FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「嘆きの人生」沢田研二

    「嘆きの人生」沢田研二(アルバム「JulieⅡ」)
    作詞・山上路夫 作曲・すぎやまこういち 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1971年発売 ロンドン録音盤

    このアルバムの「霧笛」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
    「愛に死す」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
    はこのブログに書きました。
    良かったら見ていただけるとうれしいです。

    このアルバムは超豪華盤。
    全曲 詩は山上路夫・編曲は東海林修。
    作曲は 8名の人気作曲家によるもの。

    それは豪華なコラボレーションで
    私達を魅了し ジュリーワールドへと誘います。

    山上路夫/すぎやまこういち/東海林修
    このコラボも 超貴重。
    そして素晴らしい作品です。

    この歌を聴くと
    本当に泣けてしまいます。
    深く愛していても 別れが来る。
    人は 大切なものを失った時
    こんな風に胸の中で叫ぶものだと
    私は思うのです。

    こんな思いを知らずに生きたこられた方には
    ・・・きっとわからないと思いますが
    そうであったとしても
    この歌を聴くと 本当に人を愛して
    愛しい人を失った悲しみを
    感じることができる。
    そして泣いてしまうかもしれません。

    というか私はこの作品を聴くと
    いつも泣きます。
    魂に問いかけるというか
    訴えかけるのです。

    沢田研二という歌手は
    素晴らしい感性をお持ちです。
    この歌も泣きながら歌ってくださっているように思います。

    彼はカッコイイ男の代名詞のような存在になっていきましたが
    本来はカッコつけるような人ではなく
    こんな風に自分をさらけ出して
    ありのまま 感じるまま
    たとえば女々しくても
    素直な心で愛を表現できる男性なのだと
    私は思っています。

    「生まれて来なければ良かった
     この世に僕などいらない
     悲しみだけつづくから
     笑えよかもめ このあわれな姿
     愚かな夢を見た男
     バカだよ僕は もうどこかに消えろ
     用なし男なのさ
     お願いだよ 誰でもいい
     倒れそうな僕をささえてよ」


    たとえば 恋に破れなくても
    こんな風に 自分を責めることや
    消えてしまいたいと思うことはいっぱいあります。

    「生まれて来なければ良かった
     この世に僕などいらない」

    こう思ったことがない人には
    わからないかもしれませんが
    もがき苦しむ時に
    この歌を聴くと
    胸の中の傷口の膿が出され
    傷口が癒える感じです。

    歌のパワーってすごい。

    そして何もかも
    美しく変えてしまう魔法が入っている。
    私はそう感じるのです。
    Julie2


    JulieII(In London,Olympic Sound Studios)JulieII(In London,Olympic Sound Studios)
    (2014/03/26)
    沢田研二

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント