web拍手 by FC2

    【番外編】「再会」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅

    「再会」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅
    作・編曲・Osamu Shoji (東海林修)
    指揮: 熊谷弘
    演奏: コロムビア・シンフォニック・オーケストラ, THE GALAXY

    東海林先生が亡くなられて
    もう二週間になろうとしています。

    先生が残してくださった名曲が
    先生を送るレクイエムのように
    今の私自身の心に優しく響き渡ります。

    人生は出逢いと別れのくり返しですが
    人生のうちで 
    一番感動的で 一番美しく
    一番うれしいことは
    逢いたい人と 
    再び出逢うことです。

    今はマリアさまの み胸に
    優しく抱かれながら
    微笑むように眠っていらっしゃるでしょうか。

    先生との想い出は尽きません。

    私は今でも 先生と出逢ったことの意味を考えます。
    そのことを思うと
    まるで人生はパズルのように
    ある時、パズルのパーツがピッタリと合い、
    それまで生きてきたことの意味がわかることがあります。

    そういう出逢いであったことだけは
    申し添えておきます。

    999の音楽に
    先生自身も慰められ
    癒されたことでしょう。
    この音楽を聴き
    人生を人生を振り返られることもあったでしょう。

    またあちらの世界で再会したいと思っております。
    その時は すべての真実を
    お伝えしたいと思います。

    先生、どうぞ安らかに。


    前に書いたレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

    いつまで見れるかわかりませんが
    YouTubeでありました。
    ご覧ください。

    999g.jpg
    ***
    私が持っているのはこちら。
    シンセサイザー作品もはいっているアルバムです。

    スポンサーサイト

    「再会」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅

    「再会」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅
    作・編曲・Osamu Shoji
    指揮: 熊谷弘
    演奏: コロムビア・シンフォニック・オーケストラ, THE GALAXY


    ここ数日は ひたすら999の音楽を聴いております。
    その美しさは はかなくも美しく 一瞬でありながら
    いつまでも心に舞い続ける桜吹雪と同じ。
    そんな作品がこの「再会」です。

    心の中から 純粋な想いが零れ落ちるかのよう。
    ピアノの旋律は この胸を熱くします。

    豊かなオーケストレーション。
    何度聴いても
    聴くたびに
    「うっ」と胸に突き上げるものがあります。
    遠くから近づくメーテルの姿。

    あぁ
    本当に逢いたい人に逢えたときは
    こんな風に 自分の目の中に
    スローモーションのように映るのだと
    この映画のシーンを 私はいつも思い描きます。

    人生は 出逢いと別れの繰り返し。
    もう二度と逢えないだろうと
    人生を諦めて 想いを断ち切って前に進むことは
    誰しもあるでしょう。

    この音楽は すべてを包み込んで
    人生の悲しみも受け止めてくれる。
    本当に美しい音楽は
    すべてを浄化するパワーがあります。

    何度聞いてもまた繰り返し聴きたい。

    名曲中の名曲だと思います。

    前に書いたレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

    999g.jpg

    私が持っているのはこちら。
    シンセサイザー作品もはいっているアルバムです。

    今は気軽に購入できるこのような作品も出ています。

    「古城にて」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅

    「古城にて」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅
    作・編曲・Osamu Shoji
    指揮: 熊谷弘
    演奏: コロムビア・シンフォニック・オーケストラ, THE GALAXY

    桜の美しい季節になると
    美しい音楽が聴きたくなります。

    ということで 最近は
    交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅のCDを聴いて
    毎日うっとり。

    特に戦いから離れた
    「古城にて」「再会」「様々な想い」を
    今は聴いています。

    桜のように ほんとうに美しいなぁ。

    「古城にて」
    あの映画のシーンの
    大きな肖像画を見つけた驚きが
    胸に甦ります。

    メーテルに 憧れたけれど
    私の人生は どちらかというと鉄郎の方に似ている。

    心の中で
    「メーテルーーーーーっ!!」
    そんな風に

    叫びながら 終わっていくのだろうなぁ。

    声なき声を誰にも知られず・・・
    せめて この映画を見て
    心を慰めたいと思います。

    とにかく美しい世界で大好きです。
    999g.jpg

    私が持っているのはこちら。
    シンセサイザー作品もはいっているアルバムです。

    今は気軽に購入できるこのような作品も出ています。

    「SAYONARA」Osamu Shoji(東海林 修) (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)

    「SAYONARA」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)
    作曲・ブライアン ウィットカム、メアリー・マッグレガー
    編曲 シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    この作品は「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」のサウンドトラックの音楽を
    シンセサイザーで聴く デジタルトリップシリーズのアルバムです。

    全8曲、他の作品はすべて
    Osamu Shojiの作曲作品ですが
    この「SAYONARA」だけは
    違う作曲者となっています。

    この歌は映画のエンディングで流されました。
    作詞と歌もメアリー・マッグレガーです。

    夕陽を見つめるメーテルのうしろ姿。
    風になびく長い髪、
    流れていく雲。

    静かな静かな
    物語の終わりです。
    柔らかい澄んだ声。

    SAYONARA, Sweet memories
    It's goodbye
    SAYONARA, Don't look back
    Don't ask why
    The time to come will come
    And you will go alone
    Keep to your heart
    "SAYONARA"


    澄んだやわらかい声でした。
    美しいメーテル。
    美しく生きるためには
    何も語ってはいけない。

    この映画を見て
    そんな風にも思いました。

    この映画は
    自分に人生を教えてくれます。

    人生は楽しいことばかりではなく
    辛いことや苦しいことを
    ひとりで乗り越えていくしかないのです。

    どうせ乗り越えていくならば
    メーテルのように
    いつまでも記憶に美しく残る形がいいと
    私は思います。

    美しいメーテルをイメージするだけで
    自分も心がきれいになる気がします。

    そしてこのアルバムは
    シンセサイザーで聴く「SAYONARA」。
    この作品の雰囲気を大切にして
    穏やかに沁みる世界。
    エンディングを飾っています。

    日常のBGMとしても手放せません。
    これからもずっと聴き続けていきたい
    心に響く音楽です。


    1. 未知への旅
    2. 幽玄なるラーメタル
    3. 最後の審判
    4. 青春の幻影
    5. 光と影のオブジェ
    6. 運命の女
    7. 約束の地
    8. SAYONARA

    DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    東海林修

    商品詳細を見る


    復刻アルバムは 東海林修先生のホームページからも
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    作曲者ご本人への 心からのメッセージをどうぞ添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この名盤「「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー」に出逢われますように。


    さようなら
    なつかしい思い出よ
     
     お別れです

      さようなら
      ふり向かないで

     そのわけは聞かないで

     くるべき時がきて
    あなたはひとり旅立つ

     心にとどめて
     さようならの言葉を・・・

    「最後の審判 」Osamu Shoji(東海林 修)

    「最後の審判 」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)
    作・編曲 シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    昭和56年8月封切、
    劇場版「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」の音楽を
    Osamu Shojiが担当されました。
    音楽とともに、深くシーンが胸に焼きつきます。

    素晴らしい作品で
    私に人生を教えてくれます。

    このアルバムはその音楽を
    シンセサイザーで聴くアルバムです。

    今、ソチのオリンピックを見ているのですが
    この音楽のタイトル「最後の審判」という言葉が浮かんできます。

    勝つ者、負ける者、
    喜びの笑顔、悔しさの涙、
    運命の分かれ目がどこかにあるはずですが
    人の力を超えて
    何か大きな力が働いているとしか思えません。

    生きていると 実力の違いより
    運の違いを思い知らされます。
    それが人生なのだろうか・・・と
    誰かに問いたくなります。

    自分の人生の中
    挑み続ける。
    孤独の中で
    つかみ取ろうと闘い続ける。

    もがきながら
    のたうちまわりながら
    それでも闘わなくてはならない。
    人生は自分自身との闘いです。

    この999の音楽を聴くと
    懸命に自分の人生を
    生きていこうとする
    力を与えてくれる音楽のように思います。


    1. 未知への旅
    2. 幽玄なるラーメタル
    3. 最後の審判
    4. 青春の幻影
    5. 光と影のオブジェ
    6. 運命の女
    7. 約束の地
    8. SAYONARA

    DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    東海林修

    商品詳細を見る


    アルバムは 東海林修先生のホームページからも
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    作曲者ご本人への 心からのメッセージをどうぞ添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この名盤「「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー」に出逢われますように。

    「幽玄なるラーメタル」Osamu Shoji(東海林 修)

    「幽玄なるラーメタル」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)
    作・編曲 シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    この作品は「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」のサウンドトラックの音楽を
    シンセサイザーで聴く デジタルトリップシリーズのアルバムです。

