FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「草の鏡」久美 かおり (2)

    「草の鏡」久美 かおり (2)
    作詞・なかにし 礼 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)

    1968年7月に「くちづけが怖い」でデビューした 久美かおりさんの
    セカンドシングル「今日から私は」のB面の作品。

    前にも書きましたが もう一度書きます。

    今日は ゆかりさんの コロンビア時代の「今日から私は」を聴いていて
    あぁ 久美かおりさんの「今日から私は」は どんなだったかなぁ、と
    聴きたくなり 久美かおりさんの作品を聴きました。

    伊東ゆかりさんの「今日から私は」は とても艶やかで
    しっとりとしたお色気があり 華やかな感じになっています。
    でも 久美かおりさんの 「今日から私は」を知っていると
    やっぱり 久美かおりさんの作品が不思議と聴きたくなります。

    久美かおりさんは 映画でジュリーの相手役に選ばれたばかりに
    当時のジュリーファンからの嫉妬等を浴び大変だったそうです。
    活動期間も短く コンプリートのCDの曲目を見ても
    たったのこれだけ?と驚くくらい 少ないのですが
    でも 期間とは関係なくOsamu Shojiの作・編曲作品で
    レコード大賞新人賞も受賞されていますし
    今聴いても素晴らしい楽曲に恵まれていました。

    こうして 復刻もされて聴ける状態にあることが
    すべてを物語っていると思います。

    なにしろOsamu Shojiの和製ポップス、というか
    「歌謡曲」を聴けるのは この方の作品くらいで
    とても貴重となっています。

    Osamu Shojiとしてはファーストシングルとしては
    ほんとうは B面の「夜明けの海」を・・・という想いがあったと思いますが
    何しろあの時代は ムード歌謡が全盛の時代で
    「くちづけが怖い」になった、のでしょう。

    でも 今となれば Osamu Shoji&なかにし礼というコラボも珍しく
    貴重な作品群となっています。

    特に私が好きな世界が「草の鏡」で
    このことは前にも書いたのですが
    幻想的で 美しい 物語の世界のような作品となっています。

    ストリングスも心を満たすもので
    まさに夢の世界。

    A面にされなかったことが残念でなりません。

    こんな名曲が 世の中の人の耳に届かずに終わってしまうことは
    残念でならないので
    今一度 この作品のことを書き
    できたらCDを買って 聴いていただければなぁ、と思うわけです。

    久美かおりさんの 
    少しハスキーで
    少し遠慮がちに歌われるような
    素朴な歌い方が
    聞き慣れると なんとも愛おしく感じられます。

    私は この方の作品に
    一時期の自分を投影して聴いてしまい、
    胸が熱くなるのですが
    短く不遇であった 夢の日々であっても
    過ぎてみれば
    良き思い出として 残るものではないかと思います。

    私の大好きな世界です。

    星のプリンス コンプリート・コレクション星のプリンス コンプリート・コレクション
    (2014/04/16)
    久美かおり

    商品詳細を見る


    久美かおり

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント