web拍手 by FC2

    「アイスクリーム・ジョー」木の実ナナ (2)

    「アイスクリーム・ジョー」木の実ナナ
    作詞・Mack David作曲 Ernest Gold 日本語詞・ヒライワ タカシ 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    指揮・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1964年3月10日

    少し 木の実ナナさんの歌から離れていましたが
    またこの頃は ナナさんの歌を聴いています。

    シングル曲 初めから聞いてますと
    少しお笑い路線から始まってしまったのかなぁ、という感じです。
    正統派の清純歌手の路線からは
    残念ながら外れていたような気がします。

    そしてヒット曲恵まれなかったために
    ありとあらゆる作風の楽曲を歌われて
    少々迷走していたような感じがします。

    けれど Osamu Shojiが 編曲を手掛けられていたときには
    これぞ正統派の道を切り開かれていたと感じますし
    優雅で格調高い演奏で 最高に素敵なのですが
    なぜに大ヒットにならなかったのか、不思議でたまりません。

    強いていうならば
    この時代は 女性はお色気がある人が好まれた気がします。
    あまりに元気が良すぎて 少しお色気が足りなかったのでしょうか。

    明るく天真爛漫で 太陽のように輝く余り
    影の部分が見えてこなかったイメージがあります。
    人は影の部分に惹かれるものだから困ったものです。

    しかし 世に言う大器晩成型で
    実力と個性がある人は
    やっぱりいずれは世に出るものですね。

    そして ナナさんの歌をずっと聞いていて思ったのですが
    たぶん ナナさんに力を入れて プッシュしようと思われたのが
    「パパとママのテレビ」の頃からなんだなぁと デビュー曲からずっと聴いていて
    私は思うわけです。

    その期待に応えるべくOsamu Shojiも 素晴らしい編曲をされて
    華麗でキラキラした美しい音楽を作られています。
    マエストロOsamu Shojiの 
    こんな素晴らしいオーケストラを前に歌えるなんて夢みたいな話で
    ナナさんもそれを感じられたのか
    力いっぱい歌われているのですが
    もう少し控えて歌われていれば違ったのかもしれません。

    でも 今聴くと本当に楽しくて素敵な世界で
    ナナさんが愛おしい感じさえします。

    そして残念だなぁと思うのは
    この「アイスクリーム・ジョー」が
    B面でなく A面で発表されていれば
    きっと違ったのに、ということです。

    Osamu Shojiの美しい音楽と
    ナナさんの独特の個性が 上手く融合しています。
    ナナさんの魅力が弾ける世界なのです。

    「pine-apple,peach,Co-coa-nut and banana
    some of each chocolate too
    オーオーオ とっても素敵
    甘い恋の味よ」


    すっごく魅力的!!
    楽しい!!

    そして優雅です。

    あーーもったいない。
    こんな素晴らしい作品がB面だなんて・・・。

    聴くたびに 残念でならない一曲です。

    木の実ナナティーンエイジ

    木の実ナナ魅惑のシングルコレクション木の実ナナ魅惑のシングルコレクション
    (2010/04/05)
    木の実ナナ

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント