FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「君がいるから」YOU WERE NEAR ME フォーリーブス

    「君がいるから」YOU WERE NEAR ME フォーリーブス
    訳詞・片桐和子 作曲・B・チャンドラー 編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    1969年
    ファーストアルバム「ヒット・ヒット・ヒット フォーリーブス ゴールデンショー」

    最近しみじみ思うのですが 良い音楽は
    時代を超えてまた甦ります。

    フォーリーブスのファーストアルバムは
    前に復刻されていたのですが
    残念なことに復刻されていたことに気がつかず
    購入できませんでした。

    そのため私は 中古レコードを購入したのですが
    またきっと 復刻されることがあると信じ、
    楽しみに待つことにします。

    Osamu Shojiが
    オリジナル曲から洋楽、ロック、クラッシックまで
    いろんなジャンルの音楽を名アレンジで
    楽しむことができます。

    上質の音楽、大きな世界を
    フォーリーブスを通して
    少年や少女たちは 知るきっかけになりましたし、

    4人の個性が
    鮮明に炙り出されたような
    ファーストアルバムです。


    そしてこの作品は
    アイドルとはいえ
    本格的なハーモニーで
    大変難しいのですが
    4人がちゃんと歌いこなされ
    心地良いハーモニーに仕上がっていて
    さすがフォーリーブス!と
    感心してしまいました。

    ダンスだけではなく、
    フォーリーブスは
    歌も上手いなぁと思いました。

    フォーリーブスで
    歌が上手、というと
    まずター坊を思い浮かべるのですが
    このパートの決め方もさすがですね。

    難しい音取りを
    ター坊がしっかり歌われています。
    高音部はマー坊、
    隠れた縁の下の力持ちにマー坊。

    そして最後の最後に
    ぱーーっと(笑)
    公ちゃんのソロが出てくるわけですが

    この面白さも  
    フォーリーブスを象徴するようで
    すごく楽しいですね。

    あはは、
    なんだか人間関係を見るような感じだと思いました。

    ファーストアルバムといえば
    沢田研二さん、アグネス・チャンさん、
    この フォーリーブスさん、と
    どれもOsamu Shoji が名アレンジで
    才能ある個性がきらきらと輝きます。

    どれも 復刻され、
    今でも愛されている作品ばかりですね。

    残っていく音楽というのは
    やっぱりアレンジが素晴らしい。
    編曲ってものすごく大事。
    Osamu Shoji の音楽は
    100年経っても新しいのではないでしょうか。

    HitHitHIt
    スポンサーサイト



    オープニング「恋のおもかげ」The Look of Love 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)

    オープニング「恋のおもかげ」The Look of Love 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)
    作詞・作曲 H.David B.Bacharach 編曲・Osamu Shoji (東海林 修)
    1970 「わたし」~伊東ゆかりリサイタル~

    9月25日に復刻アルバム「The Look of Love」が出たばかりですが
    またまた今日Amazonからお知らせメールが届きました。

    復刻アルバム「わたし - 伊東ゆかり リサイタル 」
    10月25日発売予定!!

    おーーーーーっ
    Osamu Shoji作品が
    8月から毎月復刻されているーーーっ!!

    また買わなくては!!

    いやぁ キングレコードさん ニクイです!
    そっかーー 
    前回の復刻作品がThe Look of Love。

    そしてこのリサイタルのオープニングナンバーが
    「The Look of Love」

    自然な感じで 次に続いていて 
    なんだかやられたーー!って感じ。

    編曲・指揮はOsamu Shojiです。

    オープニング、
    ティンパニのトレモロ
    なんだかわくわくどきどき、
    華やかなオーバーチュア。

    憧れのゆかりさんが登場。

    そしてしっとりとした
    「The Look of Love」へと。

    甘いゆかりさんの歌声に
    うっとりと聴き入って酔いしれることができるオープニング。

    夢の始まりです。

    お洒落で
    華やかで
    そして品の良いすてきなステージ。

    23歳のゆかりさんを
    いっぱい感じることができます。

    おしゃべりも 自然体で
    おちゃめなゆかりさんも感じられ
    優しさをいっぱい感じられます。

    あぁ今年は 嬉しい復刻がいっぱいで
    ほんとうにびっくり、ですが

    音楽を心から楽しむことができ
    とっても幸せな気分です。

    CDで 良い音で聴けるのは
    ほんとうにうれしいです。

    最近は毎日ゆかりさんの復刻アルバムを聴いて
    楽しい楽しい!!

    みなさまもどうぞーーー!!


    わたし - 伊東ゆかり リサイタルわたし - 伊東ゆかり リサイタル
    (2014/10/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る

    Amazon 内容紹介
    和製ポピュラー歌手 伊東ゆかり人気絶頂期の69年1stライヴ・アルバムが初CD化!
    1969年11月8日サンケイ・ホールでのコンサートを収録した実況録音盤[わたしー伊東ゆかり リサイタル ] が紙ジャケット仕様で発売! 編曲・指揮 東海林修、バックは稲垣次郎とソール・メイツという豪華ライン・アップ!! サンレモ音楽祭入賞曲[恋する瞳]を含む代表曲を収録。 実力派歌手としての地位を確立した不朽の名作!!
    解説:小川真一/最新デジタル・リマスタリング/W紙ジャケット仕様


    1. 恋のおもかげ
    2. ポップス・メドレー(バケーション~ロコ・モーション~ビー・マイ・ベイビー~ネイビー・ブルー~ボビーに首ったけ~恋の売り込み)
    3. 恋する瞳
    4. オリジナル・メドレー小指の想い出~恋のしずく~朝を返して)
    5. 青空のゆくえ
    6. 信ちゃんとママ(シャボン玉一つ~七つの子~黒ネコのタンゴ~マンマ)
    7. 雨(あめふり~雨)
    8. ピッコラ・ピッコラ
    9. 思い出のサンフランシスコ
    10. 宿命の祈り
    11. 愛する明日

    「愛は限りなく」伊東 ゆかり アルバムバージョン

    「愛は限りなく」伊東 ゆかり
    訳詞・音羽たかし 作詞・作曲・D.Modugno 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1969ゆかりデラックス アルバムバージョン

    1966年4月にシングルとして発売された作品とは別に
    アルバムに収録された作品は 
    シングルとは違うアレンジで聴くことができます。
    シングル盤については前に書きましたので
    よろしければご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

    9月25日に
    このゆかりデラックスに収録された
    洋楽のカバーが 復刻されました。

    この「Dio Come Ti Amo」は
    特に印象深い このシングル曲の世界のイメージを大切にしながらも
    すっきりとしたアレンジで
    ゆかりさんの歌唱力が
    より前面に押し出されたものとなっています。

    いろんなアレンジで聴ける、ということも
    とてもうれしく贅沢なことです。
    Osamu Shojiの音楽は
    ゆかりさんの世界を、より大きく広げて
    圧倒されるほどに
    その魅力を感じさせてくれます。

    この作品は この中では唯一
    日本語で歌われた作品ですが
    いつ聴いてもゆかりさんの日本語はとても美しい。

    そして日本語だけでなく
    英語でもイタリア語でも
    きれいな言葉で歌われるゆかりさん。

    素晴らしい才能が
    Osamu Shojiの音楽で
    より花開いた、という感じがします。

    今まではレコードで聴いてきましたが
    CDで聴けると
    音も良くて 
    とても45年前の作品だとは思えません。

    いつ聴いても美しく感動的なことに
    あらためて驚いています。

    これからは何時でも聴きたいときにCDで聴けます。
    ほんとうにうれしい!!

    私も ゆかりさんの音楽を毎日聴いていて、
    イタリア語も英語も身体に馴染んできて
    なんだか外国語もペラペ~ラ、みたいな気分になって
    なんとなく うれしい今日この頃です。


    The Look of LoveThe Look of Love
    (2014/09/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る

    1968年&1969年作品/解説:小川真一/最新デジタル・リマスタリング/W紙ジャケット仕様

    1. Let It Be Me
    2. This Girl (This Guy’s in love with You)
    3. The Look of Love
    4. By The Time I Get to Phoenix
    5. Scarborough Fair
    6. Aquarius -Let The Sunshine in-
    7. Massachusetts
    8. Day Tripper
    9. The Beat Goes on
    10. And I Love Him (And I Love Her)
    11. The Shadow of Your Smile
    12. Dio Come Ti Amo



    ゆかりデラックス

    「ディス ガール」This Girl (This Guy's In Love With You) 伊東ゆかり

    「ディス ガール」This Girl (This Guy's In Love With You) 伊東ゆかり
    作詞・作曲 H.David B.Bacharach 編曲・Osamu Shoji (東海林 修)
    原盤・1969 ダブルデラックス

    昨日復刻された「The Look of Love」。
    今日届きました。
    まずは ライナーを読み、
    うんうん!今回は大満足!!

    Osamu Shoji の編曲の素晴らしさについて
    きちんと記述がありました。
    先月復刻の「サン・レモのゆかり」のライナーは
    全曲Osamu Shoji の編曲であるにもかかわらず
    まったくそのご功績と
    音楽の素晴らしさについて触れられてなく
    マジで驚きました。
    作品に関係ない作曲家の名前だけはなぜか書かれており・・・
    炙ったらどこかにOsamu Shojiの名前が 出てこないかしら・・・
    これだけの素晴らしいお仕事なのに・・・と
    ライナーを読み、あらまぁ~、と思ったのですが
    今回はきちんと書かれていました。大満足です。

    とはいえ これは ゆかりさんのアルバムなので
    そういうことは ちっぽけなこと。
    こうして素晴らしい作品が復刻された、
    それだけで十分です。
     

    タイトルナンバー「ルック・オブ・ラブ」と同じくバート・バカラックの名曲。
    バート・バカラックとOsamu Shojiとは
    なにか通ずるものがあるなぁ・・・と
    今回このアルバムを聴きながら
    ふと思ったりしましたが

    優雅さと品の良さのあるアレンジ。
    心地良いストリングス、
    この「ディス ガール」は
    ハープの調べも甘く響きますが

    さりげないゆかりさんの語りかけるような歌声が
    すぅ~っ、と心に沁み渡り
    なんだか ほっとして 癒されます。

    歌詞は 情熱的ですが
    だからこそ
    こんな風にさりげなく歌うのが素敵。

    当時の歌謡曲は ムード歌謡全盛期、
    だったように思います。
    女性歌手はかなり艶っぽい歌を歌われていた時代でした。

    だけど
    こんな風にさらりとかっこよく歌われるゆかりさんって
    すごく素敵。

    時代に関係なく
    残っていくのは
    やっぱりこんな音楽なのではないかなぁ、って
    私は思います。

    全曲Osamu Shoji編曲作品。

    お二人の素晴らしいコラボレーションに
    心からの拍手を。


    The Look of LoveThe Look of Love
    (2014/09/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る

    1968年&1969年作品/解説:小川真一/最新デジタル・リマスタリング/W紙ジャケット仕様
    The Look of Love

    1. Let It Be Me
    2. This Girl (This Guy’s in love with You)
    3. The Look of Love
    4. By The Time I Get to Phoenix
    5. Scarborough Fair
    6. Aquarius -Let The Sunshine in-
    7. Massachusetts
    8. Day Tripper
    9. The Beat Goes on
    10. And I Love Him (And I Love Her)
    11. The Shadow of Your Smile
    12. Dio Come Ti Amo

    【番外編】「若草の恋」木の実ナナ

    【番外編】「若草の恋」 木の実ナナ
    作詞・J.Leccia,A.Pascal,D.pace 作曲 Jean Hubert Leccia 日本語詞・七野洋太
    編曲 ・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1965年4月シングルB面

    今年もあっという間に過ぎて
    あと三ヶ月となりますが
    今年 自分にとって大きなことといえば
    なにしろ 木の実ナナさんの作品に出逢ったことです。

    シングルコレクション、本当に最高でした。
    ナナさんの個性が強いので 馴染むまでは時間がかかるのですが
    馴染むと やみつきになり やめられなくなります。

    これまで知らなかっただけに
    Osamu Shojiが ナナさんに
    これほどまで素晴らしい音楽を作られていたなんて、と
    驚きでしたし、感動でしたし 
    うれしかったです。

    いや ほんと、
    ナナさんはこんな素晴らしい音楽を作っていただけて
    幸せだと思います。
    聴いているとうらやましくなったくらいです。

    なぜヒットチャートに登って行かなかったのか
    信じられません。
    すっごく素晴らしい作品ばかりです。

    いい音楽は
    時の流れなど関係ありません。
    今もきらきらと輝いています。

    こうして復刻CDが出たことで
    きっと みなさん聴かれてびっくりされるのではないでしょうか。
    また 光が当たって
    見直されることと思います。

    彼女の作品は
    聞いていると心が明るくなり
    前向きになれて
    元気が出ます。

    ナナさんの持つ明るさ、
    表情の豊かさ、笑顔、
    人懐っこさ、弾ける若さ、
    すべてが輝いています。

    なにしろOsamu Shojiの音楽がいいです。


    今年、彼女の作品に出逢えたことも
    とても意味があるように感じました。
    彼女の歌があればこそ
    今年の自分は前向きに明るく過ごすことができたと思います。

    今まで知らなかったのですが
    今年ナナさんの作品に出逢い
    ナナさんの作品なしでは
    Osamu Shojiの世界を語れなくなっている
    今の自分がいることにも
    自分自身驚くほどです。
    それくらい大好きな世界です。

    YouTubeで見つけました。
    オリジナルとの聴き比べができます。
    抜群にナナさんの作品が良いです。

    追記・YouTube、削除されていました。
    ぜひ ナナさんの歌は シングルコレクションで
    お聴き頂きたいと思います。


    木の実ナナ魅惑のシングルコレクション木の実ナナ魅惑のシングルコレクション
    (2010/04/05)
    木の実ナナ

    商品詳細を見る

    「誓いのフーガ」(TWENTY TEN) フォーリーブス

    「誓いのフーガ」(TWENTY TEN)フォーリーブス
    作詞・片桐和子 作曲・J.S.バッハ 編曲・J ヒル 編曲・D.コックレイン 編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    1969年
    ファーストアルバム「ヒット・ヒット・ヒット フォーリーブス ゴールデンショー」

    バッハの小フーガト短調、
    クラッシックの作品を取り入れられるということは
    当時としては珍しいことだったと思います。

    フォーリーブスのファーストアルバムの中でも
    特に心に残る作品となっています。

    バッハの小フーガト短調、といえば
    中学生の時 音楽の授業で習いましたが
    ほんとうに忘れられないメロディで
    私などは 音階で思い出せるほどです。
    よほど熱心に聞いたのだと思いますが
    たぶん 当時の女の子たちも
    誰もが知っているクラッシックだったと思いますから
    こういう クラッシックなアレンジで聞けることにも
    喜びを感じたと思いますし
    今聞いても とても新鮮な感覚で聞くことができます。

    こちらの作品は 同年  フェアリーダストが歌われた洋楽のカバー、
    ということなのだと思いますが

    Osamu Shoji の クラッシックな美しいアレンジは
    まさにこの楽曲をフォーリーブスのオリジナルのように輝かせ
    メンバーの4人を輝かせています。

    今から100年先は
    君と僕の恋はどうなるのかしら


    ロマンチックで甘く
    ストリングスの調べが
    彼らの歌声をより甘く響かせています。

    いつも思うのですが
    Osamu Shoji のストリングスのアレンジは
    繊細で美しく
    これほどまでの アレンジャーが
    他にいるだろうか、と
    いつも感動するばかりです。

    このアルバムは 中古アルバムを手に入れましたが
    一度復刻されているときに気づかなかったので
    再度の復刻を心から望みます。

    最近ではOsamu Shoji の作品が
    次々と復刻されており
    嬉しい限りです。

    良い作品は 色褪せないし
    それどころか
    さらに輝きを増しているようにさえ
    感じます。

    明日はゆかりさんへの作品が
    復刻されるのでとても楽しみです。
    フォーリーブスの このファーストアルバムも
    復刻される日が来ることを祈ります。

    HitHitHIt

    【番外編】秋はゆかりさんの季節

    明後日、復刻アルバムが発売されますので
    楽しみな限りですが
    「サンレモのゆかり」が発売されてから
    毎日、このアルバムを聴いて
    素晴らしい世界に浸っていました。

    気分はもうイタリア人、
    繰り返し聴いていたらイタリア語も
    よく聴こえるような気がしてきました。
    自分が歌える日も近い!!

    特にお気に入りの
    「花咲く丘に涙して」は
    ぜひ歌えるようになりたいと思い、
    いつも耳を澄まして聴いています。

    豊かで美しいオーケストレーション、
    そしてゆかりさんの
    心に染み入るような歌声、

    まさにこれこそ私が求める世界、

    毎日いつもこの音楽に満たされて
    とても豊かな気持ち。

    いろんなことはあっても
    このアルバムの美しい音楽で
    心が洗われるよう。

    このアルバムを聴いて
    しばし夢の中へ。

    このアルバムは
    聴けば聴くほど 感動的で
    私は 毎日このアルバムで
    心満たされています。

    秋はゆかりさんの歌声が染みる季節。

    今日は「悲しみの出発」も聴いて
    胸が熱くなりました。

    「ライラ・ライラ」加藤登紀子

    「ライラ・ライラ」加藤登紀子
    ユダヤ民謡 作詞・加藤登紀子 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    アルバム「色即是空」 72.09.01発売

    加藤登紀子さんは
    年を取るごとに華やかに
    明るくなられたような気がします。

    むかし、
    「ひとりで寝るときはよ~おぉぉ~♪」と
    歌われた方とは 全く別人のような印象です。

    そして この作品は'72年。
    まだ自分の心の陰と向かいあっていらっしゃった時代でしょう。

    このアルバムは 日本作詞協会のLP賞を受賞された作品だそうです。

    登紀子さんの詩が
    とても深いです。
    気楽に聴ける歌ではないのです。
    言葉が深く とても重いのです。

    けれど
    だからこそ
    このアルバムの作品の世界に
    救われた方もたくさんいらっしゃるでしょう。

    登紀子さんの厚みのある歌声と
    詩の世界が まず届くように
    Osamu Shojiは作られたのでしょう。

    余計なものは何もなく
    登紀子ワールドに浸れます。

    そしてこの作品は
    台詞がとても意味深く
    聴く人に問いかけるようです。

    「三人の騎士が灰色の馬にのってやってくる
    一人の騎士は野獣に咬まれ
    もう一人の騎士は敵の刃に倒れ
    残りのもう一人の騎士もお前の名を忘れた」

    いずれにしても
    悲しみと苦しみしかない。

    けれど
    もがき苦しみながらも
    生きていれば
    いつか 穏やかに振りかえる時が来る。

    人生はそうであると思いたいなぁ。
    この歌を聴いて そう思いました。

    色即是空

    「夜のバラ」加藤登紀子

    「夜のバラ」加藤登紀子
    ユダヤ民謡 作詞・加藤登紀子 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    アルバム「色即是空」 72.09.01発売

    72年発売のアルバム「色即是空」。

    このアルバムを聴くと
    登紀子さんも当時
    心は果てなく旅をされ
    迷いや孤独や葛藤の中にいらっしゃったのだろう、と
    詩や声に感じます。

    登紀子さんは
    この年にご結婚されたとのこと。

    実際に旅もされ、
    すこし自分を遠くからながめられ
    心を決められたのだなぁ、と思いました。

    たそがれの海辺の村
    赤いバラ一つ咲いていた
    赤いバラ群れにはぐれて
    岩蔭に一つ咲いていた
    ライララ ライライラ 赤いバラ 
    この手にとって胸に抱いた


    たぶん この赤いバラに
    自分自身を映してしらっしゃったのでしょう。

    どこか孤独で哀愁の感じられる世界。

    そして自分がこれから
    新しい世界へと挑む決意が込められている
    そんな作品です。

    この歌の 二番は
    自分のフィーリングで自由に歌われていて
    登紀子さんらしい、と感じます。

    Osamu Shojiの編曲は
    登紀子さんの言葉と声が
    しみわたるような編曲です。
    色即是空

    【番外編】「花咲く丘に涙して」ザ・ピーナッツ

    「花咲く丘に涙して」ザ・ピーナッツ
    訳詩・ 荒井 恭裕 作詞・Calibi 作曲・Angiolini 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1965.7発売アモーレ・スクーザミ (ピーナッツのヒット・パレード第6集)

    ゆかりさんの「サン・レモのゆかり」の中の
    「花咲く丘に涙して」を聴いて
    すっかりとハマってしまいました。
    あぁ こちらも 本当に素晴らしいなぁ、
    なんて美しい曲なのだろうと
    大好きになりました。

    そしてわたしは これまでザ・ピーナッツさんの「花咲く丘に涙して」しか
    知らなくて何より大好きだったので 出して聴いてみたのですが
    こちらもやっぱり 清らかで美しい世界で
    あぁ もうどちらも大好き!、
    と思ったのですが
    歌う歌手は違ってもどちらの編曲も Osamu Shojiによるものです。

    それぞれに 個性が生かされ
    素晴らしいと思います。

    たとえば広々と広がる丘の上に立って
    風を受け 長い髪をなびかせて空を見上げ
    好きなひとを想った、
    あの少女の頃のように
    空を仰ぎ
    雲を見上げ
    花を抱きしめ
    胸の想いを 風に語った日の記憶が
    この歌で鮮やかによみがえる気がします。

    清らかで美しい世界に
    こんなに心は満たされるものなのだ と
    あらためて感動します。

    Youtubeには ザ・ピーナッツさんの音源がアップされていました。

    恋は消えた 花咲く丘で 甘い香りに思い出も匂う
    恋は消えた 風に揺らめいて 
    そっと落ちて 花にうずもれた 
    雲がみているだけ・・


    ザ・ピーナッツさん日本語詞で歌われています。
    詩もとっても素敵だと思います。

    今の私はザ・ピーナッツさんとゆかりさんと
    かわりばんこに聴いて
    ため息をつきながらうるうる状態です。

    しみじみ、清らか、ということは
    大切なことだと思います。

    きれいな音楽は
    心もきれいにしてくれますね。



    花咲く丘に涙して/ナポリは恋人

    「アリヴェデルチ・ローマ」ARRIVEDERCI,ROMA..... 伊東ゆかり

    「アリヴェデルチ・ローマ」ARRIVEDERCI,ROMA..... 伊東ゆかり 
    作詞・作曲 carinel,giovannini,R. Rascel 指揮・編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    「サン・レモのゆかり」

    今日9月6日はOsamu ShojiのBirthdayです。
    「おめでとうございます」という気持ちを胸に
    今日も語っていけたらと思います。

    さて復刻された「サン・レモのゆかり」
    一曲一曲語ってきましたが
    ついにこの一曲が最後です。

    ゆかりさんのカンツォーネの世界は
    本当に優雅で美しく、知的で豊かな世界でした。
    自分がこのアルバムの音楽で
    とても満たされていくのを感じました。

    特に今のマイブームは「花咲く丘に涙して」なのですが
    これほど 自分を満たしてくれるアルバムに
    出逢えたことが 大きな喜びです。

    「アリヴェデルチ・ローマ」
    優雅で美しいです。

    聴いていたら
    自分も異国の地ローマに立つよう。
    気分は なんていうのかオードリー・ヘップバーンかな。(笑)

    このアルバム
    大好きです。

    本当に大切にします。

    サン・レモのゆかりサン・レモのゆかり
    (2014/08/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    サンレモのゆかり

    1. 恋する瞳(日本語/伊語ヴァージョン)
    2. あこがれはいつも心に
    3. アモーレ・スクーダミ
    4. 胸にのこる微笑
    5. 砂に消えた涙
    6. 過ぎ去った恋
    7. 花咲く丘に涙して
    8. ナポリは恋人
    9. 君に涙とほほえみを
    10. ポコ・ドポ
    11. 花の落ちる時
    12. アリヴェデルチ・ローマ
    13. 恋する瞳(伊語ヴァージョン)
    14. 愛のめざめ

    「ポコ・ドポ」 POCO DOPO 伊東ゆかり

    「ポコ・ドポ」 POCO DOPO 伊東ゆかり
    作詞・作曲Intra,Daniele Pace 指揮・編曲 Osamu Shoji (東海林 修)

    8月25日に復刻になった「サン・レモのゆかり」
    語れる曲もあと2曲となってしまいました。

    素晴らしい世界で
    日々胸を震わせながら聴いております。
    繊細で美しい世界で
    聴いているととても心が満たされます。

    17歳の少女が
    ここまで素晴らしい歌声を聴かせてくれる。
    伊東ゆかりさんという歌手のすごさを
    とても感じます。

    心を震わせるような
    豊かな音楽と歌唱に
    今日もうるうると聴き入る私ですが
    素晴らしい世界で感動的です。

    そして ゆかりさんの世界を支える
    Osamu Shojiの音楽の素晴らしさにも
    ため息が出てしまいます。

    なんて贅沢なアルバムなのでしょう。

    「ポコ・ドポ」は
    17歳のかわいらしいゆかりさんの
    表情が見えるようです。

    ちょっと後で・・・という意味なのですね。

    おしゃまで かわいい少女のゆかりさんが
    眼に浮かぶようです。

    イタリア語も流暢に歌われていてびっくりします。
    さすがゆかりさん!!といった感じです。

    最近は毎日このアルバムを聴いて
    少しうるうるしています。

    サン・レモのゆかりサン・レモのゆかり
    (2014/08/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    サンレモのゆかり

    1. 恋する瞳(日本語/伊語ヴァージョン)
    2. あこがれはいつも心に
    3. アモーレ・スクーダミ
    4. 胸にのこる微笑
    5. 砂に消えた涙
    6. 過ぎ去った恋
    7. 花咲く丘に涙して
    8. ナポリは恋人
    9. 君に涙とほほえみを
    10. ポコ・ドポ
    11. 花の落ちる時
    12. アリヴェデルチ・ローマ
    13. 恋する瞳(伊語ヴァージョン)
    14. 愛のめざめ

    「 過ぎ去った恋」 L'AMORE E' PARTITO 伊東ゆかり 

    「 過ぎ去った恋」 L'AMORE E' PARTITO 伊東ゆかり 
    作詞・作曲 B.Cardile 指揮・編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    「サン・レモのゆかり」

    昨日「花咲く丘に涙して」を書きましたが
    聴けば聴くほど胸に沁み渡り
    あまりに素晴らしいので
    聴いていると泣きそうになります。

    そしてこのアルバムは
    期待した以上に感動的で
    毎日聴いて うるうる状態です。

    これで17歳だなんて信じられないほどの
    歌唱力と表現力。
    甘く清らかでとても豊かな歌声・・・

    Osamu Shojiのオーケストレーションは
    繊細で品が良く美しくて
    聴いていると とても心が満たされます。

    こんな素晴らしいアルバム、
    復刻されるべくして復刻されたと感じますし
    聴けば聴くほど この世界の素晴らしさが胸に迫る感じです。

    「過ぎ去った恋」

    美しい想い出を振り返る感じがします。
    甘く伸びやかな歌声

    そよ風に吹かれながら
    振り向けば
    きっと過ぎた日の自分が
    そこに見えてくる。

    そんな気分で
    この歌を今聴いています。

    ゆかりさんは英語でもイタリア語でも
    これまで見事に歌われてきましたが

    本当に 耳の良い方なのでしょう。
    すごい努力もされたと思いますが
    やはり才能が大きかったのだなぁと
    いまさらながら痛感します。

    サン・レモのゆかりサン・レモのゆかり
    (2014/08/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    サンレモのゆかり

    1. 恋する瞳(日本語/伊語ヴァージョン)
    2. あこがれはいつも心に
    3. アモーレ・スクーダミ
    4. 胸にのこる微笑
    5. 砂に消えた涙
    6. 過ぎ去った恋
    7. 花咲く丘に涙して
    8. ナポリは恋人
    9. 君に涙とほほえみを
    10. ポコ・ドポ
    11. 花の落ちる時
    12. アリヴェデルチ・ローマ
    13. 恋する瞳(伊語ヴァージョン)
    14. 愛のめざめ

    「花咲く丘に涙して」LE COLLINE SONO IN FIORE 伊東ゆかり

    「花咲く丘に涙して」LE COLLINE SONO IN FIORE 伊東ゆかり 
    作詞・Calibi 作曲・Angiolini  指揮・編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    「サン・レモのゆかり」

    ゆかりさんが出場された1965年のサンレモ音楽祭の入賞曲
    ウイルマ=ゴイクの「花咲く丘に涙して」
    名曲です。

    この歌は わたしはザ・ピーナッツさんで聴いていたのですが
    こちらも編曲はOsamu Shojiで 清らかで美しい作品で大好きです。
    特にエンディングがドラマチックで
    丘に立ちつくし空を見上げるシーンから
    360度パノラマの景色がわ~っと広がり
    空へと舞い上がりすべての景色を見渡すような音楽が
    私は大好きです。

    なのでこれ以上の「花咲く丘に涙して」はないだろうと思っていたのです。

    ところがこの ゆかりさんのイタリア語で歌われた
    これもまたOsamu Shoji編曲作品を聴いたところ
    何度も聴いているうちに
    これもまたなんだか泣けてくるような美しい世界で
    ハマってしまいました。

    まず楽曲としても名曲なのですが
    Osamu Shojiの編曲が とても美しく清らかです。
    そして この作品は ゆかりさんがすべてイタリア語で歌われているのですが
    その言葉が なんとも魅力的で うっとりと聴き入ってしまうようなイタリア語です。

    ご本家もささやくように 歌われていて
    とてもすてきなのですが
    ゆかりさんの声は とてもまろやかで甘く
    そして品があって美しいです。
    ものすごく温かく清らかでいい声!!

    カンツォーネを原語で聴いていて 
    私も歌ってみたいと思ったことなどないのですが
    このゆかりさんの「花咲く丘に涙して」を聴いていると
    不思議と私もイタリア語で歌ってみたい、と思うくらい
    魅力的な響きです。

    聴き進むうちに 思わず うっ、とくるほどに
    優しさと温かさに包まれます。

    人間というものは
    大切な言葉は
    声を張り上げて言うことはありません。
    大切な「想い」ほど
    静かに 耳元でささやくように
    語りかけるものです。

    ゆかりさんのこの歌声を聴いて
    そんなことを とても想いました。

    日本語で歌われていなくても
    ものすごく心に沁みます。
    なんだかどうしようもなく泣けてきます。
    たまりません。

    美しく清らかで
    とても素晴らしい作品だと思います。

    この作品をものすごく気に入ってます。

    サン・レモのゆかりサン・レモのゆかり
    (2014/08/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    サンレモのゆかり

    1. 恋する瞳(日本語/伊語ヴァージョン)
    2. あこがれはいつも心に
    3. アモーレ・スクーザミ
    4. 胸にのこる微笑
    5. 砂に消えた涙
    6. 過ぎ去った恋
    7. 花咲く丘に涙して
    8. ナポリは恋人
    9. 君に涙とほほえみを
    10. ポコ・ドポ
    11. 花の落ちる時
    12. アリヴェデルチ・ローマ
    13. 恋する瞳(伊語ヴァージョン)
    14. 愛のめざめ