FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「よみがえる愛」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「よみがえる愛」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    作詞・山上路夫 作曲・森田 公一 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    この歌は 1973年 ロンドンで録音された「JULIE Ⅵ ある青春」に
    入っていた作品です。
    このコンサートでは マエストロOsamu Shoji によって
    豪華オーケストラバージョンで 聴かせていただけました。

    美しいオーケストラの演奏をバックに
    穏やかで 優しい 語りかけるようなジュリーの歌声が
    甘くこの身を包みます。

    「過去を振り向かず今を生きようよ
    君よ目をふせて おびえずに
    僕との愛に もう一度
    君よ賭けてごらん
    けっして涙にならない
    愛もあるとわかるだろう」

    何の飾りもサプライズもいらない。

    ただ 真正面から見つめられ
    ひとことひとこと
    言葉を受けるだけで
    泣きたいくらい嬉しい。

    どうしようもなく幸せを感じる。

    汚れのない心に戻っていく。

    照れることもない。
    ただ まっすぐに見つめて
    受けとめられる。

    カッコつける必要もない。
    何の飾りも
    演出もいらない。

    美しい音楽に
    そのままのジュリーが
    あまりにも似合う。

    これこそが 大スターの証しだと思います。

    そしてこの次の曲「忘れじのグローリア」がたまらなくいい。

    すてきなすてきな ステージだと思います。

    沢田研二リサイタル
    スポンサーサイト

    「ユア・レディ」沢田研二

    「ユア・レディ」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    訳詞・安井かずみ 作曲・ P.Skellem 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    今日は 久々にジュリーの「THE 3rd 沢田研二リサイタル」を聴きました。
    久々に「ある青春」を聴いたのですが
    うっ、と 胸がつまり動けなくなりました。

    ジュリーは感受性の強い方で
    歌いながら泣かれ 泣きながらも歌って・・・
    ステージだけでなく スタジオでレコーディングされても そうでした。

    そこがまた たまらなく素敵なところです。

    このスデージの「ある青春」については前に語っております。
    よかったらこちらをご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-390.html

    ということで 「ある青春」は書いているので
    次に歌われた「ユア・レディ」を書きます。

    穏かで キラキラと星が降るような
    甘いラブソング。

    こんな風にそばに寄り添い 見つめられて囁かれたら・・・・
    (*´~`*)
    などと考えただけで 一瞬 若返った~~~っ。

    そんな記憶が甦った!(笑)

    「あなたが教えた 生きてる その意味を
    よくある恋とは 一緒にしないで
    心から捧げる
    愛を愛を」


    誰も 初めから愛を知っているわけではない。
    愛されることで 愛を知り 大人になっていくものだから・・・。

    ジュリーの初期の作品は ほとんどがOsamu Shoji の編曲でしたが
    甘く美しく ロマンチックなジュリーや
    青くて、ひたむきであり 情熱的なジュリーを
    私たちは この心いっぱいに 感じさせていただくことができました。

    東海林修先生も亡くなられた今
    沢田研二/東海林修 の 作品集があったら
    どんなに素晴らしいだろう、と
    私は思っています。
    沢田研二リサイタル

    【番外編】魅せられた夜~危険なふたり

    【番外編】魅せられた夜~危険なふたり

    東海林修先生は亡くなられましたが
    私は先生の素晴らしい音楽について
    これからも語っていきたいと思います。

    先生のことは 笑顔で思い出したいと思っています。
    大切な思い出は宝物ですから 生涯心に抱きしめます。
    先生はいつもそばにいてくださるような気がしています。

    YouTubeで 大変貴重な動画を見つけました。
    アップしてくださった方、
    本当にありがとうござます!!
    うれしくて 泣けてきました。

    なんと沢田研二さんとのステージ。
    東海林先生は 指揮をされながらピアノを弾かれています。
    若き日のジュリー。
    そして 若き日の先生。

    「魅せられた夜~恋は邪魔もの~危険なふたり」です。
    超貴重です。ご覧ください。

    沢田研二さんの初期作品のほとんどは
    東海林修先生による編曲でした。
    甘くドラマチックで美しい世界。
    そして青さがまぶしいものでした。

    今こそ
    沢田研二さんの東海林修作品を集めた作品集を
    強く希望いたします。
    心を甘く震わせる世界です。

    わたしの書いたレビューはこちらです。
    「魅せられた夜」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-819.html
    「危険なふたり」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-105.html


    「カバー・オブ・ローリング・ストーンズ」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「カバー・オブ・ローリング・ストーンズ」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    訳詞・安井かずみ 作曲・ S.S 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    今朝 ジュリーの夢を見ました。
    その夢をあまりにもはっきりと覚えていて
    あせあせのまま 目が覚めて
    あぁ 夢で良かった、と思いました。

    その夢なのですが
    ジュリーのコンサートがあるということで
    自分は席に座って楽しみにしていました。
    すると ジュリーが現れのですが
    いつになっても歌を歌ってくれないのです。

    まだかまだかとみんな歌ってくれる時を待つのですが
    夢の中のジュリーは 不信感でいっぱいなのか
    ここに来ている人たちが
    本当に自分のファンなのか疑っていて
    私たちに直接質問をしてきて
    みんなの態度が悪い、というようなことを言われながら
    不満でいっぱいなのです。

    困った~
    歌が聴きたいのに 全然歌ってもらえない。
    怒っていらっしゃる。
    コンサートなのに歌を歌ってもらえない。
    どうしたらいいんだ~
    そう思っているうちに目が覚めたのです。

    夢でよかった・・・と思いました。

    ですから 私は 今日はどうしてもジュリーの歌を聴かずにはいられなかったのです。
    ライブ音源の「THE 3rd 沢田研二リサイタル」
    これを聴いて なんだかほっとしました。

    「カバー・オブ・ローリング・ストーンズ」
    このレコードは10年前くらいに聴くことができたのですが
    この歌は聴いたことがありました。

    この当時 リアルタイムに
    テレビで歌われていたのを見ていたのです。

    とても面白い歌で
    一度聴いただけですが
    忘れることはできませんでした。

    ジュリーならではのいい味が出ています。
    かっこいいジュリーが歌われるから
    すごく楽しくて心に響くのだと思います。

    このステージはOsamu Shojiの音楽です。
    ハイセンスでプロフェッショナルな音楽。
    超、かっこいいジュリーが さらに輝いてます。

    沢田研二リサイタル

    「許されない愛」 沢田 研二 (2)

    「許されない愛」 沢田 研二
    作詞・山上路夫 作曲・加瀬邦彦 編曲・Osamu shoji(東海林修)
    1972年3月シングル発売
    アルバム「JulieⅡ」

    最近は 穏やかで優雅な世界「Julie」の方を
    よく聞いていたのですが
    今日は久々に「JulieⅡ」を出して聴いてます。

    一枚のアルバムでひとつの物語となっているので
    聴いていると 物語に感情が深く入って行ってしまい
    ついつい聴き入ってしまうので
    何かをしながら・・・というわけにいかなくなるのですが
    胸が苦しいほどに 人を愛した記憶がある人ならば
    この世界は涙なくして聴けない世界です。

    この曲のレビューは前にも一度書きましたが
    ジュリーのラジオでの貴重なお話しも一緒に書いておりますので
    この記事はぜひ読んでいただきたい記事となっています。
    読んでいただけるとうれしいです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-128.html

    そして先日 CSの GOROさんの冠番組で
    よっちゃんと音楽の話をされていたのですが
    この「許されない愛」のイントロについても話されていました。
    この印象的なイントロ、このリズム。
    東海林先生に このイントロについて尋ねられたそうです。
    そうしたら 「タンゴ」だと・・・・。
    そのことに感動されていました。

    あぁ すごーーい 。
    そうだったのかーーっ。
    わたしも聴きながら感動してしまいました。

    ものすごくかっこいいんですけれど
    こうして みんなが尋ねたくなるくらい
    Osamu shojiの音楽って すごいんですよね。

    この歌、いつ聞いても胸が熱くなり
    うっ、ときてしまいます。

    ジュリーの歌声も しびれます。

    人を愛するということは
    苦しむことのように思います。

    胸をかきむしり、
    悶え苦しむ。

    若ければ それも力になる。

    だけど 年を取ると その苦しさは命取りになります。

    ジュリーの歌の中で
    この狂おしさを感じるのがいい。

    私は最近 そんな風に思います。

    こんなかっこいい 素敵な歌が
    この世に存在することが素晴らしいことだと思います。



    許されない愛

    「君をさがして」 沢田 研二 (2)

    「君をさがして」 沢田 研二 (2)
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    アルバム「Julie」

    五月の爽やかで美しい季節の中で
    このアルバム「Julie」を聴かずにはいられません。

    聴けば聴くほど美しく
    格調高くて なんて素晴らしいアルバムなのだろう、と思う。

    沢田研二さんのファーストアルバム。
    この当時にこんな良い音楽があったのだ。
    なんてすごいんだ!
    すごすぎるーーーー!!

    ・・・と聴くたびに心が叫んでしまいます。

    考えてみれば これだけ豪華なストリングスまでついた
    オーケストラをバックに 歌を歌われていたことなど知らなかった。
    いつしか バックの演奏は縮小され
    そのうち 誰もが ストリングスのない自前のバンドを連れて
    テレビなどでも歌われるようになっていった。

    だからこそOsamu Shojiのような
    本格的にオーケストラの編曲をされる方でなくても
    気軽に アレンジをされるようになった。

    だけど 忘れてはいけません。
    Osamu Shojiは 60年代から
    これほどに美しいアレンジをされて
    数え切れないほどの
    素晴らしい作品を残していらっしゃるということを。

    これほどの素晴らしいアレンジャーが
    他にいるでしょうか、と
    このアルバムを聴いていると
    心から言いたくなります。

    「どこかできっと 君も ひとりぼっちさ
    もう一度だけあいたくて
    わずかな望み 抱きしめながら
    君をさがしに いつかの道」


    この時の沢田さんは 初めてのアルバムということもあり
    とても緊張していらっしゃったのでしょう。

    かなり 緊張して
    一生懸命歌われているのですが

    もう少し リラックスして歌われていたら
    すごーーくよかったのになぁ・・・・と
    少し 思ってしまうのですが
    この青さも貴重なものだよなぁ、
    とも思います。

    この曲の間奏には
    Osamu Shojiの 特に美しいオリジナルのメロディが挿入されており
    ここがまた たまらなく良いところでもあります。

    なぜか私は 五月になると
    このアルバムがどうしようもなく聴きたくなって
    なんて美しい世界なのだろう・・・と感動する。

    それがいつしか 毎年恒例の行事になっており
    このアルバムを聴かないと
    五月を過ごした気がしないほどであります。


    jullie
    収録作品
    1.君を許す
    2.ビロードの風
    3.誰もとめはしない
    4.愛のプレリュード
    5.光と花の思いで
    6.バラを捨てて
    7.君をさがして
    8.未知の友へ
    9.一人ぼっちのバラード
    10.雨の日の出来事
    11.マイ・ラブ
    12.愛の世界のために


    JULIEJULIE
    (2005/03/02)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「あなたへの愛」(LOVE FOR YOU) 沢田研二

    「あなたへの愛」(LOVE FOR YOU) 沢田研二
    作詞・安井かずみ 作曲・加瀬邦彦 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1973年1月1日発売 シングルA面

    Osamu Shoji( 東海林 修 )/沢田研二 作品を
    纏めたページをつくりましたので
    よろしければ ご覧ください。
    http://palette036.web.fc2.com/sawada.html

    作って初めて
    「あなたへの愛」を
    書いていないことに気がつきました。

    ジュリーの5枚目のシングル。
    バンド演奏のカッコ良さに加えて
    金管楽器やティンパニが加わり
    豊かでパワフル、
    そして格調高い音楽となっています。

    あなたが言いだせば
    悲しく聞こえる
    星もまばらな夜
    なぜか遠い道


    まず この歌詞から素敵。
    目の前に 映像が映るようです。

    美しいジュリーが歌われると
    より星空は美しく描ける。

    サビの 愛が溢れだすような
    切なさもたまりません。

    やっぱりかっこいいなぁ・・・と
    しみじみ思える一曲。

    そしてこの次の「危険なふたり」で
    バーーーン とブレイクするわけですが
    ホップ ステップ ジャーンプ!!
    ということならば
    この作品は高く飛ぶための大事な過程、
    踏み込みの部分に当たると思います。

    ロマンチックでありエネルギッシュ。
    そして甘く 優雅で品のある作品。

    まさに 王子様のようなジュリーのイメージを
    確立した作品、と言えるのではないでしょうか。

    あなたへの愛

    「ビロードの風」 沢田 研二 (2)

    「ビロードの風」 沢田 研二 (2)
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji( 東海林修 )
    アルバム「Julie」

    沢田研二さんのファーストアルバム「Julie」。
    最近 このアルバムばかり聴いてしまいます。

    さりげなくこの心に添う世界。

    年を重ねると
    もうすべてを超越したい。

    ヘビーな愛も
    もういらない。

    美しい絵画をながめるように
    この人生を清らかに変えてくれる作品がいい。

    「ビロードの風」
    年を重ねるごとに沁み渡る。


    求める愛も
    捧げる愛も
    激しい愛も
    この身を縛り
    息苦しさを伴う。

    そういうのは
    もう
    わたしはいらない。

    執着するような
    世界はもういらない。

    この歌は 美しくて
    さらさらと爽やかに吹きぬける風のよう。

    心が軽くなって
    すべてが美しくなっていく。


    通り過ぎてゆくものは 人生
    風のささやき はかない夏の歌
    ・・・
    通り過ぎてゆくものは 幸せ
    風のなぐさめ はじめてのくちづけ


    この素晴らしい世界を
    若いジュリーが青い声で歌われている。

    私の中では
    すべてのタイミングが
    ピタリと合った作品だったのだと思う。

    これからも
    私を満たし続けてくれる世界となるだろう。

    jullie
    収録作品
    1.君を許す
    2.ビロードの風
    3.誰もとめはしない
    4.愛のプレリュード
    5.光と花の思いで
    6.バラを捨てて
    7.君をさがして
    8.未知の友へ
    9.一人ぼっちのバラード
    10.雨の日の出来事
    11.マイ・ラブ
    12.愛の世界のために


    JulieJulie
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「君を許す」沢田研二 (2)

    「君を許す」 沢田研二
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)

    この季節は毎年のことながら
    どうしてもアルバム「jullie」が聴きたくなります。
    本当に素晴らしい世界なのです。

    このアルバムは沢田研二さんが
    ザ・タイガースの活動の中にありながら 
    出されたソロアルバムです。

    ザ・タイガースとして シングルで発売もされました。
      しかし、この曲はソロなのです。

    私は この作品は姉のレコードの中で見つけて
    こっそり聞いていたのですが
    当時は本当に衝撃を受けました。

    この狂おしい感じ・・・・
    たまりません。

    NHKのラジオ ジュリー三昧では
    このアルバムの作品について
    「今だったら もっとうまく歌えるのに」・・と
    おっしゃっていましたが
    聴けば聴くほど思う。

    「君を許す」は満点!!
    これ以上の「君を許す」はないです!

    素晴らしい!!
    鳥肌が立つくらい いい。
    なんかもう泣きそう。


    星をねだるような 君の瞳より
    その心がほしいのに
    愛がほしいのに


    あぁ~っ たまらない。
    泣けてくるーー。

    あの時代のグループサウンズで
    この作品。
    みんなびっくりしたと思います。

    優雅で美しい音楽。
    なんだか 神の前にひざまづいて
    祈るような気分。

    演奏と同時録音なのでしょうか。
    歌と演奏がピタリとハマって
    最高です。

    一瞬 音が消えて

    「愛がほしいのにー」、ジュリーが歌う。

    あの瞬間がたまらない。

    かっこいいジュリーが
    さらに輝く。

    この作品は
    もう満点!!
    言うことなし、です。
    何度聴いてもしびれます。
    jullie
    君を許す

    「バラを捨てて」 沢田 研二 (2)

    「バラを捨てて」 沢田 研二 (2)
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    アルバム「Julie」

    五月の爽やかな風の中に立つ時
    たまらなく聴きたくなるアルバムは
    この「Julie」。

    沢田研二さんのファーストアルバムです。

    今日も聴いてしみじみと思う。

    ジュリーは100年に一人の逸材だと。

    そしてこのアルバムは
    聴けば聴くほど 美しく心に残り
    年を重ねれば重ねるほど
    ますます好きになります。

    このアルバムは
    一枚を通して大きな人生観が語られている感じがします。

    誇り高く、美しく生きる
    大きな愛がこのアルバムにはある。

    なかなかお目にかかれない
    美しい絵画をながめるよう。

    光や風や香りや景色が
    イメージとして自分の中で広がります。


    そして今は薔薇の季節。
    薔薇の季節がくると 「バラを捨てて」が聴きたいのです。

    この「バラ」って何だろう?
    私にとってこの「バラ」とは・・・・・。

    いつも聴くたびに自分に問いかける。

    素晴らしい芸術というのは
    人に問いかけるものなのだなぁ。


    バラを捨てて 僕の所に 帰ってくる
    涙うかべ 君は今 帰ってくる
    バラを捨てて  意地を捨てて 帰ってくる
    許しあおう 君はもう離れない


    昔 NHKラジオの ジュリー三昧で
    今だったらもっとうまく歌えるのに・・・・と
    すごくおっしゃっていた事を思い出します。

    正直 初めて聴いた時は
    もうすこしジュリーに上手く歌っていただきたかった・・・などと
    ちらっと思ったものでした。

    でも ずっと聴き続けていると
    このジュリーの歌唱だからフレッシュで
    爽やかで より美しいのだなぁ~、と
    しみじみと思います。

    このアルバムは 素晴らしい。

    このアルバムを聴くと
    自分も美しく 誇り高く生きよう、と思う。

    いつしか人生のバイブルのように
    感じられるようになってきた作品だと感じています。

    本当にどこを探しても
    こんな素晴らしい音楽のアルバムはないように思います。

    美しい、とは
    こういう世界をいうのだと思います。

    絶対お薦めの作品です。

    jullie
    収録作品
    1.君を許す
    2.ビロードの風
    3.誰もとめはしない
    4.愛のプレリュード
    5.光と花の思いで
    6.バラを捨てて
    7.君をさがして
    8.未知の友へ
    9.一人ぼっちのバラード
    10.雨の日の出来事
    11.マイ・ラブ
    12.愛の世界のために


    JulieJulie
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「薔薇の真心」沢田研二 (2)

    「薔薇の真心」沢田研二 (2)
    作詞・荒井由美 作曲・加藤邦彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)

    薔薇が美しく咲くこの季節は
    やっぱりこの歌も特に沁みる気がして
    あぁ 本当に いい歌だなぁと聴いてしまいます。

    前にも書いたのだけれど
    また書いておこう!

    この作品はユーミンの詩で
    A面の「ウィンクでさよなら」もそうですが
    私はこちらの方が
    ユーミンらしくて好きです。

    この詩を見るとユーミンは若くから
    人生を悟ってらっしゃるなぁ、と感心するくらいの
    深さがあります。

    「遠ざかる街並みを 見送る時に
    気づくだろう 君からのバラの真心」


    これは自分は実感するけれど
    はたして こんな風に男の方が
    気づいてくれるのだろうか・・・と
    いつも思う。
    気づいてくれますようにという
    願望もあり
    この詩が心に沁みます。

    そして
    「この世界の 果てと果てで
     生きようとも 胸に抱く面影」


    この歌詞がいいなぁ~

    どこにいても
    もう二度と逢えなくても
    胸の中で生きている人がいる。

    切ないけれど 
    そんな面影を抱きしめて生きるのもいい。

    アレンジは さすがのOsamu Shoji。
    スケールが大きく
    心地良い。

    ジュリーは 本当にかっこいいけれど
    このジャケットのちりちり頭は
    なんだかなぁ~、って思う。

    きっとご本人の
    ささやかな抵抗だったのでしょう。

    かっこいいのだけれど
    なぜかじーーんと
    心に響く歌です。
    薔薇の真心

    「忘れじのグローリア」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「忘れじのグローリア」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    訳詞・沢田研二 作曲・P.Senneville 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    Osamu Shojiは リサイタルやコンサートにおいて
    音楽監督と指揮を担当されることも多くありました。

    たとえば 菅原さん、ゆかりさん、
    ゴンちゃんもそうですし、GOROさんもそうです。

    そしてこのジュリーも。

    このリサイタルは ジュリーの魅力が炸裂しています。
    甘いバラードからかっこいいロックンロールまで・・・

    こんなに幅広い音楽を取り上げられるのも
    音楽をOsamu Shoji が担当されていることが大きいと思います。

    ヒット曲も 極上のストリングスアレンジで
    Sweetに響きわたります。

    そして 私がこのアルバムの中で
    特に心を動かされるのは「ある青春」。
    この「ある青春」は 衝撃的でした。
    涙が止まりませんでした。
    この曲については 前に書いておりますので
    よろしければ記事をご覧ください。

    そして この「忘れじのグローリア」・・・・
    ミッシェル・ポルナレフが1970年に歌われた作品のカバー。

    心を鷲掴みにされます。
    きゅーーんと胸がしてきます。
    切なさであふれます。

    イントロはOsamu Shoji ならではのシンセサイザー。
    ドラマチックなアレンジ。
    一瞬でこの歌の世界へ。

    今あなたが別れを告げても
    たとえふたたび 逢えない愛でも
    ぼくはあなたの光で生きていること忘れないで


    訳詞は沢田研二さんご本人ですが
    曲と ぴったりとハマっていて
    素晴らしいと思います。

    熱いジュリーの歌声に なんかもう・・・ダメになりそう~
    ・・・そんな感じ。

    ジュリーの世界に 
    しばらく浸りきっていたい。

    私はジュリーのこういう世界が大好きです。

    沢田研二リサイタル

    「OPENING~悲しみも歓びも」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「OPENING~悲しみも歓びも」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    作詞・ 作曲 沢田研二 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    このコンサートの音楽監督と指揮はOsamu Shojiによるものです。

    帯には 日本歌謡大賞受賞と書かれています。
    あの 歌謡大賞の受賞シーンは
    今も記憶に鮮明です。
    しなやかなジュリー。
    本当にかっこよくて あのシーンは特に焼きついています。
    Osamu Shojiもステージに上がられたこと
    あの頃 私は子供でしたがしっかりと覚えていました。

    このアルバムは中野サンプラザホールでの
    リサイタルを収録したアルバムです。

    「リサイタル」・・・良い響きです。
    一流の歌手でなくては似合わない言葉です。

    オープニングは 楽器の音出し、から収録されてます。

    そして始まりのブザーが鳴り
    研ぎ澄まされた音、
    繊細なオーケストラの響きが流れてきます。
    美しく華やかなオープニングは
    Osamu Shojiならではの音楽。

    まさに夢の舞台の幕開け・・・です。

    Osamu Shojのオーケストラの音楽は素晴らしいので
    ジュリーのカッコ良さが一段と輝きます。

    聴いている人は口元もゆるみ・・・
    ゆるんだ顔が元にもどらなくなります。

    そして沢田研二さんの作詞作曲作品「悲しみも歓びも」。
    美しく繊細なオープニングから
    ガラッと雰囲気がかわり ノリノリで
    いっしょに歌える作品からのスタート。

    悲しみの時も 歓びの時も
    僕らは今日まで いっしょに
    そして 明日へと続く


    もう一曲目から ガンガンに乗ってしまいそう。
    憧れのスターが現れ
    目の前でこんな風に
    素晴らしい演奏をバックに
    すごい迫力で歌っていただけると
    なんだか夢を見てるみたい。

    幸せが溢れてくる感じです。

    途中のジュリーの語る声も素敵。
    すべてが 輝くように
    エネルギッシュに そしておしゃれに
    そして誰よりかっこよく
    Osamu Shojの音楽が
    ジュリーを盛りたてられていて
    最高のステージになっています。

    ぜひぜひ
    復刻していただきたいアルバムのひとつです。

    「かっけ~」

    マジで、しびれます!!

    沢田研二リサイタル

    「魅せられた夜」沢田研二

    「魅せられた夜」沢田研二
    作詞:Jean Renard/訳詞:安井かずみ/作曲:Jean Renard/編曲:Osamu Shoji( 東海林修 )
    1973年11月21日発売シングルA面

    沢田研二さんのシングル作品はすべて書いたつもりでいたのだけれど
    今日 何気に考えた時 何かが足りない、と思った。

    リストを見てみたら あれーーーっ まだ書いてないシングルがあった!!
    ・・・・なにしろ あまりに書きすぎていて
    だんだんわからなくなってきているので
    このような感違いもあり、ちょっと反省。

    ということで 今日はジュリーの「魅せられた夜」です。

    なんといってもジュリーの艶やかさ、
    甘さ、美しさ、怪しさ、危うさ、儚さ・・・・などか
    凝縮されているように思います。

    ムードがあってとろけるようでもあり・・・・

    Osamu Shojiが楽曲を編曲されていた時代というのは
    繊細さとひたむきさ、そして美しさがより強調されていたように思います。

    華麗であるけれど 強い光の裏にある影というものも感じる。
    ピュアなジュリーがOsamu Shojiの音楽でより輝きを放っている、
    そんな感じがします。

    スケールも大きく 甘い愛の世界。

    本当に無敵のジュリー!!
    そう感じます。
    魅せられた夜

    【番外編】「悲しみのアンジー」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    【番外編】「悲しみのアンジー」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    作詞:M.Jagger 作曲:K.Richard 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    音楽監督・指揮 Osamu Shoji
    1973年12月21日発売JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル

    続けて書いておきます。番外編です。
    ローリングストーンズの「悲しみのアンジー」のカバー。

    レビューは前回書きました。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-660.html
    よろしければご覧ください。

    YouTubeで探したらありましたのでご紹介します。
    http://www.youtube.com/watch?v=SbCCn1EHznY

    この甘さ、艶やかさ、しなやかさ・・・・

    素晴らしい作品です。

    人間は心で感じるものだから
    聴いてみていただきたいのです。

    あぁ・・・
    すてきですね・・・・(ため息)

    音楽で満たされる・・・
    そのことを実感します。

    沢田研二リサイタル

    「悲しみのアンジー」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「悲しみのアンジー」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    作詞:M.Jagger 作曲:K.Richard 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    このコンサートの音楽監督と指揮はOsamu Shojiによるものです。

    ローリングストーンズの「悲しみのアンジー」
    カバー曲ですが もうこの歌唱は まさにジュリーのオリジナルのよう。

    アコースティックな感覚を残しつつ
    やわらかいストリングスの響きと
    甘いジュリーの歌声が
    この胸を震わせます。

    こんなに甘くムードのある世界に
    素敵すぎて泣きそうになる。

    最初は わざとマイクを離して
    歌われたのだと思いますが
    生の声をまず感じさせる。
    ニクイ演出です。
    さすがジュリー。

    そしてこのステージの歌声。
    本当に声が素晴らしい。
    甘くてとろけそうになる。

    「アンジー・・・」ささやく声にも うっとくる。
    私は変になりそうだ。
    素敵過ぎて めまいが・・・・。

    あぁ 人間って
    やっぱりムードが大事だ、って
    この歌声を聴くとつくづく思う。

    Osamu Shojiの編曲、オーケストレーションは
    本当に素晴らしい。

    ジュリーの艶やかな歌声が
    いつまでも心に残る。

    いつまでも余韻に浸っていたい。

    日本語でなくても
    この歌を聴いたひとはきっと
    思わずため息ついて
    キュンキュンと心で感じてしまうようなカバー作品だと思います。

    沢田研二リサイタル

    「黄昏の中で」沢田研二

    「黄昏のなかで」沢田研二
    作詞・作曲 加藤登紀子 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1975年発売 沢田研二 アルバム「いくつかの場面」

    2005年3月に復刻されCDで発売になったアルバムですが
    なんと今年3月26日にも再販されています。

    Amazonのレビューも絶賛の嵐、
    今も尚 愛されつづけている名盤です。

    Osamu Shojiの 作・編曲作品一曲。編曲作品3曲。
    そしてOsamu Shojiがミュージシャンとしても参加されている
    うれしいアルバムです。

    このアルバムの良さは
    参加ミュージシャンが一曲ごとにクレジットされている、
    ということも楽しさのひとつ。
    豪華共演、クレジットの名前を見ながら
    聴くと楽しさも倍増。

    私は子供の時にリアルタイムに聴いた「燃えつきた二人」という歌が忘れられずにいましたが
    このアルバムの復刻で CD でこの作品をいつでも聴くことができるようになり
    本当に喜びで胸が震えました。
    このOsamu Shojiによるムーグシンセサイザーの響きも
    ぜひ聴いていただきたいところのひとつです。


    この「黄昏のなかで」は加藤登紀子さん作詞作曲作品。

    たそがれのざわめきも
    今は聞こえない
    はじめて愛を知った
    君と僕のために


    黄昏が 静かに心を包む。

    愛に満たされる。

    穏やかに目を閉じて
    静かに愛を待つ気持ちです。


    いくつかの場面
    収録作品

    「時の過ぎゆくままに」
    「外は吹雪」
    「燃えつきた二人」※
    「人待ち顔」
    「遥かなるラグタイム」※※
    「U.F.O」
    「めぐり逢う日のために」※
    「黄昏のなかで」※

    「あの娘にご用心」
    「流転」
    「いくつかの場面」


    ※※ Osamu Shoji作・編曲作品
    ※ Osamu Shoji編曲作品

    いくつかの場面いくつかの場面
    (2005/03/02)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「純白の夜明け」沢田研二


    「純白の夜明け」沢田研二
    作詞・山上路夫 作曲・加瀬邦彦 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )


    ジュリーの作品は大好きで
    色々と作品を語ってきました。

    「JULLIE2」ではこの曲で最後。
    とにかく すべて語りつくすことが目標です。
    ジュリーの世界はまだ
    他に編曲作品がありますので
    語っていきたいと思います。

    沢田研二、2枚目のアルバム「JULIEⅡ」(ロンドン録音盤)は、
    全曲 詩は山上路夫・編曲は東海林修。
    作曲は 8名の人気作曲家によるものです。

    この作品は「純白の夜明け」
    タイトルからして素晴らしい。
    ジュリーであればこそ
    自然に感じられます。

    普通の人間では このタイトルは似合いませんし
    照れるというか、
    恥ずかしくなってしまいます。

    カッコ良いジュリーであればこそのタイトルだと思います。

    そして甘くて
    夢の中で漂う感じのするこの作品。

    夜明けが窓を 白く染める
    二人はからだ寄せて 眠るよ


    幸せすぎてこわい・・・
    ジュリーのスイートな世界でため息・・・・

    けれど
    人生というものは
    こんな幸せだけが続くはずもなく・・・・

    この曲があって
    ますます「許されない愛」の世界の
    狂おしさが募ります。

    一枚のアルバムでひとつの物語。

    美しくも哀しい愛の物語。

    このアルバムの編曲を
    すべてOsamu Shojiが担当されたことは
    とても大きいと思います。

    ジュリーのカッコ良さや
    少年のようなひたむきさ・・・

    このアルバムを聴いて
    何度泣けたことだろう。

    本当にこのアルバムを聴きながら
    幾度泣いたかわかりません。


    だけど思う。
    美しい想い出は
    自分だけのもの。

    永遠に変わらない記憶として残るから
    生きていける。

    そんなことを、このアルバムを聴いて
    いつも想うのです。

    すてきなアルバムです。
    ほんとうに。
    Julie2


    JulieII(In London,Olympic Sound Studios)JulieII(In London,Olympic Sound Studios)
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「揺れるこころ」沢田研二


    「揺れるこころ」沢田研二
    作詞・山上路夫 作曲・大野克夫 編曲・Osamu Shoji(東海林修)


    沢田研二、2枚目のアルバム「JULIEⅡ」(ロンドン録音盤)
    全曲 詩は山上路夫・編曲は東海林修。
    作曲は 8名の人気作曲家によるものです。

    まるで映画を見るような「JULIEⅡ」

    この世界で ただひとりだけを見つめる。
    美しいひとに 強く惹かれて・・・・
    ただ この胸に正直に向かう。

    間違いなくそれは
    愛に変わっていること
    しっかりと受けとめる。

    どこか清々しく 迷いもなくなっている。

    透き通っていく。
    この心も。

    ・・・そんな感じの
    すてきな世界。

    すべての編曲はOsamu Shojiによるもので
    ロンドンのレコーディングにも立ち会われた作品は
    クリアで美しい世界となっています。

    それから大野克夫さんの作品では
    このアルバムの「船出の朝」は
    聴くたびに思わず泣けるくらい
    好きな作品のひとつです。

    Julie2


    JulieII(In London,Olympic Sound Studios)JulieII(In London,Olympic Sound Studios)
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「美しい予感」沢田研二

    「美しい予感」沢田研二
    作詞・山上路夫 作曲・井上堯之 編曲・Osamu Shoji( 東海林修 )
    アルバム「JULIEⅡ」。
    シングル「許されない愛」のB面

    1971年10月、ロンドンにて録音された
    沢田研二さんの2枚目のアルバム「JULIEⅡ」。

    「美しい予感」は 
    透き通った美しい世界。

    ある瞬間、ハッとして、
    心がそこに釘付けになって動けなくなっている自分自身に気づく。

    あぁ これが自分が求めていたものだと
    心が震えるあの感覚を
    この歌で思い出す。

    そう、この感じ。
    人を好きになるってこんな感じ。

    アコースティックなギターに
    すがすがしい木管楽器の調べが
    とても心地良いです。

    あなたに今はじめて逢い
    なぜに胸が震えるのか
    港の中あなたの姿が 美しく咲いてる


    恋はある日突然にやってくる。

    それまで まるで意識していなかったのに
    ある瞬間 恋に変わる。


    この美しい歌の世界で
    忘れていたものを ふと思い出します。
    Julie2

    1.霧笛
    2.港の日々
    3.おれたちは船乗りだ
    4.男の友情
    5.美しい予感
    6.揺れるこころ
    7.純白の夜明け
    8.二人の生活
    9.愛に死す
    10.許されない愛
    11.嘆きの人生
    12.船出の朝


    JulieII(In London,Olympic Sound Studios)JulieII(In London,Olympic Sound Studios)
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「男の友情」沢田研二

    「男の友情」沢田研二 
    アルバム「JULIEⅡ」
    作詞・山上路夫 作曲・クニ河内 編曲・Osamu Shoji( 東海林修 )
    1971年10月、ロンドンオリンピックサウンドスタジオにて録音

    ファーストアルバム「JULIE」については
    全曲語りつくしてしまいました。

    あの美しい世界は
    初めてアルバムを聴いたときから
    時間が経てば経つほど好きになっています。
    人生を美しいものに変えてくれる
    魔法のアルバム。
    大好きな世界です。

    そして二枚目のアルバムは
    まるで映画のように
    物語が心のスクリーンに映し出されます。

    あまりに悲くて切なすぎます。
    けれど
    物語に酔いしれることができます。

    「男の友情」

    憧れる生き方
    憧れる同性
    生き方の見本・・・

    大きな海の前に立つように
    気持ちも満たされて
    夢がふくらみ
    希望もあふれて・・・

    ここまでは
    よかったのに・・・

    無邪気な少年、
    穏やかに満ちる時間。

    このまま悲しみを知らなければよかったのに、と
    物語とはいえ
    つい思ってしまう。

    人生って切ないなぁ、って思います。

    男同士なら 言葉などいらない
    胸の中までも すぐに分かり合う


    私も男に生まれればよかったのにと
    考える時があります。

    なかなか思うようにいかないものです。

    この歌で
    ほんの少しの間
    安らぎのひととき。

    もうすでにジュリーの世界に釘づけになっている自分を感じます。
    Julie2


    JulieII(In London,Olympic Sound Studios)JulieII(In London,Olympic Sound Studios)
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    【番外編】「燃えつきた二人」② 沢田 研二

    【番外編】「燃えつきた二人」② 沢田 研二
    作詞・松本 隆 作曲・加瀬 邦彦 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 ) 

    私はこの作品が大好きなので
    すぐにこの歌に戻ってきたくなります。

    とても悲しい歌なのですが
    優しさにあふれているし

    つらいことがあっても
    「それも仕方ないことだよ」と
    心の中で諦めがつく感じがします。

    最近つくづく思うのは
    人生は自分の意思でどうこうできるものではなくて
    神さまが決めていて
    見えない力に導かれているように思います。

    どんなに頑張っても
    出来ないことはできないし
    そんなに頑張っていないのに
    自分でも驚くくらい成果を上げられることもある。

    それって自分の意思とは
    全く関係なくて、
    きっと神さまがこれをしなさい、って
    言われているような気さえします。

    さてこの曲ですが、前にレビューは書きました。
    よろしければご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-90.html
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-467.html


    「あふれる若さを想い出に変え
     二人の季節が燃えつきてゆく
     傷つき力の尽きたあなたに
     わかれがせめての やさしさでしょう」



    燃えつきる、とか
    力尽きる、とか
    若いころはわからなかったけれど

    さすがにこの年齢になると
    わかるような気がします。

    だから
    「ここまでやったのだから仕方ないよ」とか
    「こんなにやってもダメだったから諦める」とか
    そういう気持ちになるのでしょう。

    だけど それは
    本人としては極限状態で
    本当にすべてを出し尽して
    自分の中が空っぽになるくらいのことなのだから

    この詩のように
    「別れ」が「優しさ」になることを知るのです。

    この作品の詩も深くて感動しますが
    曲もすぅーっと心に入ってくるものですし
    このシンセサイザーの音色に
    どうしようもなく泣けてしまうのは

    幼い頃、
    初めて聴いた時から
    まったくかわらなくて
    うっ、と胸にきて
    ひざまづいて泣きたくなるくらい
    私の好きな世界なのです。

    また新しい動画を見つけました。
    作った方のこの曲に対するイメージも入っていて
    美しい映像です。
    ご覧ください。
    http://www.youtube.com/watch?v=mJpm0_mWCGo

    いくつかの場面
    燃えつきた二人
    こちらは私が持っているレコードのジャケットです。

    「誰もとめはしない」 ② 沢田 研二

    「誰もとめはしない」 沢田 研二
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    アルバム「Julie」

    アルバム「Julie」はすべての楽曲が
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・東海林 修
    このコラボレーションによって作られたアルバムです。

    ひとつのコラボレーションで12曲作られればこそ
    沢田研二という歌手の いろんな表情や
    いろんな内面が 感じられる作品となっています。

    一般受けするようなものだけでなく
    ちょっと自由に表現できるし
    少し冒険もできる。

    けれど一枚のアルバムを通して
    一貫性があり メッセージが強く伝わる。

    なかなかこのように作家陣が全作品同じ、というアルバムは出さないものですが
    このような作品を出されたというのは
    作家陣が一流であればこそ、ということと、

    沢田研二という 一人の若い歌手の
    才能と魅力を 製作スタッフが信じた、からこそでしょう。

    グループサウンズのイメージとは違う
    優雅さや格調高い音楽と 雰囲気の中で
    「沢田研二」という 一人の青年の未知の魅力を
    表現したかったのではないかなぁ、と
    私は思います。

    初めて聴いた時には
    ジュリーの声の青さが、きつく感じられたように思います。
    もっと ソフトに もっとやわらかく
    歌を歌われていたらなぁと
    初めのころは思っていたのですが

    なんどもなんども聴いているうち

    あぁそうだ
    この青さが大きな魅力なのだなぁと
    すごく納得できました。

    聴き続けているうち
    このアルバムが
    どうしようもなく好きになり
    自分の人生を導くくらいの
    大きな存在になってきました。

    特に私は このような
    美しい世界に強く惹かれます。

    安井かずみさんの詩も
    とても深い詩で
    きらきらと光る宝石をちりばめたよう。

    村井邦彦さんの曲は
    ジュリーのいろんな表情と内面を見せてくれます。

    そしてすべてを包み込むようにOsamu Shojiの編曲があって、

    優雅であり美しい。

    まさに 私が憧れる世界。
    なんてすてきなんだ、と思う。

    「誰もとめはしない」は
    少し変化をつけて冒険をしています。
    この曲があって 他の作品もますます輝きます。

    ワイルドで自由な雰囲気。

    でも ジュリーの青い声が
    とってもぴったりとはまり、かっこいいです。

    こわれた夢の その先に
    もひとつ夢が まっている
    誰もとめやしない 東の空には
    夜明けの星が今 光っている


    私はこのアルバムを聴いて思うのです。

    若さや 美しさや 夢は
    こわれやすい。

    人生のうちでは
    ほんとに一瞬で 風のようでもある。

    だからこそ
    だれもがうらやむほどの
    若さや 美しさを
    ぎゅっと詰め込んだ
    この一枚にいつも惹かれる。

    壊れる夢がある自分ならまだ若い。

    この歌のように 夜明けの星を見上げながら
    歩き出せばいい。

    私に 人生を教えてくれる
    宝物にしているアルバムです。

    jullie
    収録作品
    1.君を許す
    2.ビロードの風
    3.誰もとめはしない
    4.愛のプレリュード
    5.光と花の思いで
    6.バラを捨てて
    7.君をさがして
    8.未知の友へ
    9ひとりぼっちのバラード
    10.雨の日の出来事
    11.マイ・ラブ
    12.愛の世界のために


    JulieJulie
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「愛の世界のために」 沢田 研二

    「愛の世界のために」 沢田 研二
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    アルバム「Julie」

    アルバム「Julie」はすべての楽曲が
    作詞・安井かずみ 作曲・村井邦彦 編曲・東海林 修
    このコラボレーションによって作られたアルバムです。

    一曲一曲を楽しむことはもちろんですが
    この一枚の作品を通して感じる世界感は
    時が流れても決して色あせない美しいもので
    格調高い大きな世界です。

    ジュリーのファーストアルバム。
    まっすぐな青い声が印象的です。

    優雅さを言葉と音にしたら
    まさにこのアルバムと思えるほどに
    おしゃれで素敵な世界。

    聴けば聴くほどに
    好きになる。
    魔力を感じるくらい。

    聴き続ければ聴き続けるほどに感動する
    不思議な魅力にあふれるアルバムです。

    このアルバムの最後の作品
    「愛の世界のために」

    世界を も一度 光と希望に
    みたしてくれた 君こそ命


    とても素敵な言葉。
    まっすぐに愛する人を見つめるようなメロディ。
    そして、すべてを愛で包むような大きな編曲。

    大切なこと
    この歌のように
    照れずに伝えたい。

    美しいオーケストラの演奏をバックに
    若く青くまっすぐなジュリーの声。

    聴けば聴くほど
    どんどん好きになる。

    素晴らしい青春の記念碑。

    アルバム「Julie」
    すべての伝説はこのアルバムから。

    憧れの世界です。

    jullie
    収録作品
    1.君を許す
    2.ビロードの風
    3.誰もとめはしない
    4.愛のプレリュード
    5.光と花の思いで
    6.バラを捨てて
    7.君をさがして
    8.未知の友へ
    9ひとりぼっちのバラード
    10.雨の日の出来事
    11.マイ・ラブ
    12.愛の世界のために


    JulieJulie
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る

    「二人の生活」沢田研二

    「二人の生活」沢田研二
    作詞・山上路夫 作曲・筒美京平 編曲・Osamu Shoji( 東海林修 )

    1971年10月、ロンドンオリンピックサウンドスタジオにて録音された
    沢田研二さんの2枚目のアルバム「JULIEⅡ」。

    一枚目のアルバム「JULIE」も全曲Osamu Shojiによる編曲でしたが
    二枚目の「JULIEⅡ」も全曲samu Shojiによる編曲です。

    ジュリーの初期作品にしては 珍しく
    この作品は筒美京平作曲作品。

    三拍子の甘く幸せな一曲。

    憧れのヨーロッパをイメージする幸せな世界。
    Osamu Shojiの優雅で美しい編曲によって
    完璧なほどに この胸を満たします。

    ジュリーの声も一枚目の、青くまっすぐな声から
    この二枚目になると
    甘くソフトで心を溶かすようです。


    まるで幸せのメリーゴーラウンドで
    幸せな夢を見ているよう。

    夢は 一瞬にして終わってしまう。

    人生とはそういうものだけれど
    その一瞬の夢のようなひとときを
    一生の記憶に焼きつけるのが歌であり音楽である、と
    私は思います。

    誰も知らない 愛の暮らしよ
    あなたといれば 時は流れて
    何もいらない 今があるなら
    二人みつけた 愛の幸せ


    幸せすぎてこわい。
    この歌を聴くと つい思ってしまいます。

    一途な愛は美しく儚い。

    だけどこの一瞬は決して忘れないだろう。

    ジュリーの歌声も
    素直であり、ソフトであり、
    優しく、甘い歌声です。

    胸がいっぱいになるくらい 
    うれしく
    幸せな一曲です。

    たとえ夢であったとしても
    この胸は満たされます。

    Julie2

    1.霧笛
    2.港の日々
    3.おれたちは船乗りだ
    4.男の友情
    5.美しい予感
    6.揺れるこころ
    7.純白の夜明け
    8.二人の生活
    9.愛に死す
    10.許されない愛
    11.嘆きの人生
    12.船出の朝


    JulieII(In London,Olympic Sound Studios)JulieII(In London,Olympic Sound Studios)
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る