FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「欲望」~蛇を飼う唄~ カルメン・マキ

    「欲望」~蛇を飼う唄~ カルメン・マキ
    作詞・高橋睦郎 作曲・土田 啓四郎編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1969年 アルバム「アダムとイヴ」

    2016年に アルバムが復刻していました。
    カルメン・マキ「アダムとイヴ」

    このアルバムのテーマは アダムとイヴ
    旧約聖書から 紐解く 男と女。

    人は生れながらにして罪深いのだろうか。

    そう問いたくなるような問題作です。

    この「欲望」は 組曲のような仕上がりとなっています。
    音楽的には楽しめる作品ですが
    とにかくテーマが重い。

    これは カルメン・マキさんが
    若くて怖いもの知らずであったから歌えたのだと思います。

    まず 経験を重ねて 人生の試練をたくさん受けて
    生きてきた人あれば
    この歌は歌えない。

    「いつからか あたしは飼ってる
    あたしの中にちいさな蛇」

    確かに・・・・若い経験の少ない時代には
    そんな風に感じることもある。

    若く 情熱が溢れすぎて
    パワーを持て余している時代には
    自分の中にうごめくものを感じることもあるでしょう。

    だけど 人生の試練と修行を繰り返すうち
    そういうものは感じなくなる。
    たぶん いなくなってしまったからでしょう。

    若さゆえ、なのだと思います。

    このような とても重いテーマに
    果敢に挑戦されたカルメン・マキさんは
    すごいと思いますし
    緻密で繊細で 格調高い音楽をつくられる
    Osamu Shojiの音楽だからこそ
    きちんと伝わる世界なんだと思います。

    収録作品
    ★アダムとイヴ
    ★欲望
    ★種子
    ペルソナ
    嘘とほんと
    ★女と男
    子供

    ★本能
    ★★過ち

    ★編曲作品
    ★★作・編曲作品

    アダムとイヴ
    スポンサーサイト

    「本能」カルメン・マキ

    「本能」カルメン・マキ
    作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1969年 アルバム「アダムとイヴ」

    2016年に アルバムが復刻していた
    カルメン・マキ「アダムとイヴ」

    正直 このアルバムジャケットは
    私は好きでないのだけど
    そこは置いておいて 音楽を語ります。

    「本能」
    これは スキャット、と書いてあるけれど
    呻き声のようです。

    ただ事ではない雰囲気・・・
    この おそろしさが カルメン・マキの凄さということだと思います。

    人間の中に眠っているもの。
    普段は蓋をして 外に出さないもの。
    嘆きや悲しみや苦しみ、
    そして煩悩。

    そういう表現なのですけれど
    この方のように普通はとても表現できないでしょう。

    それが おそろしすぎるというか
    官能的でもあり
    呪いのようでもあり
    とても 普通に聴けないので
    おそるべし カルメン・マキ、と思うのですが

    私的にはこのスキャットは無理なのです。

    でも音楽は もっと宗教的というか
    淡々と内面を覗くようでもあり

    これは音楽だけ聴きたかったと思う一曲です。
    もっと違うスキャットでも良かったような気がします。


    収録作品
    ★アダムとイヴ
    ★欲望
    ★種子
    ペルソナ
    嘘とほんと
    ★女と男
    子供

    ★本能
    ★★過ち

    ★編曲作品
    ★★作・編曲作品

    アダムとイヴ

    「アダムとイヴ」カルメン・マキ

    「アダムとイヴ」カルメン・マキ
    作詞・高橋睦郎 作曲・坂田晃一 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1969年 アルバム「アダムとイヴ」

    2016年に アルバムが復刻していました。
    カルメン・マキ「アダムとイヴ」

    正直 このジャケットは 引いた~。
    とても気持悪くて 嫌だったけれど
    Osamu Shoji作品が入っていたので
    先日、思い切って購入。

    こういうジャケットにされると
    誰もが手に取って買おうと思わない。
    せっかく 良い音楽が入っても
    特に女性は買う勇気がないだろうと思います。
    もっとたくさんの人が買えるようなジャケットにしてほしかった・・・と
    残念な気持ちになりました。

    カルメン・マキさんといえば「時には母のない子のように」を
    まず思い浮かべます。

    日本人離れした容姿、
    そして孤独をまとったようなイメージ。

    デビュー曲が大ヒットをしたことで
    このイメージが固まってしまって
    それ以外のイメージは 
    世の人に受け付けられなくなったのだと思います。
    たぶんきっと ご苦労されたことでしょう。

    このアルバムの帯には
    「高橋睦郎、新川和江、谷川俊太郎ら
    現代詩の詩人による書き下ろしに
    坂田晃一、村井邦彦、平岡精二、東海林修ら
    気鋭の作曲陣で作られた幻の名盤。」
    とあります。

    テーマが絞られてる分、
    ストレートに心に響く。

    ジャケットは気持ち悪いけれど
    中身は とても深く
    愛と孤独を この胸に問う。
    哲学的な世界。

    「アダムとイヴ」
    アルバムの第一曲目。
    生命の誕生を表現したようなオープニング。

    人は孤独で
    生まれながらにして罪深い。

    最初は 学生の合唱団のような方たちが
    清らかに歌う。
    清らかに歌えば歌うほど
    生きている哀しみが胸にあふれる。

    どこか汚れてしまった自分の胸を抱く。

    そして カルメン・マキの
    素直でまっすぐな歌声が入ってくる。

    とてもやわらかな良い声。
    とても心に沁みる歌声。
    普通に歌って こんなに魅力的だからすごい。

    Osamu Shojiの音楽がすごい。

    なんか泣けて来る。

    このアルバムの
    高橋睦郎のライナーがとても良い。

    この世界をわかりやすく解説されている。

    「アダムとイヴ 愛しても
    アダムとイヴ 愛し合っても
    ひとりとひとりは
    やっぱり ひとりとひとり」

    この世は決して天国ではない。

    いつか楽園に行けることを夢に見ながら
    人は生きている。

    収録作品
    ★アダムとイヴ
    ★欲望
    ★種子
    ペルソナ
    嘘とほんと
    ★女と男
    子供

    ★本能
    ★★過ち

    ★編曲作品
    ★★作・編曲作品

    アダムとイヴ