FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「最終案内」野口五郎

    「最終案内」野口五郎
    作詞・作曲 さだまさし 編曲・Osamu Shoji (東海林 修)
    1977年10月7日~11月19日  秋の六都市コンサート 

    とても珍しい試みだと思ったのですが
    さだまさしさんの楽曲を このステージではカバーされました。

    知らずに聴くと これは五郎さんの
    オリジナル作品なのだろう、と思うほどに
    ピタリと雰囲気が合っており
    エアポートでの 別れのシーンに
    胸がキューンと しめつけられます。

    「最終案内が 答えを告げる
    穏かな声が ロビーに響く
    君の淡い肩がこころなしか震え
    チケットにすがるように背中を向ける」

    列車の別れは
    遠ざかる人を見えなくなるまで見送ることが出来ます。
    そして遠ざかるその姿を
    スローモーションのように心に残すことができますから
    どこかドラマチックで美しい記憶として残せますが

    飛行機での別れは
    ある地点で遮られ
    空を飛んで消えていくのですから
    なんともせつない別れです。

    搭乗ロビーに入るところでの別れとなりますが
    じっと立ち尽くし 見送る人を
    振り向き振り向き前に進むのですが
    見送る人の顔の表情が いつまでも心に残り
    それが永遠の別れとなるならば
    こちらの別れの方が ずっと悲しい。
    本当に エアポートでの別れは
    悲しいものです。

    飛行場は 二人で旅立つ場所。
    スタートの場所としてふさわしい場所だと
    私は感じます。

    繊細な さだまさしさんの歌の世界。
    五郎さんの繊細さが よく合っています。

    そして この歌を語らせるように歌わせた
    Osamu Shojiの音楽が またとても素敵です。

    静かにこの世界に浸りたい。

    五郎さんの歌声が
    胸に沁みます。

    秋という季節にぴったりの
    大人のラブソングが聴けるコンサートでした。

    この作品が入った '77秋の六都市コンサートは
    2016.9.28にタワーレコードさんにより復刻されました!

    6大都市コンサート77
    スポンサーサイト

    「アイスクリーム・ジョー」木の実ナナ (2)

    「アイスクリーム・ジョー」木の実ナナ
    作詞・Mack David作曲 Ernest Gold 日本語詞・ヒライワ タカシ 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    指揮・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1964年3月10日

    少し 木の実ナナさんの歌から離れていましたが
    またこの頃は ナナさんの歌を聴いています。

    シングル曲 初めから聞いてますと
    少しお笑い路線から始まってしまったのかなぁ、という感じです。
    正統派の清純歌手の路線からは
    残念ながら外れていたような気がします。

    そしてヒット曲恵まれなかったために
    ありとあらゆる作風の楽曲を歌われて
    少々迷走していたような感じがします。

    けれど Osamu Shojiが 編曲を手掛けられていたときには
    これぞ正統派の道を切り開かれていたと感じますし
    優雅で格調高い演奏で 最高に素敵なのですが
    なぜに大ヒットにならなかったのか、不思議でたまりません。

    強いていうならば
    この時代は 女性はお色気がある人が好まれた気がします。
    あまりに元気が良すぎて 少しお色気が足りなかったのでしょうか。

    明るく天真爛漫で 太陽のように輝く余り
    影の部分が見えてこなかったイメージがあります。
    人は影の部分に惹かれるものだから困ったものです。

    しかし 世に言う大器晩成型で
    実力と個性がある人は
    やっぱりいずれは世に出るものですね。

    そして ナナさんの歌をずっと聞いていて思ったのですが
    たぶん ナナさんに力を入れて プッシュしようと思われたのが
    「パパとママのテレビ」の頃からなんだなぁと デビュー曲からずっと聴いていて
    私は思うわけです。

    その期待に応えるべくOsamu Shojiも 素晴らしい編曲をされて
    華麗でキラキラした美しい音楽を作られています。
    マエストロOsamu Shojiの 
    こんな素晴らしいオーケストラを前に歌えるなんて夢みたいな話で
    ナナさんもそれを感じられたのか
    力いっぱい歌われているのですが
    もう少し控えて歌われていれば違ったのかもしれません。

    でも 今聴くと本当に楽しくて素敵な世界で
    ナナさんが愛おしい感じさえします。

    そして残念だなぁと思うのは
    この「アイスクリーム・ジョー」が
    B面でなく A面で発表されていれば
    きっと違ったのに、ということです。

    Osamu Shojiの美しい音楽と
    ナナさんの独特の個性が 上手く融合しています。
    ナナさんの魅力が弾ける世界なのです。

    「pine-apple,peach,Co-coa-nut and banana
    some of each chocolate too
    オーオーオ とっても素敵
    甘い恋の味よ」


    すっごく魅力的!!
    楽しい!!

    そして優雅です。

    あーーもったいない。
    こんな素晴らしい作品がB面だなんて・・・。

    聴くたびに 残念でならない一曲です。

    木の実ナナティーンエイジ

    木の実ナナ魅惑のシングルコレクション木の実ナナ魅惑のシングルコレクション
    (2010/04/05)
    木の実ナナ

    商品詳細を見る

    「GREEN GINGER FLYING 」伊東ゆかり(2)

    「GREEN GINGER FLYING 」 伊東 ゆかり with THE GREEN GINGER
    作詞・ジェリー伊藤 作曲・編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    (アルバム「LOVE」)

    今日は 伊東ゆかりさんのお誕生日ということもあって
    ゆかりさんの歌声が聞きたくなり
    ゆかりさんの歌を聴いていました。

    ゆかりさんお誕生日おめでとうございます♪

    本当に ゆかりさんって 歌が上手いんですよね~っ。
    うっとりとしてしまいますね。

    そしてこの爽やかな季節には「GREEN GINGER FLYING 」が
    もう最高にいいんですよね~っ!

    音楽を聴いていたら 日常を離れ
    まさに楽園にいる気分です。
    音楽の力は大きい、と
    このアルバムを聴くと思いますね。

    Osamu Shojiは コーラスでも参加されていますが
    グリーンジンジャー、という 名前も
    いまさらですが とても新鮮で面白いネーミングですし

    身体に良いけど個性と刺激があって
    ニクイと思いますね。

    心を洗濯するような
    すてきな音楽で 
    いつ聴いても爽やかで癒されます。
    love

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 伊東ゆかりとグリーンジンジャー / LOVE 【CD】
    価格:2683円(税込、送料無料) (2018/4/6時点)