FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「夏の窓辺で」   谷山浩子(2)

    「夏の窓辺で」   谷山浩子
     黒崎直子:作詞、谷山浩子:作曲、Osamu Shoji (東海林修):編曲
    演奏・新日本フィルハーモニー交響楽団
    "私たちのつくった歌<窓>" (学研 SG-547(1974年))非売品
    ミュージック・エコー創刊3周年記念作曲コンクール入賞曲
    録音年月日 '74.4.1

    初めてこの歌と出逢ったのは2014年7月。
    YouTubeで、でした。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-693.html
    嬉しくて すぐにリンクして貼り付けてレビュー書いたけれど
    当然の事ながら 削除されていました。

    あ~~ 時間が経つと忘れてしまうーーーっ。

    そう思って オークションを見たら
    丁度このレコードが出ていました。、
    千円だったので 即買いました。
    当然でしょう!

    なんてったって この「夏の窓辺で」が
    超名曲だからです。
    超、私の好みの作品です。
    ですから手に入って万歳三唱、の気分。

    谷山浩子さんの声というのは
    好き嫌いが分かれる声、だと思います。
    特に甘い個性のある声です。

    私が 初めて聴いたのは 高校生の時だったのですが
    初めて聴いた時は ちょっと無理かも・・・と
    正直思ったんです。

    でも そういうのに限って
    聴いていくうちにクセになる、というのでしょうか。
    この方の世界感で 心が解き放たれる気がしました。

    この作品も 谷山浩子さんの個性が全開です。
    そして さらにOsamu Shojiの 美しい音楽で
    満足度が倍になります。
    この編曲もたまらなく素敵なんです。

    もうずっとリピートして聴きたいです。

    ところでこのレコードはヤング101のメンバーで歌われていますが
    私はヤング101は リアルタイムにはまったく知りません。
    だけど 私は団体行動が苦手なので
    こういうのはとても無理だし きっと逃げたくなると思うんです。

    そしてこうして人が集まると切磋琢磨して
    より高められていくとは思うんですが
    人と競うことになり
    負けず嫌いの人もいるでしょう。

    そういうつもりでなくても
    負けないために
    自分を見失ったり
    あってはならない必殺技が出たりするわけです。
    (ここはあえて書きません
    いえ、いいんです。
    ここは必殺技を出した人にしかわからないところですから。)

    そして 派閥が出来たり 
    意地悪になったり
    いじめがあったり・・・となっていくのが常なので
    私は団体行動は怖いとしか思えなくて
    そのまま大人になったものですから
    まぁ 一人が気楽でいいなぁ、と
    今も思っているのです。

    谷山さんは そういう点で
    一人ひょうひょうとしたイメージがあり
    マイペースな感じで
    そういう面でも ほっとします。

    「いっぱいひらいた窓辺には
    林のにおいがたちこめる
    窓を閉めたらそのあとに
    小鳥の声がひろがって
    あなたのうたを思いだす
    なんだかうれしくなりました
    さよならいった あの朝と
    おんなじままのわたしです」


    サヨナラを言ったあの朝を思い出している。
    さみしさや 後悔もあるけれど
    あなたと過ごした幸せな記憶や
    すてきなあなたを思いだしている。

    心を少女に戻して
    すてきな記憶だけ抱きしめる。

    とってもとっても素敵な作品。
    レコードが買えたのでいつでも聴けて幸せっ!!

    わたしたちのつくった歌

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント