FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「悲しみのアンジー」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「悲しみのアンジー」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    作詞:M.Jagger 作曲:K.Richard 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    このコンサートの音楽監督と指揮はOsamu Shojiによるものです。

    ローリングストーンズの「悲しみのアンジー」
    カバー曲ですが もうこの歌唱は まさにジュリーのオリジナルのよう。

    アコースティックな感覚を残しつつ
    やわらかいストリングスの響きと
    甘いジュリーの歌声が
    この胸を震わせます。

    こんなに甘くムードのある世界に
    素敵すぎて泣きそうになる。

    最初は わざとマイクを離して
    歌われたのだと思いますが
    生の声をまず感じさせる。
    ニクイ演出です。
    さすがジュリー。

    そしてこのステージの歌声。
    本当に声が素晴らしい。
    甘くてとろけそうになる。

    「アンジー・・・」ささやく声にも うっとくる。
    私は変になりそうだ。
    素敵過ぎて めまいが・・・・。

    あぁ 人間って
    やっぱりムードが大事だ、って
    この歌声を聴くとつくづく思う。

    Osamu Shojiの編曲、オーケストレーションは
    本当に素晴らしい。

    ジュリーの艶やかな歌声が
    いつまでも心に残る。

    いつまでも余韻に浸っていたい。

    日本語でなくても
    この歌を聴いたひとはきっと
    思わずため息ついて
    キュンキュンと心で感じてしまうようなカバー作品だと思います。

    沢田研二リサイタル
    スポンサーサイト