FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「雨を見たかい」 (Have You Ever Seen the Rain?)(アルバム「ある愛の詩」)

    「雨を見たかい」 (Have You Ever Seen the Rain?)(アルバム「ある愛の詩」)
    作曲・ジョン・フォガティ 編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    1971年8月発売 アルバム「ある愛の詩」。

    1971年シングルで発売されたクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルが歌われた
    「Have You Ever Seen the Rain?」。

    この私でもこの歌は知っていましたので
    きっと誰もが知っている音楽ではないでしょうか。

    このアルバムはOsamu Shojiが
    アメリカを拠点として活動された時期に作られたアルバムです。

    当時のヒット作品をすぐに取り入れられるところなど
    さすがだと思います。

    今日、 何気なくオークションのページを見ていたら
    このLPレコードが5万円近くの金額で落札されていました。

    私は東海林先生から 復刻アルバムを直接購入しましたので
    教えてあげればよかった、という気もいたしますが、
    とにかく それだけ出しても欲しいと思える作品である、ということに
    納得いたします。

    「雨を見たかい」は トランペットのソロも爽やかで
    まるで雨上がりの虹を呼ぶような作品です。

    大きな空の下で空を見上げれば
    雨に濡れることもまた楽し。

    アメリカの風を感じるこのアルバム。

    大きな世界で
    手を広げて空を見上げる気持ちです。

    ある愛の詩
    収録作品
    「ある愛の詩」
    「美しき人生」
    「ふたりの誓い」
    「雨を見たかい」
    「恋は翼にのって」
    「晴れた日には白いドレス」
    「あなたの記憶」
    「二人の週末」
    「愛する瞬間」
    「ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア」
    「僕のうたは君のうた」
    「たそがれの都会」


    トランペット ドン・レイダー、
    ドラムス ボブ・二―ル、
    エレキ・ベース クライド・ホーガン、
    ピアノ 飯吉馨、
    ギター 神谷重徳、
    ストリングス 多忠昭アンサンブル

    スポンサーサイト



    「春の鐘」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」) (2)

    「春の鐘」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    昨日までは
    桜もほとんど咲いていなかったのですが
    今日は 桜がいっぱい花開いていました。

    あぁ 春がきたのだなぁ、と
    桜をながめていたら
    心に この歌が流れてきました。

     レビューは 前に書いているのですが
    書きたい時に 何度でも書きたいと思います。

    夢二の世界、
    私はこの歌を聴くときは

    心の中では
    夢二の描く少女になった気分で
    桜を見上げます。

    心に はらはらと
    桜の花が舞ってくる。

    静かで
    暖かくて
    美しい青空が目に沁みる。

    そんな春の中

    花びらは舞う。

    大好きな世界です。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-141.html" target="_blank" title="「蛍」">「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」

    「イエスタデイ」(YESTERDAY)  (2) 伊東ゆかり

    「イエスタデイ」(YESTERDAY) 伊東ゆかり
    作詞・作曲 J.Lennon,P.McCartney
    訳詞・島村 葉二  編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    3月20日に復刻された1966年作品『ゆかりのニュー・ヒット・パレード』
    毎日聴いていますが あまりにも素晴らしくて感動しています。

    前にも書いたのですが
    このアルバムの中の「イエスタデイ」が
    最高に良くて エンドレスで繰り返し聴いてしまうような状態。

    2分足らずの短い作品ですが
    イントロから衝撃的で
    なんて美しい音楽なのだろう、と驚くばかりです。

    しかも英語が堪能なゆかりさんだから
    英語なのだろう、って思って聴くと
    しっかりと日本語なのです。

    作詞者は誰かな?と思うと
    「島村 葉二」と書いてある。
    あぁ 「星に願いを」の訳詞者なんだな、と思ったけれど
    それ以上知らない自分がいて
    調べてみると 詳しくはわからなかったのだけれど
    東宝演劇部プロデューサーの酒井喜一郎さんだ、ということがわかりました。

    どういう経緯を経て訳詞をされたのか
    そういうことを知りたかったのだけれど
    結局わからないままです。

    こういうサプライズがぎっしりの歌を聴くと
    何があって こんな歌が出来たのか
    知りたくてたまらない。

    驚きがいっぱい。
    聴きながら想いが行ったり来たりします。

    第一 ゆかりさんのような英語が堪能の方が
    この歌を日本語で歌うなんて
    誰も夢にも思わない。

    ビートルズの「YESTERDAY」を
    こんなに言葉数も少なく 世界感を壊さず
    ゆかりさんにぴったりな、女らしい日本語詞で
    歌われているものだから
    毎日、これが聴きたくてたまりません。

    Yesterday 昨日を今日にもどし
    明日は来ないでほしい
    おぉ 幸せな Yesterday


    この歌詞が 素晴らしいと思う。
    初め聴いた時は「ん?」と思ったのだけれど
    聴けば聴くほど いい。
    あぁ ほんと 良くわかるこの言葉の意味が・・・と
    何度も聴いているうちに沁みている。

    あの 英語の詞を
    だれがこのようにすっきりと
    そして伝わるように和訳出来るだろう。
    日本語詞で歌われたこの歌を聴いたことがなかっただけに
    これは本当貴重な世界です。

    しかも Osamu Shojiの弦楽の音楽が感動的。

    間奏とか敢えて入れられていない。
    弦楽の楽器を演奏するパートが振り分けられているように
    ゆかりさんも淡々と歌い続けられている。
    演奏と歌がぴったり。
    絶妙な間も ぴったりです。
    歌と演奏が同時なのかなぁ。
    プロフェッショナルであります!!

    本当に ゆかりさんの歌の上手さがよくわかりますし
    胸に沁み入る一曲となっています。

    こんなすてきな「Yesterday」があったとは・・・・と
    うるうるで聴き続ける日々です。
     


    ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)
    (2015/03/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    【収録曲詳細】(日本語曲名/オリジナル曲名/オリジナル・アーティスト)
    1. マリソルの初恋(ME CONFORMO/Marisol)
    2. 明日を忘れて(FORGET DOMANI/Frank Sinatra)
     3.すてきなカプチーナ(Original Song)
    4.やさしくしてネ(DON'T JUST STAND THERE/Patty Duke)
    5.そよ風にのって(DANS LE MEME WAGON/Marjorie Noel)
    ★★6.ミア・ステラ(Original Song)
     7.おしゃべりな真珠(Original Song)
    8.夢見るシャンソン人形(POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON/France Gall)
    9.ふるえて眠れ(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE/Patti Page)
    10.夜霧のしのび逢い(LA PLAYA/ Claude Ciari)
    11.乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE/Chantal Goya)
    12.イエスタデイ(YESTERDAY/The Beatles)
    -additional tracks-
     13.ふりむいた恋(Original Song)
     14.花の落ちる時(Original Song)
     15.ポコ・ドポ(Original Song)

    ★Osamu Shoji 編曲作品
    ★★Osamu Shoji 作曲・編曲作品

    ゆかりのニューヒットパレード

    「明日を忘れて」(FORGET DOMANI) 伊東ゆかり

    「明日を忘れて」(FORGET DOMANI) 伊東 ゆかり
    作詞・作曲 N.Newell,R.Ortolani
    訳詞・水島哲 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    ゆかりのニュー・ヒット・パレードも 語りつくして
    この一曲のみとなりました。

    最後の一曲は
    「明日を忘れて」です。

    フランク・シナトラさんが歌うこの作品を聴いて
    男性の歌う世界しかイメージできなかったのですが

    Osamuマジックにかかれば
    おぉ なんておしゃれ!!
    ボサノバタッチでとってもしなやか。

    しかも弦のピッチカートなど随所にちりばめられ
    最後はピアノでドラマチックにフィナーレ!!

    小川真一さんのライナーでも
    Osamu Shojiの編曲を絶賛されており
    満足であります。

    すごくすてきな一曲!!
    初めて聴けましたが
    ばんざーい、ばんざーい、という気分です。

    そしてゆかりさんの歌唱は
    このアルバムどれも素晴らしく
    甘く、表現力も豊かで
    パーフェクト、といった感じがします。

    語りかけるようなささやくような
    心に届く歌声、
    聴く人の胸をキュンキュンとさせて
    たまりません。

    ただひとつ レコードのジャケットだけは
    当時のスタッフさんには考えていただきたかったなぁ!

    もう音楽は 大満足です。
    聴いていて心が震えましたし
    心がうるうるになりました。

    キングさんに
    心からの感謝を!!


    ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)
    (2015/03/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    【収録曲詳細】(日本語曲名/オリジナル曲名/オリジナル・アーティスト)
    1. マリソルの初恋(ME CONFORMO/Marisol)
    2. 明日を忘れて(FORGET DOMANI/Frank Sinatra)
     3.すてきなカプチーナ(Original Song)
    4.やさしくしてネ(DON'T JUST STAND THERE/Patty Duke)
    5.そよ風にのって(DANS LE MEME WAGON/Marjorie Noel)
    ★★6.ミア・ステラ(Original Song)
     7.おしゃべりな真珠(Original Song)
    8.夢見るシャンソン人形(POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON/France Gall)
    9.ふるえて眠れ(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE/Patti Page)
    10.夜霧のしのび逢い(LA PLAYA/ Claude Ciari)
    11.乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE/Chantal Goya)
    12.イエスタデイ(YESTERDAY/The Beatles)
    -additional tracks-
     13.ふりむいた恋(Original Song)
     14.花の落ちる時(Original Song)
     15.ポコ・ドポ(Original Song)

    ★Osamu Shoji 編曲作品
    ★★Osamu Shoji 作曲・編曲作品

    ゆかりのニューヒットパレード

    「夜霧のしのび逢い」(LA PLAYA) 伊東ゆかり

    「夜霧のしのび逢い」(LA PLAYA) 伊東 ゆかり
    作曲 j.V.Wetter
    作詞・岩谷時子 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    このアルバムを夢中に聴く日々ですが
    来月復刻されるアルバムの曲目がやっと公表され
    「秋が突然」と「今日から私は」も入っていることを知り
    飛びあがらんばかりに喜んでしまいました。

    「秋が突然」
    復刻していただきたい作品ベスト3に入ってました。
    それだけに今から待ち遠しくてたまりません。
    来月も楽しみがあって
    私は、がんばれそうな気がしますーー!!

    さて、「夜霧のしのび逢い」
    どなたの歌だったのかと思ったら
    クロード・チアリさんのギター演奏による
    インストゥルメンタルが原盤だったのですね。

    ゆかりさんの音楽を聴くことで
    私の音楽の知識や世界もグーーーンと広がりました。
    洋楽もおかげさまで随分わかるようになりました。

    雨にぬれながら夜毎に
    心もとめあう街角
    せつなく一夜の夢むすぶ
    はかない恋よ


    岩谷時子さんの詩も
    ムードがあって情熱的です。

    そしてゆかりさんの歌声も
    霧の中でささやくような狂おしさがあって
    なんだか ドキドキします。

    なんていうのか
    ゆかりさん自身が
    胸を焦がすような恋でもしていらっしゃったのではないかしらと、
    19歳のゆかりさんのことを
    今さら心配しても仕方ないのですが
    女っぽく 切なさがあふれる歌声に
    何かあったのでは、とまで思いました。

    19歳という年齢のせいでしょう。
     悩みも尽きないお年頃です。
    だからこそ 儚くもあり美しくもあるのが19歳です。

    清楚なユリの花のような 10代のゆかりさん。

    この次の年に「小指の想い出」という刺激的な歌詞の唄が
    大ヒットとなり、ムード歌謡が主になっていくのだと思いますが
    だからこそOsamu Shojiとの 美しく清楚で気品に満ちた作品の数々が
    ゆかりさんの支えとなられたのではと
    私は思います!

    こうして復刻という形で世に出てきたことは
    きっと 大きな意味があると思います。

    これから お二人のコラボレーションによる作品を
    たくさんの方が聴かれ、
    あらためて その素晴らしさが認識されることになると確信いたします。


    ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)
    (2015/03/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    【収録曲詳細】(日本語曲名/オリジナル曲名/オリジナル・アーティスト)
    ★1. マリソルの初恋(ME CONFORMO/Marisol)
    ★2. 明日を忘れて(FORGET DOMANI/Frank Sinatra)
     3.すてきなカプチーナ(Original Song)
    ★4.やさしくしてネ(DON'T JUST STAND THERE/Patty Duke)
    ★5.そよ風にのって(DANS LE MEME WAGON/Marjorie Noel)
    ★★6.ミア・ステラ(Original Song)
     7.おしゃべりな真珠(Original Song)
    ★8.夢見るシャンソン人形(POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON/France Gall)
    ★9.ふるえて眠れ(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE/Patti Page)
    ★10.夜霧のしのび逢い(LA PLAYA/ Claude Ciari)
    ★11.乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE/Chantal Goya)
    ★12.イエスタデイ(YESTERDAY/The Beatles)
    -additional tracks-
     13.ふりむいた恋(Original Song)
     14.花の落ちる時(Original Song)
     15.ポコ・ドポ(Original Song)

    ★Osamu Shoji 編曲作品
    ★★Osamu Shoji 作曲・編曲作品

    ゆかりのニューヒットパレード

    「ふるえて眠れ」(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE)伊東 ゆかり

    「ふるえて眠れ」(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE)伊東 ゆかり
    作詞・作曲 M.David,F.Devol
    訳詞・加茂亮二 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    3月20日に復刻された1966年作品『ゆかりのニュー・ヒット・パレード』
    品が良く美しく 大変感動いたしました。
    もう 大満足のアルバムです。

    ただ ひとつだけ 言わせていただくならば
    ちょっと ジャケットの写真が・・・・。
    ゆかりさんには このようなデザインの紺色はあまり似合われないと
    私は思うのですが・・・。

    もう少しやわらかい色とか明るい色のほうが
    華やかに見えるし
    やさしさが出てよいと思います。
    大人になるまでは きちっ、と、と思われたのでしょうか。

    このジャケットとシングルレコードの「彼」のジャケットは
    私としては ゆかりさんの美しさが 生かされていないと
    思えて仕方ないのです・・・。
    でも きちんとした感じを出されたかったのかなぁ、なんて
    思っています。

    内容が素晴らしいだけに
    もっとレコードジャケットも
    思いっきり乙女な感じにしていただきたかったような気もします。

    さて「ふるえて眠れ」ですが
    Patti Pageのカバー作品なのですが
    雰囲気は きちんと残し
    この世界感は大切にされていると感じました。

    けれど すごいところはOsamu Shoji の編曲は
    カバーした作品とは まったく違う、ということです。
    元の作品が ストリングスを主に演奏をしていれば
    Osamu Shoji は あえて ストリングスではなく
    マリンバであり、ギターであり・・・と
    まったく違った音楽でこの歌を聴かせてくれる。

    だからこそ まさに ゆかりさんのオリジナルのように聴こえて
    ぴったりとハマっています。

    抱きしめてほしいの
    涙はいやよ
    あなたがそばにいれば
    もうこわくない

    この歌は Patti Pageさんと同じキーで
    女性にしてはキーも低いのですが
    ゆかりさんだからこそ
    この低さでも 
    まろやかにやさしく響くのだと思います。
    最後の降りて行くところの音など
    ゆかりさんならでは、です。

    品の良いマリンバの音色が
    甘く心を震わせて
    ゆかりさんの歌声を沁み渡らせています。


    ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)
    (2015/03/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    【収録曲詳細】(日本語曲名/オリジナル曲名/オリジナル・アーティスト)
    ★1. マリソルの初恋(ME CONFORMO/Marisol)
    ★2. 明日を忘れて(FORGET DOMANI/Frank Sinatra)
     3.すてきなカプチーナ(Original Song)
    ★4.やさしくしてネ(DON'T JUST STAND THERE/Patty Duke)
    ★5.そよ風にのって(DANS LE MEME WAGON/Marjorie Noel)
    ★★6.ミア・ステラ(Original Song)
     7.おしゃべりな真珠(Original Song)
    ★8.夢見るシャンソン人形(POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON/France Gall)
    ★9.ふるえて眠れ(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE/Patti Page)
    ★10.夜霧のしのび逢い(LA PLAYA/ Claude Ciari)
    ★11.乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE/Chantal Goya)
    ★12.イエスタデイ(YESTERDAY/The Beatles)
    -additional tracks-
     13.ふりむいた恋(Original Song)
     14.花の落ちる時(Original Song)
     15.ポコ・ドポ(Original Song)

    ★Osamu Shoji 編曲作品
    ★★Osamu Shoji 作曲・編曲作品

    ゆかりのニューヒットパレード

    「乙女の涙」(UNE ECHARPE,UNE ROSE)伊東 ゆかり

    乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE)伊東 ゆかり
    作詞・作曲 R.Dumas,J.J.Debout
    訳詞・安井かずみ 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    3月20日に復刻された1966年作品『ゆかりのニュー・ヒット・パレード』
    クラシカルな美しい音楽とともに
    ゆかりさんの 甘くまろやかな歌声が豊かに響きます。

    星空を見上げ
    祈りを捧げたくなるような美しさ。

    「乙女の涙」は
    私は星空を眺めながら聴きました。

    うっ、と胸に突き上げてくるものがあります。

    この作品と次の「yesterday」
    孤独なこの闇にも 星が瞬きます。
    ギュ~、と胸を締め付けられるような切なさと
    心が洗われるような清らかさ。

    もう すばらしすぎます。

    小川真一さんのライナーにも書いてあります。
    「弦の音が実に美しく、
    このあたりも東海林修の編曲術の真骨頂だといえるだろう。」と。

    音楽がとても美しく
    それだけでも泣きたくなります。
    Osamu Shojiの弦の編曲は美しいなぁ。
    私はOsamu Shojiの、こんな世界が大好きです。

    詩もとても美しい。
    美しすぎて、なんて切ない世界。

    そしてこの歌は音符の起伏が少なく
    繰り返し淡々と歌い上げるメロディになっているのですが
    それだけに 歌い手の表現力と歌の上手さが問われる作品です。

    愛のしるしに 赤いバラを
    いつかあの人が やさしくくれた
    でももう終わり
    この涙 夢をながす この涙


    胸の悲しみの傷口は
    本当に美しいものでしか塞げない。

    私はそんな気がします。

    ゆかりさんの歌声は
    その心情が痛いほどに伝わるような
    切なさを秘めています。
    すごくすごく胸に沁みます。
    もうたまらないです。

    なんとかこの歌を
    涙をこらえ聴いて
    うるうるとした自分の耳に
    次の「yesterday」が聴こえてくる。

    そうするともう、我慢できなくなり
    ポロポロと涙がこぼれてしまう、
    そんな感じです。

    美しくて、大好きです。このアルバム。
    私は。


    ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)
    (2015/03/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    【収録曲詳細】(日本語曲名/オリジナル曲名/オリジナル・アーティスト)
    ★1. マリソルの初恋(ME CONFORMO/Marisol)
    ★2. 明日を忘れて(FORGET DOMANI/Frank Sinatra)
     3.すてきなカプチーナ(Original Song)
    ★4.やさしくしてネ(DON'T JUST STAND THERE/Patty Duke)
    ★5.そよ風にのって(DANS LE MEME WAGON/Marjorie Noel)
    ★★6.ミア・ステラ(Original Song)
     7.おしゃべりな真珠(Original Song)
    ★8.夢見るシャンソン人形(POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON/France Gall)
    ★9.ふるえて眠れ(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE/Patti Page)
    ★10.夜霧のしのび逢い(LA PLAYA/ Claude Ciari)
    ★11.乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE/Chantal Goya)
    ★12.イエスタデイ(YESTERDAY/The Beatles)
    -additional tracks-
     13.ふりむいた恋(Original Song)
     14.花の落ちる時(Original Song)
     15.ポコ・ドポ(Original Song)

    ★Osamu Shoji 編曲作品
    ★★Osamu Shoji 作曲・編曲作品

    ゆかりのニューヒットパレード

    「やさしくしてネ」伊東ゆかり

    「やさしくしてネ」(DON'T JUST STAND THERE)伊東 ゆかり
    作詞・作曲 B.Ross ,L.Crane
    訳詞・安井かずみ 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    3月20日に復刻された1966年作品『ゆかりのニュー・ヒット・パレード』が
    あまりに素晴らしいので うれしくてたまりません。

    格調高く美しい世界。
    Osamu Shojiの弦楽のアレンジは最高です。
    私は この世界が一番好きかもしれないです。

    Patty Dukeの「DON'T JUST STAND THERE」のカバー。
    Osamu Shojiの、ストリングスの豊かな調べに包まれると
    これはまったく別物です。

    本家は 甘ったるい歌声ですが
    ゆかりさんの世界は 落ちついた雰囲気。

    訳詞は 安井かずみさん。
    あの強く切って歌うところなど
    こんな歌詞を当てたのだろう、と
    興味津津で聴きましたが
    さすが安井かずみさん。

    「く・ち・づ・け してくれる」
    「さ・よ・な・ら はいや」

    こんな風に 
    ゆかりさんの乙女の表情。

    そして 美しい作品の中に
    甘い ゆかりさんの台詞。

    若い乙女の声は
    少し鼻にかかったような甘い声。
    あぁ かわいいゆかりさんがここに
    ちゃんといてくれる。
    台詞もとっても素敵。

    この曲も
    Osamuマジックがいっぱい。

    豪華な演奏に包まれて
    とても満たされる。

    そして
    しっかりとゆかりさんの歌声を
    聴かせてくれる。

    冷たいあなたの目に 言葉はないのね


    一瞬音が消えて
    この耳が 次の音を待つ瞬間、
    ゆかりさんの 甘い豊かな声が響く。

    ゆかりさんの声が
    自分の中に沁み入る瞬間・・。
    あぁ なんていい声。


    この時期のゆかりさんの声は
    少し鼻にかかったような甘い声。

    大人の階段を昇っていく
    微妙な時期。
    少女と大人がせめぎ合う
    人生の中においては 本当に短い美しい時期。

    特に19歳という年齢は
    鮮やかに艶めく。

    19歳という年齢は
    だれもがターニングポイントに感じる年齢のように
    私は想う。

    「微妙」だから
    魅力が溢れる。

    このアルバムのゆかりさんの
    清楚で清らかな歌声が
    私は愛おしい。

    また 私の宝物が増えました。

    素晴らしいアルバムに出逢えて
    とっても幸せです。


    ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)
    (2015/03/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    【収録曲詳細】(日本語曲名/オリジナル曲名/オリジナル・アーティスト)
    ★1. マリソルの初恋(ME CONFORMO/Marisol)
    ★2. 明日を忘れて(FORGET DOMANI/Frank Sinatra)
     3.すてきなカプチーナ(Original Song)
    ★4.やさしくしてネ(DON'T JUST STAND THERE/Patty Duke)
    ★5.そよ風にのって(DANS LE MEME WAGON/Marjorie Noel)
    ★★6.ミア・ステラ(Original Song)
     7.おしゃべりな真珠(Original Song)
    ★8.夢見るシャンソン人形(POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON/France Gall)
    ★9.ふるえて眠れ(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE/Patti Page)
    ★10.夜霧のしのび逢い(LA PLAYA/ Claude Ciari)
    ★11.乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE/Chantal Goya)
    ★12.イエスタデイ(YESTERDAY/The Beatles)
    -additional tracks-
     13.ふりむいた恋(Original Song)
     14.花の落ちる時(Original Song)
     15.ポコ・ドポ(Original Song)

    ★Osamu Shoji 編曲作品
    ★★Osamu Shoji 作曲・編曲作品

    ゆかりのニューヒットパレード

    「イエスタデイ」(YESTERDAY) 伊東ゆかり

    「イエスタデイ」(YESTERDAY) 伊東ゆかり
    作詞・作曲 J.Lennon,P.McCartney
    訳詞・島村 葉二  編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    3月20日に1966年作品『ゆかりのニュー・ヒット・パレード』が復刻され、
     聴くことが出来ました。

    素晴らしすぎて 胸が詰まるくらい感動しました。
    Osamu Shoji作品は10曲。

    驚くことがいっぱいありました。

    まず、初めて聴いた作品が5曲もあったこと。
    これは本当にうれしいことでした。
    初めて出逢う作品に 胸も躍りましたし
    豊かで美しすぎるこの世界に
    胸が震えるようでした。

    もうひとつは ライナー。
    あんなに素晴らしい 「サン・レモのゆかり」でさえ
    ライナーには「東海林修」の文字はどこにもありませんでした。

    もしかしたら炙り出しのように
    炙ったら 東海林修の音楽の素晴らしさが書いてあるのでは?と
    思ったくらい、
    この素晴らしさに触れらていないことが、ありえないことだ、と
    本当にがっかりとしましたが

    今回のライナーは 
    あっちにもこっちにも東海林修の音楽の素晴らしさが讃えてありました。

    きちんと 書いていただけていたので
    とてもうれしいと思いました。

    あとひとつ 驚くと同時に残念だったことは
    シングル盤で発売された
    「花の落ちる時」と「ポコ・ドポ」の編曲者が
    Osamu Shojiではなかった、ということです。
    私などは あの編曲のまま 日本語で歌われているものと思っていましたが
    違う方の編曲になって 違う雰囲気の作品になっていたことは
    大変残念に感じました。

    さてこの 「イエスタデイ」ですが
    ゆかりさんのことだから英語で歌われているのだろうなぁ、と
    思っていましたら なんと日本語詞で歌われています。

    この歌は私でさえ英語で歌えるくらいで
    誰もが知っているような英語の歌です。

    日本語で歌った方が よっぽど難しい、と思うのですが
    さすが ゆかりさんは 普通のことはされませんね。

    そしてこの作品は
    美しい弦楽四重奏が胸に沁み入るような素晴らしさで
    音の粒立ちがさらにパワーアップしており
    ゆかりさんのキュンとするような甘い歌声に
    うっとりと聴き入っているうちに
    あっという間に終わってしまい
    あぁ もう一回!!
    と 何度も聴かずはいられないような
    アルバムの最後にふさわしい
    素敵な作品となっています。

    どうして あの人がいったのか
    淋しく 思い出すの yesterday


    淡々と歌われているようですが
    この歌い方だから
    深く沁みます。

    まるで星空を見上げ
    この心に問うようでもあり、
    夜空というスクリーンに
    過ぎた日々の幸せが
    映し出されるような切なさがあります。


    ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)ゆかりのニュー・ヒット・パレード (DELUXE EDITION)
    (2015/03/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    【収録曲詳細】(日本語曲名/オリジナル曲名/オリジナル・アーティスト)
    ★1. マリソルの初恋(ME CONFORMO/Marisol)
    ★2. 明日を忘れて(FORGET DOMANI/Frank Sinatra)
     3.すてきなカプチーナ(Original Song)
    ★4.やさしくしてネ(DON'T JUST STAND THERE/Patty Duke)
    ★5.そよ風にのって(DANS LE MEME WAGON/Marjorie Noel)
    ★★6.ミア・ステラ(Original Song)
     7.おしゃべりな真珠(Original Song)
    ★8.夢見るシャンソン人形(POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON/France Gall)
    ★9.ふるえて眠れ(HUSH,HUSH,SWEET CHARLOTTE/Patti Page)
    ★10.夜霧のしのび逢い(LA PLAYA/ Claude Ciari)
    ★11.乙女の涙(UNE ECHARPE,UNE ROSE/Chantal Goya)
    ★12.イエスタデイ(YESTERDAY/The Beatles)
    -additional tracks-
     13.ふりむいた恋(Original Song)
     14.花の落ちる時(Original Song)
     15.ポコ・ドポ(Original Song)

    ★Osamu Shoji 編曲作品
    ★★Osamu Shoji 作曲・編曲作品

    ゆかりのニューヒットパレード

    「忘れじのグローリア」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「忘れじのグローリア」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    訳詞・沢田研二 作曲・P.Senneville 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    Osamu Shojiは リサイタルやコンサートにおいて
    音楽監督と指揮を担当されることも多くありました。

    たとえば 菅原さん、ゆかりさん、
    ゴンちゃんもそうですし、GOROさんもそうです。

    そしてこのジュリーも。

    このリサイタルは ジュリーの魅力が炸裂しています。
    甘いバラードからかっこいいロックンロールまで・・・

    こんなに幅広い音楽を取り上げられるのも
    音楽をOsamu Shoji が担当されていることが大きいと思います。

    ヒット曲も 極上のストリングスアレンジで
    Sweetに響きわたります。

    そして 私がこのアルバムの中で
    特に心を動かされるのは「ある青春」。
    この「ある青春」は 衝撃的でした。
    涙が止まりませんでした。
    この曲については 前に書いておりますので
    よろしければ記事をご覧ください。

    そして この「忘れじのグローリア」・・・・
    ミッシェル・ポルナレフが1970年に歌われた作品のカバー。

    心を鷲掴みにされます。
    きゅーーんと胸がしてきます。
    切なさであふれます。

    イントロはOsamu Shoji ならではのシンセサイザー。
    ドラマチックなアレンジ。
    一瞬でこの歌の世界へ。

    今あなたが別れを告げても
    たとえふたたび 逢えない愛でも
    ぼくはあなたの光で生きていること忘れないで


    訳詞は沢田研二さんご本人ですが
    曲と ぴったりとハマっていて
    素晴らしいと思います。

    熱いジュリーの歌声に なんかもう・・・ダメになりそう~
    ・・・そんな感じ。

    ジュリーの世界に 
    しばらく浸りきっていたい。

    私はジュリーのこういう世界が大好きです。

    沢田研二リサイタル

    「BRACK JACK KARTE5 BGM-1」 Osamu Shoji(東海林 修)(BRACK JACK KARTE5「サンメリーダの梟」より)

    「BRACK JACK KARTE5 BGM-1」 Osamu Shoji(東海林 修)(BRACK JACK KARTE5「サンメリーダの梟」より)
    作曲・編曲・シンセサイザー  Osamu Shoji(東海林 修)

    ブラックジャックのシリーズで
    特に記憶に残る作品が「サンメリーダの梟」

    音楽とともに 記憶に鮮明です。

    それも 一度聞いたら忘れられない
    あのメロディの力が大きいと思います。

    BGM-1は 物語とともに進んでいる音楽。
    音楽を聴いただけで
    どんなシーンになったか
    頭に描ける音楽です。

    聴きながら
    自分の遠い記憶をたどります。
    こんな風に自分の中の深いところで
    何かが眠っているかもしれない。

    人間は単純なようで
    神秘的な力に操作されている。

    自分の中にあるものは
    目に見えるものだけでない。

    そういう深さを
    この音楽でもとても感じます。
    ブラックジャック

    Black Jack Sound tracks-2 サンメリーダの鴞/拒食 二人の黒い医者Black Jack Sound tracks-2 サンメリーダの鴞/拒食 二人の黒い医者
    (2011/10/02)
    東海林修

    商品詳細を見る

    アルバム「Black Jack Sound tracks-2 」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    先生に、どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。

    「男と女」(アルバム「スクリーン ミュージック デラックス」)

    「男と女」(アルバム「スクリーン ミュージック デラックス」)
    作曲・F.Lai 指揮・ 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )


    1974年 キングレコードより発売の
    「スクリーン ミュージック デラックス」
    一枚目はOsamu Shoji 編曲・指揮による ヨーロッパ編

    Osamu Shojiの音楽は
    おしゃれで優雅で、
    歴史あるヨーロッパのたたずまいが
    頭の中で描ける音楽です。

    格調高く品が良くて
    私は こういうOsamu Shojiの音楽を
    特に愛聴しています。

    ゆかりさんのカンツォーネの音楽も素晴らしかったし
    100人のストリングスも感動で胸が震えたし
    Osamu Shojの音楽は 本当に豊かで美しいと思います。


    さて 「男と女」
    この音楽もとても素敵です。
    シャバダ シャバダバダ シャバダバダ・・・
    優雅に、ハナ唄まじりにスイング。

    一人で過ごすお茶の時間も
    こんな音楽が流れていたらすてき。

    とても品の良い 大人になれた気分。

    この音楽は 心を豊かにして
    自分を優しくしてくれると、
    実感できる世界です。


    スクリーンミュージックデラックス
    収録作品
    1.白い恋人たち
    2.あの愛をふたたび
    3.男と女
    4.ブーベの恋人
    5.パリのめぐり逢い
    6.ロミオとジュリエット
    7.日曜はダメよ
    8.禁じられた遊び
    9.ラストタンゴ・イン・パリ
    10.鉄道員
    11.小さな恋のメロディー
    12.シェルブールの雨音

    アルバム「スクリーンミュージックデラックス」のOsamu Shojiの編曲作品のCDは 
    東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。

    【番外編】伊東ゆかりさんの復刻は続く。

    すごいことだと思うのですが
    毎月復刻されている 伊東ゆかりさんのアルバム
    4月も発売されます。

    小指の想い出 (DELUXE EDITION)です。
    曲名を見る限り ベストアルバムなのかなぁ、という感じ。

    B面はほとんどOsamu Shoji作品だったのかなぁ、と
    思います。

    ゆかりさんは 「小指の想い出」を出され、
    この曲が大ヒットしましたので
    だんだんと そういう艶やかでお色気の感じられる曲が
    メインになりつつありました。

    この時代は そういう世界を
    求める人が多かった、ということでしょう。

    けれど だからこそ言いたい。
    Osamu Shoji(東海林 修)作品は
    すっきりとして清楚で
    品が良く優雅です。

    そしてこの世界を表現できるのは
    ゆかりさんであればこそでした。

    凛として美しい。

    この世界は 本当に貴重です。

    今一度たくさんの方に
    聴いていただくきっかけになり
    この素晴らしい世界を知っていただいて、

    きちんと評価されることを
    心から望みます。

    小指の想い出 (DELUXE EDITION)小指の想い出 (DELUXE EDITION)
    (2015/04/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    追記
    収録曲が 公開されていました!!
    正直 持っている作品ばかりだったら
    今回はいいかな・・・と 内心思ってしまっていましたが
    なーーんと「秋が突然」が入っていることを知り
    おーーーーっ
    もうこの一曲だけで 「欲しい~~っ!!買いますっ。買います!!!」
    すぐに注文ボタンを押しました。
    悲願のCD化ですっ。
    待っておりました!!
    これはうれしいです!!


    収録作品
    1. 小指の想い出
    2. 淋しくて淋しくて
    3. わたしのお星さま
    4. 夜霧にかくれて
    5. 幸福(しあわせ)くん
    6. 小さな恋
    7. 愛のわかれ
    8. 花のささやき
    9. ポコ・ドポ
    10. マリソルの初恋
    11. 恋する瞳
    12. 愛はかぎりなく
    13. この気持ちを
    14. もう一人私がいたなら
    15. 可愛い女
    16. 哀愁の二人
    17. 今日から私は
    18. 秋が突然
    201504YUKARI.jpg

    「修羅」Osamu Shoji ( 東海林 修 )(アルバム「キマイラ2」)

    「修羅」Osamu Shoji ( 東海林 修 )(アルバム「キマイラ2」)
    作曲・編曲・シンセサイザー Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    昨日は『妖獣都市』のアルバムの作品を書きましたが
    今日は「キマイラ2」です。

    うぅぅ 怖さは 中途半端ではありません。

    キマイラシリーズは夢枕獏さんの「キマイラ孔」のイメージアルバム。

    私はこのシリーズの中でも
    特に「キマイラ2」は怖い。

    人間 怖いと言っても
    目に見えるものは それほどでもない。

    本当に怖いのは
    「目に見えないもの」ではないでしょうか。
    私はそう思います。

    本当に怖い経験をした人なら尚のこと
    この音楽を聴くと震え上がるのではないでしょうか。

    音楽を聴きながらいろんなのものをイメージする。
    リアルに怖い。

    そしてジャケットを見る。
    さらに凍りつきます。

    このアルバムはキマイラ1、キマイラ3とは
    違った雰囲気になっています。

    真正面から この物語と向き合った、
    という感じがします。

    音楽でこんなに体感温度が変わるものかと
    驚くくらいです。

    それにしても
    キマイラシリーズは
    今も人気のある作品です。

    聴いてみたいと考えていらっしゃる方には
    まずキマイラ1から
    聴かれることをお勧めします。

    キマイラ2



    収録作品
    邂逅(かいこう)
    修羅
    鬼骨
    凶夢
    繚乱(りょうらん)
    慟哭 (どうこく)

    「妖獣」Osamu Shoji (東海林 修)(「妖獣都市」オリジナル・サウンドトラック)

    「妖獣」Osamu Shoji (東海林 修)(「妖獣都市」オリジナル・サウンドトラック)
    作曲・編曲 シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1987年劇場公開アニメ作品「妖獣都市」
    (第5回日本アニメ大賞オリジナルビデオソフト最優秀作品賞 受賞作品)

    原作は菊池秀行さんの
    1987年劇場公開アニメ作品「妖獣都市」の
    オリジナル・サウンドトラック盤。

    あらすじについては
    自分なりに「闇ガード」のレビューのページに書いていますので
    よろしければご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

    さて「妖獣」はオムニバス形式で
    まったく違う雰囲気の音楽が入っています。

    最初は おっ なんだか 穏やかで
    おしゃれな音楽だなっ、と
    安心して くつろいで聴けます。
    艶やかな麻紀絵と
    何もかも忘れ しばし見つめあうような気分。
    ひとときの憩いの時。

    しかし・・・一瞬にしてその穏やかな時間も消え去り
    また例によって
    目に見えないものが忍び寄ってくる。

    何かが忍び寄る。
    息を止め 目を凝らし 闇を見つ目つめるよう。
    「冷たさ」「怖さ」が
    音楽で表現されている。

    Osamuマジック!!

    この物語とピタリとハマり
    よりこの世界が奥深く広がっています。
    妖獣都市

    収録作品
    1. プロローグ
    2. 闇ガード
    3. 麻紀絵
    4. It's not easy (touyama)
    5. 妖閉空間
    6. 妖獣
    7. 夢幻
    8. 魔道士
    9. 覚醒
    10. Hold me in the shadow (ida)

    アルバム「妖獣都市」オリジナル・サウンドトラックのCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生の「妖獣都市」の作品のページはこちらです。
    注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。

    「青空のゆくえ」 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」

    「青空のゆくえ」 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)
    作詞・安井かずみ 作曲・宮川 泰
     指揮・編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    1969年11月8日 サンケイ・ホール
    発売1970 「わたし」~伊東ゆかりリサイタル~ 

    リサイタル前半を締める曲は「青空のゆくえ」
    イントロダクションからドラマチックで
    「え?この曲って何だろう?!」
    身を乗り出して聴いてしまう。

    華やかな金管楽器のファンファーレのような始まり。
    そして繊細なストリングスに導かれる。

    ああ 「青空のゆくえ」だったんだ!!
    この驚きがうれしい。

    そして リズムに変化を持たせながら
    とても大きなアレンジで進んでいく。

    歌うゆかりさんは  ものすごく難しくて
    大変だったと思う。

    でも息も長く、力強く、明るく、優しく・・・・
    強弱を付けながら 堂々と熱唱されていて
    聴きごたえ充分。

    もう2回くらい、
    この曲のリハーサルをされていたら
    もう完璧に、
    「ピタリ」、と決まったのではないかなぁ~
    何しろ難しいのに
    よく歌われていて素晴らしい~っ。

    宮川泰さんの作曲作品では
    ザ・ピーナッツの「ウナ・セラ・ディ東京」が
    Osamu Shojiの編曲作品だけれど
    この作品が もう 素晴らしくムードがあって
    阿吽の呼吸で すべてが「ピタリ」と決まっていて素晴らしい。
    これほど贅沢な作品があるでしょうか、という感じ。

    宮川泰作曲、Osamu Shoji編曲、という作品って貴重。

    すごく素敵な曲になるんだなぁ~。
    Osamu Shojの編曲は
    ストリングスの音楽とか とても豊かで繊細。
    私は特に好きなのだけれど
    一瞬の「間」とか 一瞬 音を消す、とか
    色んなマジックも使われて
    心が震えるような美しい世界を表現される。

    ステージでもこんな華やかで
    すてきな音楽。
    ゆかりさんのこのステージ、
    本当に素晴らしいものだったんだなぁ、と
    しみじみと感動。

    このアレンジで
    スタジオ録音をしていただきたかったなぁ。
    本当に。


    わたし - 伊東ゆかり リサイタルわたし - 伊東ゆかり リサイタル
    (2014/10/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    1. 恋のおもかげ
    2. ポップス・メドレー(バケーション~ロコ・モーション~ビー・マイ・ベイビー~ネイビー・ブルー~ボビーに首ったけ~恋の売り込み)
    3. 恋する瞳
    4. オリジナル・メドレー小指の想い出~恋のしずく~朝を返して)
    5. 青空のゆくえ
    6. 信ちゃんとママ(シャボン玉一つ~七つの子~黒ネコのタンゴ~マンマ)
    7. 雨(あめふり~)
    8. ピッコラ・ピッコラ
    9. 思い出のサンフランシスコ
    10. 宿命の祈り
    11. 愛する明日

    y19.jpg

    「ピッコラ・ピッコラ」PICCOLA PICCOLA 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)

    「ピッコラ・ピッコラ」PICCOLA PICCOLA 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)
    日本語詞・,荒井 基裕 
     指揮・編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    1969年11月8日 サンケイ・ホール
    発売1970 「わたし」~伊東ゆかりリサイタル~ 

    カルメン・ヴィラーニが歌ったサンレモ入賞曲のカバー。
    私には このアルバムで初めて出逢った歌です。

    華やかで明るくきらきらとした夢のある作品。

     指揮・編曲はOsamu Shoji。

    華やかなリサイタル。
    夢のように過ぎる時間。
    オーケストラの迫力のある生演奏とともに
    ゆかりさんの歌声が響く。

    いやぁ このステージを生で見れた方が羨ましい!!
    甘くて優雅で きらきらとした世界。

    「 ピッコラ ピッコラ ああ ささやいて
    君は僕の恋人だと
    あなたといっしょに 離れないで
    どこまでも どこまでも ゆくでしょう」

    とても幸せな世界。
    華やかで美しいオーケストレーション。

    ゆかりさんの甘い歌声が伸びやかに響きわたる。

    聴き終わった時に
    あぁ すてきっ
    やっぱり ステージっていいなぁ~

    なんだか夢の世界に立つ気持ち。
    復刻されて うれしい!!


    わたし - 伊東ゆかり リサイタルわたし - 伊東ゆかり リサイタル
    (2014/10/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    1. 恋のおもかげ
    2. ポップス・メドレー(バケーション~ロコ・モーション~ビー・マイ・ベイビー~ネイビー・ブルー~ボビーに首ったけ~恋の売り込み)
    3. 恋する瞳
    4. オリジナル・メドレー小指の想い出~恋のしずく~朝を返して)
    5. 青空のゆくえ
    6. 信ちゃんとママ(シャボン玉一つ~七つの子~黒ネコのタンゴ~マンマ)
    7. 雨(あめふり~雨)
    8. ピッコラ・ピッコラ
    9. 思い出のサンフランシスコ
    10. 宿命の祈り
    11. 愛する明日

    y19.jpg

    「港の灯り」太田幸雄とハミングバーズ(アルバム「夕日に赤い帆」)

    「港の灯り」太田幸雄とハミングバーズ(アルバム「夕日に赤い帆」)
    作詞・作曲・ A.ララ-N.ワシントン 訳詞・駿河あきら 編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1971年3月発表作品

    太田幸雄とハミングバーズの世界も、大好きで語ってきましたが
    この「港の灯り」で すべて語りつくすことになります。
    ハミングバーズの楽曲のレビュー これが最後の一曲ということになります。

    実は全部語りきったと思っていたのです。
    よく確認したら
    この一曲が抜けていたことに気がつきました。
    (なんたる失策であることか。)

    この作品はスキャットになります。
    歌詞はありません。

    優雅で甘く美しい音楽に身をゆだねて
    しばし夢の中へ。

    美しい海が見える
    あたたかい場所。

    風はやさしく吹き抜け
    波の音が聞こえてくるよう。

    日常から離れ、夢見心地。

    なんて品が良く、美しく、甘い音楽。

    はぁ~っ
    すてきすぎて ため息。

    うっとりと聴いたら
    また いつもの日常でがんばれそうです。

    太田幸雄とハミングバーズのOsamu Shojiの世界は
    私をとってもおしゃれにしてくれます。
    大好きな世界。

    こちらのアルバムはAmazonで購入できます。
    ライナーにはOsamu Shojiのインタビューもあり
    とても貴重な記録となっています。
    夜を盗む男たち : コレクション夜を盗む男たち : コレクション
    (2004/03/20)
    太田幸雄とハミングバーズ

    商品詳細を見る


    1. オープニング
    2. スティーヴ・マックィーンみたいな奴
    3. 恋の四月恋の九月
    4. 洒落た関係
    5. バルバラ
    6. 珊瑚礁のかなた
    7. 星の船出
    8. マダム・フリージア
    9. アリカンテ ~ 夜のパリ
    10. メランコリーの好きなひとに
    11. 朝の食事
    12. クロッカスの小径
    13. それは去年の夏
    14. 港の灯り
    15. 小さなハワイ娘
    16. ヴィラ88
    17. 恋は水玉模様 ※16,17 この2作品はOsamu Shoji作品ではありません。

    18. 小さな竹の橋
    19. カイマナ・ヒラ
    20. 南国の夜
    21. サガンのような恋
    22. ブルー・ハワイ
    23. 夕日に赤い帆

    20040320OTA.jpg

    「夕焼けを追いかけて」 トワ・エ・モワ

    「夕焼けを追いかけて」 トワ・エ・モワ
    作詞・作曲・山室英美子 編曲.Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1973.5.5発売 アルバム「はじめに愛があった」

    山室(白鳥)英美子さん 作詞作曲作品の「夕焼けを追いかけて」
    ~春の子供たち、と メドレーになっていますが
    このレビューでは 離して 語りたいと思います。

    この曲は英美子さんのソロ。

    砂山をつくっていたら
    幼い頃を思い出す
    夕焼けを追いかけて
    泣きだした日のことを


    英美子さん心は少女のようで
    純粋さがにじみ出ていて

    透き通った声が
    とても合っています。

    Osamu Shojiの編曲は
    アコースティックなギターの音色が
    郷愁を誘う。

    そして管弦楽の旋律が
    懐かしい過去の自分を
    呼びおこしてくれます。

    もうしばらく
    波に消される砂山をながめるように

    時を忘れ、余韻に浸っていたい・・・と
    感じる世界です。
    はじめに愛があった