FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「王座の間」Osamu Shoji (東海林 修)(アルバム「STARWARS」)

    「王座の間」Osamu Shoji (東海林 修)(アルバム「STARWARS」)
    作曲・John Williams 編曲・シンセサイザー演奏 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    Osamu Shoji のシンセサイザー第一号アルバム。
    まさに華々しくシンセサイザー作品でのデビュー。

    だれもが知っているスターウォーズの音楽。
    これが初アルバムとは信じられないほどに完成された
    華やかなシンセサイザーの響き。

    メロディも親しみやすいものですが
    このアレンジは スカッ!と心地良くカッコイイ!!

    あぁ このシンセの響き。
    初めて聴いた時の驚きは
    とても言葉にはできないもので
    鳥肌が立つほどびっくりしましたが

    わくわくどきどき
    あの時代にタイムトリップして
    ノリノリで聴くことができます。

    シンセの響きは 宇宙の神秘とつながっていて
    とても不思議な感覚になれました。

    アルバム「STARWARS」は
    華やかで 血がさわぐような わくわく感がいっぱいに詰まった作品です。

    かつて聴かれた方は
    あーー あのOsamu Shojiの「STARWARS」の音楽が
    また聴きたーーい!!と
    必ず思われていると思います。

    購入可能ですので
    ぜひ 手に入れていただきたいと思います!!
    スターウォーズ

    収録曲
    「スターウォーズのテーマ」
    「王座の間」
    「王女レイアのテーマ」
    「ロボットの競売」
    「スペース・オデッセイ」
    「砂漠」


    アルバム「STARWARS」は CDとして 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    Osamu Shoji シンセサイザー第一作目、
    記念すべきこの「STARWARS」に
    みなさまが出逢われますように。
    スポンサーサイト

    「スターウォーズのテーマ」Osamu Shoji (東海林 修)(アルバム「STARWARS」)

    「スターウォーズのテーマ」Osamu Shoji (東海林 修)(アルバム「STARWARS」)

    何事も一番初めというものが大事であるし
    貴重であります。

    記念碑として必ず残るものであり
    輝き続けるものだと思います。


    多方面に渡り活躍されてきたOsamu Shoji の
    シンセサイザーでのデビュー作品。

    当時は 人気歌手の楽曲を作られたり
    ステージの音楽監督もされており、
    指揮や演奏でステージにも立たれていましたので
    さぞや忙しい日々をお過ごしであったことと思われます。
    1977年、1978年と 日生劇場のリサイタルもありました。

    そして1977年といえば 「ディスコ・キッド」が
    全国吹奏楽コンクールの課題曲になった年でもあります。

    その1977年に目黒にスタジオを作られ、創作されたシンセサイザーの作品です。
    もう スーパーマン的な活躍です。 
    こうして振り返ると本当に圧倒されます。

    アルバム「STARWARS」、
    発売はワーナーパイオニアより1978年です。
    使用シンセサイザ―は ローランド社のシステム700。
    シンセサイザーがお好きな方には
    たまらない作品だと思います。
    きっと今でも大切にして聴いていらっしゃる方が
    沢山いらっしゃると思います。

    映画「スターウォーズ」の映画音楽と
    オリジナル作品が収録されています。

    オリジナル作品「スペース・オデッセイ」につきましては
    先日書きましたのでよろしければご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

    だれもが知っている「スターウォーズ」の音楽ですが
    宇宙を感じられる神秘的な音楽であり
    大きな宇宙を旅するような心地良さです。

    そしてなにより
    わくわくと血が騒ぐような
    楽しさがあります。

    シンセサイザーの魅力がいっぱいです。
    とても楽しくて
    あっという間にアルバムを聴き終わってしまいます。

    いつも思うのですが
    リアルタイムに聴けた人がうらやましい気がします。

    もしいらっしゃったら
    初めてこの音楽を聴いたときの
    感動を教えていたたきたい気持ちでいっぱいです。

    スターウォーズ

    収録曲
    「スターウォーズのテーマ」
    「王座の間」
    「王女レイアのテーマ」
    「ロボットの競売」
    「スペース・オデッセイ」
    「砂漠」


    アルバム「STARWARS」は CDとして 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    Osamu Shoji シンセサイザー第一作目、
    記念すべきこの「STARWARS」に
    みなさまが出逢われますように。

    「スペース・オデッセイ」Osamu Shoji (アルバム「STARWARS」)

    「スペース・オデッセイ」Osamu Shoji (東海林 修)(アルバム「STARWARS」)
    作曲・編曲 シンセサイザー演奏 東海林修
    何を隠そう このアルバムが
    シンセサイザーでの デビューアルバムです。
    記念すべき大事な一枚なのです。

    映画「STAR WARS」で使われた音楽が
    シンセサイザーミュージックで
    華々しく登場です。
    Osamu Shoji の編曲と演奏です!!


    初アルバムというこですが
    とにかく パワフルでびっくり!!

    新しい世界を開拓される
    この時の勢いや情熱を
    音楽にも感じました。
    すごく楽しい!!


    シンセサイザーというと
    まずイメージする音は まさにこのアルバムの音です。
    たぶん初めて聴いたときの記憶とつながっているんだと思います。


    宇宙を飛び回るような神秘的で大きな世界。
    いいなぁ、リアルタイムに聴けた人は幸せです。
    さぞ衝撃的だったことでしょう。
    リアルタイムに聴かれていた方がいらっしゃったら
    ぜひお話しを伺いたいです。


    さて このアルバムの中では 
    スター・ウォーズの音楽だけでなく
    この「スペース・オデッセイ」という
    Osamu Shojiのオリジナル作品も披露されています。

    3部からなる作品、23分以上もある大作です。
    きっと色んなアイディアが吹き出すようにあふれて、
    夢中で創作活動をされたことでしょう。
    この楽しさ 自由さ。
    とてもうれしい作品になっています。

    いつか やっぱり初期の御苦労や思い出を
    語られることがあればうれしいですよね。


    聴いていたら 宇宙基地をイメージしました。

    イメージするのは
    もう地球の空を突き抜けて 宇宙へと飛んでいます。

    この記念すべきファーストアルバムに
    勢いとパワー、
    そして 夢と元気をいただきました。
    スターウォーズ

    収録曲
    「スターウォーズのテーマ」
    「王座の間」
    「王女レイアのテーマ」
    「ロボットの競売」
    「スペース・オデッセイ」
    「砂漠」



    アルバム「STARWARS」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    Osamu Shoji シンセサイザー第一作目、
    記念すべきこの「STARWARS」に
    みなさまが出逢われますように。