FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ライラ・ライラ」加藤登紀子

    「ライラ・ライラ」加藤登紀子
    ユダヤ民謡 作詞・加藤登紀子 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    アルバム「色即是空」 72.09.01発売

    加藤登紀子さんは
    年を取るごとに華やかに
    明るくなられたような気がします。

    むかし、
    「ひとりで寝るときはよ~おぉぉ~♪」と
    歌われた方とは 全く別人のような印象です。

    そして この作品は'72年。
    まだ自分の心の陰と向かいあっていらっしゃった時代でしょう。

    このアルバムは 日本作詞協会のLP賞を受賞された作品だそうです。

    登紀子さんの詩が
    とても深いです。
    気楽に聴ける歌ではないのです。
    言葉が深く とても重いのです。

    けれど
    だからこそ
    このアルバムの作品の世界に
    救われた方もたくさんいらっしゃるでしょう。

    登紀子さんの厚みのある歌声と
    詩の世界が まず届くように
    Osamu Shojiは作られたのでしょう。

    余計なものは何もなく
    登紀子ワールドに浸れます。

    そしてこの作品は
    台詞がとても意味深く
    聴く人に問いかけるようです。

    「三人の騎士が灰色の馬にのってやってくる
    一人の騎士は野獣に咬まれ
    もう一人の騎士は敵の刃に倒れ
    残りのもう一人の騎士もお前の名を忘れた」

    いずれにしても
    悲しみと苦しみしかない。

    けれど
    もがき苦しみながらも
    生きていれば
    いつか 穏やかに振りかえる時が来る。

    人生はそうであると思いたいなぁ。
    この歌を聴いて そう思いました。

    色即是空
    スポンサーサイト