web拍手 by FC2

    「オフ・ブロードウェイ」野口五郎

    「オフ・ブロードウェイ」野口五郎
    作詞 : 麻生香太郎 作曲・編曲 : Osamu Shoji (東海林修 )
    1980年 アルバム『10周年記念リサイタル U.S.A. STUDIO CONNECTION』

    春は勢いがありすぎて
    とてもしんどいものですから
    ぼんやりと過ごしていましたら
    悲しいニュースが飛び込んできました。
    麻生香太郎 さんが 今月6日、し骨洞がんのため死去、
    というニュースです。

    65才だなんて・・・・あまりにも早すぎます。
    まさか・・・というようなショックなニュースでした。

    香太郎さんと われらがOsamu Shoji とのコラボレーションでは
    名曲がたくさん生まれています。

    知らない間に 詩をつくられるのをされずに
    評論家のようになっていらっしゃったことが
    不思議でたまらなかったのですが
    世に残る素晴らしい作品はたくさんあります。

    亡くなられても歌い継がれていく事でしょう。
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    香太郎さん作品は メッセージ色の強い世界でした。
    特に感動的で ずっと歌い継がれて欲しい作品のベスト3としては
    「箱舟の帰還」「少女よ」「されど青春」があげられるでしょう。

    私個人としましては
    愛に満たされる「愛のラルゴ」
    春の色彩が美しい「そして春へ」
    意志と覚悟がわき上がる「水平線へ」
    などなど

    お二人のコラボレーションで生まれた
    明曲の数々が
    この心に添い続けます。

    もう 書いてない歌を探す方が難しくなってきたのですが
    まだ書いていなかった「オフ・ブロードウェイ」を今日は書きます。

    別れのシーン。
    明日からは別々の人生を歩む二人が
    最後に力を合わせて
    車椅子の少年を 抱えて歩道橋を渡る・・・

    「遠ざかる少年が
    二人のドラマをとじてゆく
    ・・・ありがとう
    ・・・・・ありがとう・・・・・」

    激情型のドラマではない。
    静かな 優しい 恋の終わり。
    どこか淡々としているけれど

    年を重ねると こういう別れが共感できる。

    若い頃にはわからなかったけれど
    案外こんな別れの方が
    ずっと忘れないように思う。

    「ありがとう」
    「ありがとう」のリフレインが
    人生と重なって胸に沁みます。


    しみじみいい歌だなぁ、と思います。

    『10周年記念リサイタル U.S.A. STUDIO CONNECTION』
    20170727goro4
    http://tower.jp/item/4534159/10%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AB-U-S-A--STUDIO-CONNECTION-%E5%AE%8C%E5%85%A8%E5%8F%8E%E9%8C%B2%E7%9B%A4%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    ■『10周年記念リサイタル U.S.A. STUDIO CONNECTION』<1980年作品>
    完全収録盤。野口五郎が中野サンプラザで行った10周年記念リサイタルの実況録音。(1980年3月30日録音) カセット・テープ版(CRV-9920_21)のみで発売され、“虹の彼方に”“オフ・ブロードウェイ”を含む完全収録盤を初CD化。カセット版のみに掲載された貴重なカラー写真やアート・ワークをフル・カラーで復刻し封入。米国の超一流ミュージシャンを率いて、彼等と互角に渡り合うアーティスト野口五郎の姿がここにある。2枚組CD。
    <DISC-1>
    01. オープニング (作曲・編曲 : 東海林 修 )
    02. 女になって出直せよ (作詞 : 阿久 悠、作曲 : 筒美京平 編曲 : 新井英治 )
    03. CHARGE & GET IN (作詞 : 藤 公之介 作曲 : 佐藤 寛 編曲 : 東海林 修 )
    04. 異邦人 (作詞 : 松本 隆 作曲 : 筒美京平 編曲 : 新井英治)
    05. 愛撫 (作詞 : 松本 隆 作曲 : 野口五郎 編曲 : 新井英治 )
    06. U.S.A. STUDIO CONNECTION (作曲・編曲 : 東海林 修 )
    07. 指 (作詞 : 藤 公之介 作曲 : 深町 純 編曲 : 新井英治 )
    08. パラダイス (作詞 : 阿久 悠 作曲 : 佐藤 寛 編曲 : 東海林 修 )
    09. 夜間飛行 (作詞 : 麻生香太郎 作曲・編曲 : 東海林 修 )

    <DISC-2>
    01. 虹の彼方に(作詞 : E.Y.HARBURG 作曲 : HAROLD ARLEN 編曲 : 東海林修 )
    02. 甘い生活 (作詞 : 山上路夫 作曲 : 筒美京平 編曲 : 東海林修 )
    03. 君が美しすぎて (作詞 : 千家和也 作曲 : 馬飼野俊一 編曲 : 東海林修 )
    04. 博多みれん (作詞 : 鳳司哲也 補作詞 : 大日方俊子 作曲 : 荒井英一 編曲 : 東海林修 )
    05. 愛の証明 (作詞 : なかにし礼 作曲 : 佐藤 寛 編曲 : 東海林修 )
    06. やさしく教えて (作詞 : 山上路夫、作曲 : 筒美京平 編曲 : 井上 鑑 )
    07. オフ・ブロードウェイ (作詞 : 麻生香太郎 作曲・編曲 : 東海林修 )
    08. 地下街遊戯 (作詞 : 麻生香太郎 作曲・編曲 : 東海林修 )
    09. コーラス・ライン (作詞 : 麻生香太郎 作曲・編曲 : 東海林修 )
    10. 君こそ我が青春 (作詞 : 阿久 悠 作曲 : 筒美京平 編曲 : 新井英治 )
    11. 新宿午前4時 (作詞 : 麻生香太郎 作曲・編曲 : 東海林修 )
    12. 真夏の夜の夢 (作詞 : 阿久悠 作曲 : 筒美京平 編曲 : 新井英治 )
    13. SEE YOU AGAIN (作詞 : 麻生香太郎 作曲・編曲 : 東海林修 )


    スポンサーサイト

    「お使いは南青山」Osamu Shoji( 東海林 修 ) (アルバム「Utopia朝」)

    「お使いは南青山」Osamu Shoji( 東海林 修 ) (アルバム「Utopia朝」)
    作・編曲・シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    アルバム「Utopia朝」は 特によく聴く作品ですが
    この一曲ですべて語りつくしたことになります。

    都会から遠く離れますと
    東京のどこが どんな雰囲気かもわかりませんが
    この音楽を聴くと
    おしゃれな街並みを 
    うきうきとしながら軽やかに歩く、という感じがします。

    どんな街が好きか、というと
    面白いものに出逢える場所、であったり
    ほしいものが たくさん並んでいる場所、というのを思い浮かべますが

    おしゃれですてきな人が たくさんいる場所、というのも
    大切なような気がします。

    ほんとうに好きなものを買いに出かける時は
    一人に限ります。
    思いっきり歩いて思いっきり悩んで
    すてきなものを手に入れるのが一番。

    この音楽では そんな大人の
    自由な楽しさがいっぱいです。

     Utopia朝

    収録作品
    「夜明け」
    「朝のそぞろ歩き」
    「優雅なワルツを」
    「シー・ウィンズ」
    「朝はミルク・ティーで」
    「セピアの写真アルバム」
    「川のほとりで」
    「気楽な日々」
    「お使いは南青山」
    「少女の願い」
    「虹の小箱」
    「香しい庭園にて」


    「すぎゆく夏」 Osamu shoji ( 東海林 修 )(アルバム「Canto de Sole」)

    「すぎゆく夏」 Osamu shoji ( 東海林 修 )(アルバム「Canto de Sole」)
    作曲・編曲・シンセサイザー Osamu shoji ( 東海林 修 )
    アルバム「Canto de Sole」

    アルバム「Canto de Sole」の音楽も
    語りつくすまであと2曲。

    海の風をうけながら横たう。
    穏かに寄せて引く波。
    どこまでも続く青い景色。
    なにもかも ひとり占めにした気分。

    思い出はそんな風に
    優しくすてきなシーンだけが残るもの。

    この音楽を聴くと
    懐かしさが胸にあふれる。

    こわいものなしの
    自信にあふれていた季節。
    自由で奔放だった時代。

    静かに振り返る時
    こんな音楽が聴きたい。

    誰にも話さずに
    この胸に仕舞い込んだ宝物を
    こんな音楽を聴きながら
    時には ひとり 
    取り出してながめてみたい。

    まぶしい季節は心の中に
    いつもあるのだから。
    太陽の詩

    収録作品
    1.花のサンバ
    2.魅惑のアフリカ
    3.太陽の詩
    4.しずかに、ベイビー!
    5.驚異のアマゾン
    6.ピン ポン ファン
    7.マラケッシュ急行
    8.風吹きすさぶ道
    9.チャーミングしかけのオレンジ
    10.すぎゆく夏
    11.月のサルサ
    12.ミラーの頃
    13.ラッパ手のたのしみ
    14.チベットの夕陽
    15.虹のかなた

    「ふるさと」赤とんぼ/素晴らしき日本旋律集

    「ふるさと」赤とんぼ/素晴らしき日本旋律集
    コロムビア・シンフォニック・オーケストラ
    編曲/指揮 Osamu Shoji 1968年作品

    愛聴し続けてきた「浜辺の歌」
    Osamu Shoji のホームページより 購入させていただいたものでした。
    この作品が ほんとうに晴れやかで素晴らしいので
    いつか復刻されることを願っていたのですが
    去年の6月、なんと復刻されていました、というのが
    これまで書いてきた話です。

    ところが さらにまだ先がありまして、
    なんとOsamu Shojiが出されていた13曲に さらにもう1曲、
    聞いたことがない曲が入っていたのです!!

    \(^o^)/\(^o^)/

    一曲でも Osamu Shoji作品に出逢えると
    うれしくてたまりません。
    買った甲斐がありました。

    「ふるさと」
    うさぎ追いしかの山~♪の「ふるさと」です。

    穏かなふるさとの 優しい風を感じます。
    日向ぼっこしたり 空を見上げたり
    風に吹かれたり・・・・

    幼い日の視線に戻って微笑む気分です。



    「浜辺の歌」
    収録作品
    「早春賦」
    「夕焼けこやけ」
    「荒城の月」
    「この道」
    「朧月夜」
    「さくら」
    「赤とんぼ」
    「里の秋」
    「月の砂漠」
    「七つの子」
    「浜辺の歌」
    「宵待草」
    「花」

    アルバム「浜辺の歌」のCDは
     東海林修先生のホームページから購入することができます。