FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「自分ぎらい」フォーリーブス

    「自分ぎらい」フォーリーブス
    作詞・水野礼子 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1974年11月21日発売 アルバム「若者」

    フォーリーブスのアルバム「若者」の作品については
    もう全部書いたつもりでいたのですが
    まだこの作品を書いていないことに気がつきました。

    このアルバムを聴いて
    自分が持っていた公ちゃんのイメージが
    まったく違っていたことを知りました。

    大人しく控えめで静かで自己主張しないタイプの人と思っていたのです。
    なので 正直ぴっくりしました。

    こうしてこのアルバムを聴くと
    一番個性が強く 一番熱く、自己主張をされているのは
    公ちゃんだと思います。

    かなり強烈です。

    「自分ぎらい」
    この作品は 北公次さんがソロで歌われています。

    あーあー くさりを
    あーあー ほどいて
    あーあー 涙の顔を見ないで


    あーあー と歌詞カードには書いてありますが
    実際は あ~ん あ~ん、って感じです。
    若い少女たちには 刺激が強すぎる歌い方だと思います。
    これは無理です、と おっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。
    それくらい 自分を出して公ちゃんは歌われているのだと思います。
    すべてをさらけ出すくらいの勢いなのです。

    なにか 公ちゃんの中で悶々と くすぶるものが
    きっとあったのだと思います。
    内面で、何かに悶え苦しむような
    人には言えないことが
    きっとあったのだろう、と推測してしまいます。

    そういう風に 自分をさらけ出して歌えるような
    音楽を作られたのがOsamu Shojiです。

    公ちゃんは すごくうれしかったのではないかな、と思います。
    だから こんな風に 生々しい歌い方になったのでしょう。

    アレンジとしては 公ちゃんの歌声をまず第一に作られていますが
    なかなか楽しい新しい世界となっています。


    「若者」フォーリーブス
    1.夜のあいつたち
    2.不安の朝
    3.自分ぎらい
    4.恋のランナー
    5.手さぐりの世代
    6.急げ!若者
    7.君はふるさと
    8.この街をはなれて
    9.星空の旅人
    10.悲しみのページ
    11.SHE(彼女)
    12.さらば故郷の街

    スポンサーサイト