web拍手 by FC2

    「さらば愛の季節」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「さらば愛の季節」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムは Osamu Shojiの作品を
    シンセサイザーで聴くアルバムです。
    GOROさんについては 何枚もシンセサイザーで聴く作品集が出ていますが
    こちらは GOROさん以外のものが入っています。

    Osamu Shojiは編曲というのは
    ほんとうに繊細で緻密で美しいのですが

    このアルバムの作品というのは
    たとえば伴奏がなくても
    主旋だけを聴いて
    あぁ ほんとうにきれいなメロディだなぁ、と
    思えるような 作品ばかりが入っています。

    さて この作品は 
    「さらば愛の季節」は
    ヒデとロザンナ、1977.4発売シングルA面です。
    レビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

    A面での有難さは
    いつまでも 誰かが
    忘れずに探し続けてくださって
    語り続けてくださる可能性がある、ということだと思います。

    事実、この作品を今でも愛し続けて
    聴いていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。
    ヒデとロザンナさんの作品では
    シンセの音が胸に切なく迫るものでした。

    このアルバムでは 美しい世界はそのままですが
    少しアレンジも変えられております。

    間奏にファズギターが入り
    熱い感情があふれ出るかのよう。

    抑えても
    あふれる感情というものは
    この音楽のように
    穏かでありながら
    熱く湧き上がるものですね。

    秋が来て
    音楽がより沁みる季節になりました。

     Osamu Shojiの音楽で
    この秋も豊かな気持ちですごせそうです。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)
    りんごの花の下で
    スポンサーサイト

    「特別な望みなどないけれど」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「特別な望みなどないけれど」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    本日9月6日は Osamu Shojiの お誕生日。
    特別な一日です。
    おめでとうございます!!

    いつまでも健康で
    長生きをしていただきたいというのが
    私の望みです。

    さて 特別な一日に 強く望む気持ちがあふれた後ではございますが

    書く曲は「特別な望みなどないけれど」。

    1973年3月20日発売シングルA面
    トワ・エ・モワさんが歌われた作品です。
    曲のレビューはこちらです。ご覧いただければと思います。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

    さて このアルバムはOsamu Shoji作品集です。
    特にリクエストが多かったものを
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    トワ・エ・モワさんといえば
    「リンゴの花の下で」
    「地球は回るよ」が
    特に私はお気に入りです。

    そしてこの
    「特別な望みなどないけれど」

    優しさと希望が溢れるメロディ。

    穏かであり 爽やか。
    安らぎと 生きる歓びが 静かに満ちてきます。

    朝をいくたび 夜をいくたび 私はむかえて
    愛にあふれて 夢を重ねて 私は生きよう


    希望に満ちた言葉が
    静かに湧いて来るような 温かいメロディ。

    生きていると色々なことがありますが
    こんなすてきな歌を知っていれば
    自然と微笑みがこぼれます。
    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)

    「夜明けの海」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「夜明けの海」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    12月になると
    「Music by Candlelight」が聴きたい、と思うのですが
    すべて語ってしまいましたので
    心が癒される優しいメロディの作品つながりで
    今日はシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」の中の
    「夜明けの海」を書きます。

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。
    特にリクエストが多かったものを
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    この曲は1968年 久美かおりさんのデビュー曲「くちづけが怖い」のB面です。
    当時の歌謡曲とは とても思えないようなおしゃれな作品で
    美しいストリングスアレンジが特に印象的でした。
    Osamu Shoji自身も この曲については
    気に入っていらっしゃったようなことを話されていたように思います。

    こちらのアルバムでは
    雰囲気を変えて
    ボサノヴァタッチでおしゃれで軽やかな印象に仕上げてあります。
    Osamu Shojiのアレンジは
    七変化も自由自在!

    主旋を奏でる音が
    久美かおりさんの声質にそっくりで
    思わずふふっ、と微笑んでしまうようなサプライズもあり
    楽しさもいっぱい感じられるこのアルバムです。

    当時は アレンジャーとしてのお仕事が多く
    本当にもったいなかったなぁ、と思うのですが
    こうして作曲作品を聴けると
    洗練されたメロディに 心が満たされます。

    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)

    「愛するあした」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」

    「愛するあした」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。
    特にリクエストが多かったものを
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    1969年6月1日発売のシングルのB面作品。
    伊東ゆかりさん主演の 映画の主題歌。
    私のレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
    ゆかりさんの作品は
    さわやかな朝日を浴びて微笑むような
    希望の光に満ちた美しい仕上がり。
    ゆかりさんの品の良い清らかな歌声で
    心も洗われるよう。

    この時代にこんなメロディがあったとは、と驚くばかりです。

    そして このシンセサイザーの作品は
    ゆったりとくつろぐ穏やかな時間に
    癒されて ほっとできるような仕上がりになっています。

    急ぎすぎてはいないだろうか。
    この人生を。

    すこし足止めて
    深呼吸して
    お茶でもいかが?

    そんな風に
    声をかけたくなるような
    優しい音楽がこのアルバムにはいっぱいです。

    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)

    「草の鏡」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「草の鏡」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。
    特にリクエストが多かったものを
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    1968年久美かおりさんが歌われた「草の鏡」
    この歌のレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

    私はこの作品が神秘的であり
    美しいので大好きなのですが

    この作品のライナーに
    「もっと歌謡曲風にと厳命されたころの・・・」と
    複雑な心境が書き記されています。

    (ライナーも その曲に対する想いやエピソードが添えられ
    貴重なものとなっています。)

    私はこの作品が大好きなのですが
    とても歌謡曲風とは聞こえません。
    格調高く 幻想的で 美しい世界だと思います。

    当時の世の中は
    どちらかというとムード歌謡を好まれる傾向にあったのでしょう。
    この時代をリアルタイムに知らない自分ですが
    今聴きますと、女性歌手が 痛々しいほどに艶やかに歌われ
    お色気を競い合うような感じに思えるのです。
    そんな中で 凛とした気品の感じられる女性像を感じられる音楽を
    作っておられたOsamu Shojiだからこそ
    今聴いても 新鮮なのだと思います。

    10年どころか 40年、50年も進んだ音楽だったようにも思います。

    歌詞のない、音楽だけの世界というのも
    イメージが自由に広がり
    とても心地良いと感じます。

    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)

    「地球は回るよ」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「地球は回るよ」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。
    GOROさんの作品は別に3枚ありますから
    それ以外のOsamu Shojiの作品から
    特にリクエストが多かったものを
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    「地球は回るよ」
    トワ・エ・モワが歌われた作品。

    Osamu Shojiの音楽は和臭がしない、と
    村井邦彦さんが 他のアルバムのライナーに書かれていましたが

    晴れやかな異国の空の下に立ち
    手を広げ自由だと叫びたいくらい、
    爽やかでうきうきと心が弾むメロディ。

    Osamu Shojiの世界を代表する作品のひとつ。

    私は思うのですが
    もっともっとOsamu Shojiの作品があればなぁと思うのです。

    けれど
    なにしろ これほどまでの名アレンジャーが日本にいなかったので
    Osamu Shojiは編曲のお仕事があまりにも多すぎて
    それ以上の時間が持てなかったのではないかと思います。

    Osamu Shojiの音楽は
    繊細であり緻密。
    どんな脳をしていらっしゃるのかと
    覘いてみたいくらい
    音の重なりが優雅で深く美しい。
    本当に豊かな音楽です。

    Osamu Shojiのオリジナルメロディが嬉しい。

    シンセサイザーで聴くOsamu Shojiの世界。
    癒しになります。

    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。
    シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」のページはこちらです。
    ☆注文ポストはこちら。

    注文時には先生へのメッセージ等も ひとことお添えください。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)

    「りんごの花の下で」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「りんごの花の下で」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。

    Osamu Shojiの過去に発表された歌の中から
    特にリクエストが多かった作品を
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    今日はクリスマス。
    クリスマスソングはすべて語りつくしてしまいまして
    さあ 今日は何を語ろうか、と思った時、
    一番心が穏やかで平和になれる音楽は・・・と考えました。

    ぱっ、と頭に浮かんだ作品がこの「りんごの花の下で」です。
    トワエモワが歌われた「リンゴの花の下で」。
    名曲です。

    トワエモワとOsamu Shojiのコラボ作品といえば
    「地球はまわるよ」をまず思い浮かべられる方も多いと思いますが
    人生を映し、心の愛唱歌として
    根強い人気のある作品がこの「りんごの花の下で」です。

    B面で発売された作品にもかかわらず
    この歌が大好きだと 熱く語られる方はたくさんいらっしゃいます。
    私はいろんな方から、この歌が大好きだと
    メールもいただいたことがあります。
    人は、よほどのことがない限り
    見も知らぬ人にメールなど書かないものです。

