FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「常楽我浄」Osamu Shoji (アルバム「闍多迦」)

    「常楽我浄」Osamu Shoji(東海林修) (アルバム「闍多迦」)

    「常楽我浄」じょうらくがじょうとは 辞書によると
     「仏語。1 涅槃(ねはん)の四徳。常住不変の常、安楽で苦を離れた楽、
     自在で障りとなるもののない我、迷いがなく無垢(むく)清浄である浄。
     転じて、極楽浄土にいるように何の心配もなく、のどかな生活にいう。」意味だそうです。

    まさに悟りの境地。
    すべては この心が感じ
    この心で決めること。

    私もかなり悟りが開けたなぁ と
    自分で思っていたのですが
    いや やはりまだまだだなぁと
    感じる今日この頃です。

    アルバム「闍多迦」は
    シンセサイザーの響きそのままに
    未知の扉が開かれたような気がする
    神秘の世界。

    「常楽我浄」では
    地に響く読経のような音に
    思わず聴き入ってしまう。
    その響きが本当に読経のようで
    とても惹き付けられるのです。

    精神に利くというのか
    感覚が研ぎ澄まされる感じがします。

    神秘的なメロディ

    自分の心の奥深いところに
    何かが働きかけるような
    不思議な響きを持っている作品です。

    たぶんOsamu Shojiは
    この作品を作られる日々は
    孤独であったことでしょう。

    自分と向き合われ
    たとえば
    闇の中で 目に見えないものが
    見えたような
    そんな境地まで行き着かれたのでは、と
    思います。

    なんとも崇高で
    神秘的な音楽なのです。

    こういう音楽は
    私のような者でも
    とてもよくわかる。

    こういう世界は
    定期的に聴いて
    心が落ち着きます。

    少しだけ
    悟りが開けたような
    そんな気持ちになれます。

    こういう世界は
    Osamu Shojiであればこそ、
    の世界だと
    すごく思います。

    「闍多迦」
    収録作品
    1.澄みきった光源体
    2.闍多迦
    3.オリエンタル・ドーム
    4.常楽我浄
    5.ピラミッド・イオン
    6.プリズム
    7.マインド・トリップ
    8.渦動

    アルバム「闍多迦」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生の「闍多迦」のページはこちらです。
    ☆注文ポストはこちら。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    スポンサーサイト