FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「旧い喫茶店」 野口五郎 

    「旧い喫茶店」 野口五郎          
    作詞・山上路夫 作曲・佐藤寛 編曲・Osamu Shoji (東海林修 )   
    1975年10月21日発売B 

    五郎さんの作品としては
    野口五郎らしい作品、と言えると思います。
    お兄さんの作曲作品。

    静かな歌い始めより
    グッとサビへ持っていくところなどは
    五郎さんとお兄さんの息の合ったコラボレーションです。

    野口五郎という歌手の そのイメージが定着しすぎたかな、という感じもします。

    そもそも Osamu ShojiのシングルA作品が1曲しかなかったことも
    少し不自然な気もしますが
    たくさんの名曲が生まれたことに変わりはないので
    過去のことは よしとしましょう。

    この作品は
    Osamu Shojiが編曲を担当されることにより
    作品に深みが増しております。

    大人の渋みとか
    ノスタルジックな雰囲気とか
    清らかさとか 哀しさとか 儚さとか
    言葉では言い表せないような切なさが表現されています。

    籠ったような哀愁の感じられるギター、
    胸の内の熱さを語るようなベース、
    記憶に優しく添うようなストリングス・・・・

    余韻を残すエンディングも
    この頃のOsamu Shojiならではの作品で興味深いです。
    完成度の高い作品です。

    時はどうして移ろいやすく
    すべては思い出の中に旅立つのか
    あなたと僕の青春は
    もろくこわれた こわれ去った


    こんな歌詞は 当時の自分にはイメージでしかわからなかったことですが
    今となれば しみじみとわかり
    実感として感じる世界です。

    美しい愛のかけら
    スポンサーサイト