FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「魅惑のワルツ」(「STRING SPECTACULAR 100 STRINGS」(100人のストリングス)

    「魅惑のワルツ」(「STRING SPECTACULAR 100 STRINGS」(100人のストリングス)
    編曲・Osamu Shoji( 東海林修 )
    指揮・石丸 寛
    1969年1月22日東京厚生年金会館大ホールにて録音。
    キングレコードSDSシリーズ

    最近 また このアルバムばかり聴いています。
    豊かで美しい音楽は
    聴くたびに新鮮です。

    今 びっくりしたのですが
    「魅惑のワルツ」について375番目の記事で書いていたはずなのですが
    いつのまにか消えていました。

    多分 すごく力を込めて この素晴らしさについて
    熱く語っていたはずなのですが 
    熱く語りすぎからなのでしょうか、消えました。 (T_T)
    なにか 操作を間違ったのでしょう。

    長いこと このアルバムも聴いてきましたが
    その中でも一番 何度も何度も聴いてしまうのが
    この「魅惑のワルツ」です。

    みなさまは
    音楽を聴き終わったあと、
    「はぁ~~っ」
    うっとりとして
    幸せな気分になれたことがありますか?

    私は この「魅惑のワルツ」を聴くと
    いつもそうなります。
    動けなくなるくらい うっとりします。

    なんてすてきなのでしょう。

    このアルバムは 復刻されるべきだと思います。

    キングさんは このような素晴らしいアルバムを
    どうして隠していらっしゃるのでしょう。
    復刻されないのが不思議でたまりません。

    この音楽を聴いて なにも感じない人がいるとしたら
    お顔を見てみたい。
    そう思うくらい この作品は素晴らしくて、
    誰が聴いても感動する作品である、と
    私は思っているのです。

    ヴァイオリンのソロがとても素晴らしくて
    心を溶かすような美しい音色です。

    私はこのアルバムを聴いてしまったがために
    ヴァイオリンは このような美しい音色が当たり前だと思っていたので
    世の中のヴァイオリンの音楽が
    妙にがさがさ しゃかしゃかと聞こえ
    ほんとうにどうしちゃったんだろうと思っていたのですが

    実はこのアルバムが素晴らしすぎた、からです。

    これほどまでに 甘く美しく
    豊かな音色を聴くと
    心が洗われる想いです。

    この「魅惑のワルツ」の ヴァイオリンのソロは
    高珠恵さんだそうです。

    感動します。

    そして100人ものストリングスの
    厚い厚い豊かな響きが
    私の心を大きく包んで・・・・

    こんな夢のようなことが
    出来た時代があったのですね。

    復刻されなきゃ おかしいですよ。
    こんなにも素晴らしい音楽なのに。

    豊かな音楽は豊かな心を育みます。

    みんなに聴かせてあげたくて
    どうしようもなくなってしまうような
    感動的なアルバム。

    Osamu Shojiの音楽のすごさを実感します。

    100ストリングス
    収録作品
    1.イエスタディ
    2.青い影
    3.ラスト・ワルツ
    4.アイ・ラヴ・パリス
    5.スカボロー・フェア
    6.魅惑のワルツ
    7.夜のストレンジャー
    8.シェナンドー
    9.恋はみずいろ
    10.ムーン・リバー
    11.グリーンスリーブス
    12.モア


    アルバム「STRING SPECTACULAR 100 STRINGS」のCDは
     東海林修先生のホームページから購入することができます。
    超名盤です。
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント