FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「バルバラ」太田幸雄とハミングバーズ(アルバム「夜を盗む男たち」)

    「バルバラ」太田幸雄とハミングバーズ(アルバム「夜を盗む男たち」)
    作詞・プレヴェール 訳詞・大岡 伸 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年発表作品

    このプレベールの詩は
    この作品のほかに
    「アリカンテ~夜のパリ」「朝の食事」と
    この「パルバラ」があります。

    プレペールの詩を取り上げられることも
    とても素敵なことですし
    より深い味わいが生まれているような気がします。

    この詩は 全部知って驚いたのですが
    戦争に対する大きなメッセージが込められた詩です。
    長い詩なのですべてを歌われているのではないのですが
    品のある音楽が 言葉をこの心にすぅ~っと運んでくれます。

    物語で言えば 起承転結の 起、の部分というのでしょうか。
    幸せな時代を思い起こしている、
    そんな場面というのでしょうか。

    思い出してくれ バルバラ
    あの日ブレストはひっきりなしの雨で
    きみは歩いてきた 微笑みながら
    雨のなかをはなやいて うっとりと
    きらきら光って
    思い出してくれ バルバラ

    こういう世界を音楽で表現できるのも
    Osamu Shojiならではだなぁ。

    太田幸雄とハミングバーズの世界は
    とても品の良い大人の音楽で
    なんとも魅力のある世界。

    詩の世界も大切にされており
    どれも 詩の世界が深い。
    そして すてきな音楽と演奏。

    声の好き嫌いはあるかもしれませんが
    私はとても好きです。
    よく聴いている作品の一枚です。
    夜を盗む男たち
    収録作品
    1.Opening※
    2.スティーブ・マックインみたいな奴
    3.アリカンテ~夜のパリ※
    4.恋の四月、恋の九月
    5.メランコリーの好きな人に
    6.小さなハワイ娘※
    7.サガンのような恋
    8.夕陽に赤い帆
    9.洒落た関係
    10.マダム・フリージア
    11.クロッカスの小径
    12.朝の食事※
    13.バルバラ※
    14.小さな竹の橋
    15.珊瑚礁の彼方
    16.星の船出

    ※作曲・全編曲Osamu Shoji
    スポンサーサイト