FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「美しい愛のかけら」 野口五郎 

    「美しい愛のかけら」 野口五郎          
    作詞・山上路夫 作曲・佐藤寛 編曲・Osamu Shoji (東海林修 )   
    1975年10月21日発売A 

    この作品は シングルA面として発売されました。
    「甘い生活」「私鉄沿線」「哀しみの終わるとき」「夕立のあとで」と
    飛ぶ鳥を落とす勢いの五郎さん。
    いわゆる絶頂期、と言ってもよいでしょう。
    病気で倒れられ、入院されることがなければ
    たぶん この年はすべて1位が取れていたのでは?と思います。

    しみじみ 絶好調の時こそ落とし穴があるものです。
    五郎さんの性格上、次が1位じゃなくて2位だったらどうしよう、というような
    不安がいつもあったことでしょう。
    考える暇もないような忙しいスケジュールの中
    あまりにも考えることが多かったため ダウンされたのではないでしようか。

    少し楽になりなさい、と 神様がおっしゃったのかもしれません。

    この「美しい愛のかけら」は最高位 オリコン2位でした。
    けれど 素晴らしい作品だと思います。
    五郎さんの声の良さも生かされています。
    特にこのレコーディングでの歌唱は素晴らしいものがあります。
    ものすごく高音部に貼りがありハートにガツンとくる声です。

    お兄さんの作品では「私鉄沿線」ばかりが注目されますが
    この「美しい愛のかけら」も お兄さんの代表曲のひとつだと思います。

    そして忘れていけないのは 編曲がOsamu Shoji だということです。
    感情の高ぶりや あふれ出す想いを止められなくなるような
    ドラマチックで 豊かなアレンジ。
    歌が入った状態でベストな状態となることを きちんと計算もされて
    音楽として表現されることも
    Osamu Shojiのプロフェッショナルな、お仕事ならでは、です。

    そしてスカッとするような潔さもあり
    耳に残るフレーズも印象的です。

    たしかこのフレーズは カックラキンのゴロンボ刑事の時に
    使われていたように思います。

    今聴いても ほんとうに胸が熱くなるような
    情熱的な作品です。

    「偽りの中で幸せを失くし生きてゆくのか
    あなたとこのまま死にたいよ今は かなわない愛なら」

    人は 人を深く愛し 傷つき 傷つけ
    心を壊し 死ぬほどに苦しい恋愛をする事もありますが
    死ぬこともできませんし
    たいていは何も出来ぬままに
    胸の中に仕舞い込んで知らん顔して生きていきます。

    だから時には
    こんな激しい愛の歌を聴いて
    この胸を抱きしめることが
    あっても良いと思います。

    美しい愛のかけら
    スポンサーサイト