web拍手 by FC2

    「草の鏡」久美 かおり (2)

    「草の鏡」久美 かおり (2)
    作詞・なかにし 礼 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    1968年7月に「くちづけが怖い」でデビューした 久美かおりさんの
    セカンドシングル「今日から私は」のB面の作品。

    前にも書きましたが もう一度書きます。

    今日は ゆかりさんの コロンビア時代の「今日から私は」を聴いていて
    あぁ 久美かおりさんの「今日から私は」は どんなだったかなぁ、と
    聴きたくなり 久美かおりさんの作品を聴きました。

    伊東ゆかりさんの「今日から私は」は とても艶やかで
    しっとりとしたお色気があり 華やかな感じになっています。
    でも 久美かおりさんの 「今日から私は」を知っていると
    やっぱり 久美かおりさんの作品が不思議と聴きたくなります。

    久美かおりさんは 映画でジュリーの相手役に選ばれたばかりに
    当時のジュリーファンからの嫉妬等を浴び大変だったそうです。
    活動期間も短く コンプリートのCDの曲目を見ても
    たったのこれだけ?と驚くくらい 少ないのですが
    でも 期間とは関係なくOsamu Shojiの作・編曲作品で
    レコード大賞新人賞も受賞されていますし
    今聴いても素晴らしい楽曲に恵まれていました。

    こうして 復刻もされて聴ける状態にあることが
    すべてを物語っていると思います。

    なにしろOsamu Shojiの和製ポップス、というか
    「歌謡曲」を聴けるのは この方の作品くらいで
    とても貴重となっています。

    Osamu Shojiとしてはファーストシングルとしては
    ほんとうは B面の「夜明けの海」を・・・という想いがあったと思いますが
    何しろあの時代は ムード歌謡が全盛の時代で
    「くちづけが怖い」になった、のでしょう。

    でも 今となれば Osamu Shoji&なかにし礼というコラボも珍しく
    貴重な作品群となっています。

    特に私が好きな世界が「草の鏡」で
    このことは前にも書いたのですが
    幻想的で 美しい 物語の世界のような作品となっています。

    ストリングスも心を満たすもので
    まさに夢の世界。

    A面にされなかったことが残念でなりません。

    こんな名曲が 世の中の人の耳に届かずに終わってしまうことは
    残念でならないので
    今一度 この作品のことを書き
    できたらCDを買って 聴いていただければなぁ、と思うわけです。

    久美かおりさんの 
    少しハスキーで
    少し遠慮がちに歌われるような
    素朴な歌い方が
    聞き慣れると なんとも愛おしく感じられます。

    私は この方の作品に
    一時期の自分を投影して聴いてしまい、
    胸が熱くなるのですが
    短く不遇であった 夢の日々であっても
    過ぎてみれば
    良き思い出として 残るものではないかと思います。

    私の大好きな世界です。

    星のプリンス コンプリート・コレクション星のプリンス コンプリート・コレクション
    (2014/04/16)
    久美かおり

    商品詳細を見る


    久美かおり

    スポンサーサイト

    【番外編】今年復刻されていた久美かおりさん作品!

    【番外編】今年復刻されていた久美かおりさん作品!
    ゆかりさん作品の復刻で
    気分も盛り上がる今日この頃ですが
    Amazonで予約する際、
    いろいろと見ていましたら
    今年の4月に 久美かおりさん作品も復刻されていることに気がつきました!

    梓みちよさんの作品も復刻されていますし
    次々Osamu shoji作品が今年復刻されています。
    どれだけOsamu shojiのお仕事が素晴らしいか
    その事実だけでも十分納得していただけると思います。


    久美かおりさんには 編曲だけでなく
    作曲もOsamu shoji(東海林修)が手掛られました。
    久美かおり&Osamu shojiの
    コラボレーションは
    楽曲の数は5曲と少ないのですが
    記憶に残る珠玉の作品となっています。

    なかにし礼&Osamu shojiのコラボも
    大変珍しいもので貴重です。

    久美かおりさんには
    「夜明けの海」が特に似合っていると思います。
    Osamu shojiもこの作品は特に気に入っていると
    おっしゃっていたように思います。

    美しい世界ですし、朝の海が目の前に広がるような
    清々しさがあります。

    そして「草の鏡」は 
    絵画をみるように美しく神秘的で瑞々しい。
    私は 特に気にいっています。
    何かを秘めたような
    翳りさえ 魅力なのです。

    清らかなイメージを大切にされ、
    媚びることもなく 美しいイメージのままで
    潔く去られたことは
    それはそれで
    とてもよかったと私は思います。


    Osamu shojiの 優雅で 品の良い作品の中で
    いつまでも 久美かおりさんは美しく輝きます。
    清らかなイメージが より鮮明です。

    彼女にとっては それが一生の宝物なのではないでしょうか。


    星のプリンス コンプリート・コレクション星のプリンス コンプリート・コレクション
    (2014/04/16)
    久美かおり

    商品詳細を見る

    Amazon
    商品の説明
    メディア掲載レビューほか
    タイガース映画全作でヒロイン役を演じた伝説のアイドル、久美かおりの編集盤『星のプリンス』に音源を追加したコンプリート・コレクション。全シングル4作の作家陣は、なかにし礼&東海林修の和製ポップス、山上路夫&村井邦彦のソフト・ロック路線、橋本淳一&すぎやまこういちコンビなど超豪華。その他、映画劇中歌、CMソングを収録。 (C)RS
    Osamu Shoji作品は以下5曲収録!
    ・くちづけが怖い
    ・夜明けの海
    ・今日から私は
    ・草の鏡
    ・愛のディンガリン

    Amazonでは試聴もできますので
    ぜひ聴いてみていただきたいと思います。

    【番外編】「愛のディンガリン」久美かおり

    【番外編】「愛のディンガリン」久美かおり
    作詞・山上路夫 作・編曲 Osamu Shoji(東海林修)

    今日は久々に番外編です。

    フラワーポップシリーズの久美かおりさんのCDは
    発売と同時に買いました。

    このCDは
    Osamu Shojiの 作・編曲作品がたくさん入っています。

    素晴らしいお仕事に
    大満足のCDなのですが
    今は販売中止になっていて、
    欲しいと思っても、プレミアがついて
    とても高くて
    手が出せない状態になってしまいました。


    この作品のことは前にレビューを書きましたので
    よろしければご覧いただきたいと思います。

    子供たちの清らかな歌声とアレンジ、
    心が洗われるような清々しさです。


    聴いていると
    とても幸せな気分になれますし
    晴れやかです。

    久美かおりさんは
    ハスキーで大人のしっとりとした雰囲気のある声質なのですが
    この作品では 夢見る乙女という感じで
    聴いているとなんだかうれしくなります。


    Osamu Shojiの作・編曲作品。
    とてもすてきな世界です。
    オーケストラでの演奏、
    とても贅沢な気分になれます。
    ストリングスが特に心地よく
    とても心が豊かになれます。


    ぜひまた復刻していだきたい作品!!

    YouTubeにありました。

    復刻の願いをこめて
    ご紹介します。
    聴いてみてください。

    http://www.youtube.com/watch?v=9NIuYtjQi_0

    久美かおりさんへの作品は
    とても貴重なOsamu Shojiの世界だと思います。

    一緒に復刻の声を上げていただけるとうれしいです。

    久美かおり

    【番外編】「夜明けの海」 久美 かおり

    【番外編】「夜明けの海」 久美 かおり
    作詞・なかにし礼、作・編曲・ Osamu Shoji( 東海林修 )

    1968年 久美かおりさんのデビュー曲「くちづけが怖い」のB面です。

    この作品については 前に書きましたが
    よろしければご覧いただけたらと思います
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-93.html


    名曲です。
    まさに夜明けの爽やかで美しい海を
    目の前にした気分です。

    2000年にベスト盤として復刻されています。
    本当に感動したのですが
    もう売り切れてしまって残念です。

    アイドルとしては
    かなりお声がハスキーで
    大人の雰囲気です。
    しっとりと歌われています。

    Osamu Shojiの素晴らしいお仕事、
    「隠れた」名曲にするのは
    もったいないなぁと思っていましたら
    YouTube にありました!

    いくら 私がここで
    たくさん叫んでも
    聴いてみたことがない方には
    わからないと思います。
    この美しい音楽。

    どうぞお聴きくださいーーっ。
    http://www.youtube.com/watch?v=Owb0BGaOjGQ

    「夜明けの浜辺の 風に舞う髪に
     小鳥の声が ふりかかる
     私はひとり あなたは遠い
     汐のかおりの くちづけも
     よせては返す 想い出」


    長い髪は海からの風に揺れている。
    波は静かに寄せては引き
    この胸に思い出をよみがえらせる。

    母なる海は すべてを受けとめ
    思い出も優しくいとおしいものに変えてくれる。

    夜明けや潮風や波音も感じられるような
    すてきな作品だと思います。
    くちづけが怖い

    「今日から私は」

    「今日から私は」久美かおり
    作詞・なかにし礼 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    1968年 久美かおりさんの セカンドシングルA面。
    もうたまりません!!

    B面は「草の鏡」です。
    B面はメルヘンともいうべき美しい作品で
    私は大好きなのですが 
    当時の時代の流れからすると
    こちら「今日から私は」になったのでしょう。

    昨日初めて かおりさんの当時の映像を拝見しましたが
    育ちの良いお嬢さんという印象です。
    思っているよりも
    ずっと素朴で やわらかい雰囲気でした。
    好感度アップです~っ!!

    この「今日から私は」

    こういう世界はOsamu Shojiの世界の中では
    とても貴重だと想います。

     今日から私は ひとりじゃないの
     瞳とじても あなたが見えるの
     よりそうふたりは 小鳥のように
     胸をはずませ 幸せを歌うの
     私はいつでも 弱い女だから
     あなた あなた あなたなしで
     空を飛べないの


    なかにし礼さんの詩は
    女性以上に女性らしい 甘美な世界。
    私は礼さんの 女性に書かれた詩の世界が
    特に大好きなのですが
    聴いていると 胸がキュンキュンとして
    うるうるします。

    なかにし礼&東海林修作品。
    お宝です!!

    恋をすると女性は
    こんな風に甘く囁くものです。

    もう忘れてしまった世界だ~(汗)、
    ・・なんて言ってしまいそうですが
    そういう人にこそ聴いてほしい作品です。

    とっても女らしく甘い世界。 
    しっとりとして美しい。

    はぁ~~~っ。
    思わずため息。
    なんだか
    クセになる甘さです。

    久美かおりさんの世界は
    まさにお宝だと想います。

    【番外編】「くちづけが怖い」久美かおり

    【番外編】「くちづけが怖い」久美かおり
    作詞・なかにし礼、作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林修)

    前に 久美かおりさんの 「くちづけが怖い」について書きました。
    どうぞご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

    すごい貴重な映像がYouTubeにアップされていました。
    正直 この方が歌われているところを
    私は今日初めて見ました。
    上品な女らしい印象の方ですね。

    1968年 レコード大賞新人賞を受賞された時の映像です。
    すごいですね。
    こんな貴重な映像が残っていることに感動です。
    まだ白黒の時代だったのだすね。

    http://www.youtube.com/watch?v=J0lOSuKOSNE

    途中から歌えなくなって
    演奏だけが流れていますが
    聴けば聴くほど Osamu Shojiの音楽の美しさに驚きます。
    とても豪華な演奏です。

    かおりさんは 
    本当に感無量になられて
    あのような状態になられたのだと想います。

    涙を流されるとか
    声を上げて泣くとか
    そういうこともなく
    立ち尽くしてしまわれましたけれど
    それくらい胸がいっぱいになられていたのだと想います。

    良く見せようとか
    可愛く見せようとか
    そういう計算も全くされない
    素直で 品の良い方なんだなぁ と
    私は 想いました。

    当時 賞をいただくということは
    本当に大きいことだったのですね。

    新人賞は 一生に一度のことですから
    本当にうれしかったでしょう。
    まわりの期待とか プレッシャーとか
    いっぱいあったでしょう。

    映画では ザ・タイガースの相手役をされて
    ファンから いっぱい嫉妬も受けたそうで
    なかなかお辛いことも多かったかもしれません。

    でも いい音楽というのは
    ずっとみんなが大切にされますし
    今もこうして 人の心に生きて
    こうして 彼女の歌を探す人が たくさんいる。
    音楽って素晴らしいですね。

    Osamu Shojiの作品でデビューされたこと
    誇りにしていただきたいなぁ、って
    とても想いました。

    お宝映像に感無量です。
    ぜひ ご紹介したいと思いました。
    YouTubeの映像 ぜひ この機会にご覧ください。

    「愛のディンガリン」久美かおり

    「愛のディンガリン」久美かおり
    作詞・山上路夫 作・編曲 Osamu Shoji(東海林修)

    昨日に続き久美かおりさんをもう一曲書いておきましょう。
    この季節にぴったりの爽やかな一曲です。

    この作品は 子ども達の清らかなコーラスをバックに
    爽やかで明るい 幸せな愛の唄となっています。
    フラワーポップシリーズのライナーによると
    東京キンダー・コーア合唱団だそうです。
    こどもたちの歌声に心が洗われます。
    そして 幸せ感があふれるよう!

    久美かおりさんの歌声は
    ハスキーで
    どちらかというと艶っぽいのですが
    この歌が 等身大のかおりさんなのでしょう。

    Osamu Shojiの世界の中でも
    また新たらしい一面を見せていただけたと
    嬉しく感じた一曲。

    幸せなお二人に
    ぜひ贈りたい一曲。

    聴いているだけで
    なんだかとっても幸せ~。

    久美かおりの Osamu Shojiの作品は
    とても素敵だと想います!!
    久美かおり

    「夜明けの海」久美かおり

    「夜明けの海」 久美 かおり
    作詞・なかにし礼、作・編曲・ Osamu Shoji(東海林修)

    1968年 久美かおりさんのデビュー曲「くちづけが怖い」のB面です。
    B面ではありますが
    この作品は 時を重ねても輝きを失わない美しい作品です。

    素晴らしいオーケストレーション
    Osamu Shojiの華麗で美しい世界、
    これが歌謡曲・・ということが
    あまりにも衝撃的です。

    イントロのめくるめくハープの旋律
    そよ風のような心地よいストリングス
    やわらかい風の中に立っているよう。
    甘くこの心に響き渡ります。
    なんだかもう ため息しか出てきません。

    最近では このような贅沢な作品になかなか出逢えません。

    思うのですが 
    人が演奏する楽器をバックに歌うというのは
    今思うとあまりにも贅沢なような気がします。

    何よりOsamu Shojiの編曲は
    あまりにも素晴らしいのです。

    2000年に復刻されていますが
    たくさんの人がその美しさに
    感動されたことでしょう。

    「夜明けの浜辺の 風に舞う髪に
     小鳥の声が ふりかかる
     私はひとり あなたは遠い
     汐のかおりの くちづけも
     よせては返す 想い出」


    なかにし礼さんの表現も とてもロマンチック。
    久美かおりさんもこんな素晴らしい楽曲に恵まれて幸せです。
    40年経った今でも乙女のまま輝いています。

    くちづけが怖い

    「草の鏡」久美 かおり

    「草の鏡」久美 かおり
    作詞・なかにし 礼 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    1968年7月に「くちづけが怖い」でデビューした 久美かおりさんの
    セカンドシングル「今日から私は」のB面の作品。
    「くちづけが怖い」については
    前に書きましたのでよかったらご覧下さい。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

    デビュー曲から A面は 当時の歌謡曲路線を求められたであろう雰囲気ですが
    Osamu Shojiならではの 品の良さとセンスの良さが光る
    女らしいしっとりとした世界に仕上がっています。
    B面は特に 伸びやかでおしゃれ、あか抜けた感じのする
    美しい世界で 私はとても気に入っています。

    「草の鏡」は とても幻想的で
    メルヘンのように 甘くイメージできる作品。


    私の手のひらに くちづける
    あなたあなた
    愛がしみとおる 触れあうだけで
    夜露にぬれている
    緑の草に
    こぼれる月影が
    ふたりを映す


    夜の中 こぼれるような月の光に照らされ
    見つめあう二人の姿がめまいを誘うよう。
    なかにし礼さんの詩もとてもすばらしく
    Osamu Shojiの音楽は とても美しく幻想的で
    ため息が出てしまうほど優雅です。

    私がまだOsamu Shojiを良く知らない頃に
    作品を聴いてOsamu Shojiって
    きっとクラッシックの世界の人だろうなぁ、って思ったのですが
    これを聴くと やっぱり 当時の方は
    私と同じように Osamu Shojiはクラッシックの方なのだろうと
    思っただろうなぁ、と確信します。

    映画のように
    心のスクリーンに映し出されるような
    歌でありながら 映像が胸に広がる
    すてきな世界です。


    「くちづけが怖い」久美かおり

    「くちづけが怖い」久美かおり 

    昨日 なかにし礼さんの話題をニュースで見て
    とてもショックを受けました。
    ご自分のご病気のことを番組で告白されたのです。

    今は医療も進んでいるので ご回復されることを信じています。

    私は 礼さんの詩が好きです。
    安井かずみさんや山上路夫さん
    そしてなかにし礼さんの 詩の世界は
    とても好きな世界です。
    もちろんお三人ともOsamu Shojiとのコラボ作品があり
    どれも素晴らしいのです。

    礼さんは シャンソンの訳詞なども素晴らしいですし、
    特に女性歌手へ書かれた作品などは
    品が良くて女らしく
    私はとても好きです。

    頑張れ!、というエールも込めて
    今日は なかにし礼さんとのコラボ作品を取り上げることにしました。

    1968年 久美かおりさんの「くちづけが怖い」
    デビュー曲です。
    作詞は なかにし礼、作曲・編曲はもちろんOsamu Shoji(東海林修)。
    この曲でレコード大賞新人賞に輝いています。
    B面は「夜明けの海」
    これがまた 素晴らしい。
    これぞ Osamu Shojiワールド!と感動するのですが
    このような曲がA面になることは難しかったのでしょう。
    次の機会に語らせていただこうと思います。

    ハスキーな歌声
    大人っぽい雰囲気。
    横顔がとても美しいです。
    ザ・タイガース映画のヒロイン役でも活躍されました。

    タイトルは少し刺激的ですが
    作品は 品があり
    しっとりと女らしい世界です。

    「恋をしたけど くちづけが怖い
     秘めやかな 花びらは
     そよ風が怖いの
     あなたといると わたしの心の
     絹糸がふるえるの
     そして愛をうたうの
      風に吹かれて 花びらが踊る
      何処へ行くの わたしに教えて
      愛しているのに くちづけが怖い
      手と手が触れると
      まぶた閉じてしまうの


    秘めやかで繊細で
    乙女そのものです。
    女らしくてしっとりとして
    艶がありますが
    とても品が良いのです。

    (尚、伊東ゆかりさんもカバーされています。
    それもまた甘くて素敵なのです。)
    くちづけが怖い

    2002年12月4日にフラワーポップシリーズとして
    久美かおりさんのベスト盤が発売されました。
    今はプレミアが付いて当時の定価では購入できない状態です。

    Osamu Shoji作品は5曲収録されています。
    以下すべて作・編曲作品です。
    「くちづけが怖い」
    「夜明けの海」
    「今日から私は」
    「草の鏡」
       (以上 作詞・なかにし礼)
    「愛のディンガリン」
       (作詞・山上路夫)

    どの曲もいずれすべて語らせていただこうと思っています。
    何しろお宝作品なのだから。
    久美かおり