FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「風のうわさ」野口五郎

    「風のうわさ」野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji (東海林 修 )
    '78 野口五郎 日生劇場 特別リサイタル

    1978年10月28日より11月12日まで行われた
    78 野口五郎 日生劇場 特別リサイタル。
    昭和53年度第33回芸術祭大衆芸能部門優秀賞受賞。
    Osamu Shojiは 指揮・ピアノ、音楽監督を担当されました。

    共に生きた仲間も
    やがて それぞれの道を進み始める。

    先のことなど まるでわからないけれど
    どんなに遠く離れても
    共に生きた時代があれば
    その人は同志であり 人生の道連れだと
    私は思っているのです。

    「風のうわさ」

    その人のようで その人でない、という
    ジュリーやヒデキやヒロミやモモエ・・・・

    まだ振り返る時期ではなかったけれど

    時が経ち 離れ離れになった気持ちで
    穏かに振り返って歌う、という世界。

    「あの頃 みんなで 語り合ったよ
    ときには喧嘩もしたけれど
    今では 誰もが大人になって
    なんだかちょっぴり 淋しくなったよ」


    時間だけは 平等に与えられ
    静かに時は流れる。

    あんなに賑やかに
    熱狂の中で
    競い合い切磋琢磨した日々も
    いつかは夢のように消えていく。

    ほんとうに これで良かったのか。
    間違いなく生きたか。

    ずっと この胸に問いながら生き続ける。

    穏やかで優しいこの歌の世界が
    そっと 心を癒してくれます。


    東海林先生も天国へと旅立たれましたが
    共に生きた時代を 五郎さんには
    忘れずにいていただきたいと思うのです。

    これほどまでの 名曲、
    胸に残る素晴らしい歌を
    こんなにもたくさん作ってもらえた幸せな歌手は
    野口五郎さん、ただ一人なのですから。

    78日生劇場

    '78 野口五郎 日生劇場 特別リサイタル +4<タワーレコード限定>
    http://tower.jp/item/4300289/'78-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E-%E6%97%A5%E7%94%9F%E5%8A%87%E5%A0%B4-%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AB-%EF%BC%8B4%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E


    スポンサーサイト

    【番外編】不朽の名作「箱舟の帰還」

    「箱舟の帰還」
    作詞・麻生 香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    1975年11月、「ゴローインサンプラザ~美しい愛のかけら~」
    のコンサートで初めて
    野口五郎さんが披露されたのがこの「箱舟の帰還」です。

    40年以上経っても ずっと歌われ続けられ、
    みなさんが愛し続けられているのが
    この「箱舟の帰還」です。

    これを名曲と云わずして
    何を名曲と云いましょう。

    いくら 私が叫んだとしても
    聴かれていない方には何も伝わりません。

    YouTubeにありましたので
    ご紹介します。

    いつまで見れるかわかりませんが
    一度お聴きください。

    今は復刻のCDも発売されております。

    先生はお亡くなりになられましたが
    作品は永遠です。

    20170727goro5
    http://tower.jp/item/4534160/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E-5%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%BF%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    【番外編】「友情」 フォーリーブス

    【番外編】「友情」 フォーリーブス
    作詞・千家 和也 作曲・都倉 俊一 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1974年11月1日発売A面
     
    昨日 「友情」について レビューを書きました。
    こちらをご覧ください。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-1098.html

    その楽曲の音源が
    YouTubeにありましたので
    番外編で載せておきます。

    いくら私が レコードを聴いて
    先生のアレンジがカッコイイんだと
    大きな声で叫びましても
    聴かれていない人には まるで伝わりません。

    先生のお仕事をお伝えする意味で
    リンクさせていただきます。

    いつまで見れるかわかりませんが
    聴ける時にぜひお聴きください。


    友情

    「友情」 フォーリーブス

    「友情」 フォーリーブス
    作詞・千家 和也 作曲・都倉 俊一 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1974年11月1日発売A面

    先生はお亡くなりになりましたが
    思い出は尽きません。
    思い出は この胸の中で大切にして
    これからも先生の音楽を コツコツと語っていきます。
    語り続けることが 私の使命のように感じています。

    随分と語ってきまして
    もう知らない作品はないだろうと思っていましたが
    見つけてしまいました。

    「急げ!若者」のあとの 作品「友情」を
    見逃がしておりました。
    Yahoo!ショッピングで 中古レコードを見つけましたので
    すぐに購入しました。うれしいです。

    さっそく聴いてみました。
    おぉ!! パワフルでカッコイイアレンジです。

    最初から 特に低音がガツンと来て
    そして華やかで
    めちゃめちゃプロフェッショナルなアレンジで
    圧倒されます。

    ただカッコイイだけでなく
    優雅さもあります。

    フォーリーブスさんならではの
    ダンスミュージックの魅力もあります。
    こういう音楽は 先生の世界でもとても貴重です。

    そしてユニゾンあり
    ハーモニーあり、で 
    4人の個性も、とても生かされています。
    キレが良く、
    しっかりとした歌唱で なにより若さがあります。

    フォーリーブスは1968年にデビューされましたが
    デビューアルバムから 東海林先生は作品に関わられていました。
    スターの陰にOsamu Shojiあり。
    そんなことを実感します。

    「友よ 君がほろびたら
    僕が 人に話してあげる
    友よ 君の人生を
    僕が 人に話してあげる」


    まさに これは私の想いです。

    Osamu Shojiの音楽を
    私は語り続けます。

    友情

    【番外編】「再会」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅

    「再会」交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅
    作・編曲・Osamu Shoji (東海林修)
    指揮: 熊谷弘
    演奏: コロムビア・シンフォニック・オーケストラ, THE GALAXY

    東海林先生が亡くなられて
    もう二週間になろうとしています。

    先生が残してくださった名曲が
    先生を送るレクイエムのように
    今の私自身の心に優しく響き渡ります。

    人生は出逢いと別れのくり返しですが
    人生のうちで 
    一番感動的で 一番美しく
    一番うれしいことは
    逢いたい人と 
    再び出逢うことです。

    今はマリアさまの み胸に
    優しく抱かれながら
    微笑むように眠っていらっしゃるでしょうか。

    先生との想い出は尽きません。

    私は今でも 先生と出逢ったことの意味を考えます。
    そのことを思うと
    まるで人生はパズルのように
    ある時、パズルのパーツがピッタリと合い、
    それまで生きてきたことの意味がわかることがあります。

    そういう出逢いであったことだけは
    申し添えておきます。

    999の音楽に
    先生自身も慰められ
    癒されたことでしょう。
    この音楽を聴き
    人生を人生を振り返られることもあったでしょう。

    またあちらの世界で再会したいと思っております。
    その時は すべての真実を
    お伝えしたいと思います。

    先生、どうぞ安らかに。


    前に書いたレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

    いつまで見れるかわかりませんが
    YouTubeでありました。
    ご覧ください。

    999g.jpg
    ***
    私が持っているのはこちら。
    シンセサイザー作品もはいっているアルバムです。

    【番外編】魅せられた夜~危険なふたり

    【番外編】魅せられた夜~危険なふたり

    東海林修先生は亡くなられましたが
    私は先生の素晴らしい音楽について
    これからも語っていきたいと思います。

    先生のことは 笑顔で思い出したいと思っています。
    大切な思い出は宝物ですから 生涯心に抱きしめます。
    先生はいつもそばにいてくださるような気がしています。

    YouTubeで 大変貴重な動画を見つけました。
    アップしてくださった方、
    本当にありがとうござます!!
    うれしくて 泣けてきました。

    なんと沢田研二さんとのステージ。
    東海林先生は 指揮をされながらピアノを弾かれています。
    若き日のジュリー。
    そして 若き日の先生。

    「魅せられた夜~恋は邪魔もの~危険なふたり」です。
    超貴重です。ご覧ください。

    沢田研二さんの初期作品のほとんどは
    東海林修先生による編曲でした。
    甘くドラマチックで美しい世界。
    そして青さがまぶしいものでした。

    今こそ
    沢田研二さんの東海林修作品を集めた作品集を
    強く希望いたします。
    心を甘く震わせる世界です。

    わたしの書いたレビューはこちらです。
    「魅せられた夜」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-819.html
    「危険なふたり」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-105.html


    悲しいお知らせ

    東海林修先生が お亡くなりになりました。
    ニュースに 出ております。

    4月30日、悪性リンパ腫のため
    お亡くなりになりました。

    私は いつも祈っておりました。

    どうか長生きをしてください、と
    いつも祈っておりました。

    けれど天国へと
    旅立たれてしまいました。

    素晴らしい音楽をたくさん聴かせてくださいました。
    思い出は尽きません。

    私は 先生の音楽が大好きです。

    悲しみは言葉には出来ませんが

    先生の音楽については
    これからも語っていきます。

    先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。