FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「 白い切符 」野口五郎

    「 白い切符 」野口五郎
    作詞 : 瀬高徹 作曲 :・ 編曲 : Osamu Shoji (東海林修)
    1977年4年13日~4月28日 ’77日生劇場特別リサイタル

    若いころは この作品を聴き
    許されぬ恋の逃避行・・・
    ぐらいの気持ちで聴いていたような気もします。

    哀愁漂う美しいメロディと歌詞。
    五郎さんのやさしい歌声に胸は熱くなり
    恋愛もしたことがない自分とはいえ
    切なくて
    こんな悲しい恋はできないな、と思ったものです。

    当時は誰にでも当てはまる歌ではないという
    気持ちで聞いていたのだと思います。

    まるで 物語でも観るように・・・。

    長く年月は流れ
    こうして今聴きますと
    また 違った思いが胸にあふれてきます。

    人生は 流れ流れて
    どこにたどり着くかわからない旅であったこと
    この年になって知ります。

    わき起こるノスタルジア。

    自分で選んでそうしたかのように見えますが
    人生は生まれ育った場所から
    何か大きい力によって引き離されている。
    私はそう感じているのです。

    帰りたいのに
    戻って行きたいのに

    何かの力によって引き離され、
    遠く離れたところから 
    ふるさとを想い、
    母を想う。

    この歌がいつのまにか
    自分の人生に当てはまっていることを知るのです。

    ごらん しぐれの空を
    遠い夢の折り鶴が
    泣きながら 飛んでゆくよ
    はてしえぬ若き日の悔いを胸に
    この汽車はどこまで行くのだろう


    この歌詞が この胸を震わせる。

    当時はなんだか難しくてよくわからなかったけれど
    今の自分なら
    実感としてわかる。

    ほんとうに泣けてしまいます。
    77日生劇場

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント