FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「甘い生活」野口五郎(1976年全国縦断コンサート)

    「甘い生活」野口五郎 (1976年全国縦断コンサート)
    作詞・山上路夫 作曲・筒美京平 編曲・東海林修

    1976年は1月3日のラジオ番組「ハローゴローラブラブラブ」での
    新春特別対談(野口五郎さん&東海林修先生)から始まり

    2月3日は、 伊東ゆかりさんと野口五郎さんと東海林修先生とで
    テレビの ミュージックフェアにご出演。

    2月7日より3月までは 五郎さんと先生とで
    明治チョコレートコンサートにより全国を縦断。

    3月20日より23日までは五郎さんと先生とで
    日劇リサイタル。

    4月29日も五郎さんと先生とが 五郎さんの故郷でのコンサート。

    5月には 五郎さんと先生とで ロスに渡られ
    二週間もの間、ロスにてアルバム 「北回帰線」の レコーディング。

    また、5月21日には ついに不朽の名作「箱舟の帰還」が
    アルバムの特別付録のような形で レコード化され

    7月21日にアルバム「北回帰線」発売。

    そのアルバムの作品を披露する形で7月21日より8月にかけて
    五郎さんと先生で 全国縦断コンサート、
    全国を駆け巡られました。

    まさに絶頂期。
    ものすごい勢いで お二人で駆け巡られた日々。

    この日々は ファンとしても
    忘れようにも忘れられない青春の記憶となりました。

    そのコンサートの中で
    ヒット曲も披露されましたが
    「甘い生活」「私鉄沿線」は
    少しクラッシックの要素を取り入れられて
    ぐっと大人の美しい楽曲として歌われています。

    当時 ピアノは先生が弾かれていました。
    ピアノの調べも美しく
    ヴァイオリンの繊細な調べが心を震わせました。
    五郎さんの 歌声は さらに甘く
    まろやかに響いたような気がします。
    とても良いお声です。

    テレビとは また違ったアレンジで聞かせてもらえて
    ファンもうっとりと聞き入ったように思います。

    当時は ラジオ番組でも
    コンサートの音源を流されており
    何度も聴くチャンスがありました。

    1976年は その後 10月~11月に
    秋の五大都市コンサートで
    五郎さんと先生は 全国を回られ

    12月には 京王プラザホテルでの
    クリスマスディナーショーにも
    五郎さんと先生は舞台に立たれ

    1976年の五郎さんは
    「いつも東海林修先生といっしょです。」という状態で
    あまりにも充実した 中身の濃い一年を駆け巡られました。

    明治チョコレートの コマーシャルにも
    「歌がある限り」で
    五郎さんと先生はご出演されましたことを
    付け加えさせていただきたいと思います。
    '76 全国縦断コンサート

    スポンサーサイト