FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「愛の讃歌」菅原洋一 (LIVE1972)

    「愛の讃歌」菅原洋一 (LIVE1972)
    訳詞・岩谷時子 作詞:PIAF EDITH. 作曲:MONNOT MARGUERITTE ANGELE. 編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1972.10.26 渋谷公会堂
    アルバム「菅原洋一 LIVE1972」 第二部

    洋一さんの1972年のライブ。
    第二部の音楽をOsamu Shojiが担当されました。

    Osamu Shojiの音楽の醍醐味はライブにあり、
    と私は思っております。

    洋一さん、ジュリー、GOROさん。
    本当に 胸が震えるほど ドラマチックで
    ハートにガツンと来る 素晴らしいステージです。

    さて「愛の讃歌」
    越路吹雪さんをはじめとして沢山の方が歌っていらっしゃいます。
    歌手としても この歌を歌うことは 憧れでもあるように思います。

    そして人によって 歌い方もいろいろです。

    このステージ、
    Osamu Shojiが作られた世界は
    甘く 優しく 大きな愛の世界。

    人によって 好みもいろいろでしょう。

    「愛してる」と大きな声で叫ばれたい人もあるでしょうし
    耳元で そっと「愛してる」と 囁かれたい人もいる。

    私自身は 後者の方です。

    だから この洋一さんの
    穏やかで暖かく 優しく包み込むような「愛の讃歌」が好きなのです。

    Osamu Shojiの音楽は とにかくムードがあります。
    深く 大きい世界なのです。

    このピアノのイントロもOsamu Shojiオリジナルの
    美しいメロディ。

    語るように 
    ささやくように

    「あなたと二人で暮らせるものなら
    なんにもいらない」

    静かに愛が満ちていきます。

    愛するひとと 
    生きてゆける歓び。

    音楽で表すならば
    まさにこの作品。

    この歌を聴くと
    心に愛が あふれていきます。
    live1972youichi
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント