FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「天文学者」Osamu Shoji(東海林 修) 「星の王子さま」 イメージアルバム

    「天文学者」Osamu Shoji(東海林 修)

    サン=テグジュペリ作 「星の王子さま」 の
    イメージアルバム。

    このごろは 夜空を見上げることが多くなりました。
    月が美しかった、ということもあります。

    外に出れば 虫の声が響きわたり
    もう秋になるよ、と
    虫たちが歓びの声をあげているようです。

    見上げる空に 月は輝き
    移りゆく季節を感じることができます。

    そして空を見上げていると
    どこまでも広がる空の大きさを
    夜の空にも感じ 
    その遠い彼方へと
    心も羽を広げて飛び立つようです。

    そして昨夜は
    「星の王子さま」の音楽が
    この心に流れてきました。

    サン=テグジュペリといえば
    Osamu Shojiの「夜間飛行」という作品でも取り上げられていまして
    「なんか通ずるものがあるのだなぁ、こんなに素敵なんだもの。」
    と、ひとり納得してしまいます。

    「天文学者」は
    大きく広がる星空を見上げる気持ちになります。

    幼い日、 美しい星空を見上げて わぁ、と声を出すような
    あの時の瞳を取り戻せた気持ち。
    ただ 星を見上げる。
    ただ風に吹かれる。
    ただ夜空の下で夜を感じる。


    空に向かうとき
    人は 心がゆったりとします。

    心にゆとりがない人は空を眺めることもしないからです。

    もしも 忙しく
    心にゆとりも持てず
    空も見上げられない状態にあるのならば
    この音楽で 心に星空を広げてほしい。

    星の王子さまの 天文学者の 物語の部分は
    大人の滑稽なところが
    ユーモアを交えて書いてあります。

    大人たちが 数字や見た目にこだわって
    そういうものしか判断できないこと。
    どうでもいいことを聞いてきて納得すること。

    そういうユーモアについては
    この曲の次の「バオバブ」で表現されているので
    楽しく聴くことができます。

    一枚のアルバムを通して
    「星の王子さま」を感じる。

    この心を子供に戻して
    純粋に楽しみたいアルバムです。

    星の王子さま イメージアルバム

    スポンサーサイト