    けれどこの作品は
    探さずにはいられない、
    また、語らずにはいられない名曲なのです。

    そんな熱い声が届いたのでしょう。
    Osamu Shojiはこの作品集のタイトルにされています。
    リンゴをりんご、とひらがなにされたのも
     Osamu Shojiのこの作品に対する愛情の強さでしょう。

    インストアルバムではありますが
    心にこの歌の世界のイメージが大きく広がります。
    歌詞も この口から突いて出ます。

    優しさと懐かしさと恋しさのようなものが
    この胸を熱くします。

    そしてこの歌の歌詞が胸に沁み渡る。

     「リンゴの花 こぼれる中
     あなたと約束をした
     だけど今は 別れたまま
     夢の中 生きている人」

    人生は出逢いと別れの繰り返し。
    忘れられない大切なひとは夢の中であったとしても
    美しい想い出と このまっすぐな想いだけは
    抱きしめてあげたい。

    泣けてくるほど 温かく美しいメロディ、
    聖夜にぴったりだと思います。
    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。
    シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」のページはこちらです。
    ☆注文ポストはこちら。

    注文時には先生へのメッセージ等も ひとことお添えください。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)

    「海と空がとけあうとき」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「海と空がとけあうとき」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。

    Osamu Shojiの過去に発表された歌の中から
    特にリクエストが多かった作品を
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    ライナーには一曲一曲、
    Osamu Shojiの想いやエピソードが綴られており
    ライナーも興味深い 貴重な記録となっています。

    聴いても楽しめ、
    読んでも楽しめる作品です。

    「海と空がとけあうとき」は
    NHKの音楽番組「ステージ101」で生まれた作品です。

    この番組で生まれた「怪獣のバラード」は
    今では誰もが知っている合唱曲ですが、
    この作品も 超名曲なのです。
    スケールが大きく 素晴らしい作品です。

    こういう作品はぜひ歌い継がれていただきたいものです。
    ただ 
    歌う方としたら、とてもとても難しいです。
    なので一般的に難しいかもしれません。

    でも 歌えたら素晴らしいと思います。
    聴く方も感動的です。


    海と空が
    目の前にどんどん広がっていく感じです。


    静かに海に向き合えば
    海は空の色を映し
    水平線と空は
    すべてを溶かす美しさ。

    そんな海をイメージしながら
    聴くことが出来る
    大きな作品。

    シンセサイザーで
    ゆったりとくつろげる作品集です。

    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。
    シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」のページはこちらです。
    ☆注文ポストはこちら。
    心に大きな海が広がるような 素敵な作品を
    どうぞお聴きください。
    注文時には先生へのメッセージ等も ひとことお添えください。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)

    「愛する人へ」Osamu Shoji(東海林 修) 2005年発表 シンセサイザーアルバム

    「愛する人へ」Osamu Shoji(東海林 修)
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji(東海林 修)

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。

    Osamu Shojiの過去に発表された歌の中から
    特にリクエストが多かった作品を
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    ヤング101,久美かおり,トワ・エ・モワ,伊東ゆかり,ヒデとロザンナ,菅原洋一(敬称略)が
    歌われた作品を集めて
    あらためてシンセサイザー音楽として発表されました。

    「愛する人へ」は
    ヤング101の ワカとヒロが
    NHKの音楽番組「ステージ101」で歌われた作品です。

    私はしみじみと、この歌は名曲だと思うのです。

    この作品については前に書きました。
    よろしければ見てください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

    温かいメロディは
    聴いているとじーーーんときます。

    ささやかなこの人生も
    愛おしくなります。

    人は大切なものを
    しっかりと抱きしめられるならば
    どんな人生であっても
    幸せなのではないかなぁ、と
    この作品を聴くと思います。

    何故 忘れてた 
     名もなく生きる この喜びを


    このメロディによって
    この歌詞が 深く深く心に沁み渡ります。

    音楽だけで聴く Osamu Shojiの作品も
    メロディの美しさや大きな世界感を実感でき

    たとえば 親しい人と
    ティータイムやおしゃべりの時など
    とてもすてきなBGMになると思います。

    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。
    シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」のページはこちらです。
    ☆注文ポストはこちら。
    心に優しい風が吹くような 素敵な作品を
    どうぞお聴きください。
    注文時には先生へのメッセージ等も ひとことお添えください。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」