FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    【番外編】心を満たす美しくロマンチックな作品

    番外編です。
    今日は 本日の気分で勝手に決める
    「心を満たす美しくロマンチックな作品」の3曲を書いてみたいと思います。

    まず とても「美しい」音楽、ということになりますが
    光には影が 常に寄り添うように
    「美しい」ということは どこか目に見えない
    哀愁や嘆きや翳りというものが寄り添っているように思うのです。

    そして その美しさは 孤独を満たすものでもあります。
    そして色んな 憂いを乗り越える力を与えてくれるものでもあります。

    幸せというのは そういう心の闇に 光を当ててくれるものである、
    というのが 私の考えです。

    なので美しい音楽というのは
    生きる力になる、ということを言いたいわけです。

    ということで 勝手に今日の気分で決める
    「心を満たす美しくロマンチックな作品ベスト3」

    第三位は~っ!!
    「Tranquility」Osamu Shoji(東海林 修) (アルバム「Music by Candlelight」)
    でございます~~っ!

    ここ数日 何気に聴いていて
    この音楽で 私の動きがはたと止まってしまったのです。
    途中から ううぅっ、と 胸に突き上げるメロディがあります。
    今まで これほどまでに思わなかったけれど
    今日は この作品が 第三位です~っ。

    静寂の中でなければ
    聞こえない心の声がある。
    そんなことを この音楽を聴いて思います!
    Music by Candlelight

    続いて 第二位は~~

    「La Famme Fatale 運命の女」Osamu Shoji(東海林 修)(デジタルトリップ 「さよなら銀河鉄道999」)
    でございます~~っ

    美しい瞬間、心に残る瞬間というものは
    本当に スローモーションのように
    心に映しだされます。

    きっと 自分の中で
    その幸せな一瞬に時を戻して
    時間を止めてしまいたい。
    そんな気持ちがあるからではないでしょうか。

    999の映画の中でのメーテルとの再会。
    そんな あまりにも美しく幸せな瞬間が
    誰にもあるはずなのです。
    その人生の瞬間を
    私たちは あのメーテルとの再会のシーンに重ねて
    見ているような気がします。

    儚い 夢のような時間。
    一瞬であったとしても
    生きていく中で一生抱きしめていきたい。

    一瞬が永遠に変わる。
    そのことを この音楽で確信したような気がします。
    さよなら銀河鉄道999
    そして 私の第一位は~~っ

    ジャーン
    「プレリュード」Osamu Shoji(東海林修)(アルバム「Utopia‐夜」)
    でございます~~っ

    ロマンチックを求める この心を満たす作品としては
    不動の一位!!
    誰が何と言おうと 私は これでございます。

    この音楽を聴くとき
    心が うれしいと震えるのです。

    こういう音楽を この心は待っていました、と
    めまいの中で酔いしれます。

    たまらなく好きなのです。
    これはもう 説明ができる範囲ではないのです。
    とにかく どうしようもなく たまらなく好き!

    こんなに心が震える 音楽に出逢えたことは
    なによりの大きな歓びです。

    もう それだけで十分なような気がします。

    とにかく素敵なので
    ぜひ聞いてみてください。

    素敵な 大人のあなたなら
    きっとわかってくださるはずです。
    Utopia夜

    今回は 私の
    「心を満たす美しくロマンチックな作品ベスト3」でした。

    時々こういうテーマで 書いてみようと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント