FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「恋は夢ごこち」 西玲子

    「恋は夢ごこち」 西玲子
    作詞・山上路夫 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林修)
    シングルB

    1970年から1974年まで NHKで放送された「ステージ101」
    Osamu Shojiが音楽監督をされていました。

    この作品は「荷馬車に揺られて」のB面です。
    正直 レコードを持っていなかったので
    この歌はyoutubeのおかげで聴けました。
    有難いことです。

    しかしながら これもいつまで聴けるかわかりません。
    西玲子さんが ずっと長く歌い続けていらっしゃれば
    復刻という道もあったでしょうに ほんとうに残念です。

    この方のお声というのは
    とてもとても甘いです。

    私の主観で書いて申し訳ないのですが
    男性には とてもアピールする歌声なのですが
    同性の女性にすると ここまで甘いと少し 聴くのがしんどいです。

    甘い声といえば 「荷馬車に揺られて」をいっしょに歌われた
    太田裕美さんの声も ものすごく甘いのですが
    裕美さんの甘さをはるかに超えておられます。

    話はそれますが 太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」が
    大ヒット曲に結びついたのは
    敢えて あの甘い声で 男性の気持ちを歌われたことだと思っています。

    西さんの この声に  Osamu Shojiは
    「雨上がりの鎮守さま」「誰かがどこかで笛を吹く」「荷馬車に揺られて」「恋は夢ここち」
    を 作られたわけですが
    まず第一に
    彼女の甘さを生かすことをされたのだなぁ、と思います。

    そこには アイドルとしての道を進もうとされる 事務所などの方針があったからでしょう。

    そうでなければ Osamu Shojiは 自分から進んで「恋は夢ごこち」のような作品は
    作られないと思うのです。

    ほんとうは「誰かがどこかで笛を吹く」のような作品をOsamu Shojiは
    西さんには歌ってほしかったのではないか と 私は思うんですけれど。
    みなさまはどう思われるでしょうか。

    「恋は夢ごこち」 とってもキュートでかわいいです。
    けれどOsamu Shojiの作品ですから
    それに加えて ソフトロックのカッコよさと 切れの良さ、
    そして 当時としては珍しいシンセサイザーの 
    新しい感覚を取り入れられて
    ただ かわいいに終わらない 深さのある音楽に仕上げられてます。

    とても爽やかですてきな作品なのですが
    B面ということで
    世の中の人の耳に届かなかったこと、
    西さんが はやくに歌をやめてしまわれたことを
    残念に思います。

    そういう私も
    youtubeで 今回やっと聴けたようなことで
    歌い手さんが ずっと歌い続けてくださらないと
    名曲も埋もれてしまうのだなぁとさみしく感じます。

    アップしてくださった方に感謝いたします。



    荷馬車に揺られて
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント