web拍手 by FC2

    「スタンレーの魔女」アルバム「THE COCKPIT」

    「スタンレーの魔女」アルバム「THE COCKPIT」
    作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    このアルバムは松本零士さんの戦場浪漫シリーズ「ザ・コックピット」の中の4編を
    Osamu Shojiの壮大な組曲と 
    実力派声優富山敬、神谷明によるドラマで再現した
    ダイナミックな世界となっています。

    しかも この国で初めて シーケンサーとオケを
    マルチ録音機の1トラックに録音した記念すべき作品です。

    さらに付け加えますと
    「ゼロ戦」「紫電」「P38」は
    貴重な実録サウンドとなっています。

    男の生き方や
    男のロマンを聴く人の胸に問う作品。

    「スタンレーの魔女」は
    大きな空を自由自在に飛びまわるよう。
    背中に大きな羽を感じ
    心地良い風を感じる。

    紺碧の空は
    どこまでも続いている・・・。

    夢を追いかけ
    どこまでも飛んでみたくなる。

    シンセサイザーと オーケストラの融合。

    「ザ・コックピットのテーマ」も
    こういう曲を吹奏楽にしたらすてきなのに、と
    とても思ったのですが
    この一曲も ぜひ吹奏楽で聴いてみたい一曲。


    とても貴重な作品ですので
    ぜひ復刻していただきたいアルバムのひとつです。


    ザ・コックピット

    <収録作品>
    「ザ・コックピットのテーマ」
    「(ドラマ)衝撃降下90度」
    「わが青春のアルカディア」
    「スタンレーの魔女」
    「(ドラマ)紫電」
    「天駆ける夢」
    <ドラマスタッフ>
    原作・松本零士 脚本・藤川桂介 演出・上野修(ニッポン放送)
    音楽・東海林修 効果・大川敏雄(オーディオ・シックス) 制作協力・ニッポン放送(キリンラジオ劇場)
    協力・週刊少年サンデー/ピックコミックオリジナル
    <演奏>
    drums/田中清司 electric bass/岡沢章 keyboard/栗林稔 electric guitar/松本恒秀,矢島賢,村上光雄
    Latin/ラリー寿永 percussion/越野禎子 trumpet/数原晋セクション trombone/新井英治セクション
    flute/旭孝 harp/山畑松枝 strings/水戸泰雄グループ 男性vocal/田村しげる 女性vocal/川島和子

    スポンサーサイト

    (ドラマ)「紫電」アルバム「THE COCKPIT」

    (ドラマ)「紫電」アルバム「THE COCKPIT」
    出演/富山 敬(服部) 柴田秀勝(マッドウェイ)
    作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    このドラマは1978年 ニッポン放送の「キリン・ラジオ劇場」で放送されたものです。
    そして驚くことに 登場する飛行機の音は「ゼロ戦」や「紫電」と「P38」の
    本物の実録サウンド。

    松本零士さんの戦場ロマンシリーズ「ザ・コックピット」の中の
    名作4編がOsamu Shoji( 東海林 修 )の作曲により壮大な世界として表現されています。

    名優の富山敬さんによるドラマ「紫電」。

    内容を少しご紹介しますと、
    ***
    戦争の最中、火を吹く紫電、緊急脱出により助かった服部。
    あれから一年・・・日本にたどり着いた服部。

    ある日のこと呼び出しを受け司令部に出向くと
    ニュースフィルムにはあの時 ジャングルに逃げ延びた自分の姿が映っていた・・・・

    自分を攻撃したのは マッドウェイという兵士だと知った服部。
    その後 何度も出撃するが 飛行機がエンジン不調により飛ぶことが出来ない。
    そのうちに終戦が来て・・・・

    恥の上塗りだと絶望的になる服部。

    しかしマッカーサーとともに
     P38に乗ってマッドウェイが来たと知り・・・・
    ***
    劇中音楽はOsamu Shojiの音楽です。
    実録サウンドとともに
    効果的に 音楽が添えられています。

    この作品はいろいろな 新しい試みがいっぱいの
    貴重な作品です。

    そして誇りをかけて
    生きられた日本男児の姿が描かれています。

    戦争という事実。
    特攻隊で日本のために
    空に散った戦士の悲しみは
    計り知れないもので
    同じ悲劇を繰り返してはならないと
    誰もが考えるものですが

    この時代
    日本のために自らの命をかけて飛び立った
    その勇姿に
    敬意を表するドラマであり音楽となっていると
    とても感じます。

    ライナーも大変興味深いものです。

    ザ・コックピット
    <収録作品>
    「ザ・コックピットのテーマ」
    「(ドラマ)衝撃降下90度」
    「わが青春のアルカディア」
    「スタンレーの魔女」
    「(ドラマ)紫電」
    「天駆ける夢」
    <ドラマスタッフ>
    原作・松本零士 脚本・藤川桂介 演出・上野修(ニッポン放送)
    音楽・東海林修 効果・大川敏雄(オーディオ・シックス) 制作協力・ニッポン放送(キリンラジオ劇場)
    協力・週刊少年サンデー/ピックコミックオリジナル


    復刻盤、アルバム「THE COCKPIT」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生の「ザ・コックピット」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この「THE COCKPIT」に出逢われますように。

    「天駆ける夢」神谷明 

    「天駆ける夢」神谷明 
    作詞・松本零士 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    アルバム「THE COCKPIT」

    このアルバム「THE COCKPIT」は1978年 ニッポン放送の「キリン・ラジオ劇場」で放送されたものが
    レコード化されたものです。
    とても珍しいと感じますが
    レコード化されたというのは
    よほど評判がよく レコード化を希望をするリスナーの声が多かったからでしょう。


    「天駆ける夢」は 神谷明さんが歌っていらっしゃいます。

    しかもこの作品はシングルでも発売されていました。
    A面「天駆ける夢」B面「ザ・コックピットのテーマ」です。

    最近気がついたのですが
    この作品 joyサウンドのカラオケにもあるのですね。
    今でもこの歌を歌っていらっしゃる方がいる、ということで
    うれしい限りです。

    少年は夢見た
    天駆ける日を夢見た
    青空に金色の
    陽の光があふれる時
    少年はそこから見降ろす・・・


    純粋な少年の夢が
    まぶしく輝きます。

    さすが実力派声優、神谷明さん。
    まっすぐに見上げる少年の瞳まで見えるようです。

    今もこうして たくさんの方が歌い続けられているという事実にも
    感動します。
    今度カラオケに行ったら
    ぜひ歌ってみようと思います。

    そして「ザ・コックピットのテーマ」も
    何度聴いても 心に響くすてきな音楽だと思います。


    天駆ける夢
    (シングルで発売されたジャケット)
    ザ・コックピット
    <収録作品>
    「ザ・コックピットのテーマ」
    「(ドラマ)衝撃降下90度」
    「わが青春のアルカディア」
    「スタンレーの魔女」
    「(ドラマ)紫電」
    「天駆ける夢」
    <ドラマスタッフ>
    原作・松本零士 脚本・藤川桂介 演出・上野修(ニッポン放送)
    音楽・東海林修 効果・大川敏雄(オーディオ・シックス) 制作協力・ニッポン放送(キリンラジオ劇場)
    協力・週刊少年サンデー/ピックコミックオリジナル
    <演奏>
    drums/田中清司 electric bass/岡沢章 keyboard/栗林稔 electric guitar/松本恒秀,矢島賢,村上光雄
    Latin/ラリー寿永 percussion/越野禎子 trumpet/数原晋セクション trombone/新井英治セクション
    flute/旭孝 harp/山畑松枝 strings/水戸泰雄グループ 男性vocal/田村しげる 女性vocal/川島和子

    復刻盤アルバム「THE COCKPIT」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生の「ザ・コックピット」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この「THE COCKPIT」に出逢われますように。

    「わが青春のアルカディア」 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    「わが青春のアルカディア」 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    アルバム「THE COCKPIT」
    この作品は松本零士さんの戦場ロマンシリーズ「ザ・コックピット」の中の
    名作4編がOsamu Shoji( 東海林 修 )の作曲により壮大な世界として表現されています。

    そしてアルバムには 声優の富山敬さんや 神谷明さんらの熱演により
    ドラマが収録されています。
    そして驚くことに 登場する飛行機の音は「ゼロ戦」や「紫電」と「P38」の
    本物の実録サウンドとのこと。
    驚きです。
    もちろん劇中音楽はOsamu Shojiの音楽で
    それはもう 本当に、
    聴いていて胸を熱くするものです。 
    1978年 ニッポン放送の「キリン・ラジオ劇場」で放送されたものです。
    いろいろな 新しい試みがいっぱいの
    貴重な作品です。
    聴けば聴くほどに 胸に迫るものがあるのです。

    「ザ・コックピットのテーマ」については
    前回書きましたのでどうかご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


    自分を犠牲にしても 
    挑戦し続けなければならない。
    それぞれが自分との闘いの中で
    ハードルを越えていく。
    傷だらけになりながらも
    夢を叶えていく。
    何が突き動かしているのか。
    思わず自分の心にそのことを問う。

    その物語を聴いたあとの
    この「わが青春のアルカディア」

    傷を癒し、苦しみを解き放つ大きな音楽です。
    人間としての誇り、
    そして夢が、
    音楽に感じられる。

    この心は 空に向かい羽ばたく。
    解き放たれた晴れやかな空。

    迷いなくまっすぐに進む。

    この世に生まれてきたときに、
    人はすでに 与えられた使命を背負っているのかもしれません。

    大きな空を見上げる。
    小さな自分でも
    心に羽を持ち 飛び立ちたい。

    作品の根底には
    「祈り」があることを
    私は感じるのです。

    ザ・コックピット
    <収録作品>
    「ザ・コックピットのテーマ」
    「(ドラマ)衝撃降下90度」
    「わが青春のアルカディア」
    「スタンレーの魔女」
    「(ドラマ)紫電」
    「天駆ける夢」
    <ドラマスタッフ>
    原作・松本零士 脚本・藤川桂介 演出・上野修(ニッポン放送)
    音楽・東海林修 効果・大川敏雄(オーディオ・シックス) 制作協力・ニッポン放送(キリンラジオ劇場)
    協力・週刊少年サンデー/ピックコミックオリジナル
    <演奏>
    drums/田中清司 electric bass/岡沢章 keyboard/栗林稔 electric guitar/松本恒秀,矢島賢,村上光雄
    Latin/ラリー寿永 percussion/越野禎子 trumpet/数原晋セクション trombone/新井英治セクション
    flute/旭孝 harp/山畑松枝 strings/水戸泰雄グループ 男性vocal/田村しげる 女性vocal/川島和子

    アルバム「THE COCKPIT」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生の「ザ・コックピット」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この「THE COCKPIT」に出逢われますように。

    「ザ・コックピットのテーマ」 Osamu Shoji( アルバム「THE COCKPIT」)

    「ザ・コックピットのテーマ」 Osamu Shoji(東海林 修)
    アルバム「THE COCKPIT」

    この作品は 松本零士さんの戦場ロマンシリーズをテーマにした作品で
    アルバムには 声優の富山敬さんや 神谷明さんらの熱演による物語も入っており
    男の夢やロマン、生き方を問う
    新しい形のアルバムです。

    ライナーにもありますが
    初めてのことが このアルバムで試され
    成功した作品なのです。
    歴史的な瞬間。
    新しい道が開けたアルバムが聴けることも
    うれしいことです。

    そのことがテーマとも重なり 
    聴いていて力をいただけました。

    シンセサイザーと 
    人の奏でる楽器と
    調和も楽しめ 豪華なアルバムです。
    ブラス、ストリングス、パーカッションまで
    シンセの調べと心地良く融合しています。

    ポップス界を牽引され続け
    名アレンジャーと言われる Osamu Shojiならではの
    クリアなサウンド。

    オープニングの「ザ・コックピットのテーマ」が
    聴けば聴くほどすてきです。

    夢は大きく空を翔ける。
    どこまでも続く果てしない世界へと
    心は羽ばたく。

    新しい風が
    この身体を空へと押し上げる。

    飛びたい空で
    自由に羽ばたける
    心には夢のバルーン膨らませて・・・

    そんな心地良さの広がる
    すてきな作品です。

    ぜひ 吹奏楽でも聴いてみたい一曲です。
    きっと 金管楽器のアレンジなど
    特別かっこいい編曲で聴かせてもらえることでしょう。
    考えただけわくわくします。

    ザ・コックピット
    <収録作品>
    「ザ・コックピットのテーマ」
    「(ドラマ)衝撃降下90度」
    「わが青春のアルカディア」
    「スタンレーの魔女」
    「(ドラマ)紫電」
    「天駆ける夢」
    <ドラマスタッフ>
    原作・松本零士 脚本・藤川桂介 演出・上野修(ニッポン放送)
    音楽・東海林修 効果・大川敏雄(オーディオ・シックス) 制作協力・ニッポン放送(キリンラジオ劇場)
    協力・週刊少年サンデー/ピックコミックオリジナル
    <演奏>
    drums/田中清司 electric bass/岡沢章 keyboard/栗林稔 electric guitar/松本恒秀,矢島賢,村上光雄
    Latin/ラリー寿永 percussion/越野禎子 trumpet/数原晋セクション trombone/新井英治セクション
    flute/旭孝 harp/山畑松枝 strings/水戸泰雄グループ 男性vocal/田村しげる 女性vocal/川島和子

    アルバム「THE COCKPIT」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生の「ザ・コックピット」の作品のページはこちらです。
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    ぜひ この「THE COCKPIT」に出逢われますように。