FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「涙の24時間」木の実ナナ

    「涙の24時間」木の実ナナ
    作詞・ 作曲 Arthur Alexander Jr. 日本語詞・漣 健児 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1964年8月10日発売シングルB面


    シングル「サミーのマーチ」のB面作品。
    「サミーのマーチ」は最近の私への応援歌で、
    いつも歌って聴いて元気をもらってます。
    なにしろ こんなお宝があったなんて
    最近まで まったく知らなかった。

    初めてナナさんの歌声を聞いた時は
    正直衝撃的で 個性が強すぎて言葉を失ったけれど、
    これが聴けば聴くほど素晴らしい作品だと実感してます。

    そしてあまりに強烈だったので
    気がつかなかったのだけれど
    ナナさんって 歌が上手いんだなぁ~っ。
    聴けば聴くほど味がある、というか
    元気がでる、というか
    なんともいえないのだけれど
    すごくすてきなんです。
    驚きです。

    ナナさんと言えば「おまえさん」とか「居酒屋」くらいしか知らなかったけれど
    いやーーっ、もう 初期の歌は ナナさんの個性がまぶしいくらい輝いていて
    なんで売れなかったのかと 不思議でたまりません。

    そしてOsamu Shojiの作品の中でも
    「ティーンエイジ・クレオパトラ」とか「サミーのマーチ」とか「野のユリ」の
    シングルレコードの両面作品なんか
    もう 本当に素晴らしくて
    めっちゃ素晴らしい楽曲で
    素晴らしい個性なのに
    当時のひとは わからなかったのかなぁ
    こんな素晴らしい世界を、とか
    思ってしまいます。

    今聴いても 本当に素晴らしくて
    もう豪華だし エンターテーメントそのものだし
    心に希望を感じるもので
    最高だと思います。


    あたしが こんなに
    好きなの しってるくせに
    いつもとてもつめたいの
    なぜやさしくしてくれないのかしら


    「涙の24時間」は
    素直なナナさんの歌声、
    切ない歌だけど ナナさんだと
    明るい明日を感じられる。

    人に元気を与えられる素敵な女性だと
    しみじみ思います。

    演奏は 寺内タケシとブルージーンズ?
    ってクレジットされてるんだけど
    ?がついているのがまた微笑ましい感じです。


    Osamu Shojiのナナさんへの作品が
    本当に素晴らしいので
    お宝を掘り当てた気分で
    うれしくてたまらない今日この頃です。

    サミーのマーチ


    木の実ナナ魅惑のシングルコレクション木の実ナナ魅惑のシングルコレクション
    (2010/04/05)
    木の実ナナ

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト



    「今さよならしたら」ヒデとロザンナ(アルバム「Walkin' Again」)

    「今さよならしたら」ヒデとロザンナ(アルバム「Walkin' Again」)
    作詞・橋本 淳 作・出門 英 編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    1977年発売 ヒデとロザンナのアルバム「Walkin' Again」

    帯には「歓び傷つき愛して悩んで過ぎていった青春ノスタルジー」とありますが
    この「今さよならしたら」も
    そんな 静かに沁み渡る青春の記憶です。

    若い日々は 泣いたり笑ったり
    感情に強く働きかけるものに 心が動かされます。

    けれど
    年を重ねるごとに
    人生には もっと静かに 深く沁み渡るものに
    心が動かされることがあることを知ります。

    だから年を重ねることも
    それはそれで素敵なことだと
    しみじみと思うのです。

    あなたと今ここで さよならしたらもう二度と
    めぐり逢うことさえ 私はないとふと思う
    はなれたくないけど かりそめの恋
    もうそこに 別れがある


    人生は出逢いと別れの繰り返し。

    またきっと逢えると信じても
    二度と逢えない人もいれば
    もう二度と逢うことはないと思っても
    またふたたびめぐり逢うこともある。

    先のことは 何もわからないけれど
    その時その時で
    決断して前に進むしかないのが人生。

    別れを決断して
    けれど心はもう、とても穏やかに
    前に進もうとしている、
    この歌は そんな世界です。

    Osamu Shojiの おしゃれなアレンジは
    別れのシーンにも
    どこか希望の風が吹いていることを感じさせてくれます。

    Walkin' Again

    Osamu Shoji作品
    「青春に悔いあり」※
    「思い出に鍵をかけて」※
    「心がわり」※
    「今さよならしたら」※
    「想い出のジャック&ベティ」※
    「さらば愛の季節」※※
    「ハネムーン・イヤー」※※
    「ねえ!海の好きな人よ」※

    ※※作・編曲作品
    ※編曲作品