FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「呪術」 (幻想組曲「サヨンの鐘」)

    「呪術」 (幻想組曲「サヨンの鐘」)
    作・編曲 指揮 Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1976年発売 (7月レコーディング)

    東海林先生が生きていらっしゃる間に
    全て語れたら、と 懸命に語ってきましたが
    去年の春、先生は亡くなられてしまいました。

    もっと伺いたいことは いっぱいありましたが
    ほんとうに残念です。

    作品を探して 私のブログを見られた方を
    先生のもとへとご案内できた時は
    とても喜んでくださいました。

    先生はもう この世にはいらっしゃいませんが
    コツコツと語っていきたいと思っています。

    さて、私は見たことがありませんが
    昭和18年に封切られた
    季香蘭主演の映画「サヨンの鐘」というのがあったそうです。

    その物語をイメージして作られたのが
    この作品ということでしょう。

    太平洋戦争があった時代の
    悲しい歴史が
    この物語を作ってしまった、ということでしょう。

    戦争は人の命を奪い
    人を傷つけ
    心まで壊してしまいます。

    尊い命が戦争によって奪われました。

    生き残っても
    生きている限り背負うその苦しみは
    想像をはるかに超えるものだと思います。

    もう決して
    もう二度と
    戦争はしてはならないと思います。

    「呪術」は 戦争が始まり
    今にも襲ってきそうな 怖さと 奮い立つ気持ちと
    息をひそめて気配を消して様子を見る姿さえ
    見えてくるようです。

    穏やかで平和な村に迫る戦火。

    音楽でこんなにすべてを感じられる。
    息を呑むような感じです。

    サヨンの鐘
    レコード盤のジャケット見つけました。感謝。
    サヨン
    1.序曲
    2.夜明け
    3.ロマンス
    4.サヨン賛歌1
    5.サヨンの鐘
    6.呪術
    7.民話
    8.愛のくらし
    9.襲いかかる・・・
    10.レクイエム
    11.永遠のサヨン
    12.サヨン賛歌
    13.回想
    スポンサーサイト

    「たそがれの出逢い」(組曲「旅」)布施明

    「たそがれの出逢い」(組曲「旅」)布施明
    作詞・山上路夫 作・村井邦彦 編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年「布施明ダブルデラックス」

    中古レコードを手に入れて
    やっと聴けた 組曲「旅」。

    5曲で ひとつの物語。

    但し 音楽上級者向き、といったところ。

    初心者には 難しい と感じてしまうでしょう。
    品が良くて深い。
    言葉だけでなく音楽でも物語を予感させ
    気持ちを語っている。
    大人の上質な音楽。

    なので 聴けば聴くほど 染み渡る。
    この組曲を聴きながら
    自分の耳が成長したことも実感できる。

    「たそがれの出逢い」
    甘い予感。
    出逢いのシーン。

    「孤独な命が二つ 求めあったよ たがいに
    いつかは出逢う 愛する人にめぐり逢った
    さがした一人のひとに 逢った」

    幸せを実感する出会い。
    愛する人にめぐり逢えた喜び。
    なんて幸せなこと。

    甘い歌声でムード満点です。

    ボサノバタッチのメロディ。
    村井邦彦さんならでは、だなぁと思いました。

    弦楽器の演奏も甘く美しい・・・
    贅沢な作品です。
    id_6009075211.jpg

    「オレ・ガッパ」(「決定版!これぞコンチネンタル・タンゴ」)

    「オレ・ガッパ」(「決定版!これぞコンチネンタル・タンゴ」)
    作曲・マランド 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    ニュー・コンチネンタルンタル・タンゴ・オーケストラ
    「決定版!これぞコンチネンタル・タンゴ」

    タンゴの旋律を聴くと
    これは やっぱり日本人が古来より持てなかった
    情熱や激しさなんだなぁ、と思います。

    Osamu Shojiは 日本人でありながら
    音楽では無国籍というか
    どの国籍にもなりうる 美しい音楽を作って来られました。

    タンゴらしいタンゴのリズムとメロディー。
    「オレ・ガッパ」は 
    あぁタンゴのすてきな音楽が聴けたなぁ、と
    満足できる一曲です。

    ドラマチックで華やかな音楽。
    こんな格調高い音楽があったのに
    このようなレコードジャケットでは
    当時の人に 見つけてもらえなかったのではないかなぁ。

    とても素晴らしいお仕事をされてきたことを
    亡くなられた今でも 誇りに思います。

    胸が熱くなるようなタンゴの音楽。
    こんな世界も残してくださっていて
    ほんとうによかったです。
    コンチネンタルタンゴ

    収録作品
    奥様お手をどうぞ
    ジェラシー
    真珠とり
    オレ・ガッパ
    小さな喫茶店
    夜のタンゴ
    ラ・クンパルシータ
    碧空
    バラのタンゴ
    ヴィオレッタに棒げし歌
    夜のヴァイオリン
    イタリーの庭
    カミニート
    月下の蘭