FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「信ちゃんとママ」(シャボン玉一つ~七つの子~黒ネコのタンゴ~) 伊東ゆかり

    「信ちゃんとママ」(シャボン玉一つ~七つの子~黒ネコのタンゴ~) 伊東ゆかり (「伊東ゆかりリサイタル」)
      指揮・ 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1969年11月8日 サンケイ・ホール
    発売1970 「わたし」~伊東ゆかりリサイタル~ 

    久しぶりに 伊東ゆかりさんの
    「わたし」~伊東ゆかりリサイタル~ を聴きました。

    自分の息子と向かい合い
    語り合うような作品、「信ちゃんとママ」。
    お母さんと信ちゃん。
    どちらもゆかりさん。

    お母さんの声、信ちゃんの声、
    ゆかりさんの声は お母さんの声と男の子の声
    見事に違う声で ひとつの物語を表現されています。

    優しいお母さんに甘えるように話す信ちゃんの声を聴いていると
    そこに男の子が 本当にいるのでは?と思うような錯覚を覚えます。

    いつかお母さんになって こんな風に自分のこどもと語り合いたい、という
    憧れもあったでしょう。

    ほのぼのと温かい作品です。

    「シャボン玉一つ」
    お母さんの優しい歌声で
    シャボン玉を信ちゃんと数える気持ち。
    一生懸命数える信ちゃん。
    見守るように微笑むお母さんの
    優しい笑顔が目に浮かぶよう。

    「七つの子」
    まるで信ちゃんを寝かしつけるように
    優しく歌う子守歌のような「七つの子」
    素朴でありながら 温かく心に沁みます。
    そっと歌ってこんなに温かい。
    ゆかりさんは歌が上手い人だけど
    何より人としての温かさがにじみ出ていると感じます。

    信ちゃんが歌う「黒猫のタンゴ」
    ゆかりさんの声は 七色に変わるのですね。
    かわいい男の子の声に・・・。
    完璧です。


    そして 胸に深く届き
    不覚にも泣けてしまう「マンマ」へと続く。

    すてきなリサイタル。
    華やかなスターとしての姿だけでなく
    母を夢見るゆかりさんに胸が熱くなる。

    タイムマシーンがあったら
    このリサイタルを観に行きたいです。


    わたし - 伊東ゆかり リサイタルわたし - 伊東ゆかり リサイタル
    (2014/10/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る


    1. 恋のおもかげ
    2. ポップス・メドレー(バケーション~ロコ・モーション~ビー・マイ・ベイビー~ネイビー・ブルー~ボビーに首ったけ~恋の売り込み)
    3. 恋する瞳
    4. オリジナル・メドレー小指の想い出~恋のしずく~朝を返して)
    5. 青空のゆくえ
    6. 信ちゃんとママ(シャボン玉一つ~七つの子~黒ネコのタンゴ~マンマ)
    7. 雨(あめふり~)
    8. ピッコラ・ピッコラ
    9. 思い出のサンフランシスコ
    10. 宿命の祈り
    11. 愛する明日

    y19.jpg
    スポンサーサイト