宿午前四時
    11. 21世紀箱舟の出帆


    尚、Osamu Shojiシンセサイザー作品で、
    「少女よ」が入った
    野口五郎さんへの作品集「少女よ」は
    先生がお亡くなりになられた今、
    購入することが出来ません。
    お持ちの方は どうか 大切になさってください。
    先生の心、ですから。
    少女よ

    1. 箱船の帰還
    2. 水平線へ
    3. 少女よ
    4. 愛のラルゴ
    5. Bottled Letter
    6. 歌がある限り
    7. されど青春
    8. Chorus Line
    9. See you again


    "北回帰線~ゴロー・イン・ロスアンジェルス,U.S.A."
    (1995/04/26)
    野口五郎

    商品詳細を見る


    「幸せな日々」(組曲「旅」)布施明

    「幸せな日々」(組曲「旅」)布施明
    作詞・山上路夫 作・村井邦彦 編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年「布施明ダブルデラックス」

    数日前、 ヒロ ムライという方が
    日本人初のグラミー賞最優秀ミュージック・ビデオを受賞したとのことで
    ニュースで取り上げられていました。
    顔を見たら すぐにわかりました。
    村井邦彦さんにとても似ていらっしゃったからです。

    村井邦彦さんは 現在ロスにお住まいだそうです。
    村井邦彦さんは
    「作曲に関しては、東海林修に学んだところが多いと語っている。」
    とウィキペディアにも出ていますが
    足を向けて眠れない先生、と Osamu Shojiの作品のライナーに
    書いていらっしゃいます。
    東海林先生も 一時は もう日本に帰らないつもりで
    ロスに行っていらっしゃったことがありました。

    しかし 強い要望もあり
    結局日本に戻って来られて
    人生を日本で終えられる結果となりました。

    息子のヒロ ムライさんの受賞の件で
    村井邦彦さんがインタビューを受けていらっしゃいましたが
    村井邦彦さんを拝見すると
    東海林先生もアメリカで生きる選択肢もあったのに・・・と
    考えてしまいました。

    けれど 先生の音楽で育ってきた自分は
    日本に帰ってこられたことに感謝しています。


    「幸せな日々」は5曲で ひとつの物語。
    組曲「旅」の中の三番目の歌。

    出逢い、互いを意識するようになり
    愛し合う。

    人を愛する歓び、
    出逢えた歓びがあふれている。

    「言葉はいらない 二人はからだで
    愛するいのち たしかめあって
    今日も生きていく」

    布施さんの歌声も 喜びにあふれている。
    幸せが胸いっぱいにあふれる。

    もともと 布施明さんの持っているものは
    とても明るい。
    声もとても明るいので
    幸せな歌を聴くと
    とても幸せな気分になれるし
    幸せがあふれてくる。

    考えてみれば
    人生において こんな幸せな時は
    そう長くは続かない、とこの年になると感じる。

    だけど確かに
    こんな風に 幸せを叫びたい時代はあった。

    そのことを
    喜びとして 残りの人生を生きたいと思っています。
    id_6009075211.jpg

    【番外編】東海林修先生が作ってくださった五郎さんへの歌

    2018.4.30に東海林 修先生はお亡くなりになって
    約10か月が過ぎようとしています。
    先生はいらっしゃいませんが 
    先生が作ってくださった歌に勇気づけられます。

    そして先生の歌を 大切に歌い続けてくださっている
    野口五郎さんが 食道がんの手術をされていたことを
    ご自分のコンサートで語られたそうで
    ニュースになっていました。

    初期であり 手術も無事に終わられたとのことです。
    奇跡的に初期の段階で見つかったそうです。
    ほんとうによかったです。

    元気でいることが 当たり前だと思っていた
    自分のおめでたさが嫌になります。

    人生に与えられる試練の意味を考えます。

    自分の手の中に当たり前にある たいして大事でもないようなものが
    他人にとっては ものすごく欲しいものであったり
    他人が当たり前のように持たれているものが
    自分には どうしても手に入れられないものだったりする。

    何かを手に入れられない代わりに
    与えられたものが 今 この手の中にあるのではないか。

    すべては掴めないのだろうか・・・と。

    今は 人生を指し示す歌を聴きたい。
    そう思ったときに聴きたいと思う歌は
    五郎さんと先生の作品です。

    恋とか愛ではなく
    生きることや 夢に向かう決意を指し示してる歌を
    沢山作ってくださったことは とてもとても大きいです。

    私は 正直
    東海林先生が 五郎さんに
    「箱舟の帰還」という作品を残してくださったこと
    もうこの一曲だけでも 十分だと思ってきました。
    これほどの名曲が 他にあるだろうか、と
    いつも思って生きてきました。
    それくらい この歌が好きなものですから。

    だけど今 生きることと向き合ってみると
    先生と五郎さんの歌の世界の大きさを
    しみじみと実感します。

    最近は「水平線へ」という歌を聴いて
    なんてパワーのある勇気をもらえる歌なのだろう、と
    今更ながら 胸が熱くなります。

    愛がなければ
    夢がなければ
    明日を生きる希望など湧いてこない。

    人は時に
    生きる希望も失くすこともあるけれど

    お二人の作品を聴けば
    もう一度顔を上げて
    立ち上がってみよう、と思える。

    だから
    だからお二人の歌の世界は
    今も愛され続けているんだと私は思います。
    ***

    故郷に帰るII では ライブ盤の「箱舟の帰還」が聴けます。
    また「光の中に」も感動的です。

    『GORO ON STAGE 故郷に帰るII '76.4.29 美濃市体育館』
    20170727goro3

    http://tower.jp/item/4534157/GORO-ON-STAGE-%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%AB%E5%B8%B0%E3%82%8BII-'76-4-29-%E7%BE%8E%E6%BF%83%E5%B8%82%E4%BD%93%E8%82%B2%E9%A4%A8%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    ■『GORO ON STAGE 故郷に帰るII '76.4.29 美濃市体育館』<初CD化/1976年作品>
    1976年4月29日、岐阜県美濃市体育館における実況録音。 カセット・テープのみで発売された貴重なライヴ録音を初CD化(LPレコードでは未発売)。総合指揮:東海林修。“箱舟の帰還”“音楽祭”“光の中に”などを収録。

    5年の歩み、では 「見果てぬ夢」「 トラベリング・ボーイ」などの
    パワーのある作品が聴けますし
    「箱舟の帰還」「 ア・ソング・フォー・ユー」「アドロ」など
    染み渡るような世界が スタジオ録音盤で聴けます。

    『野口五郎 5年の歩み』
    20170727goro5

    http://tower.jp/item/4534160/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E-5%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%BF%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    ■『野口五郎 5年の歩み』<1976年作品>

    日生劇場特別リサイタルでは
    人生に力を与えてくれるような「水平線へ」や「歌がある限り」、
    愛で満ちる世界「少女よ」「愛のラルゴ」「されど青春」などを
    聴くことが出来ます。


    『GORO IN NISSEI THEATRE 野口五郎 日生劇場特別リサイタル』
    20170727goro2

    http://tower.jp/item/4534156/GORO-IN-NISSEI-THEATRE-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E-%E6%97%A5%E7%94%9F%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AB%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    ■『GORO IN NISSEI THEATRE 野口五郎 日生劇場特別リサイタル』<初CD化/1977年作品>

    「僕のうたは君のうた」(「YOUR SONG」 )(アルバム「ある愛の詩」)

    「僕のうたは君のうた」(「YOUR SONG」 )(アルバム「ある愛の詩」)
    B.Daupin-E.Jone 編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    1971年8月発売 アルバム「ある愛の詩」。

    アルバム「ある愛の詩」の作品については
    この一曲をもって語り切ったことになります。

    「YOUR SONG」 はエルトン・ジョンが歌われた楽曲です。
    Osamu Shojiがコーラスとして参加された
    伊東 ゆかり with THE GREEN GINGERのアルバムでも
    Osamu Shojiのアレンジで すてきな歌声を聴いていました。

    このアルバムはインストゥルメンタルですので
    美しい音楽を楽しむこととなります。

    寒い寒い日の
    暖炉の前で暖まるような ぬくもりを感じられる作品です。
    トランペットの 豊な響きが心地よいです。

    日本を旅立たれ
    ロスで生活されており
    もう帰ってこないつもりで行かれたそうですが

    上月晃さんのステージの音楽を・・・と
    ご本人直々に訪ねて来られお願いされたと聞きます。

    人生は 何が起こるかわかりませんが
    Osamu Shojiもかなり奇想天外で
    ドラマチックな人生を生きて来られた方であることは間違いありません。

    このライナーで 村井邦彦さんが
    Osamu Shojiのことを 「足を向けて寝られない先生」と書かれているのが
    微笑ましい限りです。

    良い音楽は残っていくので
    Osamu Shojiの音楽は きっと これからも愛されていくことと思います。


    ある愛の詩
    収録作品
    「ある愛の詩」
    「美しき人生」
    「ふたりの誓い」
    「雨を見たかい」
    「恋は翼にのって」
    「晴れた日には白いドレス」
    「あなたの記憶」
    「二人の週末」
    「愛する瞬間」
    「ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア」
    「僕のうたは君のうた」
    「たそがれの都会」


    トランペット ドン・レイダー、
    ドラムス ボブ・二―ル、
    エレキ・ベース クライド・ホーガン、
    ピアノ 飯吉馨、
    ギター 神谷重徳、
    ストリングス 多忠昭アンサンブル

    「呪術」 (幻想組曲「サヨンの鐘」)

    「呪術」 (幻想組曲「サヨンの鐘」)
    作・編曲 指揮 Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1976年発売 (7月レコーディング)

    東海林先生が生きていらっしゃる間に
    全て語れたら、と 懸命に語ってきましたが
    去年の春、先生は亡くなられてしまいました。

    もっと伺いたいことは いっぱいありましたが
    ほんとうに残念です。

    作品を探して 私のブログを見られた方を
    先生のもとへとご案内できた時は
    とても喜んでくださいました。

    先生はもう この世にはいらっしゃいませんが
    コツコツと語っていきたいと思っています。

    さて、私は見たことがありませんが
    昭和18年に封切られた
    季香蘭主演の映画「サヨンの鐘」というのがあったそうです。

    その物語をイメージして作られたのが
    この作品ということでしょう。

    太平洋戦争があった時代の
    悲しい歴史が
    この物語を作ってしまった、ということでしょう。

    戦争は人の命を奪い
    人を傷つけ
    心まで壊してしまいます。

    尊い命が戦争によって奪われました。

    生き残っても
    生きている限り背負うその苦しみは
    想像をはるかに超えるものだと思います。

    もう決して
    もう二度と
    戦争はしてはならないと思います。

    「呪術」は 戦争が始まり
    今にも襲ってきそうな 怖さと 奮い立つ気持ちと
    息をひそめて気配を消して様子を見る姿さえ
    見えてくるようです。

    穏やかで平和な村に迫る戦火。

    音楽でこんなにすべてを感じられる。
    息を呑むような感じです。

    サヨンの鐘
    レコード盤のジャケット見つけました。感謝。
    サヨン
    1.序曲
    2.夜明け
    3.ロマンス
    4.サヨン賛歌1
    5.サヨンの鐘
    6.呪術
    7.民話
    8.愛のくらし
    9.襲いかかる・・・
    10.レクイエム
    11.永遠のサヨン
    12.サヨン賛歌
    13.回想