FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ワールド」ザ・ワイルドワンズ

    「ワールド」ザ・ワイルドワンズ 
    作詞:作曲:バリー・ギブ, ロビン・ギブ,モーリス・ギブ 編曲:Osamu Shoji(東海林 修)
    1968年4月10日発売
    2016.1.27に復刻されたザ・ワイルド・ワンズ・アルバム 第3集 に収録された作品。
    ビージーズの「world」のカバー。

    この時期はOsamu Shojiによる ワイルドワンズの編曲作品が多く
    この作品も 私が聴く限りですが
    Osamu Shojiと思われますので書くことにしました。
    なにしろあなた、作品についてのクレジットがない、
    というのがなんとも・・・。当時は割に大雑把だったのだなぁと感じます。(涙)


    海外でヒットした作品をいち早くカバーされているところもすごいのですが
    編曲は 管弦楽を取り入れられて
    透明感があり 格調高い世界となっています。
    クリアで すっきりと美しいサウンド。
    これはさすが!!といったところ。

    このような良い音楽には
    時の経過など全く関係がなく
    心に響くものだと感じます。

    今聴いて
    当時はなんて贅沢な演奏で唄えていたのだろう、と
    逆に驚き 感動する域の作品です。

    こうして復刻されることも
    当然のような気がします。

    ボーカルは鳥塚さんですが
    親しみやすい 大らかなボーカルと
    ハーモニーが心地良いです。
    ワイルドワンズ第三集




    スポンサーサイト

    「アイアイ」Osamu Shoji (「童謡・唱歌~ゆうやけこやけ~」)

    「アイアイ」Osamu Shoji (「童謡・唱歌~ゆうやけこやけ~」)
    作曲・宇野誠一郎 編曲・シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林修 )
    アルバム「童謡 唱歌 ゆうやけこやけ」

    2017年に入りました。
    こちらはOsamu Shojiの音楽について
    一曲一曲語ってきました。
    かなり語りつくしてきた感があって
    まだ語っていない曲を探すほうが大変になってきましたが
    今年も語りつくしていきたいと思っています。

    まだ私の知らない作品等あれば
    教えていただければ有難いです。
    情報等もぜひよろしくお願いいたします。

    おかげさまで けっこう見ていただけて
    拍手を残して帰られる方もあり、
    本当にうれしく感謝しています。
    拍手をいただけると
    また語って行こうという気持ちが湧いてきます。

    これからも 一曲一曲語っていきたいと思っています。
    どうぞよろしくお願いします。

    さて 今年はお正月からお天気が良く
    太陽の光がやわらかく降り注ぎ
    これはきっと 良い一年になる、と確信しております。

    お正月というと 不思議と童謡が聴きたくなります。
    小さいころ よく童謡を聴いていた、ということもあるのですが
    そのせいかもしれません。
    お正月は初心に戻れる良い機会でもあります。

    こちらの「アイアイ」は
    パーカッションのリズムも楽しく
    サンバのようなアイアイとなっています。
    ホーンのパワフルな音色も心地良いのですが
    主旋を鍵盤打楽器にされているところがニクイところです。

    よく 伊東ゆかりさんの作品の編曲でも
    鍵盤打楽器を使われていましたが
    それが絶妙に効いていて
    胸が高鳴るといいますか
    うっとりとするといいますか
    とにかくパワーがありつつ品が良い、
    そういうOsamu Shojiの音楽が
    私は大好きです。

    このアイアイでも そういうOsamu Shojiの魅力が
    とても感じられるものです。

    この音楽を聴いて心が弾む今、というのは
    なんだか絶好調のような気がします。

    シンセサイザーで聴く童謡は
    心に暖か、です。

    ゆうやけこやけ

    ゆうやけこやけ
    七つの子
    アイアイ
    春の小川

    かたつむり
    春が来た
    青い眼の人形
    赤いくつ
    雨ふり
    おもちゃのマーチ
    ふるさと
    ちょうちょう
    ぞうさん
    さっちゃん

    アルバム「童謡 唱歌 ゆうやけこやけ」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。