FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「恋する瞳」L'AMORE HA I TUOI OCCHI 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)

    「恋する瞳」L'AMORE HA I TUOI OCCHI 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)
    作詞・Pallavicini 作曲・Kramer  指揮・ 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1969年11月8日 サンケイ・ホール
    発売1970 「わたし」~伊東ゆかりリサイタル~ 

    九州の方で大きな地震があって
    心が痛む日々です。
    被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。


    私は 日々 ゆかりさんの歌声を聴いています。
    何があっても ゆかりさんの歌声を聴くと 心底ホッとするのです。

    したいことも したくないことも・・・
    でもやらねばならないことも いっぱいあるのですが
    日々時間に追われながらも
    自分の自由な時間はOsamu Shojiの音楽を聴いています。

    中でもゆかりさんの作品は大好きです。
    たぶん ゆかりさんの歌声を聴かない日はないと思います。
    いつもウォークマンにめいっぱいに入れて
    ランダムに聴いています。

    きっとゆかりさんの声が好きなんだと思います。
    落ちついた温かい豊かな歌声。

    特に低音部などは 
    いつも思うのですが
    普通にこのキーで女性が歌ったら
    さっぱりなはずなのに
    ゆかりさんが歌われると心にじーーんと響き
    素敵すぎて ため息が出てしまうから不思議。

    「わたし」~伊東ゆかりリサイタル~ の「恋する瞳」
    大人のスイートなラブソング。
    ハープの響きや混声のコーラスも優雅に加わり
    圧倒的な歌唱力で ゆかりさんが聴かせてくださってます。

    声もいい。
    ムードもある。

    大きなヒット曲をたずさえてのリサイタル。
    堂々と晴れやかな舞台です。

    そして 指揮と編曲はOsamu Shoji。

    これは 本当にうれしかったことでしょう。

    聴いている私まで胸が熱くなる。
    素晴らしいリサイタルです。



    わたし - 伊東ゆかり リサイタルわたし - 伊東ゆかり リサイタル
    (2014/10/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    1. 恋のおもかげ
    2. ポップス・メドレー(バケーション~ロコ・モーション~ビー・マイ・ベイビー~ネイビー・ブルー~ボビーに首ったけ~恋の売り込み)
    3. 恋する瞳
    4. オリジナル・メドレー小指の想い出~恋のしずく~朝を返して)
    5. 青空のゆくえ
    6. 信ちゃんとママ(シャボン玉一つ~七つの子~黒ネコのタンゴ~マンマ)
    7. 雨(あめふり~)
    8. ピッコラ・ピッコラ
    9. 思い出のサンフランシスコ
    10. 宿命の祈り
    11. 愛する明日

    y19.jpg
    スポンサーサイト



    「アイ・ゲット・マッド」野口 五郎

    「アイ・ゲット・マッド」野口 五郎
     作詞 : Joe Cocker 作曲 : Jim Price  編曲 : Osamu Shoji (東海林修)

    1975年 7月16,17日      GORO ON STAGE ひとりぼっちの栄光
    1975年9月13日          GORO ON STAGE カルピスソーダ
    1975年11月  15日      ゴローインサンプラザ~美しい愛のかけら~
    1976年2月7日~3月14日   明治チョコレートコンサート
    1976年3月20~23日      日劇リサイタル~女友達
    1976年4月29日          GORO ON STAGE 故郷に帰るⅡ

    今思うと 五郎さんの洋楽のカバーは
    とにかくカッコよかったなぁ、と思います。

    テレビで見てきた
    物静かで哀愁のあるイメージとは
    まったく違っていて
    パワフルで激しい歌声。本当に驚いたものです。

    とにかくOsamu Shoji編曲の 
    洋楽のカバーは抜群にクール!!
    めちゃめちゃカッコよかったです。

    お二人で試されたことは
    すべて間違っていなかった、と
    しみじみと思います。

    「アイ・ゲット・マッド」は
    '75から'76の間
    たくさんのステージで歌われました。

    五郎さんが気に入ってらっしゃることは
    聴いていてもよくわかりました。
    とにかく歌い込んでいらっしゃっる、という感じがしました。

    情熱的で ワイルドで男らしい。
    スカッ、として ゴキゲンです。

    パワフルで華やかな音楽も最高です。

    キラキラと輝く五郎さん。

    やっぱりお二人のロックはいいなぁ~っ。

    もっと聞きたかったなぁ・・・と
    今 すごく思います。

    ****

    2016年7月27日アルバムが復刻されました。
    ひとりぼっちの栄光

    GORO ON STAGE ひとりぼっちの栄光<タワーレコード限定>
    http://tower.jp/item/4300271/GORO-ON-STAGE-%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%BC%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%A0%84%E5%85%89%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E