FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「紀元0年」 野口五郎

    「紀元0年」 野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji (東海林修)
    1976年7月21日発売 アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」

    名盤アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」の作品も
    この一曲をもって すべて語りつ尽くしたことになります。

    幾度となく復刻されたという事実がすべてです。
    このアルバムを名盤と言わずして 何と言いましょうか。

    人の心は正直です。
    大切な歌は どんなに時が過ぎても忘れることはありません。
    そして聴き続け 歌い続けます。
    心が求める音楽、それがこのアルバムなのです。

    私がいくら叫んでも 何の説得力もありません。
    けれど名曲は 必ず甦ります。

    その時は どうか 私のこのブログの言葉を
    思い出していただけたら幸せです。

    このアルバムの第一曲目。
    これは挑戦の始まりです。

    これはかなり勇気の感じられる作品です。
    一曲目から勝負に出られたこと
    子ども心にも わかったのです。

    既成概念を打ち砕き
    新しい世界を切り開く。

    自分の小さな世界が
    この作品で ググッと広がった感覚を覚えました。

    特に誰もが知っている
    高村光太郎 の「道程」という詩の言葉と
    逆の言葉を 香太郎さんは書いたのです。
    もう びっくりの世界だったのです。

    子どもでありながら とても堅い頭の、型にはまった自分が
    香太郎さんのこのアルバムの詩の世界によって
    解き放たれた瞬間でした。

    「僕のうしろ(過去)に道はなく
     僕のまえ(未来)に道が出来る
     紀元0年」

    このアルバムは 詩の世界も大変感動的です。
    Osamu Shojiの音楽は繊細で緻密でありながら
    超スペクタクルですし
    ミュージシャンも一流。

    五郎さんも すべての想いに応えるような
    素晴らしい 魂を感じる歌声を聴かせてくれています。

    辛くなったら
    このアルバムに戻ってくれば良い。
    五郎さんも 私自身も・・・。

    そして立ち上がり
    うしろは振り向かず
    前に進もう。

    この瞬間から 始めればいい。
    この瞬間を 自分の紀元0年にして。

    タワーレコード限定復刻アルバム発売中 2,365円
    GORO IN LOS ANGELES, U.S.A. -北回帰線-<タワーレコード限定  野口五郎


    THE TROPIC OF CANCER

    収録作品
    1.紀元0年 (ZERO A.D)
    2.薔薇 (ROSES)
    3.航海日誌 (IN MY LOG BOOK)
    4.ボトル・レタア (BOTTLED LETTER)
    5.北回帰線 (THE TROPIC OF CANCER)
    6.グッドナイト (GOOD NIGHT)
    7.少女よ (LITTLE GIRL)
    8.狂った地球 (A CRAZY FRUIT)
    9.汚さずにいられない (I CAN'T STOP LOVIN' YOU)
    10.新宿午前四時 (SHINJUKU 4:00A.M.)
    11.21世紀箱舟の出帆 (THE DEPARTURE OF 21ST CENTURY'S ARK) (1)  (2)
    スポンサーサイト

    「汚さずにいられない」 野口五郎

    「汚さずにいられない」 野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji (東海林修)
    1976年7月21日発売 アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」

    いつ聴いても心地よく
    いつ聴いても新鮮で
    自分を前に進ませてくれる音楽が
    このアルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」です。

    生きている限り
    人は試され
    生きている限り
    人は挑戦し続ける。

    夢や希望も
    見え隠れするのが人生。
    光を失い迷うことばかりの人生。

    けれど 挫折も知らなければ
    真の生きる歓びもないだろう。

    調子が良い時はいい。
    けれど人生は試練の連続で
    うずくまり 顔を上げることもできない時だってある。

    辛い時も 楽しい時も
    自分がそばに感じていたい音楽が
    このアルバムだったように思います。

    この「汚さずにいられない」は
    大人の艶やかさが感じられる一曲。
    ドキドキするような世界。

    五郎さんの声も
    なんともいえず甘さと艶があります。

    人間は 年を取っていくけれど
    失ってはいけないものがあると思います。

    それが たたずまいというか ムードではないかなぁ、と思います。

    品のある人としての奥行きのある雰囲気。
    すべてをさらけ出さないで 神秘的な面を持つ、というのが
    ムードというものでしょうか。

    私は この作品を聴いて
    子どもながら 
    やっぱりムードが大事だなぁと思ったんです。

    余韻を残す自分でありたい。
    こんなすてきな歌を聴くと
    はっとして気づくことも多いです。

    はかさなと強さと そして秘めやかさ
    何も知らない きみの湖へ
    僕は 僕は きみを
    汚さずにいられない


    最近 あまりムードがある人が いなくなっているように思います。
    そういう時代になったのだろう、とも思います。

    女性をうっとりとさせる
    こんな男性は
    現実には求めてはいけないのでしょう。

    だからもう 夢でもいい。
    こんな素敵な世界で満たされれば
    十分だと思って生きていかなくては、と思います。
    タワーレコード限定復刻アルバム発売中 2,365円
    GORO IN LOS ANGELES, U.S.A. -北回帰線-<タワーレコード限定  野口五郎


    THE TROPIC OF CANCER

    収録作品
    1.紀元0年 (ZERO A.D)
    2.薔薇 (ROSES)
    3.航海日誌 (IN MY LOG BOOK)
    4.ボトル・レタア (BOTTLED LETTER)
    5.北回帰線 (THE TROPIC OF CANCER)
    6.グッドナイト (GOOD NIGHT)
    7.少女よ (LITTLE GIRL)
    8.狂った地球 (A CRAZY FRUIT)
    9.汚さずにいられない (I CAN'T STOP LOVIN' YOU)
    10.新宿午前四時 (SHINJUKU 4:00A.M.)
    11.21世紀箱舟の出帆 (THE DEPARTURE OF 21ST CENTURY'S ARK) (1)  (2)

    「Thanksgiving」Osamu Shoji(東海林 修) (アルバム「Thanksgiving」)

    「Thanksgiving」Osamu Shoji(東海林 修) (アルバム「Thanksgiving」)
    曲・シンセサイザー  Osamu Shoji( 東海林 修 )

    「Thanksgiving」は2006年に発表されたアルバムです。

    今年のお正月 何を聴こうかなぁと思ったのですが
    このアルバムにしました。

    「Thanksgiving」とは
    神への謝恩、感謝の祈り、という意味。
    イコール・・・生きる歓びというのでしょうか。

    今年も感謝と 生きる歓びにあふれていたい、という気持ちを込めました。

    軽やかに舞い上がるよう
    そう 背中に羽根が生えたように。

    きらきらと降り注ぐ 光を受けて
    軽やかなステップ。
    舞いながら 
    風も味方につけて 少しずつ空へ。

    そんな感じの一曲です。

    聴き終わったとき
    可憐に舞っていた 大きな瞳の少女が
    少し誇らしげに 微笑んで会釈をしてくれたように感じる。

    もう それはメルヘンの世界。

    そんな素敵な作品です。
    thanksgiving

    アルバム「Thanksgiving」のCDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。

    尚このアルバムに入っている作品「Flying High」は
    吹奏楽用の楽譜が出ています。

    Flying High [東海林修作品シリーズ6]Flying High [東海林修作品シリーズ6]
    (2008/03/06)
    作・編曲 東海林修

    商品詳細を見る