FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ミュージック」野口五郎

    「ミュージック」野口五郎
    訳詩: 麻生香太郎  作曲: John Miles  編曲 :Osamu Shoji ( 東海林修)

    1976年7月20日~8月11日  全国縦断コンサート初演
    1977年1月29日~3月6日 ’77 GORO IN CONCERT~明治

    Osamu Shoji が 五郎さんのステージの音楽を担当され
    一緒に全国を回られた '76、'77 は
    五郎さんが ギンギンに洋楽のカバーを歌ってくださった時代でもあります。

    とにかく「超」カッコよかったのです。
    Osamu Shoji の洋楽のカバーのアレンジは
    野口五郎さんを特別に輝かせました。

    Osamu Shoji としても 当時は
    五郎さんをロックスターに・・・という 考えがおありだったようです。

    なかなかそういう路線には出来なかったようですが
    この時期は 最高にカッコイイ洋楽のカバーを聴かせていただけました。

    「Music」
    これは ハローゴローラブラブラブ」という番組で
    「’77 GORO IN CONCERT~明治」の ライブ音源として流されました。
    この曲の前が「あいつの女房がおいらの恋人」
    ツインギターでグイグイとハートに迫ってくるような作品です。
    あぁ なんてカッコいいんだ!!
    そう思った次の曲がこの曲だったのです。

    この曲を聴いた時は 正直シビレました。
    動けなくなるくらいでした。

    なんだ~ このカッコイイ曲は!!

    衝撃的でした。

    穏やかでもあり
    美しくもあり 
    幻想的でもあり
    パワフルでもあり・・・・

    ひと言で言うと
    たまらなく カッコイイ!!

    素敵すぎてため息・・・。

    6分近くもある長い作品。
    組曲のようになっており
    どこをとっても魅力的なのです。

    本当にもったいないですね(涙)

    これほどの 素晴らしいアレンジと演奏を・・・
    そして歌唱を・・・・。

    CD化していただきたかったと
    残念でならない作品のひとつです。

    Osamu Shoji がこれほどまでに
    素晴らしい音楽を作ってくださったのに・・・(泣)

    こんな素晴らしい音楽を
    当たり前のように聴いていた五郎ファンが 
    耳が悪いわけがありませんね。

    これは沢山の人に聴いていただきたかった作品です。
    しびれます!!

    このカバー作品を
    五郎さんのラジオ番組で
    聴いたときの衝撃は 今も忘れられません。

    '76 全国縦断コンサート
    参考音源
    John Miles - Music - 1976
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント