web拍手 by FC2

    「春の鐘」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)(3)

    「春の鐘」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    私は 桜が咲く季節になると
    この歌がいつも心に流れて
    この歌を聴きたくなります。

    桜が ハラハラと舞う空を
    見あげた風景が
    まさにこの作品の世界そのもので
    心が満たされます。

    高い空と
    美しい桜と
    散る花びらを

    ながめる心に感じる鐘の音・・・

    あぁ なんて美しい世界。

    それから 私が残念に思うのが
    このように素晴らしい楽曲をいただかれた方は
    歌うことをやめないでほしい。

    世に広めるまで あきらめることなく
    ずっと歌い続けていただきたかった・・・と

    正直残念でなりません。

    夢二の世界が
    色彩豊かに 広く高く
    どこまでも広がっていきます。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    スポンサーサイト

    「春の鐘」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」) (2)

    「春の鐘」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    昨日までは
    桜もほとんど咲いていなかったのですが
    今日は 桜がいっぱい花開いていました。

    あぁ 春がきたのだなぁ、と
    桜をながめていたら
    心に この歌が流れてきました。

     レビューは 前に書いているのですが
    書きたい時に 何度でも書きたいと思います。

    夢二の世界、
    私はこの歌を聴くときは

    心の中では
    夢二の描く少女になった気分で
    桜を見上げます。

    心に はらはらと
    桜の花が舞ってくる。

    静かで
    暖かくて
    美しい青空が目に沁みる。

    そんな春の中

    花びらは舞う。

    大好きな世界です。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    【番外編】「水車」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    【番外編】「水車」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    夢二の詩の世界が絵のように広がるアルバム「水車」

    春がくると「春の鐘」「水車」が
    どうしようもなく聴きたくなります。

    春の光が注がれるよう。

    そして心にも
    静かな 心に沁みるような春を
    感じて 「あ~~っ」と
    ただ 春の中で立ちつくし
    空を見上げたくなるのです。

    懐かしいような
    うれしいような、
    だけどなんだか
    胸がキュンとして切ないような
    そんな気持ちになります。

    歌われているのは「額田一代」さんですが
    「可愛 和美」さんというお名前でも
    芸能活動されていたようです。

    YouTubeで 「水車」を見つけました。

    http://www.youtube.com/watch?v=XtwG4NVU2wE

    何度聴いても
    胸に沁み渡るような
    素晴らしい作品です。


    たくさんの方々が
    この「水車」のアルバムに
    出逢われていただきたいと
    切に願うばかりです。

    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」


    アルバム「水車」の復刻CDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生のアルバム「水車」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。

    「ころころ團子」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「ころころ團子」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    竹久夢二の詩の世界が一枚のアルバムになりました。

    Osamu Shojiの作・編曲、
    額田一代さんの歌。


    Osamu Shoji( 東海林 修 )の音楽は 
    夢二の世界を豊かに表現されています。
    いろんな世界が鮮やかに広がります。

    額田さんのお声は
    甘い美しいお声。
    チャーミングでありながら
    とても澄んだ甘いお声です。

    この「ころころ團子」は
    そんな額田さんのお声にぴったり。
    ユーモアたっぷりの夢二の詩。

    聴いていたら思わず笑顔。

    ころころだんごやころだんご
    お色の黒いお吉備ちゃん
    髪もないのに櫛さして
    ころころだんごのお吉備ちゃん


    軽やかでおしゃれな音楽、
    Osamu Shojiならではの 洗練された世界。

    このアルバム「水車」は
    豊かな日本の景色や
    四季折々の情景、
    夢二の素敵な言葉が
    きらきらと輝く
    すてきなアルバムです。

    私は大好きです。

    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」


    アルバム「水車」の復刻CDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生のアルバム「水車」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。

    「旅ゆく鳥」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「旅ゆく鳥」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    竹久夢二の詩の世界が
    Osamu Shojiの作・編曲により
    豊かに広がるアルバム「水車」


    この12の世界を
    それぞれに楽しみながら
    全部聴き終えると
    心がとても優しくなれます。

    美しい日本の四季や
    幼い日の記憶
    わすれかけていた大切なものが
    見えてくるようです。

    特に私はこのアルバムの中では
    「春の鐘」が大好きなのですが
    この歌は 大人になって出逢えた
    子供の心を取り戻せる歌、です。
    一生歌い続けていく宝物になりました。

    この「旅ゆく鳥」は
    童謡という雰囲気ではなく
    ポップス・・・いえ、
    ロックのカッコ良さのある作品です。

    見知らぬとりはとんでゆく
    ひとりぼっちでとんでゆく
    見知らぬとりはどこへゆく
    見知らぬ野越え山を越え
    遠い野末の松ノ木に
    あるかもしらぬ巣をとめて
    見知らぬとりはとんでゆく
    昨日のやうに今日もゆく
    見知らぬ国へとんでゆく


    いつものように
    飛んでいく鳥。
    昨日と変わらずに今日も飛んでいるけれど
    見知らぬ国に向かっている。

    きっと自分の姿を
    鳥に重ねて
    見上げているのですね。

    ひとりぼっちで飛んでいく鳥。

    見送っている自分は
    きっとその鳥そのものなのでしょう。

    春も近くなりました。

    私自身も
    そろそろ旅立ちの時かと思っているのです。

    最近は旅立つ力になる音楽を
    聴きながら 空を見上げます。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」


    アルバム「水車」の復刻CDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生のアルバム「水車」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。

    「春」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「春」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    新しい年になり
    新春のやわらかな陽ざしに包まれる時
    今年は良い一年になりそう、と
    心も晴れやかです。

    Osamu Shojiの作品は
    音楽の垣根というものがなく
    いろんな音楽を聴かせていただけることが
    大きな魅力です。

    その中で
    こんな世界が聴きたかった、と
    大変感激したのがこのアルバム
    竹久夢二の詩の世界を
    Osamu Shojiの作・編曲で聴ける
    この「水車」です。

    夢二の世界は
    絵で観る。
    詩を読む。

    けれど
    それだけではない。

    この作品は
    音楽で 夢二の世界を広げることができるという
    素晴らしい作品です。

    「春」
    夢二のほのぼのとした世界。
    ユーモアもあり
    うれしい春を
    笑顔で感じられます。

    白い雪がとけて赤い土が顔を出した
    「やぁ春さんまた来ましたね」


    晴れやかに思わず春に声をかけている。
    うれしさと希望が胸にあふれます。

    Osamu Shojiの音楽も
    穏やかでうれしい春を連れて来てくれるよう。

    エンディングの音楽は
    春の陽ざしが 降りそそぐような
    優しさと晴れやかさです。

    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」


    アルバム「水車」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生のアルバム「水車」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。

    「烏と梟」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」) 作・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    「烏と梟」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムに出逢った時、
    すごいアルバムに出逢ったと感動しました。

    美人画で有名な夢二ですが
    画家だけに
    書かれる詩も
    とても目に映るような
    すてきな詩です。

    日本の美しい四季や景色
    そして生きているものが
    いきいきと 楽しく表現されています。

    そして夢二の詩にOsamu Shojiが曲をつけられ
    編曲されました。

    声が明るくきれいな
    額田一代さんが歌われていいます。

    素晴らしい作品に出逢い
    私はすごく幸せだと思いました。
    とにかく理屈抜きに
    私はもうこのアルバムが大好きなのです。 

    特にこのアルバムの中では
    私の「春の鐘」は感動しすぎて
    泣けてしまうくらい好きです。

    そしてその「春の鐘」や「水車」や「雪」など、
    詩の世界の 一番見たいものが
    まるでスローモーションのように
    この目にしっかりと映る感じです。

    いつまでもいつまでも
    時を止めて ながめていたいと思える。
    ながめていると
    失くしたものまで見えてくる気がする。
    そこに立っているのは
    間違いなく少女の自分なのです。

    こんな素晴らしい作品を
    ご存じない方がいらっしゃるならば
    私にとっては 大きな問題です。
    もう自分にとっては 我慢できないことです。
    (熱くなりすぎている)

    子供たちにも大人の方にも歌っていただきたいですし
    できたら 小学校の合唱とか
    取り上げて頂きたい作品ばかりです。

    この「烏と梟」は
    ユーモラスな詩の世界ですが
    楽しいだけでなく
    かっこいい音楽です。

    からすがカアカア くわじだって
    ゆふやけぞらから とんできた
    ふくろがびつくり めをさまし
    たかいえだから おつこった
    つきよのばんに ふくろふが
    よあけだよあけだ いってきた
    からすはびっくり めをさまし
    たかいえだから おっこった


    このアルバムは
    Osamu Shojiの音楽が
    夢二の世界を 大きく膨らませて
    詩の世界を頭の中でながめるようです。

    とても楽しいですし
    聴いていて心が癒されますし
    驚きと感動があります。

    ぜひ お聴きいだきたいと思います!!

    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」


    アルバム「水車」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生のアルバム「水車」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。

    「春の方へ(朝の日課)」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「春の方へ(朝の日課)」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林修 )

    三月に入り
    あたたかなきらきらとした光が注がれるようになりました。

    私は 一年のうちで 三月が一番好きなので
    特にこの季節はうるうるとして
    春の歌が聴きたくなります。

    私が特に好きなこの世界
    夢二とOsamu Shojiの
    豊かな世界です。

    季節の景色だけでなく
    空気まで感じる。
    歌を聴いて こんなに季節を感じられる歌が
    そばにあることがほんとうにうれしい。

    このアルバムでは
    私は特に「春の鐘」が
    どうしようもなく好きなのですが
    この「春の方へ」も
    やさしく語りかけ ほっとさせてくれるような
    しみじみとうれしい春を感じられる一曲です。

    ちいさなはなよ
    そんなにうつむかないで
    顔をおあげ


    顔を上げ
    春を確かめる。
    そして春は前に進む季節。

    春の風のような
    やわらかなピアノ
    語りと歌で
    静かに春が
    この心に満ちてきます。


    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    アルバム「水車」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。

    「雪」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「雪」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林修 )

    竹久夢二の詩の世界が
    Osamu Shojiの曲とアレンジで
    豊かに表現されたこの世界は

    四季折々の美しい景色や
    日本人の感性をあらためて知ることのできる名盤で
    残していかなければならない
    大切な財産のように感じます。

    夢二の 素晴らしい世界を
    何より大切にされて作られた
    Osamu Shojiの音楽は
    自分の心を 原点に戻してくれるような
    温かさと 優しさと 美しさがあふれているのです。


    「雪」は
    しんしんと静かに降り積もる雪を
    見つめているような気持ちになります。


    すべてを覆いつくす
    白い白い雪は
    汚れのない美しさ

    それは
    悲しみもやさしく包んでくれる冷たさ。

    昔 朝起きてみると
    雪が積もっていて
    真っ白にすべてが覆われていた時の
    あの驚きと 不思議な感覚

    雪のない場所で生きる今
    この歌で 遠い記憶を呼び戻します。

    雪がこんこん降って来た
    積れつもれ雪だるま
    雪がこんこん降って来た
    炬燵で蜜柑をたべませう


    時には心を真っ白に戻して
    静かに沁みる
    こんな歌を聴きましょう。


    まるでこの心はあの日の少女のように
    おとぎの国のお姫さまの
    姿を静かに追うのです。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    アルバム「水車」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。

    「秋」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「秋」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    竹久夢二といえば美人画というイメージがあり
    「宵待草」という詩を書かれた方だということは知っていましたが
    このアルバムで たくさんの夢二の詩の世界を知りました。
    早くから 世に出て 評価を受けていらっしゃった方ですが
    波乱万丈の人生を生きた方なのだなぁ、って思っています。

    儚げでかわいらしい美人画はとても魅力的です。
    そして夢二の書かれる詩も とても魅力的だと思いました。
    やわらかい日本語と
    かわいらしいユーモアや 優しさ 
    夢二の視線で見る季節の美しさ

    日本の豊かな四季
    その中に立ち 見つめる景色を
    このアルバムで 感じることができます。

    Osamu Shojiの音楽により夢二の世界が
    豊かに 鮮やかに 広がっています。

    「秋」は日本の懐かしい秋の景色。

    つづれさせさせ はやさむなるに
    ぶんぶんぶんや



    つづれさせが コオロギであることも
    この詩で知りました。

    しみじみと 秋を感じることができる音楽。

    夢二の作品。
    言葉の美しさ
    言葉の持つリズムの楽しさ

    Osamu Shojiのこの作品で
    とても感じることができます。

    忘れたくない
    日本人としての心が このアルバムには
    あるように思います。

    本当に素敵なアルバムで
    大好きです。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    「居眠り地蔵」 額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「居眠り地蔵」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    お彼岸になり 澄み渡る青空の下で
    彼岸花が赤く燃えるように咲き
    秋が急に深まったような気がしています。

    風も心地良く
    この季節は 秋を探しに 
    ゆっくりと歩いてみたい気持ちになります。

    そんなことを考えた時 私の口から出た歌は
    この「居眠り地蔵」なのでした。

    この歌が今の季節にぴったりだからだと思います。。

    黄金色に色づきつつある稲穂の上を
    トンボが飛びまわっています。
    こんな風景の中には
    かわいいお地蔵さんが
    ちょこんと座っている、いうのが
    私のイメージの中あるのです。


    居眠り地蔵さん道のはた
    お馬が通るにこっくりこ
    居眠り地蔵さん赤エプロン
    いつもお年が若ござる
    居眠り地蔵さん赤とんぼ
    あたまのてっぺんこっくりこ


    実りの秋 心も豊かに充ちる季節。
    この歌は 少しユーモアを感じる夢二の詩。

    Osamu Shojiの曲と編曲で聴く「居眠り地蔵」は
    見た目はかわいらしいお地蔵さんでも
    みんなをしっかり見守り守ってくれる
    かっこいいお地蔵さん。

    こっくりことうたた寝しているようなふりしてるけれど
    だけど ふりをしているだけの
    本当は頼れるお地蔵さん。

    そんな感じです。

    かっこいい曲とアレンジ、
    Osamu Shojiならではの
    素敵な世界だなぁ、と
    今日も聴きながら感動。

    まず詩を読んで
    この歌を聴いてみてほしいなぁ。

    すっごく新鮮で 素晴らしい世界です。

    このアルバムは
    たくさんの人に聴いていただきたいアルバムです。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    「赤とんぼ」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「赤とんぼ」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    毎日 Osamu Shojiの作品を一つずつ書いているのですが
    365日書いても まったく追いつかない。
    なんて果てしない世界なのだろう、と
    日々想います。

    そして とにかく 書いておかなくては
    これだけは 何が何でも 伝えていかなくてはと
    強く思う作品
    それが このアルバム 「竹久夢二『水車』」の世界です。

    粟の穂にとまる赤とんぼの様子が
    まるで絵で見るように
    いきいきと言葉で描かれている。

    いやだといふのに赤とんぼ
    粟の穂にとまる
    かんぶりふりふり粟の穂は
    いやだといふのに赤とんぼ
    またきてとまる
    粟の穂さきに
    ちょととまる


    夢二ならではの感性で
    何気ないいつもの光景が
    なんとも愛しい光景に変わる。

    「いやだといふのに赤とんぼ」という言葉が
    繰り返されることで
    粟の穂の想いが強まり 
    なんの気なしに ついとまってしまう赤とんぼの
    にくめない姿が
    なんとも微笑ましい詩です。

    この詩については
    Osamu Shojiは 
    ユーモアを入れず
    正統派の直球勝負で
    聴かせてくださっています。

    描かれているのは
    見つめている人の視線ではなく
    赤とんぼの気持ちでもなく

    赤とんぼにとまられる
    粟の穂の気持ちのように想います。

    だからこそ 自分と重ね合わせ
    こんなに心に響くのではないかなぁ。

    山田耕筰の「赤とんぼ」という名曲があるけれど
    Osamu Shojiと夢二の「赤とんぼ」も素敵ですよ、と
    私はみんなにお伝えしたい気持ちでいっぱい。

    この作品は
    伝えていかなくてはならない作品だと心から想います。

    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    「蛍」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「蛍」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    私は 竹久夢二の詩の世界をOsamu Shojiが
    音楽で表現されたこのアルバムは
    とても豊かな素晴らしい世界だと思っています。
    正直「春の鐘」「水車(みずぐるま)」「雪」などは
    小学生の音楽の教科書に載せていただきたいくらいだと、といつも聴く度に思います。

    美しい日本の景色 季節ごとに豊かに色づく自然
    画家である 夢二だけに
    詩の世界も 色鮮やかにイメージできる
    やさしく美しい世界です。

    そして 夢二が描かれた その世界を
    心のスクリーンに大きく映し出してくれるのが
    Osamu Shojiの音楽なのです。

    前にこのアルバムの作品「春の鐘」「水車(みずぐるま)」は書きました。
    よかったら見ていただけるとうれしいです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-87.html


    季節ごとに変わる
    心に消えない景色

    もしかしたら
    今では失くしかけた景色かもしれません。

    忘れたくないもの
    忘れかけたものを
    このアルバムで取り戻していただきたいです。

    そして子ども達には
    こんなに美しい世界があることを
    知ってほしい。

    6月といえば「蛍」
    闇の中を 小さな光が乱舞した時代は 遠い彼方ですが

    あの神秘的な光、
    小さな灯りでありながら
    人の心を大きく揺さぶり
    胸を熱くさせる灯りであること

    この Osamu Shojiの音楽を聴いて
    感じていただきたいなぁと
    とてもとても思います。

    童謡、という枠に この詩を閉じこめることのない
    Osamu Shojiのこの編曲の大きさにも感動です。

     竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    「水車(みずぐるま)」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「水車(みずぐるま)」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    前にこのアルバムの作品「春の鐘」を書きました。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
    桜は散ってしまいましたが
    この爽やかな風が吹く季節に
    「水車」のアルバムがとても聴きたくなります。

    四季折々の美しいか景色が見えるようなこのアルバム。
    ゆったりでき ほっとできる音楽にいつも癒されます。

    「こっとんこっとんみずくるま
     春のひかりのふるなかに
     こっとんこっとんみずくるま」

    短い言葉の中に
    豊かな季節を見る。

    夢二の世界が
    Osam Shoji音楽で
    豊かに広がります。

    とても素敵な世界なのです。
     竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」
    アルバム「水車」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩りを
    Osamu Shojiの音楽で 感じていただきたいと思います。

    「春の鐘」 ( アルバム「竹久夢二『水車』」)

    「春の鐘」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    この「春の鐘」は
    「竹久夢二『水車』」に収録された作品です。
    すべては竹久夢二の詩 
    Osamu Shojiの作・編曲により
    表現される 夢二の音の世界。
    夢二とOsamu Shojiのコラボレーション。
    まさに夢の共演という感じがします。

    美しい澄んだ声の額田一代さんの声。
    心が洗われるようです。

    夢二の残された美人画の作品は
    とても雰囲気があり魅せられます。
    今でもたくさんの人に愛されています。

    そして絵を描くだけでなく
    才能豊かな夢二は
    詩人としても
    たくさんの美しい作品を残されていました。

    こんな素晴らしいコラボレーション作品が
    あったことを知った時は
    なんて贅沢で夢のようなことだろう、と
    本当に驚き、感動したものです。

    なんてお宝なのでしょう。

    中でも「春の鐘」は
    優しい春の 鐘が鳴り響く空を
    見上げるような気持ち。
    そして桜の花びらが この身に降りそそがれるよう。

    この感性に響き渡り
    胸がいっぱいになります。

    子供の視線から見上げる空のように
    春の空が果てしなく高く高く広がっていきます。

    あぁ なんて春は美しくて
    胸が熱くなる季節なのだろう、と
    この歌を聴くと 言葉も出なくなるくらい
    私はどうしようもなく この世界が好きです。

    こんな澄んだ美しい春を感じられる歌に
    出逢えたことは 私の人生にとって
    大きなご褒美であり 喜びだと感じています。

    Osamu Shojiの音楽って
    いいなぁ・・・胸にしみるな、って
    しみじみ思える作品。

    素晴らしいので
    本当にみなさんにご紹介したくてたまらない。
    子供たちにも歌ってほしい歌ばかりです。

    この音楽を聴いて
    歌ってもらいたいと
    願わずにはいられないくらい
    豊かで美しい世界。

    子供のころに聴く歌は大事だからなおさらです。

    日本の美しい春を
    この歌で感じ
    うるうるとしてしまう。

    みなさんにぜひご紹介したい世界です。

    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」