FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ラストダンスは私と」美輪明宏 (2)

    「ラストダンスは私と」美輪明宏 (2)
    美輪明宏・訳詞/D.Pomus M.Schuman・作曲  Osamu Shoji( 東海林修 )・編曲

    美輪明宏さんのOsamu Shojiの作品は
    この作品と「ラ・ボエーム」の2曲しかないのですが
    2曲でも 十分に満たされる 素晴らしい作品となっています。

    格調高く繊細で、美しいストリングスアレンジ。
    研ぎ澄まされた感性をお持ちの美輪さんが
    喜ばれたと聞いていますが

    この美しさと繊細な音楽があって
    美輪さんの表情豊かな 厚みのあるお声が
    より生きているように感じます。

    Osamu Shojiの美しいストリングスアレンジは
    ヨーロッパを強くイメージできるものです。

    これほどまでの 繊細さや透明感、
    そして美しさや優雅さを
    感じられる世界を聴ける喜びは
    上手く言葉に出来ないのですが

    ただ ため息をついて
    うっとりしてしまうくらい
    心を満たす音楽となっています。

    伊東ゆかりさんや
    太田幸雄とハミングバーズなどの
    ドラマチックな作品や
    この美輪明宏さんの作品などを聴くと

    日本にOsamu Shojiという音楽家がいてくださって
    本当によかった・・・と
    しみじみ思えます。

    ぜひ 聴いていただきたい楽曲です。
    美輪best


    全曲集全曲集
    (2000/09/06)
    美輪明宏

    商品詳細を見る


    スポンサーサイト

    「ラ・ボエーム」LA BOHEME  (2) 美輪明宏

    「ラ・ボエーム」LA BOHEME 美輪明宏
    訳詞・美輪明宏 作・J Plante 作曲・C Aznavour 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    秋になり美輪明宏さんのOsamu Shoj作品をよく聴いています。

    私はムードがある音楽や人が好きなのです。
    そのムードがある、というのはどういうことかというと、
    一瞬にして その空気や雰囲気をフワァ、と 変えてくれる力がある、
    ということです。

    決して媚びたりはせず
    フッとさりげなく 
    けれど一瞬にしてすべてを変えてしまう力があるものが
    私は好きなのです。

    ジャーーーンと目を引くような現れ方だったり
    華々しくパーーッとパフォーマンスをしたり
    人の顔色を伺うようなまとわりつき方だったり
    異性に訴えるようなお色気だったり・・・
    というものではないということです。

    もちろん それも面白いとは思いますが
    長く大切にして愛していく世界とは少し違います。

    そういう面でOsamu Shoji の音楽というのは
    さりげないのに一瞬にして
    すべての空気を変えて
    その歌の世界の中にある景色や情景に
    身を置くことのできる音楽である、と
    私は思います。

    美輪明宏さんの「ラ・ボエーム」も
    ほんとうに素晴らしい世界です。

    音楽が 美輪さんの歌声を先導するような感じとなっています。
    音楽はあくまでさりげなく 美しく 
    セーヌ川が静かに流れて行くような感じ、
    もしくは風がさらさらと吹くような感じでもあります。

    その音楽に美輪さんのあふれ出すような想いと歌声が乗って
    聴く人の胸を打ちます。

    熱い想いがOsamu Shojiの美しい音楽で
    より鮮明です。

    こういう世界が私は大好きです。

    Osamu Shojiの世界は 洋楽も
    カンツォーネ、シャンソンからロックまで
    幅広くすてきだなぁ、と感じます。
    美輪best


    全曲集全曲集
    (2000/09/06)
    美輪明宏

    商品詳細を見る

    「ラストダンスは私と」美輪明宏

    「ラストダンスは私と」美輪明宏
    美輪明宏・訳詞/D.Pomus M.Schuman・作曲  Osamu Shoji( 東海林修 )・編曲

    越路吹雪さんが歌われていることが
    よく知られている作品「ラストダンスは私に」。
    たくさんの方がカバーされていますが

    美輪明宏さんの作品は
    美輪さん自身の訳詞によるもので
    「ラストダンスは私と」です。

    この作品をOsamu Shojiが編曲されているのですが
    この作品がまた、とても素晴らしい!!

    優雅で美しい!!
    そして
    軽やかでありながら
    格調高く 洗練された音楽です。

    心地良く自分も
    軽やかにステップを踏みながらダンスを踊っている気分です。

    前に 先生がこの編曲作品を気に入っていると
    お話されていらっしゃったことがあるように記憶しています。

    こんなすてきな音楽をバックに歌えるなんて
    歌手としても 本当に夢心地だと思います。
    美輪さんも さぞ感激されたことでしょう。

    本当に素敵過ぎます!!
    もう参りました!って感じです。

    これはもう、
    聴いて感動。

    CDを見つけて買えてよかった!
    しみじみうれしさいっぱいです。
    美輪best


    全曲集全曲集
    (2000/09/06)
    美輪明宏

    商品詳細を見る


    「ラ・ボエーム」 美輪明宏

    「ラ・ボエーム」LA BOHEME 美輪明宏
    訳詞・美輪明宏 作・J Plante 作曲・C Aznavour 編曲・Osamu Shoji (東海林修)

     美輪明宏さんのシャンソンに
    Osamu Shoji編曲作品があるということは
    前から知っていたのですが
    ついに聴くことができました。

    「ラストダンスは私と」
    「ラ・ボエーム」

    素晴らしい作品に感動です。

    美輪さんの歌声は
    前にNHKの「SONGS」と言う番組を録画して
    何度も繰り返し拝見しましたが
    それはもう 魂を揺さぶられるような歌声でした。

    美輪さんとOsamu Shojiのコラボ作品が
    素晴らしくないわけがありません。
    予想以上に感動的でした。

    「ラストダンスは私と」は
    これぞ名アレンジャーOsamu Shojiの真髄、
    またゆったりと書かせていただくこととして
    今日は「ラ・ボエーム」です。

    美輪さんは「美」に対する
    こだわりや信念がある方だと思います。

    そして人生も美しく、と
    思っていらっしゃると感じますが
    そういうものが歌の中にも出ていると思いました。

    詩もとても感動的です。
    とても美しいのです。

    悲しみや苦しみは
    美しい音楽によって
    浄化されます。
    そのことを私はとても感じます。

    中途半端な美しさでは
    胸の傷をいやすことなどできないのです。

    Osamu Shojiの音楽というのは
    繊細で美しく優雅です。
    あの美しいフランスの景色がぴったりと当てはまります。

    そして美輪さんの歌声は
    深く胸に届く歌声なのです。


    素晴らしい芸術というものは
    日常からこの身を遠ざけ
    その瞬間、全ての憂いも消し去ります。
    最近私は、そのように感じます。

    この「ラ・ボエーム」は
    静かに流れるセーヌ川と
    坦々と過ぎる時の流れの中で
    変わることのない愛と
    熱い感情が
    この胸に迫ります。

    美輪さんも歌うにつれ
    感極まっていらっしゃるように聴こえます。

    静かに静かに
    懐かしい日常や
    美しい景色
    そして愛し合った日々が
    この胸に映し出されます。

    年を重ねると
    別れた悲しい記憶より
    愛し合った美しい記憶が残る。
    だから人は
    前を向いて歩いていけるのでしょう。

    こんな豊かな
    素敵な歌をいつも聴いていたら
    人は年を取らないような気がします。
    美輪best


    全曲集全曲集
    (2000/09/06)
    美輪明宏

    商品詳細を見る