FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「孤独な都会」(組曲「旅」)布施明

    「孤独な都会」(組曲「旅」)布施明
    作詞・山上路夫 作・村井邦彦 編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年「布施明ダブルデラックス」

    最近 手に入れた中古アルバム。
    23才くらいの布施さんですが
    随分と若いなぁ・・・という印象を持ちました。

    私が 布施さんの歌の記憶があるのは
    「甘い十字架」の頃からだと思いますが
    「落ち葉が雪に」「愛の詩を今あなたに」
    「シクラメンのかほり」・・・が 布施さんのイメージでしたから
    この頃の歌い方とは随分と違った印象を持ちました。

    若い頃は 歌う喜びがあふれるような歌い方をされています。
    若さや情熱を 思いっきり外に出していくような感じです。

    知らなかった分
    こんなにストレートではつらつとしていらっしゃったことに驚きます。

    布施さんは 感情を抑え 語るように歌われるようになってから
    さらに 歌唱力に磨きがかかり
    世の中の人に 認められるようになったような気もします。

    組曲となっている「旅」のオープニングの作品「孤独な都会」
    まるで映画のように 音楽もドラマチックです。
    ポヒュラー音楽とクラッシックの融合のような
    格調高く美しい音楽。

    「さあ行こうよ この街を離れ
    旅に出よう 憧れがさわぐままに
    どこか知らぬところへ 行こう」

    壮大な音楽に乗って
    布施さんの歌声も弾けてます。
    唄う喜びと 音楽への憧れ、
    強く感じます。

    元々 歌が上手い方ですが
    この頃の布施さんの若さ溢れる歌声に
    歌手・布施明の歴史を感じます。
    id_6009075211.jpg
    スポンサーサイト