FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「種子」~裸足で駆けて行くと~ カルメン・マキ

    「種子」~裸足で駆けて行くと~ カルメン・マキ
    作詞・新川和江 作曲・村井邦彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1969年 アルバム「アダムとイヴ」

    2016年に アルバムが復刻していた
    カルメン・マキ「アダムとイヴ」

    いつもこのジャケットだけは 好きになれないと思う。
    なんとかしてくれればいいのにと
    音楽を聴く前に 思ってしまって
    ジャケットを手に取りたくないから本当に困ってしまいます。

    このアルバムのテーマは アダムとイヴ
    旧約聖書から 紐解く 男と女。
    人間は生きて煩悩と戦わなければならない。
    だからこの世は 厳しい修行の場なのだと
    この年になると悟るわけです。

    さて独特のこのアルバムの世界。
    このアルバムで自分の煩悩と向き合う感じなのかなぁと思います。

    独特の この世界の中で
    唯一 穏やかで平和で
    普通の世界。

    作曲は 阿吽の呼吸で仕事が出来る村井邦彦さん。
    少し聴いただけで クレジットを見なくても村井邦彦さんとわかりました。
    だけど それが すごくホッとする、というのか安心できました。

    「裸足で駆けて行くと
    土踏まずが熱い
    大地が燃えているのですね
    いのちをはらんで」

    どこの方向に この世界は向いていくのか・・・?

    想像のつかない この詩の世界。

    だからこそ 村井&東海林のコラボレーションに
    安らぎを感じてしまう私がいる。

    穏やかだけれど
    実はまだ知らないだけの話。

    種のうちはまだ
    すべてをその中に閉じ込めて
    ジッと息を潜めている。

    すべてを封じ込めて
    その時を待つ。

    だけど本当は その時が一番平和で
    静かで 穏やかな時だ。
    ずっと 閉じこもっていたかったのに。

    あぁ 罪深い 
    私達人間は。

    このアルバムを聴くと
    そんなことを思いながら
    せつなさが胸にあふれる。

    そして人は やっぱりとても孤独なんだと思う。

    生きることを問う カルメンマキの歌の世界です。
    収録作品
    ★アダムとイヴ
    ★欲望
    ★種子
    ペルソナ
    嘘とほんと
    ★女と男
    子供

    ★本能
    ★★過ち

    ★編曲作品
    ★★作・編曲作品

    アダムとイヴ
    メンタルが強い方はどうぞお聴きください。
    あまりにも深いです。
    スポンサーサイト