FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「21世紀箱舟の出帆」 野口五郎

    「21世紀箱舟の出帆」 野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji (東海林修)
    1976年7月21日発売 アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」

    Osamu Shojiは 私たちに
    それまで 聞いたこともないような音楽を
    たくさん聞かせてくれました。

    特に アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」の作品は
    初めて知るような音楽のオンパレードで
    壮大であり 未知の世界でありました。

    特に最後の一曲、「21世紀箱舟の出帆」を
    初めて聴いたときは 自分の中の聴きなれた音楽からかけ離れており、
    とてつもなく 難しい楽曲を聴いたような気がした、というのが
    正直なところです。

    ところが
    ずっと聴き続けてきましたら
    最近、聴きながら 今更ながらおどろいたのですが
    これほどすごい作品もないのではないか、と思うくらい
    イントロからのメロディーが素晴らしいのです。

    これは Osamu Shojiのシンセサイザーの演奏が感動的でもある、
    超、がつくくらい スペクタクルな作品です。

    例えていうならば
    大きな竜が天に上っていく感じ。

    アメリカのミュージシャンやスタッフも
    さぞ驚かれたことでしょう。

    そして こんなすごい音楽を
    当時の少女たちが日常的に聴いて
    当然のように思っていたことが
    申し訳なかった、という気持ちでいっぱいです。

    そして五郎さんの歌唱ですが

    低いところから高いところまで
    これほどまで音域が広く、難しい楽曲を
    見事に歌い切っておられることに
    感動を覚えます。

    鳥たちよ けものたちよ
    そして愛した人々よ
    今度こそぼくは 行かねばならない


    ここが特に胸を打ちます。


    男女間の恋愛とかではなく
    男の夢と決意を歌ったこの作品。
    当時は こんな歌詞も
    本当になかったと思います。

    この心に 夢がある限り
    この歌は 心に深く響く。

    この歌を聴き
    胸が震える方は
    間違いなく夢に向かって生きる人です。

    自分の心を測りたいのなら
    この歌を聴けば明白です。

    素晴らしい作品を残していただけて
    感謝しかありません。

    goro.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント