web拍手 by FC2

    「Canto De Sole」(太陽の詩) Osamu Shoji

    「Canto De Sole」太陽の詩 Osamu Shoji(東海林 修)

    このアルバムを聴くと
    心が解き放たれる気がします。

    人は 自由であるならば
    あえて自由を求めないかもしれません。

    すべてが満ち足りているならば
    生きる意味を考えることもないでしょう。

    乾いた心には
    ほんの少しの水であっても
    生きる力になります。

    素晴らしい音楽は
    人を励まし 生きる力になるものです。

    「Canto De Sole」~太陽の詩~を
    聴いたときの
    あの感動が忘れられないのです。

    ずっとこのメロディが
    この頭の中を回り続けました。

    生きていることが
    なんだかとてもうれしいことのように感じれるのです。

    胸の琴線に触れるメロディライン。
    泣きたくなるくらい
    たまらなく好き。
    一度聴いたら また聴きたい。

    シンセの世界もなんて楽しいのだろうと思った作品です。

    この曲を聴く時 心はとても自由。
    気持ちが弾んで 不思議な感覚。

    いつ聴いても大好きだと思います。

    レインボーカラーの鮮やかなジャケットも
    音楽にマッチしていてイメージが膨らみます。
    心に残る作品。

    ジャズ から クラッシック
    歌謡曲ももちろんのこと
    吹奏楽 シンセサイザーミュージックまで
    あらゆるジャンルで
    幅広く活躍される 音楽家Osamu Shoji。

    これからOsamu Shojiの音楽について
    お話しさせていただきたいと思います。

    共感していただける方が
    見ていただければうれしいです。

    太陽の詩
    収録作品
    1.花のサンバ
    2.魅惑のアフリカ
    3.太陽の詩
    4.しずかに、ベイビー!
    5.驚異のアマゾン
    6.ピン ポン ファン
    7.マラケッシュ急行
    8.風吹きすさぶ道
    9.チャーミングしかけのオレンジ
    10.すぎゆく夏
    11.月のサルサ
    12.ミラーの頃
    13.ラッパ手のたのしみ
    14.チベットの夕陽
    15.虹のかなた
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント