web拍手 by FC2

    「涙のくちづけ」 SEALED WITH A KISS アグネス・チャン

    「涙のくちづけ」 SEALED WITH A KISS アグネス・チャン
    (1973年発売 ファーストアルバム「ひなげしの花」)
    作詞・P.Udell作曲:G.Geld 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

      アグネス・チャンの
    ファーストアルバム「ひなげしの花」
    洋楽のカバーを担当されたのは われらがOsamu Shoji。

    このアルバムが色褪せず
    ずっと聴き続けられるのは
    Osamu Shojiが 何十年と進んだ音楽を作られていたからで
    「evergreen」という言葉がピタリとハマるような気がします。

    「涙のくちづけ」は 沢山の人が歌われていますが
    レターメンが歌われた作品が 一番よく知られているでしょうか。

    アグネス・チャンさんは
    日本に来られる前は ギターを手に歌われていたと聞きます。

    日本では 可愛い異国から来た少女、のような感じで
    ただのアイドル扱いでしたが
    音楽に向かわれるスタンスが違っていたんだと思います。

    そういう本質を
    ちゃんとOsamu Shojiは見抜いてらして
    彼女には 可愛いだけではない
    よりクリアで ハードルの高い上質の音楽を持って
    ファーストアルバムという記念すべき作品に
    花を添えられた、という気がします。

    彼女の甘く特異な歌声が
    心地良く 優しく心に響きます。

    私はネットで購入し
    ダウンロードしましたが
    いつか アルバムとして手に入れたい作品です。

    アルバム「ひなげしの花」
    スポンサーサイト

    「パピー・ラブ 」Puppy Love アグネス・チャン(1973年発売 ファーストアルバム「ひなげしの花」)

    「パピー・ラブ 」Puppy Love アグネス・チャン(1973年発売 ファーストアルバム「ひなげしの花」)
    作詞・作曲:P. Anka 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

      アグネス・チャンの
    ファーストアルバム「ひなげしの花」のトリを飾るのは
    ポールアンカのカバー。「パピー・ラブ 」
    男性歌手の作品をカバーされる、というのが また面白いです。
    アグネスらしい キュートさと切なさがあります。

    And they called it puppy love.
    Oh I'll guess they never know
    How a young heart really feels
    And why I love her so


    私も10代の頃を思い出しました
    幼い恋だと言われても
    その切なさ、胸の苦しさは
    経験したことがない分
    どうしていいかわからいくらいでした。

    いや、もう
    遠い昔のこと・・・・なのだけれど。

    Someone, help me, help me, help me please
    この アグネスの歌唱が
    なんとも キュンとさせてくれます。

    英語ですべて歌われています。すばらしい!
    ちょっとアグネスの母国語っぽい雰囲気が感じられるのも
    なんともキュートで愛くるしい感じです。

    Osamu Shojiの編曲は とても優雅です。
    ストリングス、ブラス、パーカッション、ギター・・・・
    とても心地よく響き 聴いていて気持ちいいです。


    アグネスの若さと可愛いらしさと賢さ・・・

    Osamu Shojiの音楽で
    一層輝いてます。

    素晴らしいお仕事。
    このアルバムの洋楽のカバーはとても魅力があります。

    再度のアルバムの復刻が
    待ちどおしいです。

    アルバム「ひなげしの花」

    「スーパースター」アグネス・チャン

    「スーパースター」アグネス・チャン(1973年発売 ファーストアルバム「ひなげしの花」)
    作詞・作曲 レオン・ラッセル、ボニー・ブラムレット 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    この作品は1971年に日本でもヒットした
    カーペンターズのカバー作品です。

    ファーストアルバム「ひなげしの花」は
    デビューのオリジナル曲「ひなげしの花」とともに
    日本のフォークソングと
    洋楽のカバーを歌われた
    貴重なアルバムです。

    物事はまず最初の作品が成功することによって
    あとが続くのですから
    このアルバムなくしては
    やはり アグネス・チャンは語れないでしょう。

    前に 復刻CDが出ていますが
    貴重な名盤ゆえ
    プレミアがついて
    とても高くなっており
    気軽に買えない、というのが実情です。

    このアルバムの 洋楽のカバーの編曲を担当されたのが
    Osamu Shojiです。
    世界的な名アレンジャーの
    Osamu Shojiによる編曲で
    色褪ることのない名盤となりました。

    かわいい アグネスですが
    音楽的な実力や実績を携えての
    日本進出です。

    感情をこめられて
    熱く歌われています。
    けれど かわいくてやさしい声ですから
    とても健気な感じで新鮮です。

    アルバムの復刻を
    待ちわびる日々です。

    アルバム「ひなげしの花」

    「TWINKY(トゥインキー)」 アグネス・チャン

    「TWINKY(トゥインキー)」 アグネス・チャン
    作詞・松山猛 作曲・加藤和彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)、キャラメル・ママ

    この作品は1974年に発売された「アグネスの小さな日記」。

    当時のアイドルは あまりにファンも熱狂的で
    音楽的に何がどうなったか、ということも
    熱狂的過ぎるために気にしなかったのですが
    編曲がOsamu Shoji&キャラメル・ママ、という
    贅沢な作品です。

    後の時代になって よく言われるのが
    アイドルと日本のロックを 融合させた作品が
    「ポケットいっぱいの秘密」やこの作品であるということです。

    時代を牽引され続けてきたOsamu Shojiの功績は
    ここでも輝いています。

    この「TWINKY(トゥインキー)」は
    アグネスの可憐さが際立つ作品です。
    軽やかで心地良くて
    つい 一緒に歌ってしまいます。

    ひとりぼっちの私にも
    うれしいことや悲しさの
    小さな秘密打ち明ける
    そんな友達できました


    自分が飼っている小鳥のトゥインキー。

    愛情を持って見つめる
    その少女の瞳が
    なんだか愛おしい。

    アグネスの声に
    ぴったりのすてきな作品です。

    何度繰り返して聴いても
    楽しく聴けます。

    自分も気持ちだけは
    あの日の少女に戻ってしまいます。

    とっても可愛い
    すてきな作品です。


    twiky1.jpg
    ↑知っていたら絶対買っていたのに残念(>_<)
    twiky2.jpg
    4曲入った33回転のシングルも発売になってました。
    とても清楚でかわいいジャケットですね。

    【番外編】「ローズ・ガーデン」アグネス・チャン

    【番外編】「ローズ・ガーデン」アグネス・チャン(1973年発売 ファーストアルバム「ひなげしの花」)
    作詞・作曲 ジョー・サウス 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )


    リン・アンダーソンの「ローズ・ガーデン」(1970年10月)のカバー曲。


    前にレビューは書きました。
    よろしければご覧くださいね。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-353.html

    ほのぼのとして爽やかなアグネスの世界。
    カバー曲でありながら
    この「ローズ・ガーデン」は Osamu Shojiが
    アグネスに ぴったりの音楽に仕上げられています。

    ほのぼのとしてはいるけれど
    優雅でもあり
    洗練されてた音楽。
    すっきりとしてさわやか。


    うれしいことに Osamu Shojiの編曲作品の「ローズ・ガーデン」が
    YoyTobeにアップされていましたっ

    もうひとつ音源がアップされていますが
    違う編曲者です。

    Osamu Shojiの編曲は 繊細で美しいです。
    優雅ですしクリアなサウンドです。
    お間違いなく!!

    こちらがOsamu Shoji編曲作品です。
    どうぞ!!
    http://www.youtube.com/watch?v=SccZN0dYtwk

    あぁ いい音楽を聴いたなぁ。

    さらさらと気持ちの良い風の中、
    かわいい薔薇を眺めて
    ほっとする気分です。

    アルバム「ひなげしの花」

    【番外編】「ポケットいっぱいの秘密」 アグネス・チャン

    【番外編】「ポケットいっぱいの秘密」 アグネス・チャン
    作詞・松本隆 作曲・穂口雄右 編曲・Osamu Shoji(東海林修)、キャラメル・ママ

    今日は笑顔いっぱいになれる歌をご紹介しましょう!

    この作品については前に書きましたので
    よろしければご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

    「私には秘密がある」、と 人前で口にされている方は
    誰かにそれを聴いてほしいから言われるのだなぁ、と思います。

    本当に秘密がある時は
    秘密があることさえ隠すものですから、
    それも微笑ましいです。

    この「ポケットいっぱいの秘密」は
    うれしくて幸せでどうしようもなく心弾む
    少女の気持ちがあふれています。

    恋する喜びで溢れていて
    笑顔でいっぱいの気持ちになれます。

    リアルタイムで
    すごく歌っていました。

    単なるアイドル歌手の流行歌、ではなかった、ということを
    ぜひ 知っていただきたい。

    アイドルと日本のロックを 融合させた記念すべき作品。
    松本隆さんがアイドルに書かれた最初の作品でもあります。

    他のミュージシャンからのリスペクトを受けてこその
    このOsamu Shojiのお仕事だと思います!

    YouTubeにありました。
    ご覧くださいっ。
    http://www.youtube.com/watch?v=wMv5ySm3Z5M

    ポケットいっぱいの秘密

    「ローズ・ガーデン」アグネス・チャン

    「ローズ・ガーデン」アグネス・チャン(1973年発売 ファーストアルバム「ひなげしの花」)
    作詞・作曲 ジョー・サウス 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    一年のうち、 春にも秋にも
    薔薇の美しく咲く季節が来ます。
    近くの薔薇園も美しい薔薇で
    華やかでしたが
    薔薇園に立つと ついつい歌ってしまうのがこの歌「ローズ・ガーデン」です。

    リン・アンダーソンの「ローズ・ガーデン」(1970年10月)のカバー曲ですが
    この「ローズ・ガーデン」は Osamu Shojiが
    アグネスに ぴったりの音楽に仕上げられています。

    ネットで検索すると アグネスの「ローズ・ガーデン」の音源がアップされていますが
    Osamu Shojiによる編曲のものとは違うものです。
    これは残念。

    Osamu Shojiの編曲というのは
    爽やかで 
    ひとつひとつの音がうれしそうに歌っている、という感じがします。
    洗練されているからこそ
    アグネスの素朴な感じや
    キュートさが より輝きを放っています。

    ストリングスのアレンジなど
    美しい薔薇園に立ち
    甘い風にうっとりとする心地良さです。

    物事は最初が肝心ですが
    アグネス・チャンさんの ファーストアルバムを
    Osamu Shojiが手掛けられたことは
    ほんとうに大きいと思います。

    ただ かわいい異国のお嬢さん、ではない。

    Osamu Shojiの洗練された音楽に
    後押しされて
    アグネスも伸びやかに歌われています。

    聴いていたら
    自然と身体が横にスイングして
    思わず笑顔になります。

    一度復刻されていますが
    もう購入することはできません。

    復刻されれば
    何が何でも
    飛びついて買いたい!!

    そのチャンスを鼻息も荒く待ちわびている
    今の自分です。
    再度の復刻が待たれる
    アルバムのひとつです。

    アルバム「ひなげしの花」

    「サークル・ゲーム」アグネス・チャン

    「サークル・ゲーム」アグネス・チャン
    作詞・作曲 Joni Mitchell  編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修)

    アグネス・チャンのファーストアルバム「ひなげしの花」に入っている
    5曲の 洋楽のカバーの 編曲は Osamu Shojiによるものです。

    これから世に出ていく 輝く若い才能は
    Osamu Shojiの 後押しによって
    見事に花開きました。

    このアルバムは 本当に魅力がいっぱいなので
    探してみましたが
    中古のCDが 9,800円もします。
    もう一度 復刻してください~っ、と
    思わず叫びたくなります。

    洋楽はすべて英語で歌われています。
    若くても 知的で国際的であったアグネス。
    そして 素直に響く歌声は
    春の野に吹くそよ風のようです。

    このアルバムでは
    やっぱりこの歌「サークル・ゲーム」が最高です。

    私は最初 アグネスのオリジナルかと思いました。
    それくらいもう アグネスにピッタリの作品だからです。
    これは 「いちご白書」という映画で使われた歌だと知りましたが
    とにかくもう アグネスのこの「サークル・ゲーム」は
    爽やかで 春の野に立ち
    風に吹かれるような心地良さ。
    抜群にいいです。

    「サークル・ゲーム」
    人生をメリー・ゴーラウンドにたとえています。

    今になって この歌の歌詞の世界がよくわかります。
    幼い アグネスは きっとこの時はこの詩の意味も
    実感もないままに歌っていらっしゃったでしょうが

    今 私たちが 自分の人生を振りかえる時に
    この詩の世界は とても深く響きます。

    アグネスの爽やかな甘い歌声が
    この人生さえも爽やかにしてくれる感じです。


    アグネスにぴったりの
    明るく軽快でやわらかな演奏。
    かわいい アグネスが
    ますます可愛らしくキュートです。

    聴けば聴くほどとてもすてき。
    清々しいです。

    本当にすてき。

    時の輪の中を
    もう随分と回り続けてしまったけれど

    今も夢はあるし
    幸せに生きた気がする。

    いつも歌って生きたい
    応援歌のようでもあります。
    みなさんにご紹介したい曲のひとつです。

    アルバム「ひなげしの花」

    「わたしのペンフレンド」アグネス・チャン

    「わたしのペンフレンド」アグネス・チャン
    作詞:麻生 香太郎 作曲:穂口 雄右 編曲:Osamu Shoji(東海林 修)
    1974年9月10日発売 シングルB面

    アグネス・チャンの7枚目のシングル
    「美しい朝が来ます」のB面作品。
    1974年8月に発売された
    アルバム「あなたとわたしのコンサート」収録作品です。

    私は思うのですが
    Osamu Shojiの編曲って
    本当に素晴らしい、と思うのです。

    東海林修編曲作品集、というのが
    出てもいいと思うくらいです。
    名曲が いっぱいいっぱいあります。

    Osamu Shojiの 日本の歌謡界における
    ご功績はあまりにも大きいです。

    さてアグネス・チャンさんのこの「私のペンフレンド」

    本当に びっくりするくらいかわいい!!
    まるで マシュマロのように
    ほんわかとして 甘くまろやかな声!!

    汽車よ来て 早く来て
    この 胸は ドキドキなの
    帰りたい かくれたい
    この気持 わかって マイ・ペンフレンド


    Osamu Shojiの 編曲は
    もうこの気持ちと景色を そのまま、
    目の前に見せてくれるような
    すてきなアレンジなのです。
    そして すっきりとして かっこいいアレンジ。

    うきうき どきどき 待ち遠しい
    そんな気持ちがあふれてきます。

    いい演奏で アグネスも幸せいっぱい歌われてます。
    優雅ささえ感じます。

    あの日の少女に戻って聴いてしまう一曲。

    とってもすてきな作品です。
    聴きながら微笑んでいる自分がいるのです。
    私のペン・フレンド

    「恋のシーソー・ゲーム」アグネス・チャン

    「恋のシーソー・ゲーム」アグネス・チャン
    作詞・落合恵子 作曲・井上忠夫 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1976年発売 シングルA面

    アグネス・チャンへのOsamu Shojiの作品は
    とにかくさわやかで楽しめます。
    この「恋のシーソー・ゲーム」も
    クリアなサウンドで
    かわいいアグネスの歌声が
    明るく楽しく響きわたります。

    落合恵子/井上忠夫/東海林修
    このコラボレーションもまた大変に貴重で
    うれしい作品です。

    余談ですが
    学生の頃 落合恵子さんのエッセイを読んだのですが
    乙女心にとても深く届くもので
    愛を教えられた気がしました。

    特に心に残っているのは
    ただ見守るだけの愛もあるというようなお話。
    いつもそばて見守りながらも
    愛する女性をその手で抱きしめられたのは
    その女性が亡くなったときだった、というような
    お話だったと思いますが
    そのお話があまりに感動的だったので
    本を読んで涙したことを今でも覚えています。

    その落合恵子さんの作詞というのもうれしい。
    聴いていると 恋する喜びがあふれてくるよう。

    恋はどちらか いつも
    片想い でも
    愛するだけでは
    いやよ愛されたいの それまでは
    ほら 恋にさようなら


    素直に乙女心を歌った
    アグネスの世界。

    Osamu Shojiの編曲というのは
    すっきりとして おしゃれで
    クリアなサウンドです。
    アグネスのチャーミングな歌声が
    より輝く。

    とても楽しく笑顔になれます。

    恋のシーソー・ゲーム

    「アップルパイのラブレター」アグネス・チャン

    「アップルパイのラブレター」アグネス・チャン
    作詞・松本隆  作曲・穂口雄右  編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )

    あまり知られていないと思いますが
    アグネス・チャンのファーストアルバムの洋楽のカバーの編曲は
    Osamu Shoji( 東海林 修 )によるものです。

    これがまたお宝アルバムで
    ぜひほしいなぁ、と思うのですが
    Amazonで探したら 中古で1万円は出さないと
    購入できません。
    本当に残念です。

    けれどそれくらい価値のあるお宝作品だということですね。
    ファーストアルバムは アグネスが ただのアイドルではない、という
    アーティストとしての実力が発揮されていて とてもすてきだと思う。

    Osamu Shojiは たくさんのアーティストを世に出す
    力強い後押しをされてきたことを
    とても感じます。 


    そちらの作品についても いずれお話しさせていただきたいのですか
    今日はオリジナル作品「アップルパイのラブレター」

    この作品は アグネスの6枚目のアルバムで
    74年8月発売「あなたとわたしのコンサート」の中の一曲です。

    世の人が アグネスに求めたものは
    やはり キュートで可愛いアグネスであったのだけれど
    たぶんご本人としては とまどわれた面も大きかったのではと想像します。

    このアルバムの参加ミュージシャンの顔ぶれを見ても
    アーティストとしての 誇りが感じられるものです。

    CDでは買うことができませんでしたが
    このアルバムは 音楽配信されていて
    私も購入してダウンロードできました。

    とってもかわいい。
    でも ただかわいいだけではない。
    クリアですっきりとしたおしゃれな音楽になっています。

    私はこの曲の鍵盤打楽器が
    とっても気に入ってます。
    そしてしっかりとしたベースも効いてます♪

    アグネスの かわいい高音が
    より爽やかに響くよう
    とても配慮されているんだなぁ。

    聴いていて にっこり。
    とっても楽しい気持ちになります。

    あなたと私のコンサート

    「ポケットいっぱいの秘密」 アグネス・チャン

    「ポケットいっぱいの秘密」 アグネス・チャン
    作詞・松本隆 作曲・穂口雄右 編曲・Osamu Shoji(東海林修)、キャラメル・ママ

    この作品は1974年にシングルレコードとして発表されたアグネス・チャンさんの作品。
    アイドルと日本のロックを 融合させた記念すべき作品と言えるでしょう。
    松本隆さんがアイドルに書かれた最初の作品でもあるそうです。

    キャラメル・ママのメンバーを知れば
    Osamu Shojiとの このコラボレーションは贅沢すぎます。
    アグネスに嫉妬してしまいそうなくらい
    なんだかもう うらやましすぎる作品なのです。

    とにかく聴いていて楽しい!!

    アグネスもうれしさいっぱいで歌っています。
    笑顔で歌っているお顔が見えるようです。
    うれしさがあふれ出てます。
    そうでしょうそうでしょう。わかりますとも。
    もし私だったら嬉しすぎてどうかなりそうです。
    代わって歌わせてほしい~っ。
    (なんだこのコメントは)

    サウンドは とっても明るく
    華やかなのにすっきりとして
    かっこいいです!!

    聴いているだけで
    嬉しくて幸せな気分になりますっ。
    そして爽やか!!

    本当にいい作品に出逢われて
    アグネス・チャンさんはしあわせです!!

    歌に表情がある。
    聴く人も幸せにする歌だと思います!

    Osamu Shojiが参加した経緯などすごく知りたいです。
    作品秘話とか いつかどなたかが
    お話ししてくださればうれしいですね。
    ポケットいっぱいの秘密