FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「秋が突然」伊東 ゆかり

    「秋が突然」伊東 ゆかり
    作詞・山上 路夫 作・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )
    コーラス=ダーク・ダックス
    1969年 NHK TV「歌の祭典」より

    先日 ゆかりさんの「めぐり逢い」を書きましたところ
    mugibatakeさんより この歌のことを教えていただけましたので
    アルバムを探しましたら ありました!!
    おかげさまでタイミング良く
    アルバムを購入することができまして
    聴くことができました。
    とてもすてきなアルバムでした。
    mugibatakeさん ありがとうございました。
    よかったら これからも色々とお教えてください。

    ダーク・ダックスさんとの共演、
    これもまた とても品が良く
    美しい作品です。
    ハーモニーもやわらかく
    静かに心に沁み渡ります。

    ストリングスの演奏が美しく
    イントロのピアノの調べも
    心が惹きつけられます。

    枯葉が舞う舗道
    空は高く 
    すべてが目に染みるような
    秋の静かな景色の中に立つようです。

    心の痛みも
    秋という季節が癒してくれる
    静かに振り返り 立ち止まる秋の中。

    あなたと別れた その日から
    街に突然 秋がきた
    歩道は落葉で 色をかえ
    人はだまって 歩いている

    私の心は 想い出たどり
    遠くの空へと 旅だつの
    あなたと別れた その日から
    私は大人に なってゆくの


    山上路夫さんとのコラボレーションもうれしい。

    この切なさがたまらない。

    なんだか 秋が待ちどおしい、
    そんな気分になってきます。

    ゆかりさんの歌声は甘く優しい。

    Osamu Shojiの音楽って
    とても格調高くて美しい。

    ゆかりさんの声が
    豊かに響き 胸がキューンとします。

    そう 何もかも突然にやってくる。
    すべてはこの心が感じ
    決めることだから。

    「秋が突然」
    すてきな歌に また めぐり逢えました。

    ゆかりとともに
    スポンサーサイト