FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    【番外編】復刻されていたアグネスのファーストアルバム

    【番外編】復刻されていたアグネス・チャンのファーストアルバム
    (1973年発売 ファーストアルバム「ひなげしの花」)

      アグネス・チャンの
    ファーストアルバム「ひなげしの花」。
    洋楽のカバーの編曲はすべてOsamu Shojiによるものです。

    このアルバムの洋楽のカバーが
    とても良い仕上がりです。
    他の歌手とは 一味も二味も違う
    アグネスの個性と魅力があふれています。

    可愛いけれど それだけでない。
    知的であり音楽的にも豊かであり爽やか。
    アグネスのファースト・アルバムにふさわしい
    魅力あふれる作品となっています。

    そのアルバムの作品を必死で探していた頃
    ネットで一曲ずつ購入て出来、
    ダウンロード出来るサービスがあったものですから
    その分で 購入はしていたのですが
    ずっと CDが欲しいと思っていました。

    随分前に 復刻されたことがあったことは知りましたが
    あまりにも中古CDが高価すぎるものですから
    諦めまして
    いつか また 再度の復刻があるだろうと
    密かに待っていました。

    つい先日、 Amazonで色々と見ていましたら
    なんと去年 このアルバムが復刻されていまして
    購入可能になっていました。

    もう迷うことなく購入しました。
    うれしいです!!

    2018/11/28発売だそうです。
    渡辺音楽出版さまに感謝!!

    やっぱり歌詞カードがほしいんです。
    ダウンロードだと歌詞もわからないし
    誰が作ったかもわからない。

    ちゃんと 文字を見て 私は満足します。
    ブックレットがないと 私は満足できないタイプです。

    誰が詞を書いて 誰が曲を作り
    そして誰が編曲したのか
    私にとって それはとっても大事なことなのです。

    クレジットされている名前をながめたり
    歌詞を読んだりすることも
    CDの音楽を楽しむ 大きな要素です。

    やっぱり良い音楽は 何度でも復刻されるんだと思いました。

    お宝ゲットでうれしさいっぱいです。

    それから 渡辺音楽出版さまには
    出来たら 中尾ミエさんのOsamu Shoji作品を
    復刻していただきたいです!

    収録作品
    01.ひなげしの花
    02.遠い遠いあの野原
    ★03.ローズ・ガーデン
    04.或る日突然
    ★05.涙のくちづけ
    06.初恋
    ★07.サークル・ゲーム
    08.この広い野原いっぱい
    09.水色の恋
    ★10.スーパースター
    11.誰もいない海
    ★12.パピー・ラブ

    ★印Osamu Shoji編曲作品

    アルバム「ひなげしの花」

    スポンサーサイト



    「ラブユー・ラブユー・ラブユー」中尾ミエ

    「ラブユー・ラブユー・ラブユー」中尾ミエ
    作詞・作曲 Jerry Herman 編曲・Osamu Shoji(東海林修)

    1963年8月のシングル「涙のバースデイパーティ」のB面。
    この頃の渡辺プロダクションの 人気歌手のシングルでは
    A面が 宮川泰、B面が東海林修、という作品がとても多い

    かつて 東海林先生が お話の中で
    自分の作品は いつもB面になってしまい
    「B面ジョージ」※ と言われた、と
    過去のことを笑い話のようにして
    私たちに話してくださいましたが
    ほんとうに 作品を探していると
    そういうのがとても多くて
    これは けっこう キツイことだったのではないかなぁ、と
    すごく感じます。
    けれど そういうことがあればこそ
    成長に加速がついたということだったと思います。
    この時期は まさに猛勉強をされていた時期に当たると思います。
    (※当時は しょーじ をかけて ジョージと呼ばれていたとのことでした)

    さて「ラブユー・ラブユー・ラブユー」は
    私でも この作品を聴いた時
    あぁっ 聴いたことあるっ!
    知ってる歌だ!!と思ったので
    みなさんも きっとご存じだと思います。

    「アイ ラブ ユウ  アイ ラブ ユウ
    アイ ラブ ユウ
    あなただけが好きよ 好きよ
    心から好きよ 好きよ」

    この一途さ・・・
    歌詞はもう熱烈です。

    サビの部分など ミエさんならではの
    リズム感の良さ 明るさが魅力で
    爽快で 気持ちよく聴けます。
    すごく可愛いし、張りがあって魅力的です。
    お若いのに さすが ミエさんだ、と
    思わずにいられないのですが

    まだこの頃は低音部は 
    少し声出づらかったのでしょう、
    ここがしっかり明るく出ていれば
    間違いなくA面です!!

    最近 ミエさんの作品がとても気持ちを明るくしてもらっています。

    昨日もOsamu Shoji作品で
    「許してほしいの」
    という作品があることを見つけました。

    「ワン・ボーイ」
    「月光のノクターン」
    「恋はおとなしく」
    「恋のセーラーガール」
    「許してほしいの」
    「すてきな王子様」
    「恋のプロフィール」

    あぁ
    まだ聴けていませんっ

    ビクターさま CD化してくださーーーーいっ

    今 配信のページ見つけましたっ
    https://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A000399/VEATP-36561.html
    作家のクレジットがありませんっ。
    今この中で自分がCDで持っているOsamu Shojiは
    「可愛いベイビー」
    「ダンスへおいで」
    「渚のデイト」
    「夢みるシャンソン人形」
    「チム・チム・チェリー」
    なんですが 他にもあるのでしょうか。

    だれか~っ
    教えてくださーーい。

    追記・「哀愁のカレリア」Osamu Shoji作品でした。
    お宝ゲットできました!
    ラブユー・ラブユー・ラブユー

    【番外編】 映画『聲の形』再び。(劇中使用曲「怪獣のバラード」)


    とても悲しすぎるニュースが飛び込んできました。

    映画「聲の形」など たくさんの素晴らしいアニメを制作されました
    京都アニメーションのスタジオが 放火により焼失し
    33名もの職員の方が亡くなられ、
    たくさんの方が負傷されたというニュースです。

    こんなことがあっていいのでしょうか。

    あまりにもひどすぎます。
    怒りがこみ上げますし 
    犠牲になられた方々や 
    そのご家族のみなさまのお気持ちをお察しすると
    言葉も見つかりません。

    お亡くなりになりました方々のご冥福をお祈りするとともに
    負傷された方々が一日も早く回復されますよう
    心よりお祈りいたします。

    世界中から メッセージが届いており
    そのニュースを聞けばなおのこと、
    素晴らしい作品をたくさん作っていらっしゃって
    世界中の方々より愛されて来られたことを 
    深く知ることとなりました。


    映画「聲の形」は
    私は 涙を流しながら見てしまいましたけれど
    大切なことを教えていただけたような気がします。

    丁寧に描写された 美しいアニメーションで
    感動的なストーリーでした。

    この映画については
    こちらのレビューで 映画の感想を書いておりますので
    よろしかったらご覧いただければと思います。
    自分でも けっこうきちんと 感想が書けたと思っております。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-1140.html

    この作品には東海林先生作曲作品の
    「怪獣のバラード」が劇中使用歌となっております。

    とても感動的な映画ですので
    どうぞみなさま 機会があれば この作品をご鑑賞ください。

    今は ただただお祈りしております。
    自分にできることがあれば 
    ぜひ させていただきたいと思っております。
    *****

    私の書いた「怪獣のバラード」のレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-107.html
    こちらは映画の公式サイトです。
    http://koenokatachi-movie.com/introduction/
    こちらは映画でのクレジットです。
    20180829_132152_convert_20180829132927.jpg

    「バイ・バイ・ラブ」ザ・ワイルド・ワンズ

    「バイ・バイ・ラブ」ザ・ワイルド・ワンズ
    作詞・作曲 B.Bryant-F.Bryant 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1969年「ワイルド・ワンズの世界」
    2016.1.27に復刻。

    「Bye Bye Love」は1957年にエヴァリー・ブラザースが歌われ
    ヒットした作品です。

    ♪バイバイ ラヴ
    バイバイ ハッピネス
    ハロー ロンリネス ♪

    多分 聴けば あぁあの歌ねっ、って
    誰もがわかる歌のひとつです。

    1964年にはサイモン&ガーファンクルもカバーされています。

    歌詞の内容とは対照的に
    メロディだけ聞けば楽しい歌に聞こえます。

    失恋の歌も こういうメロディで歌えれば
    なんだか吹っ切れそうです。

    そしてワイルドワンズの「バイ・バイ・ラブ」は
    テンポもはやく もう 吹っ切れた感じで
    まぁ 生きていれば そんなこともあるさ、
    次行ってみようー!って 明るい気持ちになれます。

    それが不思議と 心地よいというか
    さすがワイルドワンズ! と思えてしまう
    爽快感があるのです。

    彼女は戻ってくるかもよ~(笑)
    そんな予感さえする「バイ・バイ・ラブ」なのです。

    すっきりと爽やかで
    エンディングにふさわしい一曲だと思います。
    ワイルドワンズにぴったりの一曲、という感じがします。

    笑顔で聴いてたら
    あっという間に終わってしまった、という感じのする一曲です。

    ワイルド・ワンズの世界

    1. 昨日に逢いたい
    2. スカボロー・フェア
    3. メイビー・トゥモロー
    4. 恋はフェニックス
    5. 愛の船出
    6. ウィンディー
    7. 今日からの世界
    8. 振りかえった恋
    9. あじさいの丘
    10. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
    11. 明日に続く道
    12. バイ・バイ・ラヴ
       全編曲・Osamu Shoji


    「聞かせてよ愛の言葉を」美輪明宏

    「聞かせてよ愛の言葉を」美輪明宏
    J.Lenoir・作詩、作曲/美輪明宏・訳詞/Osamu Shoji (東海林修)/編曲

    人生は宝さがしであります。
    自分の好きな物を探し続けることは
    生きる喜びとなります。

    先日美輪明宏さんの ベスト・セレクションの
    CDを購入しました。
    シャンソン・アルバムです。
    とてもすてきなアルバムで気に入りました。
    聞かせてよ愛の言葉を

    その中で 見つけました。
    Osamu Shoji編曲作品です。

    胸に湧き上がる ノスタルジア。

    静かで温かく、穏やかに包み込む。
    愛に包まれる喜びがあふれる。

    それはまるで 幼い頃に戻り
    母の胸に抱かれる感覚です。

    格調高い ストリングスの美しい調べ。
    素晴らしい編曲です。

    そして 愛を語る美輪さんの温かい歌声。

    聴けば聴くほど 良い。
    胸が熱くなる。

    「あなたにやさしく抱かれて聞く 愛のささやき
    あなたの口づけに
    あたしの心はうれしさにはずみ
    小さな小鳥のように ふるえているの」

    とても幸せな気持ちになれる。

    愛することの喜び
    愛されることの喜び、 溢れてくる。

    こんな風に人を愛することができた人生は
    きっと幸せです。
    人は愛するために生まれてきたのだと
    この歌を聴くと思うのです。

    先生は亡くなられましたが
    また こんな素晴らしい作品に出逢えたのは
    先生が 「こんな曲もあるよ」、と
    きっと私に差しだしてくださったからだと思います。

    そして私は
    美輪明宏さんの人生観には激しく共感いたしますし
    尊敬しておりますので
    美輪さんの作品に先生の編曲作品があったことが
    とても嬉しく感じています。

    超名曲でした。
    出逢えてうれしいです!!

    このような愛に満ちた
    美しい世界観を先生は大切にされ、
    五郎さんの作品へと つなげて行かれました。

    先生の想いを感じることができる作品に出逢えて
    感激です。

    「裸の少年」北公次 (フォーリーブス)

    「裸の少年」北公次(フォーリーブス)
       作詞:中谷良/挿入詩:北公次/作曲:三保敬太郎/編曲 Osamu Shoji (東海林 修)
    1969年ファーストアルバム「ヒット・ヒット・ヒット フォーリーブス ゴールデンショー」
    1969年10月1日 シングル「ひとりぼっちになった時/裸の少年」

    7月9日午後、ジャニーズ事務所の
    ジャニー喜多川社長が都内の病院で くも膜下出血のため亡くなられた、
    とのニュースが流れてきました。87歳だったそうです。

    毎日 この件について報道がされています。
    そしてその中で 今日、おりも政夫さんがコメントされていましたが
    ジャニー喜多川さんは メンバーの一人のようだったと仰っていました。
    それだけ いつも一緒に行動されたいた、ということでしょう。

    ジャニーズ事務所は 初代ジャニーズから始まったと記憶していますが
    そのメンバーとしては あおい輝彦さんがいらっしゃいました。

    Osamu Shojiは ご自分のエッセイの中で
    ジャニーズ事務所の初期のころには
    ご自分のところに 少年たちがレッスンに通って来られていたことが
    書かれており
    あおい輝彦さんについては 才気煥発で見どころがあった、と
    書かれています。

    そういう流れもあり フォーリーブスさんには
    初期から関わられたのだと思います。

    このファーストアルバムですが
    ライブと スタジオ録音盤が一緒に入っている
    珍しいアルバムで
    構成はジャニー喜多川、とクレジットされています。

    CBSソニー 1周年記念盤、と帯に書かれていますが
    CBSソニーは出来たばかりだったのですね。
    フォーリーブスさんのご活躍が
    CBSソニーにも ジャニーズ事務所さんにも
    大きく貢献したことは こうして見てみますとよくわかります。
    彼らの存在は 忘れがちですが
    昭和の歌謡史には忘れてはならない存在です。

    さて そのフォーリーブスさんの ファーストアルバムですが
    残念なことに レコード盤への、
    印刷された編曲者の名前が 違う名前になっていて、
    「?!」というところですが 
    この作品は Osamu Shoji編曲作品だと思いますので
    書かせていただきます。

    「裸の少年」は 北公次さんが歌われています。
    アルバムでは 歌だけでなく
    ナレーションも入っており、
    それは北公次さんによるものです。

    北公次さんは とても物静かに見えるのですが
    彼の歌の作品を聴きますと
    なかなか 内には熱いものをお持ちで、
    特に 自分のことをもっとみんなにわかってもらいたい、という
    強いお気持ちがおありだと思いました。
    というか何か心に闇をお持ちだったのかと
    思えるほどの 魂の叫びのようなものを感じます。

    歌は正直 お世辞にも上手とは言えないのですが
    その内に秘めたる思いが、この胸に迫る感じです。

    この歌は反戦がテーマになっているのですが
    語りの部分は 北さんの言葉なので
    少し 違った意図が入った感じになっています。

    このアルバムの発売のあとに
    北さん個人名義のシングルとして
    「ひとりぼっちになった時/裸の少年」が
    シングルカットされており
    北さんの持つ個性や世界感への
    事務所やレコード会社さんの期待度を感じます。

    もう少し 歌がお上手だったらなぁという気持ちがありますが
    これはOsamu Shojiも感じていらっしゃったことではないかと思います。
    ご本人の想いが強い分 わが道を突っ走られがちで
    声が暗く  重く感じます。
    けれど、北さんには
    人をひきつける魅力がとてもおありでした。

    北さんはメンバーに恵まれ
    とても明るいキャラクターのメンバーとの効果的な対比により
    太陽と月が輝くように
    北さんも このメンバーの中で輝やかれました。

    グループが再結成できたことが
    何よりも良いことでした。

    時は流れて行き
    次の世界へと旅立たれましたが
    残された作品は 消えることはありません。

    素晴らしい作品は
    大切にして語り継いでいきたいと思います。

    HitHitHIt

    収録作品
    壁のむこうに(ライブ)
    オリビアの調べ(ライブ)
    涙のオルフェ(ライブ)
    淋しさはどこから(ライブ)
    ☆  裸の少年(ライブ)
    緑の河
    太陽のマドリガル
    ひとりぼっちになった時
    ひとつ隣りのうしろへ3つ
    試験はいやだ
    はじめてなんだ
    君がいるから
    誓いのフーガ

    ☆編曲作品
    ★作・編曲作品

    ひとりぼっちになった時

    「ダンスへおいで」 中尾ミエ

    「ダンスへおいで」 中尾ミエ
    作詞・作曲:J.Madora-D.White、訳詞:タカオ・カンベ 編曲:Osamu Shoji(東海林修)
    1962年発売シングルB。

    もうかなり 語りつくした感がありますが
    ハタと 中尾ミエさんが まだあるのではないか?と
    思いまして 最近発掘中です。
    先日 またミエさんのベストアルバムを見つけて購入しました。
    うれしいです!!

    Osamu Shojiを語る時、
    やっぱり 中尾ミエさんを語らないわけにはいきません。
    なんといっても このシングル「可愛いいベビー」が
    大ヒットして ミエさんもOsamu Shojiも
    世にドッカーンと飛び出して行ったのですから。
    その勢いと影響力はものすごいものがあったことと
    想像します。

    きっと誰より驚かれたのは
    ご本人たちではないでしょうか。

    その後ミリオンセラーとなった作品ですし
    知らない人はいないであろうミエさんの作品となりました。

    前にミエさんがテレビに出られて
    お話をされているとき
    「可愛いベイビー」だけで ここまでやってきた、みたいな
    自虐的なことをおっしゃっていました。
    面白おかしくおしゃべりも楽しく、
    笑わせてくださったけれど
    いえいえ そんなことがあるはずはございません。
    こんなに長く 厳しい芸能界を生き延びてこられたのは
    ミエさんの才能はもちろんですし、実力、です。

    でも この一曲だけでここまでやってきた、と
    言われたのはそのくらい ものすごく売れて
    世の中の人に この一曲で認知されたすさまじさを
    強くおっしゃりたかったんだと思います。

    この「ダンスにおいで」は「可愛いいベビー」のB面です。
    A面も 素晴らしいのですが
    このB面も魅力いっぱいです。

    若さとパワーがありますし
    パンチが効いて 聴いてて とっても楽しいです。
    なので あっという間に一曲が終わってしまいます。

    きっとエミさんとOsamu Shojiの音楽的な相性もよかったのだと思います。
    この明るさ、このキレの良さ、
    もうゴキゲンです。
    とにかく度胸がいいのですね。
    この作品がデビュー曲なんて 信じられません。
    堂々たるものです。

    平岡精二に師事されていたそうですから
    なるほど、と思いました。

    16才で ここまで歌えるミエさんって
    カッコいいです。
    声も太くて明るくて上手だし
    お顔もエクボがあって可愛いし
    売れないわけがないですね。

    そして ここから、Osamu Shojiは
    アレンジャーとしての道を歩まれましたが
    常にチャレンジを続けられ
    歌謡曲だけでなく
    オーケストラから吹奏楽、 そしてシンセまでも
    究められ
    なんでも出来るマエストロへとなられましたが

    スタートは やっぱり このレコードなんだなぁ、と思います。

    さて私が最近探しているミエさんの楽曲は
    「ワン・ボーイ」
    「月光のノクターン」
    「恋のセーラーガール」
    「恋はおとなしく」
    「いつも青空」
    「ハロー・プティト・フィーユ」
    「すてきな王子さま」
    「恋のプロフィル」

    あと1966年くらいの歌だったら
    他にもOsamu Shoji作品があるのではないかなぁ・・・と
    期待しているのですが
    なにしろ 情報が少なくて
    よくわかりません。

    もしOsamu Shoji作品をご存じの方がいらっしゃいましたら
    どうか教えてください。
    よろしくお願いします。

    可愛いベイビー

    「奥様お手をどうぞ」(「決定版!これぞコンチネンタル・タンゴ」)

    「奥様お手をどうぞ」(「決定版!これぞコンチネンタル・タンゴ」)
    作曲・ラルフ・エルヴィン 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    ニュー・コンチネンタルンタル・タンゴ・オーケストラ
    「決定版!これぞコンチネンタル・タンゴ」

    タンゴは 情熱的でもあり 優雅でもあり・・・

    そんな音楽を Osamu Shojiの編曲で聴けるこのアルバムは
    とても贅沢な世界です。
    聴いていると 自分の人生を振り返ってしまい
    胸に突き上げるものがあります。

    「奥様お手をどうぞ」
    アルバムの第一曲にふさわしい
    軽やかで明るく優雅な作品。
    心まで明るくなるような 美しい演奏。
    アルバムすべてがタンゴの作品、というのも
    素晴らしい企画だと思います。

    こんな音楽が流れていると
    何気ない日常の
    いつもの生活空間が
    急にドラマチックでロマンチックな空間に変わってしまいますから
    音楽の力は本当に大きいです。

    これほどまでの 素晴らしい音楽を作られるOsamu Shojiは
    世界の音楽にも精通されており
    素晴らしいオーケストレーションを披露されていました。

    その深い知識と経験を
    日本の歌謡曲にも取り入れられ 牽引されたご功績は
    大変大きいものと考えております。

    もっとたくさんの方が そのことに気づいてくださることを
    私は願っております。
    コンチネンタルタンゴ

    収録作品
    奥様お手をどうぞ
    ジェラシー
    真珠とり
    オレ・ガッパ
    小さな喫茶店
    夜のタンゴ
    ラ・クンパルシータ
    碧空
    バラのタンゴ
    ヴィオレッタに棒げし歌
    夜のヴァイオリン
    イタリーの庭
    カミニート
    月下の蘭