FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「追想」 ヒデとロザンナ  (2)

    「追想」 ヒデとロザンナ  (2)
    作詞・松任谷 由美 作曲・出門 英 編曲・Osamu Shoji(東海林 修)
    1977.9.25 発売 シングル

    昨日はアモーレ長友さんの話題がとにかく楽しくて
    (っていうか 長友さんのお名前はなんだったっけ。ごめんなさい。)
    「アモーレ」という言葉から
    カンツォーネ、そして ゆかりさんの「サンレモのゆかり」と繋がって
    「花咲く丘に涙して」を書いたのですが

    カンツォーネといえばイタリア、
    イタリアといえば ロザンナ。

    ということで今日は ヒデとロザンナの作品「追想」を書きます。

    松任谷 由美 /出門 英 /東海林 修
    この コラボレーションは珍しいのですが
    完成度が高く
    私から言えば もう 「パーフェクト!! 」と叫びたいような作品です。

    幻想的なイントロ。
    記憶をたどるように 胸の奥深くを見つめると
    次第に切りが晴れるように
    愛しい記憶が甦るよう。

    そして美しいストリングス、
    胸の鼓動に通じるパーカッション・・・
    ドラマチックに重なっていく。

    それぞれの音の重なりが
    何層にも押し寄せる美しい波のように
    この心を包んでいきます。

    豪華でありながら
    すっきりと響く。

    聴き終わったあとに
    えっ もう終わったの??!!

    「もう一回!!」

    そんな感じでエンドレスで聴いてしまう一曲。

    ロザンナさんのすてきな声が
    とても生かされています。

    グッとして
     じーーんと沁みる。

    記憶とシンクロする。

    大事な何か失ったとき
    人は嘆きより怒り覚えるもの


    詩の世界も ユーミンワールド全開。

    名曲だと思います。

    「アモーレ、アモーレ ミオ」と叫ぶ
    ロザンナさんのイメージを
    ずっとお持ちのまま生きていらっしゃる方々に

    この「追想」(「さらば愛の季節」も~)を
    聴いてほしい気がします!
    追想
    スポンサーサイト