FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「オール・バイ・マイセルフ」野口五郎

    「オール・バイ・マイセルフ」野口五郎
    作詞・Eric Carmen 訳詩・麻生香太郎 作曲・Eric Carmen 編曲・Osamu Shoji(東海林 修)
    1976年3月20~23日      日劇リサイタル~女友達初演
    1976年4月29日          GORO ON STAGE 故郷に帰るⅡ (音源化)
    1976年7月20日~8月11日  全国縦断コンサート

    「オール・バイ・マイセルフ」は’76年の「日劇リサイタル」が初演、
    そして音源化されているが '76 GORO ON STAGE 故郷に帰る、です。

    その後 日本語で歌われた部分を一部英語に変えられはしましたが
    ずっと歌い続けていらっしゃいます。
    今や、野口五郎という歌手に なくてはならない 洋楽のカバー作品です。
    20170727goro3


    物事は 最初が肝心です。
    こうして長く歌い続けられているのも
    最初のOsamu Shojiの編曲の素晴らしさがあるからです。
    五郎さんという歌手に ピタリとハマる編曲をされたのです。
    心に沁みわたる素晴らしいアレンジをしてくださいました。
    そのことを 私はまずお伝えしたいのです。

    当時は洋楽のカバーもバンバン取り入れられていました。
    Osamu Shojiとしては 五郎さんをクイーンのようなロックスターに・・・と
    願っていらっしゃったそうなのです。
    ですからOsamu Shojiが編曲された 洋楽のカバーのカッコ良さは
    半端ではなかったのです。
    そのことについては 聴いていただければ納得いただけるものと思っております。

    選曲も素晴らしいものでした。
    どんどん新しいものを取り入れられましたが
    ずっと何十年も先まで 歌い続けられるような作品に仕上げられました。
    そのこともすごいことだと思っています。

    そしてこの「オール・バイ・マイセルフ」は
    基本、当時からアレンジもほぼそのままに
    今も歌われています。

    ぼくがまだ 若かったころ 
    悲しみなんて 知らなかった


    あの頃、若かったのに
    これほどまでに説得力を持って この歌が歌えたのは
    若くしていろんな苦労を 五郎さんが乗り越えていらっしゃったからです。

    Osamu Shojiの素晴らしい音楽に支えられて
    大きなステージ、大きなハードルを
    五郎さんはいくつもいくつも 乗り越えられました。

    ともにステージに立ち
    Osamu Shojiの音楽に導かれ、そして学び、
    グングン成長されたように思います。

    いつ聴いても胸を打つ作品。

    素晴らしい音楽とともに
    Osamu Shojiとの出逢いについても感謝したいと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント