web拍手 by FC2

    バンド維新2013

    今月末に「バンド維新2013」というアルバムが発売になります。
    このアルバムに収録された「怪獣のバラード2013」
    今はこのアルバムがとても楽しみです!!
    演奏は航空自衛隊航空中央音楽隊です。

    こちらの吹奏楽専門ショップbandpowerさんのページが
    とても詳しく書いてくださっています。
    とてもわかりやすいですし 
    わくわくしてきます。
    どうぞご覧ください。
    さっそく 注文してきました。
    http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2773?scid=af_pc_etc&sc2id=265386489
    バンド維新
    今年で6年目を迎えられた(公財)浜松市文化振興財団主催のバンド維新、
    「世界的作曲家たちが新作を提供し、直接地元の中高生の吹奏楽団を指導して初演を行う」という
    素晴らしい企画です。
    バンド維新のホームページもとてもすてきだと思います。
    http://www.hcf.or.jp/bunka/band_restoration/
    平成25年3月9日(土)作曲家によるレクチャーと公開練習、
     平成25年3月10日(日)作品発表コンサートだそうです!!
    なんて素晴らしい企画なんでしょう!
    さすが浜松ですね。

    まずはCDで「怪獣のバラード2013」
    聴くことを楽しみにします。

    0samu Shojiの世界は
    ポップスからシンセサイザー、
    クラッシック、吹奏楽・・と
    どの世界も本当に楽しめます。 

    今年は楽しい企画がいっぱいです!

    バンド維新 2013 ウィンドアンサンブルの現在バンド維新 2013 ウィンドアンサンブルの現在
    (2013/02/27)
    航空自衛隊航空中央音楽隊、風LaLa合唱団 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    【番外編】合唱曲「怪獣のバラード」

    【番外編】合唱曲「怪獣のバラード」
    作詞・岡田 富美子 作曲・編曲・Osamu Shoji(東海林 修)

    番外編です。
    そろそろ文化祭も近づき
    文化祭といえば クラス対抗の合唱コンクールが
    何より熱く、想い出に残る主要なイベントのひとつでしょう。

    全国で
    「怪獣のバラード」歌われているんだろうな~。
    私も歌いたい!!

    「怪獣のバラード」の私のレビューはこちらです。よかったら見てください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

    ご存知ない方はいらっしゃらないのでは?と思うのですが
    まだ よくわからないという方のために
    YouTubeをご案内しましょう。

    見てみたら たーーくさん あります。
    子供たちが歌っていらっしゃる画像
    大人たちが歌っていらっしゃる画像
    ピアノの演奏もあれば
    初音ミクまで ありました。

    とにかく一番再生回数が多い分を
    こちらに貼らせていただきます。
    http://www.youtube.com/watch?v=vJalXZNDApU

    「怪獣のバラード」の どの画像を開いても
    コメントがとってもうれしいと思いました。

    これから歌うという方や
    過去に歌ったことがあるという方

    優勝した
    賞が取れなかった

    この歌が歌えてよかった、というような

    弾むようなこのかっこいいピアノのように
    みんなのコメントも弾むような想いが書き込まれてあって
    読んでいると思わず笑顔になります。

    好きな歌を みなさんが語られているのを見ると
    本当にうれしい。

    また
    この歌を語るときには
    このピアノのかっこよさを忘れてはならないでしょう。

    あのピアノの演奏に憧れた、というのも
    あるのではないでしょうか。

    ピアノが難しい。
    伴奏がすごいと思った。

    そんな声も多かったですね。

    でも難しいことにチャレンジできたことは
    人生において宝物のような記憶になります。

    最高ですよね。

    こんなかっこいい歌 
    小中学生には 絶対歌っていただきたいです。

    詩も深くて
    自分に問いかけます。

    楽しくて
    かっこよくて
    歌ったことが
    みんなの誇りになれる歌なのだと思いました。

    合唱コンクールでこの歌を歌われる学生のみなさま
    どうか頑張ってください。

    この曲を歌って 想い出のあるみなさんに
    この曲に対する想いを
    じっくりと聴いてみたい気もします。

    歌いつづけられる名曲は
    人の想い出の中にも
    そして未来の夢の中にも
    ずっとあって
    人を励まし 添いつづけるものだと
    今日はしみじみ思いました。


    ♪出かけよう 砂漠すてて
      愛と海のあるところ♪

    「怪獣のバラード」ヤング101

    「怪獣のバラード」ヤング101
    作詞・岡田 富美子 作曲・編曲・Osamu Shoji(東海林 修)

    昨日合唱曲にぴったりでは・・・と書いたのですが
    合唱曲としてずっと愛され続けているOsamu Shojiの名曲を
    今日は書きます。

    「怪獣のバラード」

    あーーっそれ知ってる!!
    学校で歌ったことある!!
    みなさん きっとそう思っていただけるのではないでしょうか。

    1972年NHK「ステージ101」から生まれたこの作品。
    今では 合唱曲として たくさんの人たちに歌われています。

    とにかく歌って楽しい。
    そして 自分自身の心を解き放つよう。
    心の中の言葉でもあるような気がします。

    真っ赤な太陽 沈む砂漠に
    大きな怪獣が のんびり暮らしてた
    ある朝 目覚めたら
    遠くにキャラバンの鈴の音聞こえたよ
    思わず叫んだよ
    海が見たい 人を愛したい
    怪獣にも 心はあるのさ
    出かけよう 砂漠すてて
    愛と海のあるところ


    怪獣はまぎれもなく自分自身。
    そう思って聴いています。

    「海が見たい 人を愛したい」

    ここが一番言いたいことなんだ、って思います。
    そして
    新しい世界に
    一歩を踏み出す勇気が湧いてきます。

    生きていれば孤独はつきまとう。
    確かなものは何もないけれど
    自分が勇気を持って前に進むことでしか
    人生は変わらない。
    一度しかない人生
    すべてを乗り越え
    自分を信じて さぁ行くんだ!!

    そんな気持ちにさせられます。

    みんなと歌を歌うということは
    本当に楽しいですよね。
    私も中学の時
    クラス対抗の合唱コンクールがあって
    みんなで 毎日一生懸命練習した
    あの時の楽しさは
    今だに忘れられません。

    たくさんの少年少女に歌っていただきたい名曲です。

    楽譜も出ています。
    私も持っていますが
    いつか みんなで歌いたいと
    密かに思っています。

    怪獣のバラードの楽譜を探していらっしゃる方が
    このページを見てくださればいいなぁと
    いつも願っております。
    作曲者ご本人による 合唱の楽譜です!
    怪獣のバラード 混声合唱 ピアノ伴奏楽譜付怪獣のバラード 混声合唱 ピアノ伴奏楽譜付
    (2009/03/21)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る

    楽譜も色んな編成で歌えるように
    楽譜が出ていますから
    楽しさいっぱいです。
    聴いてみたいし
    歌ってみたいです。
    怪獣のバラード 男声合唱 ピアノ伴奏付怪獣のバラード 男声合唱 ピアノ伴奏付
    (2011/08/16)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る

    怪獣のバラード 男声合唱 ア カペラ怪獣のバラード 男声合唱 ア カペラ
    (2011/08/16)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る

    怪獣のバラード 混声合唱 ア カペラ怪獣のバラード 混声合唱 ア カペラ
    (2011/08/16)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る

    怪獣のバラード 混声合唱 吹奏楽楽譜付怪獣のバラード 混声合唱 吹奏楽楽譜付
    (2009/03/21)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る

    怪獣のバラード 二部合唱 ハ長調ピアノ伴奏付楽譜怪獣のバラード 二部合唱 ハ長調ピアノ伴奏付楽譜
    (2011/08/07)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る

    怪獣のバラード 二部合唱 ホ長調ピアノ伴奏つき怪獣のバラード 二部合唱 ホ長調ピアノ伴奏つき
    (2012/09/12)
    作・編曲 東海林 修

    商品詳細を見る