    映画に私は人生を教えられました。
    人生は果てしない旅であると痛感します。
    宇宙にこそ飛び出してはいけませんが
    この映画を見るとき
    間違いなく自分自身は鉄郎であり
    自分と重ねながら見つめているように思います。

    そして私自身は
    やはり女性ということもあり
    メーテルに憧れます。

    何も告げず
    鉄郎を見送るメーテル。

    その想いは鉄郎には届かなかったでしょう。
    けれど
    それがメーテルの素晴らしさなのです。

    人生には 喜びの数だけ悲しみも与えられます。
    光と影のように 
    美しさには 憂いが寄り添います。

    自分に与えられた運命を受け入れることが出来ず
    人はもがき苦しみますが
    この映画を見ると 
    すべてを受けとめて 孤独であっても
    たとえ一人きりの旅立ちであったとしても
    明日を見つめて 歩きだそうと思えます。

    メーテルとの再会
    優しい母との永遠の別れ
    父に挑む鉄郎

    メーテルの母との訣別

    ひとりきりの旅立ち・・・

    人生の喜び
    悲しみ
    逃れなれない宿命

    そういうものが
    ぎっと詰まった作品です。

    Osamu Shojiの交響詩は壮大で
    それでいて美しく繊細。
    とても感動的です。

    この作品の素晴らしさには
    この音楽なくして ありえないのです。

    その音楽をシンセサイザーで聴く
    この作品です。

    「幽玄なるラーメタル」は
    一曲でこの物語のドラマを
    感じることができます。

    ミャウダーのオルゴールも
    この曲には挿入されていて
    自分も鉄郎のように
    はっとして顔を上げる想いです。

    そしてシンセの音楽で聴くこの作品は
    たとえば まだ映画を見たことがない人でも
    充分に楽しめます。

    普段の生活の中でも
    そばに置いておきたい音楽です。

    Osamu Shojiの「さよなら銀河鉄道999」の音楽は
    新しい旅立ちを後押ししてくれる音楽だと思います。

    たとえ何もなくなったとしても
    また一からであったとしても
    この音楽は自分の背中を押してくれます。

    人生には挫折もあります。
    苦しいこともいっぱいありますが
    何もかも失ったとしても
    立ちあがり
    顔を上げで 
    未来に向かって
    一人で歩いていく力と勇気を
    この音楽は与えてくれるように私は感じます。

    だから私は
    今この音楽をいっぱい聴いて
    旅立ちの準備をしています。

    たくさんの方に聴いて頂きたい音楽です。


    1. 未知への旅
    2. 幽玄なるラーメタル
    3. 最後の審判
    4. 青春の幻影
    5. 光と影のオブジェ
    6. 運命の女
    7. 約束の地
    8. SAYONARA

    DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    東海林修

    商品詳細を見る


    アルバムは 東海林修先生のホームページからも
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    作曲者ご本人への 心からのメッセージをどうぞ添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この名盤「「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー」に出逢われますように。

     「さよなら銀河鉄道999」の楽譜

     「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」の音楽の楽譜 
    作曲・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    さよなら銀河鉄道999「アンドロメダ終着駅」の
    心に残る名曲を
    ずっと大切にしていらっしゃる方は
    たくさんいらっしゃることでしょう。

    私はこのアニメより
    人生、何よりドラマチックなことは
    再びめぐり逢う、ことだと 気づかされました。

    鉄郎とメーテルの再会のシーンは
    音楽とともに
    この心の中にスローモーションのようにいつも甦ります。

    また 旅立ちのシンセサイザーの音楽や

    雪の中母に寄り添い
    幸せな時間もつかの間に
    母を失った、あの過去への旅の時の音楽、

    そしてまたメーテルとの別れとなった終曲など
    胸を震わせるような音楽とともに

    忘れられないシーン、
    忘れられない言葉を胸に焼きつけました。

    この音楽、
    この音楽の楽譜を
    懸命に探していらっしゃる方のために
    今 出版されている楽譜を
    纏めてみました。

    ぜひ出逢われますように。

    そしてこの楽譜は 
    Amazonだけでなく
    先生のホームページからも
    購入することが出来ます。

    作品への熱い想いがある方は
    ぜひ先生へのメッセージを添えられてください。


    東海林修先生のホームページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。


    さよなら銀河鉄道999「アンドロメダ終着駅」より ピアノ曲 再会~愛のテーマ 青春の幻影~メーテルの告白さよなら銀河鉄道999「アンドロメダ終着駅」より ピアノ曲 再会~愛のテーマ 青春の幻影~メーテルの告白
    (2009/02/11)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    さよなら銀河鉄道999「アンドロメダ終着駅」より ピアノ曲 母の想い出~過去の時間への旅・パルチザンの戦士達さよなら銀河鉄道999「アンドロメダ終着駅」より ピアノ曲 母の想い出~過去の時間への旅・パルチザンの戦士達
    (2009/02/11)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより 「再会 愛のテーマ」 三管編成管弦楽ピアノソロ(楽譜)交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより 「再会 愛のテーマ」 三管編成管弦楽ピアノソロ(楽譜)
    (2010/03/14)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」抜粋吹奏楽全四楽章総譜交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」抜粋吹奏楽全四楽章総譜
    (2012/03/08)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」サウンド・トラックより抜粋 三管編成管弦楽 全四楽章総譜交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」サウンド・トラックより抜粋 三管編成管弦楽 全四楽章総譜
    (2012/03/08)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第一楽章交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第一楽章
    (2009/03/21)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第二楽章交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第二楽章
    (2009/03/21)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第三楽章交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第三楽章
    (2009/03/21)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第四楽章交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 第四楽章
    (2009/03/21)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより「パルチザンの戦士達」三管編成管弦楽(楽譜)交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより「パルチザンの戦士達」三管編成管弦楽(楽譜)
    (2010/03/19)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより「過去の時間への旅」三管編成管弦楽(楽譜)交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより「過去の時間への旅」三管編成管弦楽(楽譜)
    (2010/03/19)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより「青春の幻影」三管編成管弦楽(楽譜)交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅 サウンドトラックより「青春の幻影」三管編成管弦楽(楽譜)
    (2010/03/19)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅サウンドトラックより「終曲~戦いの歌」三管編成管弦楽 混声四部合唱譜付交響詩さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅サウンドトラックより「終曲~戦いの歌」三管編成管弦楽 混声四部合唱譜付
    (2010/05/04)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」サウンド・トラックより 抜粋三管編成管弦楽 全四楽章交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」サウンド・トラックより 抜粋三管編成管弦楽 全四楽章
    (2010/05/18)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る


    交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 全四楽章交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より抜粋吹奏楽 全四楽章
    (2009/03/21)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る

    「約束の地」Osamu Shoji(東海林 修) (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)

    「約束の地」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)
    作・編曲 シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    もう大晦日を迎えようとしています。
    一年など 矢の如く過ぎて
    今年もあっという間の一年。

    文明も 素晴らしく進んで行きますが
    ついていけていない自分がいるような気がしています。

    年末にベートーベンの第九が聴きたくるのは
    世の中の常識ですが
    私的には 年末にはこの音楽「約束の地」です。

    ♪らららーらーららららー らららーらーららららー♪

    えっと(汗)
    わかる人にはわかるのですが
    知らない方には 突然何を歌いだしたのかしら?と
    思われるかもしれません。
    これは「さよなら銀河鉄道999」の「終曲」の合唱の部分です。

    終曲につきましては
    前に書きました。
    よろしければご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-352.html

    メーテルと鉄郎は999に乗り
    共に旅立つはずでした。
    けれど メーテルは鉄郎を先に999に乗せると、
    自分は乗ることをしなかったのです。

    発車した座席の窓から
    立ちつくすメーテルを鉄郎は見つけます。

    「メーテル―ーーっ!!」

    その叫び声が 今もこの耳に消えません。

    けれど 人生は
    この物語のように
    見送ることもしなくてはなりません。
    そして 一人、旅立つ時が必ずあるのです。

    だから人生には つらいこともいっぱいあります。

    だからこそこの物語は
    それぞれの人生とも重なり
    深くみんなの心に残っているのだと思いますが

    いつかまた
    きっと逢おう、きっと逢える、という
    無言の約束を
    人は信じて 旅立つものではないかな、と
    私は思うのです。

    シンセサイザーで聴くこの終曲「約束の地」は
    運命に導かれるそんな人生の この旅立ちを応援してくれます。

    この曲を聴くと
    勇気が出ますし
    希望の光がこの胸に差し込むような気がします。

    どんなに離れようと
    なにかに引き寄せられるように
    いつかまた再び寄り添える時がくる。

    そう信じられるようになったのは
    年を重ねたせいでしょうが
    人生とは 不思議な力に導かれ
    生きていくものだと実感しています。


    1. 未知への旅
    2. 幽玄なるラーメタル
    3. 最後の審判
    4. 青春の幻影
    5. 光と影のオブジェ
    6. 運命の女
    7. 約束の地
    8. SAYONARA

    DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    東海林修

    商品詳細を見る


    アルバムは 東海林修先生のホームページからも
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    作曲者ご本人への 心からのメッセージをどうぞ添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この名盤「「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー」に出逢われますように。

    「青春の幻影」Osamu Shoji(東海林 修)

    「青春の幻影」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)
    作・編曲 シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    人生は
    何かに導かれながら
    生きていくもので

    ある日突然
    「さあ999に乗りなさい」と
    メーテルの声を聴き
    宇宙に旅立つ999に飛び乗った
    鉄郎のように

    誰もが 行方の知らされない
    列車に乗って
    旅をしているようなものだと
    生きていると感じます。

    たとえばドラマのような話など
    自分にはないだろうと思って生きていても
    波乱万丈、
    この人生でさえ
    なにひとつ自分でも予想さえできないのです。

    人生は 憧れという、
    この心が描く
    青春の幻影を信じ、

    生きる意味を探すけれど

    なにもつかめないまま
    夢破れることも少なくはありません。

    せめてこの心を解き放して
    まだ見ぬ世界へ
    飛び立てたらうれしい。

    一人で生まれて
    一人で天に召されるまで

    孤独を人は抱きしめながら
    本当の愛と生きる喜びをもとめて

    傷だらけになっても
    この手に掴めるものを探している。

    この音楽は
    とても美しい旋律で
    そんな哀しみを受けとめてくれます。

    人はどこかで思っているのではないでしょうか。
    「生きていることが幸せであるはずはない」と。

    けれどそれを 打ち消したくて
    もがきながら日々がんばって・・・。

    いつか飛び立てると信じたい。

    自分が思い描く 青春の幻影に支配された
    この哀しみを残して。

    999の音楽は
    哀しみを遠ざけて
    自分を遠い宇宙へと運んでくれるよう。

    鉄郎やメーテルの人生の痛みも
    どこか自分の痛みに似ています。

    999の音楽は
    この人生の痛みや悲しみを乗り越えて
    前に進ませてくれる音楽だと私は思います。

    1. 未知への旅
    2. 幽玄なるラーメタル
    3. 最後の審判
    4. 青春の幻影
    5. 光と影のオブジェ
    6. 運命の女
    7. 約束の地
    8. SAYONARA

    DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    東海林修

    商品詳細を見る


    アルバムは 東海林修先生のホームページからも
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    作曲者ご本人への 心からのメッセージをどうぞ添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この名盤「「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー」に出逢われますように。

    M33(「終曲」) Osamu Shoji(東海林 修) (AndromedaComplete)

    M33(「終曲」) Osamu Shoji(東海林 修) (AndromedaComplete)

    デジタルトリップさよなら銀河鉄道999シンセサイザーファンタジーでは
    「約束の地」として入っている作品です。

    映画では 物語の最後に終曲としてこの音楽が流れてきます。

    最後のシーン
    この終曲の前には 「love theme」(再会)が流れ
    感動的なシーンがより鮮やかに記憶に焼きつきます。
    素晴らしい音楽です。


    地球に帰る鉄郎。
    「先にお乗りなさい」と促すメーテル。
    けれど メーテルが乗り込むことはなく・・・・。

    走り出す銀河鉄道999。
    窓の外にメーテルの姿を見つけた鉄郎。

    「メーテル~っ」
    「メーテル~っ!!」
    叫び声はただこだまするばかり・・・・。

    メーテルとの再会のシーンはスローモーションのように
    胸に残りますが
    この別れの悲しさも
    胸を熱くします。

    けれど 旅立たなければならない。
    少年の旅は続いている・・・・。

    別れの悲しさはあっても
    旅する限り希望は常にあり続ける。

    だから 夢をもって
    さぁ 旅たちなさい。
    そんなメーテルの声が聞こえてくる気がする。

    Osamu Shojiの大きな音楽が
    力強く背中を押しています。

    この999の映画をお好きな方が
    みなさん この終曲が大好きだと
    おっしゃるのも
    この大きな物語の最後に
    希望をもたらす音楽だからでしょう。

    私がこの音楽のことを
    たとえば熱く語りすぎだとしても

    わかるわかる、と
    賛同してくださる方が
    この世にはたくさんいると
    私は思っています。

    メーテルが鉄郎を見送りながら
    心でつぶやきます。

    「さようなら鉄郎。
     いつかお別れの時がくると 私にはわかっていました。
     私は 青春の幻影。 若者にしか見えない時の流れを旅する女。・・・・」

    このセリフも心に深く響きました。

    フィナーレに近づくと Osamu Shojiの美しい音楽に包まれながら
    心に残る名セリフがいっぱいです。

    エメラルダスがメーテルに言った言葉。
    「あなたも私も 永遠に終わることのない時間の中を流れていく時の旅人。
     私たちの旅に 終わりはないの。」
    その言葉に込められた大きな嘆きや悲しみ。
    ともに生きるわけにはいかないと諭しているのですね。

    切なさがあふれてきます。

    そしてハーロックが鉄郎に言った言葉も
    感動的でした。
    「親から子へ、子からまたその子へ
    血は流れ、永遠に続いていく。
    それがほんとうに永遠の命だと、おれは信じる」

    途切れないでほしい。
    絆も命も。

    長い旅をしたように感じる
    この物語。

    最後は 前に進む強い心と
    希望が この終曲であふれてくるようです。

    ぜひ機会があれば
    映画も見ていただきたいですし
    このさよなら銀河鉄道999の音楽も
    お聴きいただきたいと思います。


    Andromeda Complete

    さよなら銀河鉄道999の映画のために作られた作品を集められたアルバムです。
    音楽を担当されたご本人による解説が何よりうれしいですし
    記録としても大変に貴重なものだと思います。
    曲名ではなく 音楽番号でタイトル表示されていて
    映画の音楽がすべて収録されている贅沢なアルバムです。
    アルバム「AndromedaComplete」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ東海林修先生へ作品への想いもお伝えください。


    さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]
    (2009/09/09)
    野沢雅子、池田昌子 他

    商品詳細を見る

    「未知への旅」Osamu Shoji(東海林 修)

    「未知への旅」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)
    作・編曲 シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    桜も咲き
    新しい世界の扉を開く4月。
    不安があればこその希望。
    夢に向かいたいこの季節だから
    「未知への旅」を書いておこうと思いました。

    このアルバムは昭和56年に封切られた「さよなら銀河鉄道999~アンドロメダ終着駅」での
    劇中作品を あらためてシンセサイザー作品にアレンジ&演奏された
    デジタルトリップシリーズのアルバムです。

    2010/2/24に ファンの声に押され アルバムが復刻されています。
    今でも購入できる作品です。

    宇宙は このごろでは
    だんだんと近くに感じられるようになりました。
    いつの日が宇宙旅行へ出かけられる、というような時が来るかもしれません。

    けれど
    だからこそ
    「未知」を感じる神秘的な世界こそ
    それぞれが大事にしたいと思う時代になったように思います。

    この シンセサイザーで聴く
    「銀河鉄道999」の音楽は
    まだ見ぬ世界まで、
    たとえ果てしなく遠い場所であっても
    この身を運んでくれるような
    大きさがあります。

    どんなことも乗り越えて
    自分のたどり着きたい場所へと
    突き進む力を与えてくれるような
    音楽という気がします。

    自分の人生は
    自分で決めるのです。

    すべてはこの心で決めて
    一歩を踏み出す。

    その一歩を出す
    力を与えてくれる この音楽です。
    「未知への旅」
    ドキドキする鼓動と
    加速する気持ち、
    「よし!行くぞ!」という
    強い気持が沸き起こります。

    いつ旅立つの?
    「今でしょ!!!」

    今風に言えば、
    そんな気持ち。

    このアルバムは
    999の魅力と
    シンセサイザーの魅力がいっぱいです。

    聴いていると
    あっという間に一枚分が終わってしまう。
    楽しい時間は あまりにも短く感じるものだなぁと
    このアルバムを聴いても 納得します。

    心は解き放され
    自由を感じ
    力が沸いてくる。

    心が喜ぶ音楽とは こんな音楽なんだなぁと
    しみじみと思う。

    この音楽を聴きながら
    また一年がんばろう!!

    そう思っています。

    1. 未知への旅
    2. 幽玄なるラーメタル
    3. 最後の審判
    4. 青春の幻影
    5. 光と影のオブジェ
    6. 運命の女
    7. 約束の地
    8. SAYONARA

    DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)DIGITAL TRIP~さよなら銀河鉄道999シンセサイザー・ファンタジー~(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    東海林修

    商品詳細を見る


    アルバムは 東海林修先生のホームページからも
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    作曲者ご本人への 心からのメッセージをどうぞ添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この名盤「「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー」に出逢われますように。

    「La Famme Fatale 運命の女」Osamu Shoji(デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」)

    「La Famme Fatale 運命の女」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」)

    この作品は デジタルトリップシリーズで
    「さよなら銀河鉄道999」のアニメーション映画で使われた音楽の
    シンセサイザーによる作品です。

    このデジタルトリップでは
    タイトルが違いますので
    最初は少し戸惑いましたが
    どちらのどの曲か
    区別をつける意味もあると思いました。

    この「運命の女」は
    オーケストラバージョンでは
    「再会」というタイトルになっています。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

    この作品を聴いて 
    この映画を見て

    あぁ そうなんだ
    人生において一番ドラマティックなシーンというのは
    「再会」というシーンなのだなぁ・・・と
    気づかされたような気がします。

    なぜ 人は出逢い
    そして別れていくのか・・・

    出逢いと別れを繰り返す中で
    自分に問うものだと思いますが
    この映画の
    鉄郎とメーテルが再会するシーンを見て思うのです。

    再び出逢うために
    きっと 別れがあるのだ、
    と。

    そしてその意味は
    「運命」を知るため・・・ではないかなぁと
    この美しい旋律を聴いて思う私です。

    オーケストラで聴いても
    シンセサイザーで聴いても
    このメロディは 心に響き渡ります。
    本当に美しいメロディだと思います。

    出逢うべくして人は出逢う。

    離れていても どこにいても
    お互いを引き寄せるように
    またきっとめぐり逢える

    運命の人であるならば。

    人生は不思議な出逢いに導かれます。

    この音楽は とても魅力的です。

    人の心に残る
    美しい世界です。

    さよなら銀河鉄道999
    アルバムデジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」のCDは 
    東海林修先生のホームページから
    購入することができます。


    M14(「再会」) Osamu Shoji (AndromedaComplete)

    M14(「再会」) Osamu Shoji(東海林 修) (AndromedaComplete)

    さよなら銀河鉄道999の映画のために作られた作品を集められたアルバムです。
    音楽を担当されたご本人による解説が何よりうれしいですし
    記録としても大変に貴重なものだと思います。
    曲名ではなく 音楽番号でタイトル表示されていて
    映画の音楽がすべて収録されている贅沢なアルバムです。

    余談ではありますが
    日本の女性の中で一番美しい声の人は誰だろうと
    考える時 メーテルの声がまず一番に浮かんでくるのは
    私だけでしょうか。

    M14は いわゆる「再会」で
    あのメーテルとの再会のシーンに使われた
    印象深い美しい音楽。
    美しいメーテルに、この美しい音楽、
    あぁ こんな美しい音楽があるなんて・・と
    思ってしまうほどの名曲です。

    遠くから近づくシルエットを見ただけで
    胸の中につき上げてくるものを感じてしまう。
    はっきりとメーテルとわかった瞬間から
    スローモーションのよう。

    この曲については
    ただ聴いて、
    心が震えることを確かめたいのです。
    こんな美しい音楽があるのだ・・・と。

    羽田健太郎さんのピアノはしっとりと
    余韻を残しながら この胸に響きわたります。
    一流の演奏家による豪華な演奏にも
    ため息が出る感じです。

    これを聴いたことがきっかけで
    Osamu Shojiの音楽の扉を開かれた方もたくさんいらっしゃることでしょう。
    説明などいらないのです。

    ただ 聴いて 心で感じたい。
    そう思える作品です。
    Andromeda Complete

    「過去の時間への旅」Osamu Shoji (交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅)

    「過去の時間への旅」Osamu Shoji(東海林 修)(交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-)

    さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅という映画の音楽は
    書きたい曲はいっぱいです。

    名シーンは
    音楽とともに甦ります。

    まずは 「過去の時間への旅」を書かせていただきます。
    アルバムによってタイトルの表記が違うこともありますが
    鉄郎が過去へと送られ
    幼い自分と母を見つけるシーンで流れる音楽です。

    「あぁ あったかいなぁ~ 母さんって。」

    あたたかなお母さんの胸に抱かれ、
    夢を語る鉄郎は満たされていました。
    お母さんと二人ならどんな試練も
    乗り越えられるでしょう。
    吹雪の中でも 暖かさが感じら
    とても幸せな場面に
    この胸も満たされました。
    静かで平和なこの時間が
    いつまでも続くと思っていたのに・・・。
    この直後に訪れる悲劇など
    思いもよらないことだったのです。

    過去の自分とお母さんを扉越しにながめながら

    今だったら お母さんは生き延びれるかもしれない。
    運命は変えられるかもしれない。

    このままだと
    この後に撃たれて死んでしまう。

    「かあさん、かあさん開けてくれよ!!」
    必死で叫ぶ鉄郎。
    けれど・・・その声は届くこともなく・・・。

    そして・・・
    「やめろ!!かあさんを殺さないでくれ~っ!!」

    あまりにも悲しいシーン。
    いろいろな思いがこのわずかなシーンに
    この胸に渦まきます。

    あぁ 神さま・・

    白い雪がすべてを覆い尽すように
    悲しみも憎しみも
    この美しい音楽が包んでいます。

    人は物語を観ながら自分もその物語の中に立って
    あまりの悲しみに とても動けず
    ただ立ち尽くし震えるけれど

    この美しいも音楽に救われる気がしました。

    これほどの美しい音楽で包まれればこそ
    物語を進められるのだと思いました。
    この音楽であればこそ
    残るのは 母の温もりなのです。

    真っ白な雪が
    悲しみも覆い尽くすようです。

    オーケストラによる
    繊細であたたかい演奏。
    素晴らしいオーケストレーションを聴けるのも
    Osamu Shojiならではの素晴らしい世界だと思います。

    いつも思うのですが
    ストリングスのアレンジが
    繊細で美しいです。

    あぁ 本当にいい音楽を聴けてよかった。
    そう思える作品のひとつです。
    交響詩さよなら銀河鉄道999

    交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-(紙ジャケット仕様)交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    メアリー・マッグレガー、日本合唱協会 他

    商品詳細を見る


    さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅- (劇場版) [DVD]さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅- (劇場版) [DVD]
    (2002/10/21)
    野沢雅子、池田昌子 他

    商品詳細を見る

    「光と影のオブシェ」Osamu Shoji(デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」)

    「光と影のオブシェ」Osamu Shoji(東海林 修)
    (デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」シンセサイザー・ファンタジー)

    この作品は昭和56年に封切られた「さよなら銀河鉄道999~アンドロメダ終着駅」での
    劇中作品を あらためてシンセサイザー作品にアレンジ&演奏された
    デジタルトリップシリーズのアルバムです。

    映画音楽ももちろんご本人が担当されています。
    オーケストラの演奏による
    繊細、且つ 壮大な宇宙を感じられる交響曲。

    交響曲もシンセサイザーも本当に素晴らしいです。

    心に残るシーンを 音楽によって
    より深くこの心に刻んだように思います。

    映画の時と こちらとでは タイトルが変わっているものもあって
    最初は混乱たのですが
    交響曲とシンセサイザーと
    演奏も違えば タイトルも違うということで納得です。
    別の世界としてとらえて聴いてみるのも楽しいものです。

    どちらもスケールが大きく
    正直 この作品について語るには
    まだ自分はうまく語れる自信がない、と感じるほどです。
    当時から聴いて この作品を大切にしてこられた方の
    ご感想もぜひ伺いたい気持ちでいっぱいです。

    どこから語るべきか・・・
    頭の中で言葉がこぼれて
    まとまりがつかないくらい
    大きな作品なのです。

    けれど この作品については
    どうしても早い段階で書いておきたいと思いました。
    大好きな作品ですし
    たくさんの人に知っていただきたい作品だからです。

    映画の中で 唯一使われた シンセサイザーの作品がありました。
    それがこの「光と影のオブジェ」です。
    (映画版では「大宇宙の涯へ」)

    映画では

    絶望に満ちた戦いのなか
    鉄郎は 思いがけず あるメッセージを受け取ります。

    「私はメーテル。 鉄郎、999に乗りなさい。」

      ・・・・美しいメーテルの声。

    鉄郎は999に乗り込み宇宙へと旅立ちます。

    メーテルとの再会。
    音楽とともに 映画のシーンも
    この心にスローモーションのように迫ってきます。

    そして心を解き放つような この作品、
    シンセサイザーの調べが心地良く
    すべてを解放し
    宇宙へと自分も飛び出していくような気もちです。

    上手く言えませんが
    何度聴いても
    あぁ なんて素敵な音楽なんだろう、と思う。
    シンセサイザーの作品の中でも
    特に好きな一曲です。

    デジタルトリップの「さよなら銀河鉄道999」は
    とにかく楽しい。
    いつも傍らに置いておきたいアルバムです。

    さよなら銀河鉄道999